忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
29 30
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

活さんは、ロングボードをシェイプ中です。クラシックなロングボードを、ということでオーダーいただきました。

メネフネでお作りしているロングボードは、クラシックなシングルフィンがメインです。B52と呼んでいるモデルです。呼び名は同じB52ですが、これまで三つのタイプでお作りしています。

タイプの違いはロッカーです。分かりやすいように勝手に、TYPE-1、TYPE-2、TYPE-3と呼んでみることにします。

TYPE-1は、フラット気味なロッカーの本当にクラシックなイメージのロングボードです。私のブルーのログがそれです。


取り回しは、フィンと重さで変わってきます。

私のブルーは「Dフィン + 重く」で作っています。ノーズコンケーブは無しで、あえて60年代のログのイメージを楽しんでいます(当時の本物よりは軽いですが…)

フィンをピヴォットタイプにすれば取り回しは軽くなるので、取り回しはフィンで調節することができます。

TYPE-2は、ロッカーがプラスされたクルーザーのイメージ。私の赤いログがそうです。


フィンはピヴォットタイプで、ロッカーは結構しっかりと入っているので、反応は素直で見た目よりもずっと軽く動いてくれるログです。これもノーズコンケーブは入れていません。

クラシックボードというと、なんでもノーズコンケーブが入っているものと思われている向きもあるらしいですが、コンケーブが無いロングボードが滑る感触は気持ちいいものです。滑り出しも気持ちいいのです。

そして、TYPE-3はノーズライダー。フラットなノーズロッカーとテールキックが入った、ノーズに乗るためのロングボードです。

これにはノーズコンケーブが入ります。テールキックとノーズコンケーブで、ノーズの滞在時間を少しでも長くしようというロッカーとボトムのシェイプです。

ノーズを狙いたい人には、TYPE-3です。

TYPE-1と2にもノーズコンケーブはもちろん入れることができます。コンケーブ無しの感触を楽しんで欲しいのは個人的な意見ですが、そのあたりはオーダーされる方の要望をお聞きして作っております。

オールラウンドタイプなら、良く走って軽く回ってくれるTIKIがあります。パフォーマンスタイプのロングは分からないので他をあたってください。

ロッカー、フォームの発泡、ストリンガーによっては、3~4か月ほど余計に時間がかかるものもあります。

私のログコレクションに興味ある方は、まずご相談ください。どれもいいロングボードです。












PR
IKIの8’4”と、HOT MANGO クアッドの5’11”を作っていただいた方からそれぞれメールをいただきました。

TIKI 8’4”


こんにちは。
本日ようやく波乗り行ってきました。

腰~腹セット胸といった感じです。

パドルに関しては、ロング顔負けでかなり安定していました。
テイクオフが想像以上に速かったのでびっくりです。

乗った感じは、滑り出しからハイスピードで今まで抜けれなかったセクションも難なくクリアできるほど・・・
波に合わせて前足アクセルといった感じですね。(テールを意識して動かすと失速)
ターンも丁度いい具合で絶妙なグライド感でした。
ドロップニーをしてみるとすごい勢いでスプレーが・・・

さすがにインサイドのパワーのない波になるとロングには及ばずでしたが、ハング5も楽勝!
まだまだ乗りこなせてないですが、マジックボードな予感です!



ありがとうございます。まさにTIKIはそんなボードです、というメールです。

TIKI 速いです。活さんのシェイプはそれが身上とも言えますが、おそらく皆さまの想像以上に走ってくれると思います。

TIKIは軽く動いてくれますが、パフォーマンスタイプのロングボードとは性格が違うので、テールアクション的に動かそうとすると、いただいたメールのとおりに失速してしまうかもしれません。

スピードに乗せたラインをキープしながらコントロールするイメージです。ロッカーのラインもそのように作ってあります。でも動きは軽いのです。

TIKI、マジックボードにしてやってください。


そして、ホットマンゴー クアッド5’11”

こんばんは、◆◆です。
ホットマンゴー、初乗り行ってきたした!
浮力バッチリ!テイクオフ安定感抜群!乗ったら早い早い!
パドル中、顔がほころんでました。
いやぁ楽しかったです(^^)
ありがとうございました。




どうもありがとうございます。

幅を広めに、というリクエストでお作りしました。クアッドは下のブログの記事にも書きましたが、個人的にやりたいサーフィンとニーズが合っていることに気が付いて(笑)現在、注目しているモデルでもあります。

しかもこのボードのディメンション、クラシックなフィッシュとよく似ているのです。

ということは、私でもイケるということで、長いのか短いのにするか迷っていましたが、短いのにすることに決めました(短いといっても、6.2くらいですけど)

このボード、フィッシュが好きな人にもいいんじゃないかと思います。幅やアウトラインはクラシックなフィッシュに似ているし、フィンのクアッドはツィンぽく乗れますが、フィッシュとは違う楽しみがあります。

いいですよ、これも。


さて、ボード作りはこのくらいでひとまずストップです。現場行かなくちゃ。

水曜日は午後に所要があって、お店はお休みいただく予定ですが、波有りそうなので、午前中に出かけてみようかと思っております。

これ、ええんでないかい?

