忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
22 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
クリスマスというと思い出す曲はたくさんありますが、今年はこれで。ポールマッカトニー&ウィングスのワンダフル・クリスマスタイム。聴きながら読んでください。

1979年中学校2年生のときにシングルレコード、45回転のドーナツ盤で聴いたクリスマスソングです。中学生にとってもクリスマスは特別な日だったのでしょうね、今でも妙に心に残っています。そしてこの曲を聞くとレコードを貸してくれた友達の顔が思い浮かびます。

そんな感じで、心に残っているクリスマスってあるかなあと考えてみました。友達とパーティ、彼女と、家で独り、仕事中、などなどいろいろあったように思いますが、一番心に残っているのは子供の頃かな。

赤や緑の点滅する安っぽいクリスマスツリーの飾り。よく覚えていないけど、いつもとは少し違う(たぶん)ご馳走、生クリームじゃない硬いクリームのデコレーションケーキ(メリー・クリスマスと書かれて上に乗っているチョコが一番美味しかったり…)

石油ストーブの火が暖かくていつのまにか寝てしまい、翌朝目を覚ましたら枕元にプレゼントがあって、いつサンタさん来たんだろうと?不思議だった子供の頃。

なんだかとても暖かい気持ちで思いだされます。今夜はできるだけ早く帰って、お子さん、奥さま、みなさんの大事な人とお過しください。

明日はクリスマスウェイブで波乗りできそうですよ。



PR
トレッスルズ ASP HUREY PRO ヘリテイジシリーズ 


ブラッド・ガーラック 80s


マーチン・ポッター 80s


これは、SURFER'S THE MOVIEからの映像です。80年代のミッキー・ドラも出ています。最初のサングラスかけたおっちゃんです。中盤で青いボードでサーフィンしています。

ビデオにはもちろんブラッド・ガーラックも出ています。90年に確かガッチャが出したビデオですが、60年代からサーフィンをたどっていて好きな作品です。

ロング・ユー・メイ・ランが流れるエンディングが好きなのですが、YOU TUBEにはオープニングしかありませんでした。これもいいのです。

何人名前言えますか?


つい脱線 笑。

何年か前から、50歳になったら「一生現役」というタイトルでブログを書こうと考えていました。それで今日がその日になったわけですが、いざ書こうとしたら「一生現役」を書くのは10年後でいいかなと思い直して止めることにしました。

現実に50になってみると現役という言葉が当たり前すぎて、そんな言葉を使うにはまだちょっと早いように思いました。

身体は思うように動いてくれて、痛いところも悪いところもありません。いつかのブログで書いたように波乗りは調子良くできています。体重も体型も、20代のころと変わりません。

変わったところといえば、頭に白いものが増えたくらい。顔はシワが増えて、少し下へ垂れてきたかな。でも半世紀生きてきた割には、それほど古びた感じはありません。

内面的には、ようやく大人になれてきたかなあという感じです。若い人からみるとそういう部分が、おっさんくさく見えるのかもしれませんが今のこの感じ、なかなかいいもんです。悪くない。

年齢とともに波乗りも変わってきています。

20代、30代の頃は海に行くのがとにかく待ちきれず、海に行ける日には目覚ましよりも先に起きて、クルマをすっ飛ばしてまだ暗くて波も良く見えない海に出て行って、海の中では行け行けドンドンでパドルして波に乗り、人に波を取られるとムッとしてしまうこともあったと思います。

それはそれで楽しんでいたと思いますが、50が近くなってきたころから、もっと楽しく感じるようになってきました。

楽しくなったというよりは、いままで気になっていたことが気にならなくなってきたと言った方が正解かもしれません。波がある海へパドルアウトして、自分は自分が乗るべき波に乗って、自分は乗らない他の人の波には心の中で、知っている人なら口に出して、いい波だあ!とかヒュー!とか言っていると、もう楽しい。

自分で、なかなかいい感じです。

最初の話に戻りますが、50年間現役でいるのですから「一生現役」という言葉は、いまいち当てはまらない、しっくりこないように思います。

10年後、60歳になっても「一生現役」というタイトルはまだ早いなあと思えるようになりたいと思います。

これからもよろしくお願いします!


