忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
5 6 7 8 11
14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2019] [2018] [2017] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011] [2010] [2009] [2008]
梅雨は一休み中、いったん雲が取れればもう夏ですね。海では海の家もオープンしています。これからやってくる暑さを想像して、ちょっとだけげんなりしているところにもっと暑苦しいお知らせです。

ドライスーツのオーダーフェアを開催いたします。

着ると涼しくなるドライスーツというわけではありません。真冬に着るドライスーツです。

真夏に真冬のオーダーフェアなんていう大胆なことをやるのは、AXXE CLASSIC。もちろん真面目です。

新しいドライスーツ、実用新案を取ってしまうほどすごいのです。それで満を持して発表したくてしたくて、待ちきれなくて7月10日からオーダーフェアをスタートします。

これがドライスーツ。

私も実際にチェックしましたが、これは革命的なドライスーツです。ダブつかず見た目は、従来のウェットスーツとほとんど同じです。

ジッパーレスのドライスーツです。

首回りは二重構造になっています。構造は、まずは普通のフルスーツにブーツが付いているのを想像してください、。それにジッパーレスのネックフラップが付いているような感じです。

最初にフルスーツを着るのですが、なんと首から入ります。胸肩まわりからネックにかけて、伸縮率600%というあきれるほど伸びる素材を使っているので簡単に首から入っていけます。かなり楽チンです。

これだけでも防水性は高いですが、さらにその上から防水のダブルネックになっているフラップをかぶってしっかり固定すれば出来上がりです。ドライスーツのスーツ内への浸水はほぼネック部分からですが、この首回りの作りは水が入ってしまう気がまったくしません。ピシッと密封される感じです。

書いているだけで汗出てきそうです。

素材は着ている人は大絶賛のSUL(スーパーウルトラライト)。軽くて動きやすいドライスーツです。生地はSULのほかにエンデューロジャージという新しい素材の二種類です。

脱ぐの大変なんじゃない?と思いましたね?

それは正しい疑問ですが、ご心配いりません。外側のフラップを外し、内側のネックを少し持ち上げて、フーっと息をスーツの中に吹き込むと胸回りがぷっくり膨れます(胸を引っ張ってもOKです)。そうするとスーツの中で片方のヒジを簡単に抜くことができます。それから首から手を出すと自然と胸が出て、とある意味いまのジッパーレスより脱ぐのが楽なくらい。

着るのも脱ぐのも楽で、動きやすく、パドルが楽で、暖かい、おそらく最高のサーフィン用のドライスーツになると思います。

さて、ドライスーツでせっかくネックインエントリーができたのですから、ネックインのウェットスーツを作らない手はありません。

ネックインのフルスーツのオーダーフェアもやります。

オール3.5ミリのSULジャージ、首まわりのラバー部分が600%も延びる例の素材です。

ジッパーレスの肩回りのパーツが無くなって一枚仕立てになった動きやすさは、もう別世界です。羽が生えたみたい…とまでは言いませんが、こっちのスーツも満を持して発表したくてしたくて、待ちきれなかったのです。

脱ぎ着はドライと同じ方法で楽々です。密閉度が高く、スーツの中に空気を保てるので3.5ミリでもかなり保温性が高いウェットスーツです。

しかしウェットスーツの進歩はすごいですね。

価格は、ドライスーツが¥99.750。オーダー料はもちろん込みで、なんと定価¥29.400のドラスーツ用のインナースーツをプレゼントします(先着200名さま)

ネックインのウェットスーツはオーダー料込みで¥73.500。どちらにもSURF GRIPのウェット専用ハンガーが付いてきます。

こんな素晴らしいドライスーツとフルスーツ、早くご紹介したくて仕方がなかったのは事実ですが、今の時期に敢えてドライスーツのオーダーフェアをやるのはもうひとつ理由があります。ドライスーツは防水性を確かなものにするために作り込みや防水性のテストなどで、できあがりまでウェットスーツの倍近い時間がかかります。

ですのでいまの時期からご予約いただいて、寒さが本番になってきたときに納期を心配しながらオーダーしなくてもいいように、と考えています。いまからご予約いただいて、10月の中旬以降、順次お届けするようなしくみです。

私はネックインのフルスーツを作ろうと思います。詳しくはホームページで改めてご案内いたします。

ご期待ください。










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!