忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
22 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

AXXE CLASSICの早期ご予約キャンペーン開催中です。8月31日までは、フラップドライとネックインフルスーツ、9月1日~9月30日の期間はネックインフルスーツとノンジップ、9月15日~10月13日バックジップタイプのウェットスーツと目白押しに押しまくってきます。

どれもお得な特典たくさんついてます。ホームページにまとめましたのでチェックしてください。

今回の目玉はいろいろありますが、まずはOUTLAST(アウトラスト)という新素材。通販番組でおなじみのNASAで使っている素材だそうです。どこで使われているかというと、宇宙飛行士の手袋。

このOUTLASTは温度調節機能があって、肌の表面温度をヒトが快適に感じる32度±1度に保とうとする働きがあります。暑くなればOUTLASTが熱を吸収して涼しく、寒くなれば熱を放出して暖かくしてくれるスゴイ素材です。

ネックインはずっと使っています。何も言うことはありません。暖かくて動きやすく、これに勝るものはいまのところありません。ネックインを着始めて冬に海の中で寒いと感じたことは一度もありません。本当です。

取り組みとして面白いのはバックジップです。AXXE CLASSICさん、このところバックジップをずっと研究していました。ノンジップやネックインに押されがちな従来のジッパータイプのウェットスーツですが、着脱の簡単さや使い勝手の良さは断然優れています。ウェットスーツの基本形。昔からあるバックジップをもう一度見直そうとずっと研究していた結果が実を結んだのが、今回の新しいバックジップタイプです。

バックジップは首の後ろで生地が重なるので、どうしてもそこがストレスになり浸水の原因にもなっています。なのでここを改良。ストレスを大幅に軽減し、防水性を高めました。

肝心なバックファスナー部分。インナーバリアはジッパーからの浸水による冷たさを減らしてくれますが、バックジップタイプのせっかくの広い開口を狭くしてしまいます(実際、インナーバリアがあるとノンジップとあまり変わらないと思います)そこでここも形状と素材を改良。プラス防水ファスナーで海水の浸入をストップします(防水ファスナーといっても昔のような硬くて重いやつじゃありません)

手軽で高機能なバックジップに完全リニューアルしています。新しい流れだと思います。

冬のウェットをお考えの方はお早めに。出来上がりの時期もご相談乗ります。






PR
こんな動画が…

昭和56年、1981年というと私は高校2年。出だしの、海へ行くときにいつも通る鎌高の坂を降りるときに歩いている女子高生のスカートの丈があの頃です。髪型は絶対聖子ちゃんカット 笑。


お知らせ:7月21日(月・祝)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。

サスケのアメリカ版「NINJA WARRIOR」マッチョな男がどんどん途中で失敗していくのを尻目に、この女性、かっこよすぎです。すごい身体能力。しかも美人。

彼女のホームページによるともともと体操の選手のよう。サーフィンやらせたらあっというまにうまくなっちゃいそうです。

これ見てるとトレーニングのモチベーション上がります。ちょっとファンになってます 笑。

サスケのセットが組まれる緑山スタジオは通勤の途中にあります。収録をやってるときは高いタワーが見えます。サスケのアメリカ版、NINJA WARRIORはアメリカですごい人気のようで、緑山はマウント・ミドリヤマとして富士山の次に有名な日本の山らしいです 笑。

来週は10号のうねりが少し届きそうです。道具とカラダの準備しときましょう。


ルーティーンから外れてはいますが、今日はどうしてもリペア工場へ行かなければいけない用が出来てしまい朝からドライブ。高速は事故で渋滞だというので下道をトコトコと走ります。

途中、ふと押したラジオのチャンネルから流れてきたのは、たどたどしくしゃべるかわいい子供の声。NHKラジオの夏休み子ども科学相談という番組でした。電話をかけてくるのは下は幼稚園児からで、回答をするのはその方面の専門家の先生という立派な科学番組です。

子供ならではの発想からの質問なので聞いていると、どーしてその質問が出てくる?!というような質問があったりしてこれが結構面白いのです。

例えば…

動物園のサル山にゴリラを入れたらどうなりますか?

キリンの舌はどうして黒いのですか?

ペテルギウスはこれからどうなってしまうのですか?(ちなみに質問者 5歳)

タイムマシンはいつできますか?

シマウマは白地に黒の縞ですか?黒地に白の縞ですか?

セミはどうして鳴くのですか?

水は100度で沸騰して蒸発すると習いましたが、部屋に置いたコップの水が蒸発して減るのはどうしてですか?


大人からは到底出てきそうに無い子供ならではの視点からの質問ばかりです。そんな超難問に先生たちが立ち向かって分かりやすく説明しているのが面白くて、往復4時間半のあいだすっかり和みながらハンドルを握っていました。


夏休みです。遊んでいる子供たちに気をつけてクルマは優しく運転しましょう。

さて、シマウマ、白地に黒か黒地に白か、どっちだと思います?笑






昨日の朝、なんだか今日はスズメが騒がしいなあとリビングがある2階へ上がってみると、ベランダから一斉にスズメが飛び立ちました。

「朝っぱらから、人んちのベランダで何やってんだよ」と思いつつ、ふと見ると一羽だけ飛ばずに残っています。良く見ると小さくて羽もまだ頼りない感じの子供のスズメです。

まだうまく飛べないのか、弱っているのかガラス越しに近づいても逃げずにじっとしています。さっきのスズメたちはこの子スズメを心配して集まっていたみたいです。

裏の家の屋根の隙間に巣があって、そこから飛んでみたはいいけれど、我が家のベランダで動けなくなってしまったような感じです(段差があるので、2階がちょうど裏の家の屋根と同じ高さなのです)

気が付くと、ベランダの手すりにスズメが一羽。ピョエッ、ピョエッと鳴いています。親スズメみたいです。私ら人間はこれから朝めしだから気にせずベランダにいてもいーんだよと思いますが、スズメにはそんなこと分かりません。私が動いたらサッと飛んでいってしまいました。

朝めしの支度をしながら気にかけてみますが、スズメはじっと同じ位置で動きません。弱ってるならエサでもあげてみようかと、目玉焼きの隣で粟(あわ)を煮てふやかしておきます。お口に合うかどうか、果たして人間からエサをもらってくれるのかも分かりませんがとりあえずスズメの朝ごはんも一緒に作ります。

朝めしを食べていると、向かいの屋根の雨どいにさっきの親スズメがとまって、ピョイッ、ピョイッとさっきを同じ鳴き声で鳴いています。心配してるんだよな~と思ってベランダをこそっと見るとさっきとまったく同じ格好でうずくまっています。

鳴き声をよく聞いていると、親スズメの、ピョイッのあとにピィッと鳴き返す声が聞こえます。

ピョイッ(親)、ピィッ(子)、ピョイッ、ピィッ、ピョイッ、ピィッ、ピョイッ、ピィッ、と鳴いているうちに心持ち、子スズメのピィッが元気になってきたような気がします。

見ると子スズメが足元が危ない感じでピョコピョコあるいて、ベランダのふちにとまっています。さっきよりなんとなく元気な感じです。

そして、そのうち決心したように向かいの屋根へ向かって無事に飛んでいきましたが…着地でコケました。見ていると屋根の上をピョンピョンと若干コケつつも元気に跳ねていたので、めでたし、めでたしです。

先週も庭にうまく飛べない子スズメがいたし、今朝は山の中を走っていると羽ばたいても50センチくらいしか飛べないムクドリの子供をみかけました。

春はきれいな声で鳴きあう、鳥たちの恋の季節で今はその子供たちが巣立つ季節なのかもしれませんね。





忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!