忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[909] [908] [907] [906] [905] [904] [903] [902] [901] [900] [899]
波があるとやっぱり店はヒマなので先日のちょっと面白かったお話でも…


昨日の記事でどうしてもハンバーガーを食べたくなってTGIフライデーズに行っておりますが、何が何でもどうしても食べたい気持ちにさせていただいたある事件がありました。


それは水曜のパーティからの帰り道でした。カリフォルニアからのお客さまたちがハンバーガーを頬張るのをみて、私はすでにハンバーガー食べたいモードにおちいっておりました。


ヨコハマから電車を乗り継いで自宅の最寄駅についたのは、12時近く。自宅までの帰り道を100mほどずれたところにマクドナルドがあります。


ダブルチーズバーガーとコーヒーでも…と考えながらてくてくと夜道を歩いてマックに到着。ビールばっかり飲んでいたので気がつけばかなりハングリー状態。


入り口のドアは鍵がかかっていて、よくみると深夜はドライブスルーだけらしい。


そこで店の脇にある通路をトコトコと歩いて注文口へ。


窓口に出てきた店員は私を見て、明るくひと言「車以外のお客さまにはお売りできません」


私:「へっ??」「お腹空いたからハンバーガー売ってほしいんですケド…」


店員:「ドライブスルーの通路は車が通って危険なので、徒歩の方にはお売りできません」


私:「いま、車もいないし(事実、回りの道路の車通りさえほとんどなかった)ハンバーガー出してくれるだけでいいんです」


店員:「お売りできない決まりになっております」


私(ちょっとムッとして):「なんで?」


店員:「ここは徒歩では危ないからです」


私:「今は平気じゃん」「売ってちょうだいよ、ハンバーガー一個だけなんだけど…」


店員:「申し訳ございません」


私:「だから、なんで?」


この間、五分ほどの堂々巡りの会話(笑)


しつこく食い下がる私に店員「少々お待ちください」


と奥へひっこむ。誰に聞くのかしら?注文口の窓をガラガラと閉めて、鍵をがっちり掛けるのは忘れませんでした。防犯教育も行き届いているようです。


待つこと数分。


私:「奥でいったい彼女は何やってるんだろうな~?」


しばらくすると奥から店員が出てきて


「やっぱり、お売りすることはできません」


私:「24時間営業って書いてあるのにどーしてダメなの?」


私:「売ってください!」「車が通るから危ないって、さっきから一台も来て無いじゃん」


だんだん可笑しくなってきた私はまた最初の堂々巡りを5分ほど(笑)


私:「それじゃあー私が家に戻って車で来たら(飲酒運転だ)売ってくれるの?」


店員:「ハイ!」


私:「同じ人なんだけど…」


どうしたって頑として売ってくれない。24時間営業とは書いてあるけど、これじゃ車を持っていない人はタクシーでも呼ばないと夜中にここのマクドナルドのハンバーガーは食べられないなあ。


「営業妨害だ」とまで言われましたが私がいる間、他のお客さんは来てないし、もし来たら私はどきます。でも24時間営業と大きく看板下げて客(私)を呼んどきながら、自分たちの都合だけを押し付けるのはどうなんでしょう?


結局、マニュアルを固く守り続ける店員さんを説得することはできませんでした(笑)


しかしまあー、腹を空かせた人間が目の前にいるのに食べ物を出してくれない食べ物屋さんがあるとは思いませんでした。


マクドナルドの店員さん、しつこく食い下がってどうもすいませんでした。ドライブスルーは車しか売ってくれないなってちっとも知りませんでした。「TO GO」の窓口だとばっかり思っていました。私にはマニュアルっていう概念があんまり無いもので、どうしても理解できなかったんです。でもあれじゃーあなたじゃなくてマニュアルが口を聞いてるのと変わらない。もっとキツイ言い方をすれば機械だってできる仕事。「ダメです」といわれて素直に「そうですか」と諦められなかったのは相手が機械じゃなかったからです。


足こぎのこども自動車なら売ってくれたのかなあ?



日本マクドナルドのウェブサイトより拝借
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
嫁と爆笑しました。
よし、私自慢のMTBとチャイルドトレーラー(娘×2)引いて乗り込むぞ!
ニシオカ 2009/02/21(Sat)21:54:16 [編集]
無題
高校時代にチャリでドライブスルーしたことがありますが、苦笑いながらも売ってくれましたよ~(笑)
S 2009/02/22(Sun)08:54:19 [編集]
無題
防犯上(店員さんを強盗などから守る)、事故防止上(車道として作られている見通しの悪く照明も暗い通路)の目的から徒歩の客に売らないという経営方針には合理性があると考えます。また、マニュアルどおりとの批判ですが、ゴネれば売ってもらえたという情報がネットに出れば真似する人が出てくるでしょうし、この前は売ってくれたんだから今日も売れというようなことも生じるでしょうから、店の対応は当然かと思います。店員さんには自分の裁量で売る権限が無いのです。売らないと明言しているのに10分以上文句を付けたり販売を無理強いするほうが疑問ですね。
TK 2009/02/22(Sun)12:33:48 [編集]
無題
ご意見ありがとうございます。私はどこかのサイトにあるように、ハンバーガーのパン抜きで…などというふざけた実験をしようと思ったわけでも、無理強いしたわけでもゴネたわけでもございません。ハンバーガーくださいな、しただけです。目の前でハンバーガー作っているのに、ハンバーガー食べたいと言っている人間に売ってくれないのが「私にはどうしても理解できなくて、今とっても食いたいモノを諦めるのに時間がかかった」だけです。食い意地が張った腹を空かせた酔っ払いだっただけです。マクドナルドはあんまり利用しないので、ルールを知らなかっただけです。悪いのは私だとよーく分かってます。

ルール違反だと言いつつやってくれたのが分かったら、次回それを逆手に取ってなどということをする人間じゃあありませんが、店員さんにはそんなこと分からないか…そういう世の中じゃあないんですよね。

なので、Sさん、ニシオカさん、マックの店員さんを困らせちゃダメですよ(タイヤが四個ついてないとダメだそうです)
menehune 2009/02/22(Sun)14:19:00 [編集]
反省…。
はい。余計なこと書きました。
気をつけます。
明日はインテックス大阪でパネル&柱です。
ニシオカ 2009/02/23(Mon)01:10:57 [編集]
無題
>ニシオカさん

別にいいっすよ。わかっててやるのは良くないですが、タイミングよく(笑)そんなシチュエーションになっちゃったらトライしてみてもいいかもです。「NOと言わない」をモットーにしていた元熱血デパートマンにはいまだに理解できないハプニングですもん。

ニーズがあるわけですから、諸問題をクリアして対応さえできればビジネスになるのはきっとマックさんもお分かりのはずです。マニュアルが変われば、ゴネ客がお客さま♪ってな具合です。

しかし、納得できないからしつこく粘る客を「ゴネる」ちょっとしつこくクレームをつける客は「クレーマー」って呼ばれちゃうんですかね?私にとっては、クレームは大切なお客さまの声でございます。
menehune 2009/02/23(Mon)15:45:21 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!