忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2849] [2848] [2847] [2846] [2845] [2844] [2843] [2842] [2841] [2840] [2839]

MORNING OF THE EARTHへのオマージュ作品、SPIRIT OF AKASHA 最高です。オマージュとはいっても、アンドリュー・キッドマンとオリジナルの作者のアルバート・ファルゾンの作品です。

こういった映像や記事というものは、自分のレベルにおきかえて理解していくものだと思います。理解を超えた部分もあるとは思いますが、結局のところそうするしかないと思います。

私がこの作品を見て感じるのは、とってもシンプルです。

海の上にサーフボードにまたがって浮かんでいると、うねりが沖からやってきて自分のところへと近づいてきます。

切り立ちながら近づいてくる波にタイミングを合わせて、テイクオフをメイク。

波を滑り降りるときの落ちていく感覚。その力を受け止めながらのボトムターン。

ボトムから波のフェイスに戻り、レールとフィンを感じながら波の斜面を走るときのサーフボードの感覚。

目の前に見えているのは切り立った波の壁、そしてスピード。

壁の先へ出るタイミングを見計らい、いままでのスピードを逆のレールで受け、ボードを回転させるカットバック。レールが食い込んでいる感触と遠心力。

波のふところへ戻って、もういちど走り始めるときに感じる波のパワー。


それだけです。

細かい動きはスピードを損なうだけだし、波のリップは叩かない、もちろん波から空中へ飛び出したりなんてできません。

だから自分はシングルフィンやフィッシュで十分なのだと思うし、それだけでサイコーと思わせてくれる作品です。

どちらにしても一番はデイヴ・パーメンターのシングルフィンに乗る、ステファニー・ギルモアです。

この映画、日本には入ってこないんでしょうか。

SPIRITSは日本人には強すぎる?




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!