2014.9.15



Laird Hamilton SUP surfing in Epic Malibu conditions!! He shoots the pier twice!!! from Dual Hemisphere Media on Vimeo.


ハリケーン・マリーが送り込むスウェルで、カリフォルニアがすごいことになっています。これを見ていて確か2004年の6月だったと思いますが、そのときのマリブの波を思い出しました。

クリステンソンのフィッシュを持って、1人で行ったカリフォルニアでした。日本で現地の潮の時間だけ調べ、その他は行き当たりばったりでいったマリブが頭半でした。

ピアの近くまで回り込んでパドルアウトしていたのですが、セットが入ったらその場所でも目の前に壁が出来て、ピアの向こうまで波が崩れて行きました。上の画像のもうちょい小さい感じです。

結局、インサイドでやっていてそれなりに波には乗れたものの、ボトムの玉石に何度かお尻をぶつけて痛い思いをした記憶があります。

しかし、今回の波とは比べ物になりません。スゴイです。ドローンが登場してこんな映像も撮れるようになって、そっちの方もスゴイ限りです。

Epic double barrel by Reef Mcintosh at zuma beach in Malibu, California Aerial drone surfing from Dual Hemisphere Media on Vimeo.



ニューポートはパイプラインと化していたみたいです。写真と映像はここでも見られます。

サーフライン
http://www.surfline.com/surf-news/biggest-south-swell-in-a-couple-decades-rocks-socal_117198/

サーファーマガジン
http://www.surfermag.com/photos/malibu-hurricane-marie/#e7891bd431



Racking Focus: Spyder Wills films Gerry Lopez and Rory Russell at Uluwatu from The Surfer's Journal on Vimeo.


ジェリー・ロペスとローリー・ラッセルのウルワツ。1974年のノスタルジックな映像です。ボードの長さはおそらく、7フィート4インチ前後。テイクオフの感じからするとボリュームもそれなりにありそうです。きっとカツさんがシェイプするダウンレールみたいな感じでしょう。

現在の感覚でいうと、ミッドレングスです。カツさんのプリモやクリステンソンのC-BUCKETぐらいのボードです。実際、カツさんは7フィート台のプリモをこの映像のような70年代のシングルフィンをイメージしつつ作り始めました。

プリモ、C-BUCKETのサーフィンのイメージもまさに映像のような感じです。映像では前半の背丈くらいの波から後半の大きな波まで同じスタイルで滑っているのがカッコイイです。

ミッドレングスとはいいますが、6’6”くらいから7’0”くらいのミッドレングスは私にしてみれば事実上のショートボード 笑。

ロングボードで目指すのは60年代のクラシックなスタイルですが、ミッドレングスではこの映像をお手本にさせていただきます。

ミッドレングスの余裕のテイクオフから、ボードのスピードを確かめるようなボトムターン。崩れそうな波頭のすぐ下でゆっくりとボードを返して波の斜面を滑り降り、波の先へと出たらゆるいS字のカットバック。

70s クラシックです。

こっちは60s 。ロングボードではクラシックスタイルがしっかりと現代にも根付いています。

The Same Stretch of Sand from The Surfer's Journal on Vimeo.



二つの映像を見ていて、急に思いつきました 笑。

ミッドレングスはいまのところ、ただ単にボードの長さで区別されているように思いますが、その起源がある60年代後期から70年代前半のサーフィンのリバイバルと考えると、その位置づけがはっきりしてきます。

ミッドレングスという漠然としたくくりだったのが、乗り方、スタイル、ボードのデザインなどが、よーく見えてくると思いませんか?

ロングボードで現在には60年代のクラシックなスタイルがリバイバルしているのですから、70年代だってファッションだけでなく、サーフィンも戻ってきても全然おかしくないと思います。

短いサーフショーツだって戻ってきたし 笑。

ミッドレングスと呼んでいたのがちょっと違って見えてきましたよ。



忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!