忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
活さんシェイプのカスタムボード、実際にご覧いただけるように少しずつですが、ショップの店頭のストックを増やすようにしていっております。もちろん販売もしていますので、ラミネートのカラーには神経使って色を選んでおります。

気に入っていただければ、すぐにお持ち帰りOKですが「このモデルでこんなデザインが欲しい」という方や、サイズを少し変えて、という方はカスタムシェイプになります。

もともとオーダーを受けて作るカスタムボードですので、サイズ、カラーのカスタムはいつでもウェルカムです。

今回のご要望は、プリモ。ティントカラーでラミネートして、ノーズにストライプを二本入れます。太いのと細いのを一本ずつ「バランスはお任せで」と責任重大。となると俄然張り切る私です 笑。

過去にお作りした、同じサイズのボードの画像を拝借。適当な位置にストライプを入れてバランスを見ます。



こんな感じかな~。と配置を決めたら次にそれを数字で表す作業に取り掛かります。こういう場合、実際に形にしてくれる職人さんに伝えるには具体的な数字が一番です。



計算してます。

もちろん、色見本や写真などで伝える感覚的なものもあります。そういう場合は、情報をできるだけ分かりやすくシンプルに伝わるように考え、あとは信頼の職人さんにお任せで間違いありません。

数字が本当に自分が考えたバランスを表現できているかどうか、何度も検算です。

サーフショップの仕事なんてお気楽とお思いかもしれませんが、プレッシャーを楽しむような局面も結構あったりするのです 笑。

それだけに、いいボードができれば嬉しさひとしおです。

さて、もう一度チェックです。




PR
お知らせ:6月6日(火)はお休みいたします。よろしくお願いします。


ホットマンゴー クアッド、アップロードいたしました。その他のボードもアップしていますので、ホームページチェックしてください。

KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDS ’HOT MANGO’はこちらからどうぞ

リンク先のホットマンゴー、どうも私のせいのようで(笑)幅が広い、ファンなサイズばかり並んでしまいました…。

オリジナルのシェイプは活さんがかつて暮らしていた、南島の浅いリーフに崩れる波のチューブを駆け抜けるために作られていたモデルで、掘れた波、大きな波用のボードです。

それを普通のビーチやリーフのポイントのコシサイズくらいから、ムネカタアタマのファンサイズで楽しめる、ファンなシェイプにしていただいたのがホームページの一連のシリーズです。

そんなのがルーツのボードですから、幅を出してもダウンザラインのスピードはぴかいちです。

クアッド、トライ、シングル、ボンザー、やりたい放題ですいません…という感じですが、私のようにロングボードからのサーファーや、多めに浮力が欲しいおじさん(やっぱり私)はかなり楽しめる一連のシェイプです。

ロッカーはかなり抑えめで、ボトムはシングルコンケーブ。幅は少し広めですが速いです。

パドルやテイクオフの感じはフィッシュをイメージしていただければ間違いは無いと思います。フィッシュのフレンドリーさで、テールをいろいろなセッティングに替えて、という感じでしょうか。

クアッド、横に走るスピードとセンターフィンが無い抜けが良い感触をイメージしています。フィッシュのミニクアッド同様、楽しめそうです。

HOT MANGO QUAD、ショップにありますので見に来てください。ターコイズグリーンのラミネートもきれいですよ。


明日はゆっくりさせていただきます。





辻堂で開催された、FISH FRY 2017 行ってきました。波も少しあった模様です。



会場には、たくさんのフィッシュが並んでます。毎度の光景です。

それぞれのボードの写真は、いろんな方がブログやSNSでたっぷりアップしていると思いますので、そちらをご覧いただくとして、私はこの一本です。



フィッシュのニーボード。桐製です。フィンは木片がちゃんと着いていました。VOITのフィンもクラシックです。パッドを見て、ニーボードですか?と聞いたら、やっぱりそうでした。

スティーブ・リズのフィッシュも最初は木製。もちろんニーボードです。DVD見たでしょ 笑。みなさん、フィッシュはニーボード、作った人もニーボーダーということをお忘れなく。

FISH FRYたっぷり楽しんできました。



もしかすると、KATSU KAWAMINAMIサーフボードも出てるかな?と行かれた方がいないとは思いますが、もしかするといたりするかもしれないので、「続FISH FRY」10数年前の画像を掘り起こしながらバーチャル開催してみようと思います。

昔はこういうのがフィッシュと呼ばれていました。ツインスタビのスワローテール。ずいぶん昔です。活さん、お若い 笑。5’10”だったか、5’8”だったか、サイズは失念。


