忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2
7 9
13 16 18
20 23
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
アルコールフリー生活、一週間が経過しました。おとといあたりから夜の寝つきは良くなって以前よりも「寝ること」が気持ちよくなってきました。最初は目がさえてなかなか寝付けなかったのですが、だんだんと眠たくてたまらなくなるようになってきたのが不思議です。

朝の寝覚めはいいですし、そこからエンジンかかるのも早いです。朝のランニングも好調です。

仕事終わって、ビールくらい飲みたくならないのかって?

なんとなく飲みたいかなあ~?くらいにはなります。ビールをコップに注いで、泡が落ち着くのを待ってからぐいっと…なんて想像してしまうこともあります。

そういうときはどうするか?

人間、飲みたい食べたいを我慢するのは結構大変なことです。でも意識を置く場所を変えることで、その欲求をそらすことはできます。

ビールの味、焼酎の甘露(笑)を想像すると、美味そうだなあとどうしても頭の中で思い描いてしまいます。ですので、そんなことを考えないように、意識を別のところへもっていくのです。

アルコールが入らなければ、食事の後にできること。例えば、読みたかった本をじっくり読む、ストレッチと瞑想、何かを作ったり、その他にもできることは結構たくさんあります。

それから、朝の目覚めの気持ち良さやランニングの気持ち良さ、などなど。そんなことを想像してそっちの方がいいやと思うようになると、もうビールは欲しくなくなります。

タバコだって、止めてから30年ちかく経ちます。アルコールも同じようなものでしょ、と考えます。無ければ無いで、平気になるものです。

飲まない分の浮いたお金で、サーフボードも作れます 笑。

多少の意志の力は必要かもしれませんが、いろいろ考えるとアルコールフリーの方がいいことたくさんです。

自分の心ですから、意識の置き場を変えるのはそんなに難しくないはずですが、自分でしかできないことでもあります。


このことは波乗りにも同じことが言えるんじゃないかと思っています。

最近よく登場する、ロングボードから短いボードへの乗り換えの話題。これも意識を変えるということが同じように重要だと思っています。

浮力、パドリング、テイクオフ、ライディング。道具が違うと、カラダへ感じる感覚は違うものですが、やることはどんなサーフボードに乗っていても同じです。

違うのは意識です。違う種類のサーフボードで波に乗るには、それぞれ違う意識(イメージ)を作り出す必要があると思います。

ボードの種類によって、意識を置く場所はどこなのか。それを押さえることができれば、サーフボードの乗り換えはそれほど難しくないはずです。

…というのが、昨年末からの波乗りの中で私が立てた「仮説」です。それをこれから実践&実証してみようと思っています(本能的に自然とできちゃう人には関係ない話ですが…)。

夜の睡眠がようやくまともになってきたので、次に波が上がりそうな火曜日あたりから実践できそうな状態になってきたかとは思っていますが、さて、寒さへの意識と置き換えられるものはいったい何でしょう?

こういうのか?








PR
お知らせ:2月14日(火)は午前中、展示会へ行ってきますので開店が1時間ほど遅れます。14:00オープン予定です。よろしくお願いします。

昨日のブログの最後で「カラダも改良中です」と書いたと思います。上手くいったら半年後にもう一度ご報告します、とも書いておりましたが、それでは目標達成に後ろ向きのような気がするので、先に言っちゃうことにします。

それは「禁酒」です。

波乗りのためでもあります。私のように海に近くないサーファーは、移動時間分を早起きしなくちゃいけません。目を醒まして、すぐに調子いいというのもあります。運動にアルコールが一番良くないというのは良くわかってます。

それだけではありません。私は今年で53歳。1964年の東京オリンピックの年に生まれた私は、2020年の東京オリンピックの次のオリンピックの年には還暦です 笑。 まだ元気だとは思いますが、30、40歳のころとは違います。

残された時間は少なくて、時間が経つのは早いのです。アルコールが入った時間(醒めたあとには、ココロとカラダの両方に影響ありです)がもったいなく感じるようになってきました。その分、頭をクリアにして自分がやるべきことをやった方が面白いと思います。新しいことを始める時間も作れると思います。

