忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
(06/26)
(06/25)
(06/24)
(06/23)
(06/21)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
タイトルは「忘れました」ですが、忘れないうちにお知らせです。
明日4月3日(火)は都合により午後6時で閉店します。申し訳ございませんがよろしくお願いします。

忘れたのはカメラと携帯。ブログに使おうと思って昨日からいろいろと撮影しいましたが、家に忘れてきてしまいました。

たまには画像無しの文章のみで、無理矢理お話をすすめてみようと思います。

今朝は昨日の波の残りでロングボードならできるかなあと、自作のGOPROマウント持って海へ行こうかと思っていたのですが、明日から先週土曜よりも強烈な低気圧が同じコースでやってくる予報だったので、ターゲットを水曜に絞って海へは行かず、冬の準備をすることにしました。

春がやってきたばかりですが、7ヶ月後に使う薪の準備です。

「ここに空っぽの薪棚の写真を入れるつもりでした」

薪の原木になる丸太も1.5トンほど届いたので、そっちも片付けなくちゃいけません。薪作りはGWまでには終わらせて乾燥に入らなければいけません。相手は重たい丸太なので、いいナチュラルフィットネスになります。毎年、丸太が薪の姿に変わるころには腕回りや胸回りがワンサイズ大きくなってます。

と、ここで丸太の山の写真…のはずでした。

薪棚が薪の重さで地盤沈下して傾いてしまったので、何も乗っていない今のタイミングで基礎のコンクリートブロックの下に石板を敷いて調節し、1年前に割った薪を担いできて乗せていきます。

地面に積んでいたのを薪棚に載せてこれから二年目の乾燥です。もうひと夏越えれば理想的な乾燥状態になります。これから割る薪は来々冬に使う薪です。

薪棚を水平にして、ぴっちり薪を積み込みました。これで1トン弱です。

「薪棚がいっぱいになった写真」を想像してください。

2時間半動き回って、身体のあちこちが気持ちよく疲れて、ナチュラルフィットネス効いています。

それで、天気予報をチェックしてみたら水曜まで西よりの風が吹きまくりそうな天気図。水曜は薪割りかな。

どうやら波は木曜日のようです。サイズが出ればニーボードフィッシュのノーズにGOPROくっつけて出動します。サイズが落ちていれば新しいマウントでPIGのテールカメラです。どんな映像が撮れるのか楽しみです。

スプーンはもう少しおあずけ。スプーンはニーボード上級者編です。肉離れから完全に復活して体調整えてパワー付けてからです。

次に考えているシングルフィンは、最初に考えていた形からちょっと変わってきました。カツさんのフィッシュのバリエーションに、NUSHIと呼んでいるラウンドノーズではなくて、ロケットフィッシュ系の調子いいツインフィッシュがあるのですが、それをヒントにクラシックでちょっと変わった感じに作ってみようと思ってます。私のアタマの中にあるものは実際に製作に取り掛かってからご紹介します。

しれでたっぷり身体を使って腹を空かせたあとは、久しぶりに今日の弁当シリーズ。

「シャケ弁の写真」を想像してください。

シャケ弁写真です。



どうもすいませんでした。


写真が無いのもさみしいので店のカメラで、私のお気に入りのTシャツをふたつご紹介します。

左はTCSSのA-OKというデザイン。家やら樹やらを組み合わせて作っているスカル柄の構成がとってもいいです。地味派手、カワイイハードコアです。右はパームグラフィクス。地味です(笑)鳥が一羽、見えるか見えないかという感じで刺繍されているおとなしいシンプルさが好きな一枚です。

春です!Tシャツいろいろ入荷してます!ウェットスーツオーダーフェアもやってます!

PR

これは、昔の写真。今日じゃありません。ちょうど今頃の季節の写真です。今日波ありますが海行きませんでした。

明日は波あるな~と、昨夜はアルコールも控えめにして、午後10時半に寝床に入りましたが、朝目覚ましで起きるとなんだか身体がダメ。いつもならしゃっきり目覚めて、寒い中飛び出していくんですが、ランニングやらいろいろで疲れが溜まったか?

暗い中、ベッドの上でしばらく上体を起こしたまま調子が出てくるのを待ってみましたが、しばらくしてもダメそうなので、もう一度寝ちゃいました。海レポート、楽しみにしていた皆さま、どうもすいません。

先週もそうですが、波が立つパターンが決まってきましたね。前線と低気圧が通り過ぎ、沖では西風で波を送り込んでくれて、沿岸はオフの北風。当然寒いわけですが、アタマくらいの程よいサイズのいい波が立つ確率も高くなります。

そうして、それを何度か繰り返しているうちに春がやって来ます。

明日も西うねりは続きそうですが、西風が沿岸までやってきそうです。私は身体を休めて次回を待つことにします。

昨夜、店を閉めようとしたら、店先にいつも置いている、BINGのロングボードの影に妙な物体が…

寒さと雨でハトがまん丸になっていました。近づいても動こうとしません。そのままここに朝までいたみたいです。出勤してみると、建物沿いに横に移動しながら店の前にウンチをいっぱいしてました。(それとも仲間が来たのかな?)おかげで掃除が大変。