それから、KK FISH。最初のシェイプです。当時はMINI FISHと呼んでいました。5’6”。


現在、NUSHIと呼んでいるロケットフィッシュ系のフィッシュ。デッキコンケーブと厚めのダウンレールがかなりクラシックな雰囲気の6’0。


そして、これは6’0。こんな感じの丸いノーズでボリュームがあるフィッシュ、たくさん作っていましたが、それらが今の人気モデル、BOOGIEにつながっています。


これが完成形。デザインソースは、1972年までさかのぼる、シェイパーこだわり(お楽しみ)の一本です。


クアッドもあります。私のお気に入りのクアッドフィッシュは6’0。遊べます。


そして、2017年。BONITA FISH。朱鷺色 5’8”。


先週の最新シェイプですが、クラシックです。5’6”。


どのボードも、この10数年のあいだに信頼できるライダーたちによって十分にテストされ、現在のモデルとして存在している「FISH」です。

ついでに、おっさん(私)もテストしていますので、ご同輩も安心して(笑)楽しんでいただけるFISHたちです。





お知らせ:6月3日(土)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。


ホットマンゴークアッド完成しました。きれいなターコイズグリーンで、夏の海と砂浜に映えてくれことと思います。

自分でも気が付いていますが、ブルーとグリーンをいろいろな配合比率で混ぜた色彩群が好きなようです。少し緑がかった青と、少し青みを帯びた緑を両端として、その間にある色を試してみようと思います。

青と緑の絵の具をいろいろな配合比率で混ぜ合わせた色を、群青と緑青の頭をとって「群緑(ぐんろく)」と呼びます。

群緑シリーズです。海に合う色だと思います。このロングボードが群緑シリーズ第1号です。

同じ色でのカスタムオーダー、もちろんOKです。ティントやピグメント(オペーク)というバリエーションもあります。一緒に考えましょう。

ホットマンゴークアッドはのちほど詳しくご紹介します。おっさん遊べそうです 笑。


それから、フィッシュのシェイプが完成しました。店頭にストックとして置く予定の、BONITAです。

レングスは、5’6”。ノーズ~テール全体的に幅を出していただきました。幅広のフィッシュらしいアウトラインで、楽しめそうなフィッシュです。



これも群緑シリーズです。一番端の色。群青(ぐんじょう)色のティントカラーでラミネートしてもらいます。

ストックボードで、自分のじゃないですがかなり楽しみです。

ストックはこのフィッシュの他に、PRIMO 8.4、MINI 6.8 シングルなどが入荷する予定ですので、お楽しみに。

明日は、フィッシュフライです。私も見学させてもらいに行きます。

波も少しありそうです。








プリモ8’4”、シェイプ入ります。これからです。発泡ウレタン液を膨らませ、補強になる薄い木材を挟み込んで接着したサーフボードの始めの状態。ブランクスと呼んでいます。ブランクス:blanksは、空白とか白紙などという意味です。サーフボードを削り出す前の白紙の状態ということでしょうか。

発泡させる密度で重量や強度が変ってきます(私がロングボードを作るとき、よく高密度発泡という言葉が出てくると思います)。膨らませたフォームの塊りを真っ二つに切って、ストリンガーを入れます。ストリンガーにレッドウッドやバルサを使ったり、接着材に意図的に色を着けて、グルーライン(接着線)などというストライプを表現したりすることもあります。

ブランクスにはすでにロッカーがつけられています。ブランクスの長さの、よりたくさんの部分を使う使い方が、もともと想定されたロッカーに出来上がるので自然な使い方なのですが、ひと回り長いサイズのブランクスから欲しいロッカーのある部分だけを切り抜いて使ったりもします。皆さんが好きな、ブギーもそうやって走る部分だけを切り抜いて作られているのです。ぜいたくな使い方とも言えますが、それがスピードの秘密だったりします。

このブランクスは8’4”です。フルレングスを使って8’4”のプリモを作ります。パドルとスピード、回転性が調子いいロッカーなのです。もちろん活さんのシェイプがあるので、それらが生きてくるのは言うまでもありません。

シェイプされると、こんな感じになってきます。


プリモ、いろいろな長さで作っていますが、この8’4”の長さはロンガーさん、とくにシングルフィンのロングに乗っている人にばっちりおすすめです。私もこのサイズのプリモは常に一本押さえています。

小波からOKですが、重たいシングルフィンのログでは少々きびしいコンディションのときにはかなり楽しめます。波を越えて沖へ出るときや、テイクオフなどロングボードと同じに扱えます。クラシックなログタイプのボードが好きなロンガーさんに気に入ってもらえると思います。

ログには無い、コンケーブボトムの感触は新鮮だと思います。

プリモはシングル派ですが、サイドフィンがあった方がいいという方には、8’4”で同じブランクスを使った、TIKIというモデルがあります。サイドフィン派の方はこっちですね。

最近、短いボードばかりにお話しが行きがちですが、長いのを忘れてしまった訳じゃありません。長いボードのグライドを忘れられるはずありません 笑。

この8’4”のプリモは店頭のストック用です。きれいなカラーでラミネートしていただきますので、楽しみにしていてください。


こんな素敵なクラシックなオーダーをいただきました。


7’2”のMINI GUN シングルフィン。ブルーとイエローのカラーリングもクラシックです。普段の波から、サイズアップしたとき、いろいろなコンディションで活躍してくれそうです。

KK MINI GUN COLLECTTION









忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!