お酒、美味しいし好きな上に飲めてしまうので、ついつい飲んでしまうんです。それも幸せだと思います。でも、まず私は波乗りしなくちゃいけません。たいした波に乗る訳でもありませんが、それよりもとにかく続けることが自分のミッションだと思っているのです。

これからの自分の人生、そして波乗りを考えるとアルコールから離れたほうが良さそうだと判断しました。

以前、一年以上アルコールを止めていた時期がありました。でも、2011年3月以降、いろいろなストレスから(言い訳ですな)また飲むようになってしまって、今に至ります。

今日でまだ四日目。まだ夜、眠れません。

アタマとカラダに、アルコールで寝付くクセが付いているとそうなります。過去の禁酒のときに経験済みです。でも朝の寝覚めはいいのです。

以前はベッドの中で何時間も悶々としたものです。でも今回は平気です。眠れない時間、普段やっている瞑想と同じ心持ちにするようにしています。マインドフルネスです。

そうすると眠っているのか醒めているのか、自分でもわからない不思議な感覚に陥ります。アタマの中に寝ている部分と起きている部分がふたつあるような感じです。そうやっていると、いつのまにか朝が来ていますが、やっぱりものすごく睡眠不足を感じます。

仕方ないので今はそれを楽しんでます。早ければ一週間、どんなに遅くても二週間あれば熟睡できるようになるのは過去に経験済みです。あの快眠を思い出してもういちど、です。



なーんて言っときながら今晩の晩ご飯を思い浮かべたら、思わず焼酎買って帰ったりして。料理プラス酒のイメージが一番良くない 笑。

のん兵衛の皆さんには良くお分かりいただけると思いますが、そうならないように頑張ります。


それでは明日、よろしくお願いします。





今朝は昨日よりも、風がさらに冷たく感じました。

走るときは、今の季節も短パンです。上はいちおう長袖ですが別に半袖でも大丈夫だと思います。冬用のランニングタイツや上着を着ると、途中で暑くてたまらなくなります。

走って汗をかきながら、ふと子供のころを思い出しました。

私が通っていた、小学校は男子は冬でも半ズボンが決まりでした。長ズボンは風邪のときだけで、親が一筆書かないとダメでした。だから長ズボンを履いているとすごく目立って、なんか恥ずかしかったものです。

同じ学年の寺井くん(笑)など、冬でも半ズボン+ランニングで6年間通したらしく、なにか表彰されてたような記憶があります。

親は今日は寒いから、毛糸のパンツ履いていけと言って自分の店から持ってきてくれる(洋品店をやっとりました)のですが、毛糸のパンツ履くと暑くてかなり気持ち悪かったので、たいがいは普通のパンツでした。

教室には暖房はありませんでした。比較的暖かい、九州地方だったからできたことなのかもしれませんが、今時はどうなんでしょう。

スネ毛を通して足にあたる冷たい風を感じて走りながら、そんなことを思い出していました。

最近はレースに出る気は無いのでのんびりと、でもコンスタントに7~8キロの距離を走っています。レースでは無く波乗りのためです。

波乗りに効くランニングには、ベアフット系が良いと思っているので、シューズはこんなフィンガーシューズです。

波乗りに効くのはトレイルのようなアップダウンがあるコースだと思います。トレイルでなければ、階段なんかでもいいと思います。速く走る必要はありません。

ベアフットの走り方、フォアフット着地でヒザは軽く曲がった状態です。ヒザの強化に、フクラハギの外側と奥の筋肉が強くなります。アップダウンや階段は、ヒザより上の筋肉に効きます。

心肺機能のために、心拍数を上げて(スピードを上げて)走ることも必要だと思います。そんなときにはベアフットシューズでは着地で足の裏を痛めそうなので、少しだけクッションが効いているシューズを履いて走ります。

ベアフットラン、私はもう5年ほどやってます。足の指の力が付いてきたように思います。ヒザが痛くなることも無くなりました。たぶん波乗りに効いていると思うので、おすすめはできますが、故障やケガが無いように、それぞれのレベルに合わせて使うことが大事だと思います。

