忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
28 29 30
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


千駄ヶ谷のSLOPE GARERLLYで2010年に開催された、シェイプルームのインスタレーションアート「THE SHAPE ROOM」の映像です。もう7年も前ですね。とても懐かしいです。

そのときのブログがこれです。「THE SHAPE ROOM」

プリモやブギーなど、人気のモデルが登場してきたのはこのイベントよりも後のこと。活さん、新しいモデルを生み出しつつ、変わらないご自分のペースで、他の真似ではないオリジナルなサーフボードをシェイプし続けています。

すごいことだと思います。






PR

形はいまいちですが、久々の波…のようなもの、かな? とにかく、GOT WETしてみました。サイズはコシ、ハラ。隣のサンドボトムのポイントの方が地形がいいのか、うねりの向きなのか、ときおりアタマくらいのセットが入ってきます。

ボードは、5’8”のBONITA。


波無しが続いたので、ブランクあいてしまいましたが、パドルは全然平気。日ごろのトレーニングのおかげだと思います。どんなことをやっているのか、ご説明するのはちょっと恥ずかしいので(笑)知りたい方は店先ででも直接聞いてやってください。

以前も書いたように思いますが、自分的には短い5’8”ですが、バランスがいいのか短さを感じません。パドル速いと思います。なので滑り出しも速い。ボリューム多めですが、厚みを出しただけではこうはなりません。活さんのシェイプのおかげです。

短か系板にも乗れるようになりたいロンガーさんの最終的な目標はこのくらいがいいんじゃないでしょうか。

BONITAがこれまでのフィッシュ、KK FISHと違う点はアウトラインもそうですが、ボトムの形。KK FISHはVEEですが、BONITAはシングルコンケーブ。KK FSIHのラウンドノーズの、前足で滑らせるような感触も面白いのですが、BONITAのスムースに水が流れる感じはコンケーブボトムならではです。それぞれ特長あります。


TIKIは今回は出番無しですいません。どんなときにも、どんな人にも安心の(笑)サイドフィン付き6’8”エッグです。

波はいまいちで人が多くて、パドルばっかりしていたような気もしますが、やっぱり海は楽しい。来週は本格的に梅雨っぽい天気で、波の予想が難しいですが、オフならヒザあればロングボードで十分楽しめます。まめに予報をチェックですね。


シェイプルームでは、Kさんのプリモ8’4”がシェイプ完成していました。個人的にはチョーおすすめの一本です。シングル好きなロンガーさんにぜひ乗ってみて欲しいボードです。世界変わります。おおげさでなく本当です。


活さんがコンケーブ内部のロッカーを説明してくれています。

コンケーブの役割はボトムの水の流れを集めること。そして、スムースな流れを作り出すことですが、ただ単純にヘコミを掘っているわけではありません。

ブランクスに付けられたオリジナルのロッカーを活かしながら、さらにスピードが出るように考えられています。

プリモの場合はそれに加えてテールにスピードとマニューバのためのシェイプが施されています。プリモに興味ある方はぜひパドルのトレーニング法とあわせて聞きに来てください。

そういえば、8’4”のストックボードを一本頼んでおりました。もうちょいで出来上がると思いますのでご期待ください。私のオンフィンの8.4はいつでも見られます。


そして、BONITA。

NさんのBONITA、ちょうどアウトラインを作るところでした。サイズは5’8”。私のと同じです。


BONITAはフルテンプレットなので、サイズを決めたらあとは早い。活さんは引いたアウトラインを確認しています。


アウトラインをカット。あれ?今気が付きましたが、活さん和鋸と洋鋸の二種類を使い分けていたような…。今度聞いてみようと思います。


サカナの尾ひれができたらアウトラインは完成です。


尾ひれをどうぞで卓袱料理は始まりますが(これはわかんないか…)、ここから先はSKIL100が始まるので、私は退散。活さんよろしくお願いします。

KさんとNさんには、のちほど画像をお送りします。ただいま整理中ですので、少しお待ちください。



ちょっと宣伝ですが、活さんのボードをオーダーいただいた方には、こんな感じでシェイプの画像をお届けしています。一緒に楽しんでいただければ幸いです。

そして、出来上がって調子良ければさらに最高!てなもんです 笑。







私が自分で乗っているB52というロングボードモデル。クラシックなログのイメージのシェイプですが、ノーズコンケーブは無しでノーズライダーというよりもグライドを意識して作りました。ロッカーも然りです。

タイプが違うログを2本作ったので、次はいよいよノーズライダーかと考えていたのですが、グライドのためのロングボードがもうひとつあったことを思い出してしまいました。

それは、グライダーです。11フィート、10フィートと乗り継いできました。

グライダーはたしかにロングボードですが、ロングボードとは違う感性で乗る乗り物です。大きなボードのゆっくりとした反応、トリミング、そしてグライド。ノーズはとがっていますが、クラシックなログで培った感覚を総動員させて波に乗ります。

