忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


新しく作るロングボードのフィンを考えています。今使っているボード(上の画像)はテールから、4インチの位置にグラスオンしていますが、もう少し後ろへ持ってきて、フィンのティップをさらにテールから大きく出したらどうなるか。

フィンを後ろへ持って行くと、直進性が出て曲がりにくくなるということは一般的に認知されていると思います。

以前、ヴィンテージのロングボードに乗ったときのこと。そのボードにはベースが30センチくらいあって、フィンのティップがほとんどテールから後ろへはみ出している、今では考えられないようなフィンが付いていました。

そのボードのフィンが、なんだか妙に良かったのです。最初は、これどうやっても動かないでしょ、と思ったフィンが意外に気持ちが良い動きで…。

それで、テールよりも後ろにはみ出しているフィンの作用を考えていました。

テールよりも後ろへはみ出したフィンのティップの作用は、フィンの位置を後ろへセットしたのとは違う意味があるのかもしれません。

昔のフィンはいろんな形があります。


ヴィンテージボードの写真を参考に、フィンを作って試してみようかとも考えましたが、それではこれから先にロングボード作りたいという皆様の参考にならないので、フィンの形は上のカツさんのテンプレットをベースに位置での違いで考えてみることにします。

日がな一日、こんなことばっかり考えている私ですが、フィンは重要なのです。









PR
私のニューボードのシェイプが出来上がりました…と言いつつ、撮影したデジカメをシェプルームに忘れてきてしまったので、同じアウトラインでシェイプした他のボードの画像でお話しを進めさせていただきます。


モデルは活さんの、「ホットマンゴー」というモデルです。ホットマンゴーのオリジナルは、活さんが住んでいた南の島の掘れた、大きな波のチューブを抜けるための”ホット”なボードなのですが、それをベースに普段のサーフィンで遊べるように全体的に幅を出し、デチューンしてもらっています。

サイズは、6’2” x 21” x 2”8/5。オリジナルからは、かなりファットになっています。おっさん(私)がたくさん波を取れるように、という下心もちょっとあったりします(人多いですから)

ボトムはシングルコンケーブ。ファットになったとは言え、オリジナルの「血」はしっかり引き継いで、ゆるめの波でも走ってくれると思います。(活さんのボードの基本はスピードでもあります)

フィンはクアッドのセッティングです。これまたオリジナルのホットマンゴーのトライフィンとは違います。

MINI QUADという丸いノーズのクアッドフィッシュに乗っていて、クアッド気に入ってしまいました。どうもセンターフィンが無い、抜けの良さが好きなようです。

結局、私の判断基準は「ボードが波の上を滑るときの感触がどんな感じか?」という点に重きが置かれているみたいです。

話がそれつつありますので、このニューボードに戻しますが、幅は広めで、それほどチカラが強くない波でも良く走ってくれ、シングルコンケーブとクアッドで波を滑る感触は「かなり」滑らか。

そんなイメージです。気持ちよさそうで、面白そうでしょ。クアッドは動きも軽いです(ラミネートも軽めにしました)

ターコイズグリーンのティントカラーで、夏の海をイメージしてみました 笑。いままで使ったことが無い色で、出来上がりが楽しみです。


このクアッドの次はロングボード。9.6のログです。またフォームを注文で作ることから始めてますが、今回はちょっと早めで来月には届きそうです。

いろいろやってます。

さて、こちらも多くの方からお墨付きをいただいているシングルフィン。プリモです。

Oさんのカスタムオーダー。ロゴは小さくひとつだけ。すっきりクリアが潔い仕上がりです。幅は少し細めです。プリモ、とにかくよく走ってくれます。ロンガーさんも大丈夫です。

活さんがシェイプするボード、ぜひ乗ってみて欲しいです。



アイデンティファイ、サーフTシャツアップロードしました。






カツカワミナミサーフボードのライダー、ジュンタさんのフィッシング。下の記事の画像の真ん中のイエローのBONITAです。かなりお気に入りのようです。高画質ですので、ぜひ全画面表示にして見てください。


KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDS: BONITA 5’6” (JUNさん、動画ありがとうございます)

私のBONITAは、5’8”。

私にとっては短いサイズですが、最初から違和感なく乗れてしまうのは、フィッシュのフレンドリーさだと思います。

そしてスピードが出ます。短くて幅広の、ずんぐりむっくりのアウトラインからは実際に乗ってみないことには想像できないと思います。

そのヒミツはフィッシュのルーツにあります。昔から散々書いておりますが、ざっとこんな感じです。MENEHUNEブログ 「ORIGIN OF FISH」

フィッシュ、ルーツはかなりハードコアです。小波でも楽しめるフレンドリーなイメージもあるフィッシュですが、ルーツを考えると潜在的な性能は本物です。

そんな二面性もフィッシュの魅力なんだと思います。

BONITA FISH、5.6~6.4くらいの長さでシェイプしています。ショートボードの方、ロンガーさん、いろいろな楽しみ方ができると思います。

私のトキ色5.8は店に置いてますので、見に来てください。








お知らせ:5月13日はお休みいたします。よろしくお願いします。


BONITA【ボニータ】:カツカワミナミサーフボードの新しいモデルです。新しいと言っても、形はみなさん良くご存じ、昔ながらのフィッシュです。

私のは、一番右側のピンク色。5’8”。


5.8なんて短いのはかなり久しぶりで、こんな小さいボードに乗れるのかなーとヒザ・コシの波にパドルアウトしてみました。


風が入ってダラダラのぜんぜん良くない波でしたが、乗れます、BOINITA 5’8”。ちなみにスリーサイズは、5’8” x 21”x 2”1/2。

正直なところ小さな5’8”は撃沈して、6.0くらいを新たにシェイプしなおしていただくことになるんじゃないかなあ~と、最初からあきらめの境地っぽかったのですが、波のキャッチは速いし、良くない波ながら走ってくれてるし、この小さなフィッシュ、すっかり可愛くなってしまいました。

次回はもっといい波で乗ってあげたいと思います。

BONITA、これから楽しみです。フィッシュはやっぱり面白いです。




そんな感じでフィッシュで粘っていたら、大潮の引きでヤバいことになってきたので、フィンが無いこれに道具を交換。太陽の熱で中の空気が膨張して、すっかりパンパンになってますが、海に入ると海水で冷やされて、元に戻ります。


先日からやりたくて仕方なかったのです、サーフマット。引き過ぎでも、リーフが露出していなければ十分楽しめます。

空気に乗って、柔らかく滑っていく感覚が最高なのです。

すっかり自分だけサーフマット楽しんで、そういえば品切れ中でした。そろそろマークさんにお願いして送っていただくことにします。


BONITAも良さそうです。ロングボードもフィッシュも最高で、やっぱり波乗りは面白いです。


BONITA FISH はこちらをご覧下さい。






お知らせ:5月13日はお休みいたします。よろしくお願いします。

カツカワミナミサーフボード、大きなクアッドフィッシュとハル・スタビーのユーズドが入荷しました。二本とも、グッドコンディション、グッドプライスです。


MENEHUNE BEACH STOREホームページチェックしてください。






忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!