今度は追っ払ってやる。








昨夜、家にたどり着く10分くらい前から雨が雪に変わりました。「あ~雪だ。」と思いつつ家に入って買い物してきたものを片付け、服を着替えて外をふと見てビックリ。

ほんのちょっとのあいだに外は雪国になってました。大雪です。おおきな塊がボタボタ降ってくるような感じです。

道路の端を近所に住み着いているノラ猫が雪の中をトボトボと歩いていました。どこか雪があたらないところを探しなさい。こんな日はノラは辛い。

雪を見ながらおでんを食べ、焼酎のお湯割りを飲み、雪見風呂で暖まって布団の中へ。さっきの猫は寒いだろうなあと考える間もなく寝てしまいます。

そして朝6時。寝床の中で耳を澄ますと外はしーんとした雪の気配。

かなり積もってます。この時間いつもだったら上の写真に見えている木のむこうの道路を走る車の音がかすかに聞こえてくるのですが今日は静か。雪で走れないのでしょう。

朝飯を食べて外に出てみるとあたりいちめんすっかり銀世界です。


道路を見に行くとたくさんの車が立ち往生して、事故でもあったのかパトカーが何台もきていました。ここの坂道はちょっと雪が降っただけでヤバイのです。100メートルほど横にある同じような坂は不思議といつも平気です。


今回の雪はいつもと違う感じで、凍りつくようにこびりついています。木の雪はいつもなら揺すると落ちるのに、揺すっても落ちません。


地窓の下に植えたガーデンシクラメンも寒そうです。


駐車場と家の前の雪かきをして、集めた雪で雪だるま。作っていると近所のオジサンが、宮嶋サンきっと雪だるま作ってるだろうねって家で女房と話してたんですよと言われてちょっと恥ずかしい私。

毎年作ってるからね。目鼻まだ付けてません。

雪かきを終わらせて出勤して、また店の前の雪かき。さすがに疲れました。雪国に暮らしている人の大変さがしのばれます。

外を見てみれば白いものがちらほらと…なんだかまた雪降ってるみたいです…




追記:1月19日の山歩きとお蕎麦の記事は、なぜかスパムコメントが大量に付くので非表示にいたしました。
二年ほど前から時代小説を読み始め、なんだかはまってしまって歴史小説、時代小説あわせて乱読中です。今はコレ。

司馬遼太郎の花神。

中学一年くらいのときにNHKの大河ドラマでやっていた物語です(その前は海音寺潮五郎の、風と雲と虹と。覚えてますか?小学生の間でも流行りました)

時代小説は人の名前をはじめとして登場する物や職業、場所などの名称が現代とは全然違うので最初は読むのが大変でしたが、それらを覚えてくるとすっかり面白くなってしまって、手当たり次第にいろいろな作家の作品を読むようになりました。

時代小説には現代小説には無い面白さがあります。身分制度や武家の家のしきたりが個人の感情や意思よりも優先されていた時代に生きていた人たちの心の動き。制約がたくさんあるなかで、自分の人生さえも自分で選択できない中での心の葛藤や、押さえがたい気持ちを昇華させていった先で得る悲しみや幸せ。

現代社会をベースにして書かれた現代小説よりも時代小説は、登場人物のこころの動きを強く感じさせてくれ、それを読み取ろうと一所懸命に読んでいると、自分の回りの人に対しても同じように接するようになっていたりします。

歴史小説は過去の実際のできごとをベースに書かれているので、いろいろなことに興味が広がります。歴史上の人物たちが時代の流れの中で果たした役割とその生き方。登場する場所の地理や建物など、話が繰り広げられた舞台への興味も湧いてきて、その場所を訪れて当時を夢想してみたくなったりもします(歴史ロマンというやつですね。)

見ることはできませんが大江戸八百八町を想像してみてください。江戸城を中心に、参勤交代で各藩の大名が江戸に住むための大きな藩邸や武家屋敷がいくつも立ち並んだ周りには、町人の家や商家の灰色に光る瓦と白壁がうねるようにどこまでも続いている江戸の町並み。高層ビルも無く調和の取れた町並みは美しいものだったと思います(ウィキペディアに写真がありました)

もっと若いころから読んでいたら生き方も変わっていたかも、なーんて錯覚に陥ったりもします(笑)

こんなところが今感じている時代小説や歴史小説の面白さです。


今日は波ありましたねー。私は満潮の朝一しか時間が無かったので、潮の時間に合わせて仕事サボって行っちゃおうかとも思いましたが、気持ちを切り替えてランニング。寒いですがこちらも波乗りと同じくらいに気持ちが良かったです。

そして結果はサボらないでよかった、という結果だったのでよかったです。











誕生日 冥途の旅の三里塚 めでたくもあり めでたくもなし

「誕生日」を「門松は」に変えれば、一休さんが詠んだ歌になります。今日は私の47回目の誕生日です。昔は敬老の日でした。

子供の頃と違って、ひとつ歳を重ねると寿命がひとつ近づいてくるような気もします。めでたいですが、めでたくもないような。。。47年間、大きな怪我も病気もせずまあまあ順調に生きてこれたことを思えば、めでたいと思わなければいけませんか。いまのところ老化を感じているのは「目」くらいです(老眼)

来年は歳男です。。。


今日は素晴らしい天気で、海がとてもきれいでした。ビューティフルデイという言葉は今日のためにあるんじゃないかと思ったくらいです。

波は小さいですがロングボードが気持ちよさそうでした。飛び込みたくなるような海を横目に仕事を早めに済ませ帰宅して、ランニングです。朝から走りたくってウズウズしてました(海の誘惑も激しかったですが。。。)

二時間たっぷりと走ってきました。

調子出てきました。いやー、走るのも気持ちいいです。気分最高ですがさっきからフクラハギがピクピクしているのでこれからストレッチします。

連休は波ありそうですよ。週末組の方たちは身体と道具のご準備を。

それではまた明日。
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!