ゆるい波も一番沖からビーチにむかって崩れるショアブレイクまで、スピードに乗って乗り継いでいくためのボードです。パドルは速いので、ビーチに点在するポイントを移動しながら波に乗っていくクロスカントリーサーフィンも楽しめます。

あのグライドする感触を思い出していたら、ノーズライダーの前にグライダーが欲しくなってきてしまいました。だからノーズライドがいつまでたっても上手にならない私です 笑。こっちのほうが好きなんですね、結局は。

これは以前作った、10フィートのグライダー。川南活さんのシェイプです。

ログとは違うボトムが、グライダーらしいスピードとグライド感を楽しませてくれます。また活さんにお願いしようと考えています。

こんな感じです。


以前と変更したいと思っているのは、テール形状、コンケーブボトムは同じですが今回はごく浅めにしてゆるいVEEを加える、全体的にもっとボリュームを付ける、という三点です。


テールはこんな感じ。スワローテールにしても面白いんじゃないかと思っております。フィンはもちろんシングルです。グライダーのイメージはすでに自分の中にはしっかりとあるのです。

本当は長ければ長いほど…なのですが。

Ryan Burch GLIDER from ryan burch on Vimeo.








活さんシェイプのカスタムボード、実際にご覧いただけるように少しずつですが、ショップの店頭のストックを増やすようにしていっております。もちろん販売もしていますので、ラミネートのカラーには神経使って色を選んでおります。

気に入っていただければ、すぐにお持ち帰りOKですが「このモデルでこんなデザインが欲しい」という方や、サイズを少し変えて、という方はカスタムシェイプになります。

もともとオーダーを受けて作るカスタムボードですので、サイズ、カラーのカスタムはいつでもウェルカムです。

今回のご要望は、プリモ。ティントカラーでラミネートして、ノーズにストライプを二本入れます。太いのと細いのを一本ずつ「バランスはお任せで」と責任重大。となると俄然張り切る私です 笑。

過去にお作りした、同じサイズのボードの画像を拝借。適当な位置にストライプを入れてバランスを見ます。



こんな感じかな~。と配置を決めたら次にそれを数字で表す作業に取り掛かります。こういう場合、実際に形にしてくれる職人さんに伝えるには具体的な数字が一番です。



計算してます。

もちろん、色見本や写真などで伝える感覚的なものもあります。そういう場合は、情報をできるだけ分かりやすくシンプルに伝わるように考え、あとは信頼の職人さんにお任せで間違いありません。

数字が本当に自分が考えたバランスを表現できているかどうか、何度も検算です。

サーフショップの仕事なんてお気楽とお思いかもしれませんが、プレッシャーを楽しむような局面も結構あったりするのです 笑。

それだけに、いいボードができれば嬉しさひとしおです。

さて、もう一度チェックです。




お知らせ:6月6日(火)はお休みいたします。よろしくお願いします。


ホットマンゴー クアッド、アップロードいたしました。その他のボードもアップしていますので、ホームページチェックしてください。

KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDS ’HOT MANGO’はこちらからどうぞ

リンク先のホットマンゴー、どうも私のせいのようで(笑)幅が広い、ファンなサイズばかり並んでしまいました…。

オリジナルのシェイプは活さんがかつて暮らしていた、南島の浅いリーフに崩れる波のチューブを駆け抜けるために作られていたモデルで、掘れた波、大きな波用のボードです。

それを普通のビーチやリーフのポイントのコシサイズくらいから、ムネカタアタマのファンサイズで楽しめる、ファンなシェイプにしていただいたのがホームページの一連のシリーズです。

そんなのがルーツのボードですから、幅を出してもダウンザラインのスピードはぴかいちです。

クアッド、トライ、シングル、ボンザー、やりたい放題ですいません…という感じですが、私のようにロングボードからのサーファーや、多めに浮力が欲しいおじさん(やっぱり私)はかなり楽しめる一連のシェイプです。

ロッカーはかなり抑えめで、ボトムはシングルコンケーブ。幅は少し広めですが速いです。

パドルやテイクオフの感じはフィッシュをイメージしていただければ間違いは無いと思います。フィッシュのフレンドリーさで、テールをいろいろなセッティングに替えて、という感じでしょうか。

クアッド、横に走るスピードとセンターフィンが無い抜けが良い感触をイメージしています。フィッシュのミニクアッド同様、楽しめそうです。

HOT MANGO QUAD、ショップにありますので見に来てください。ターコイズグリーンのラミネートもきれいですよ。


明日はゆっくりさせていただきます。




忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!