昨日の最後にご紹介した、クアッドフィンのホットマンゴー。テールはダイアモンドテール。5.11ですが、フィッシュっぽいボリューム感で、私にも乗れそうな感じ。かっこいいです。


クアッドが今のように普及してきたのは2006~2007年頃と記憶しています。ハワイに行っていたフォトグラファーの方が「クアッド、多かったよ~」という一言から意識し始めたと思います。

最初は80年代。オーストラリアのグレン ウィントンが使っていたことは、多くのおじさま方はご存じだと思います。

フィンのセッティングでいろんな性格になるので、トライフィンのようにクアッドフィンとひとくくりに出来ない部分もあります。

今日はそっちの話ではありません。話がそっちへ行くと長くなります。

今日のお話しは単純に、「クアッドいいぞ~」ということなのです 笑。

何がいいのかって、私みたいにおっさんでロングから短いボードに乗り換えてきたサーファーで、マルチフィンでのマニューバに秘かにあこがれていたりする人にいいのです。

短いボードに乗り始めて、もう少し若者みたいにマニューバしてみたいと背伸び(冷や水?)してみたいおじさんには、トライフィンよりも軽く動いてくれてスピードが速い、クアッドがちょうどいいのです。(クアッド乗っている人がみんなそうだとは言いませんので、誤解せぬよう)

センターフィンが無くて抜けがいいので、軽く速く走ってくれます。そして、動きはトライフィンよりもクィック(使い方によっては、ルースとも言う)で軽く反応してくれます。

なんとなくそれらしく乗れるのが楽しいと思います(何度も言いますが、クアッド乗っている人がみんなそうだとは言いませんので、誤解せぬようにね)

要は、楽しいんですよということです。

このボトムの感じ、波の上を走るときの抵抗、少なそうでしょ。ホットマンゴーのボトムはシングルコンケーブ。速いです。


それと、これはただの私見ですが、抵抗が少ない軽い走りは(短い)シングルフィンが好きな人にも気に入っていただけるのではないかと思っています。

そう思い始めたのは、これに乗っているせいです。すっかりお気に入りの、MINIクアッドです。

面白くて手放せないのです。

シングルフィンのレールを使うサーフィンに慣れていれば、クアッドはレールだけで走っているみたいでとてもスムースに感じると思います。動きはシングルよりも格段に軽いのはご想像のとおりです。

波のフェイスをゆるーく上下しながら、抵抗が少ないスピードの速さ。私がどーもトライフィンに馴染めなかったのはご存じだと思いますが、クアッドならいいんじゃないかと秘かに思いを寄せている次第です。



さーて、明日は昼前くらいにオフに変る予報になってます。ゆっくりめに起きてでかけてちょうど良さそうな、いい日曜日になりそうです。






昨日のブログ、あらためて読み直してみて分かりにくいところを書き直しました。最終的にもっとこなれたものができればと思います。

さて、素敵なボードのシェイプがふたつ出来上がりです。

KK FISH 5’11” 少し長めのKK FISH。BONITAもいいですが、ラウンドノーズもいいなあというところ。KK FISHBONITA、どちらもフィッシュモデルですが、フィンとボトムのシェイプが違います。


最近、またフィッシュに乗りたいんですという方が、ぼちぼち増えつつあるような気がします。昔乗っていて、もう一度という方と初めての方と、という感じです。

やっぱりフィッシュのこの形、ええでしょう。


フィッシュモデルは、このKK FISH、BONITAの二つと、クアッドのMINI QUAD、BOOGIEとNUSEAは変化形。どれも良いです。(BOOGIEのほうが圧倒的に人気高いですが、個人的にはMNI QUADもイチオシだったりします。)

フィッシュは基本的には短いです。私が短いボードに、と考えるのはひとえにフィッシュに乗らんがためなのであります。

フィッシュ、好きなのです。


そして、もうひとつ好きなのはボンザー。


これはホットマンゴーのシングルフィンをベースにしたボンザー。3フィン、5フィンどちらもいけます。5フィンの方が汎用性が高いと思います。MINI 5いいですもん。私は3フィンも好きです。ボンザーらしさが強いのです。

ちなみに、ベースになっているホットマンゴーのシングルは、活さんが70年代に絶好調で乗っていたシングルを再現したもので、シングルフィン好きには強力オススメです(自分でも乗ってましたので)




裏山のエドヒガン桜、今朝がまさに満開のようです。


木~金曜にはオンショアが吹き続ける模様。海入りたいので、オンショアウエイブ狙って出かけてみようかと思っています。

やればやったで結構楽しめるんですよね~。





8ミリフィルムから取った画像は、伊良湖で行われた全日本の決勝ヒートで、波打ち際を走るのは川南活さんです。お隣の短髪のサーファーはボードにも書いてあります。MABOさんです。1971年の映像です。


活さんが抱えているボードはその当時、すでに自分でシェイプしていたというミニガンスタイルのシングルフィン。リーシュは無い時代です。

私はかわいい小学校一年生。

そして時は流れて現在、2017年です。


私は52歳。経過した時間が実感できます。

活さんが持っているのは60年代終わりごろのヴィンテージボードのミニガン。トシさんが抱えているトランジションボードも同時代のVEEボトムです。

VEEボトムは、グリノウ~マクタヴィッシュの流れでオーストラリアへ、そしてハワイで起こった、同じようなサーフボードデザインの変化はブリューワーという天才デザイナーの手でダウンレールのミニガンという形になって、上の1971年の伊良湖の活さんへとつながっています。

2017年のスタートに作った四本のミニガンスタイルのシングルフィン。レールやボトムのシェイプはモダンで1971年とは違いますが、これが活さんのシェイパーとしての原点なのかと、ふと思いました。


活さんが日本へ戻ってこられて、本格的に日本でシェイプのキャリアをスタートさせたのは、メネフネで扱わせていただくようになったのと同時期の2003年頃のことです。

そこからは、日本の湘南の波に合う形に進化して現在のラインアップが出来上がりました。波に合わせた自然な流れです。そして2017年はミニガン(BONITAフィッシュも)。

今度シェイプルームへ行ったら、1971年のこと尋ねてみようと思います。





忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!