忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407]
昨日ひさしぶりにジーンズを買ってみた。デザインされたジーンズが全盛であるが私はシンプルなストレートが好きだ。色は黒くみえるほど濃い色のインディゴブルーから色落ちしていくのを楽しむ。最初からアタリがついたジーンズは自分のものになった気がせず、501番をオリジナル(糊付きのパキパキ状態)から履いて育てるのが好きだった。

学生の頃、ジーンズショップでアルバイトをしていたことがある。ジーンズショップといってもインポートやHRMを扱っている今で言うセレクトショップのハシリみたいな店で当時としてはススンだお店だった。ヴィンテージジーンズバブルが始まる前で、ジーパン屋の格安セコハンワゴンの中でセカンドやファーストのジャケットを見つけることができた時代。原宿のシカゴでは復刻じゃないキャピタルEのリーバイスが一万数千円で買えた。バックパッカーでいったロンドンのカムデンロック(だったかな?)の古着屋では、ヴィンテージリーバイスが1本30ポンドくらいで何本も買えた記憶がある。

ファーストリーバイスは中2のとき。ボタンフロントに四苦八苦して漏らしそうになりながらなんとなく少し大人になったような気がした。いくら直しても横の縫い目が前に出てくるのがとても不思議だった。

去年久しぶりにジーンズを買おう思いジーパン屋に行くとすっかり浦島太郎状態(笑)501にもいろんなバージョンがあってシルエットも昔と違うみたいで、こんな中途半端なデザインだったら女房が「こういうのも履きなさいと」買ってくれた妙にお高いデザイナージーンズの方がカッコいいじゃんと思いつつ昔の感覚で502番というのを1本買ってみたけど、なんとなくしっくりこなくてほとんど履かないまま古着屋行きに…。

シンプルな形で濃いインディゴカラーのジーンズ無いかな~と探していて見つけたのが昨日買ったジーンズ。早速今日履いているが昔のリーバイスみたいで結構いい感じ。どんな色になってくれるのか楽しみ。

ユニクロプレミアムデニムレギュラージーンズ 29” 4990円、いい感じで気に入ってます。


一昨日から身体作り始めました。力仕事していたので体力は落ちてないのですが久しぶりにストレッチすると、身体がガチガチ…。すこしずつ延ばして今朝はようやく柔らかさが戻ってきた感じです。波乗りに一番大事なのは身体の柔軟性。明日はDVDを見ながら初ヨガに挑戦してみようと思ってます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!