走り終わって自宅へ戻ったら次は体幹ですが、最近それに加えてやっていることがあります。

それは、ボードの上に立ち上がる練習。床にうつぶせになった状態で、両手で上体を持ち上げて足を身体の下へ引き込んで立ち上がるあれです。初心者向けのハウツー本に書いてあるやつです。

いまさら何をと思うかもしれませんが、歳寄りはやっといた方がいいと思います。どーしてもだんだん立ち上がるのが、ドッコイショになってきてしまいますから。

イメージはアレです。以前にも書きました。上体を持ち上げているということはボードは滑り出しているはずですから、滑るボードを両手と下半身でしっかりとボードを抑えるイメージを持ちつつ、それを両足の裏で引き継ぐつもりで、足をきっちり引き入れて、前足加重の体勢で立ちあがります。

短パン姿で、そんなことを楽しみながらやっているのです。

5’8”のフィッシュが待ってますからね。




しかし、冬は山がきれいです。空気が澄む冬の楽しみです。雪が積もった丹沢と大山。そのむこうの富士山は雲に隠れています。


今日は特に空気が澄んでいたようです。肉眼にはもっとはっきり見えていたのですが、カメラの性能を越えているようでぼんやりです。

うっすら見えている大きな山塊は赤城山です。そしてその左側、さらに遠くに白く見えているのが谷川岳。

かかあ天下と空っ風といいますが、こっちの方角に立つと風はさらに冷たく感じるような気がします。







朝からどんよりとした空模様で、雨も降ってきました。明後日の夜はもしかしたら、初雪になるかも、なんていう予報も出ています。ついでに波も上がって欲しいものです。

しばらくおとなしくしていたせいか、腰痛はおさまってきたので、久しぶりに走ろうかと、近所の紅葉スポットを走ってみました(昨日のお話しです)

自宅のすぐ裏の尾根沿いを走る道路を走りだします。ひんやりした朝の空気の中を、丹沢と真っ白な富士山を見ながら、気持ちがいいペースで走ります。


高度成長期、東京のベッドタウンとして開発された町です。道路も歩道も広く、電線も外にはありません。緑もたっぷりです。海はちょっと遠いですが、この環境は捨てがたいものがあります。


5キロちょっと走ってやってきました。メタセコイアの並木道です。すっかり色づいています。このラスティックなオレンジ色、大好きです。樹形もきれい。


この並木道は600メートルほど続いていますが、すぐ横の通りにも紅葉の並木道がありました。モミジバフウです。



もう少し走ってみましたが、腰は大丈夫そう。股関節の痛みも無く、また波乗り思い切りできそうです。歳取ると、あちこちいろいろ大変ですな。

今朝は、昨日の波はすっかり消えて残念無念でしたが、身体がちゃんとしていればいつでも大丈夫です。

寒くなってきましたが、KEEP SURFINGで行きましょう。

ボトムが、紅葉のメタセコイアみたいなカラーのフィッシュのユーズドボードが入荷しました。CONサーフボードです。


ユーズドボード、左にあるショップのロゴマークをクリックして、ホームページをご覧ください。







アレックス・ノスト、タナー・プレイリー、アリ・ブラウン、ジャスティン・アダムス。サーフィンは、それぞれが面白いと思うやりかたで楽しめばいいんですね。

California Cult from Mollusk Surf Shop on Vimeo.



今朝はちょっと長め、10キロちょっと走ってから体幹、そしてメディテーション。旅行や帰省で日常の生活サイクルから離れると、リズムがおかしくなります。いつもの時間のいつもの行動が戻ってきました。いつもの自分の味、食べるものも重要です。非日常は刺激になりますが、ルーティンは大事。

非日常の刺激は、たまに上がる波での波乗りが一番です。ですが、ちょっとネガティブ要因(生活習慣と身体の故障の両方…)があるので、なんとか改善したいと考えている今です。

すべては、気持ちよく波に乗るためです。それが一番大事です。

そんなに難しいことではありません。気持ちを持ち続ければよいだけです。

よくわからない話ですいません。自分自身への決意の宣言でした 笑。





忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!