忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4]
クリス・クリステンソン C-BUCKETとWEST SIDEアップロードいたしました。ひっさびさのC・バケット。見れば見るほど、乗りたくなって困ってます。


今回はシングルフィンです。C-BUCKETというとクアッドのイメージがあるかもしれませんが、シングルも良いのです。

ボトムから軽くまくった、柔らかなダウンレールはクリステンソン独特のレールです。テールに近づくとパキッとエッジが立っています。ボトムのセンターにはコンケーブが入り、テールの緩いVEEに従いつつダブルコンケーブへと移行して、テールエンドへ抜けていきます。

カツさんのプリモに良く似たボトムとレールのシェイプです。プリモ同様、速そうです。

レングスは個人的に好きな、6’8”と6’6”。パドルのスピードが速く、サイズがある波でもテイクオフに安心感があります。このC-BUCKETのラウンドピンテールはレイト気味のテイクオフや波のパワーがあるところでもすんなりと波に入ってくれそうです。

これからの台風シーズンにあると重宝しそうなC-BUCKETです。普段のコンディションでも(さすがにヒザ波はきついですが → そんなときはロングやりましょう)コシ・ハラくらいから楽しめると思います。



ロングボードはWEST SIDE。クリステンソンのPIGシェイプです。

クラシックスタイルにこだわりつつ、もっとボードを動かしたいロングボーダーにおすすめです。ドロップニーターン、細かいステップでのトリミングで、60年代にホットドギングと呼ばれた動きを楽しんでください。

ノーズはノーズライダーよりも絞り気味ですが、コンケーブが掘られています。レールはソフトな50/50レール。もちろんエッジは付いていません。ボトムは緩いラウンドボトムです。

ノーズへも行けますが、クラシックなロングボードのクルージングが楽しそうなボードです。

クリステンソンサーフボードは、ホームページからご覧ください。


そして恒例の、真夏に暑苦しいドライスーツとネックインフルスーツのキャンペーンのお知らせ。AXXE CLASSICです。

もうスタートしています。

フラップドライは専用のインナースーツ(¥19.000相当)を、ネックインフルには長袖のインナー(¥5.000相当)をプレゼントします。ネックインフルスーツはインナー着ていると脱ぎ着が格段に楽になります。

もちろんオーダー料は無し、専用のウェットハンガーももらえます。お届けは10月15日以降でご都合に合わせて調節いたします。

詳しくはまたホームページにアップロードいたします。

秋冬のウェットスーツをお考えの方はぜひ。一昨年からオフショアの真冬の海の上でも暖かく和めるのは、このウェットのおかげです。



PR
クリステンソンのPIG 9’6”とC-BUCKET 6’6”、6’8”が入荷しました。


キャッチフレーズを付けるなら、「あやつる楽しさ WEST SIDE」、「イケイケ C-BUCKET」

C-BUCKETにはボランピヴォット 8”を。


WEST SIDEには、ブルーティントのレギュラーテンプレット 9.5”を。

ボードに合わせて、それぞれご用意しました。

アップロード、もう少しお待ちください。



クリステンソンのC-HAGです。私がC-HAGをチョイスしたのは、クラシックなロングボードで古臭くマニューバしたかったからです。

ラウンドピンテールに絞り気味のノーズのPIGシェイプ。ノーズもテールもデッキからボリュームを落としたステップデッキになっています。ステップデッキは、以前(かなり昔)に乗っていたのでノーズ側の軽さは体験済みでした。

プラス、テールのステップデッキです。テールの浮力を落としているので、ヒザを落としてテールを沈め、ターンさせようとすると反応良く回ってくれます。

面白いのはレールのシェイプです。ノーズとテールはステップデッキで薄めですが、センターあたりは丸いボールレールです。クリスの他のモデルと比べてボリュームがあるレールで体重を乗せたときの反発が強めで、メリハリのある動きをさせてくれます。

ノーズは細いので、いまいち前へ出られていませんが、慣れてくれば行けると思います(フィンが細長いというのもあります。)

お手本はこれ。60年代のPIGでのホットドギング。古臭いマニューバですがカッコイイ。


C-HAG、私はリーフブレイクで使っていますが、ボードの反応が良いので、ビーチブレイクでも調子いいと思います。

今はグリノウの9.75のフィンを使っていますが、ピボットタイプのフィンでも面白そうなのでフィンを手に入れて試してみたいと思っています。

オルタナティブボードも面白いですが(以前の私のように)入れ込みすぎはいけません 笑。ロングボードから乗り換えて、最近ロング乗ってないなあ、という人はぜひロングボードの面白さ思い出してください。ロング、楽しいですよ。

ワイドノーズでスクエアテールのノーズライダーも欲しい今日この頃です。




クリス・クリステンソンがシェイプするクラシックロングボード、ボネヴィルをサイトにアップロードしました。

長さは9’6”。カラーはクリアでウェットサンディングフィニッシュ。濃い色のレッドシダーストリンガーとデッキパッチがアクセントになったシンプルな外観です。

ボネヴィルの大きな特徴は、アウトラインとボトムにあります。

テール幅を広めにとっているので、センターからテールにかけてのラインがよりパラレルに近づいて、広めのテールとともにノーズライド時の安定感を出しています。

ボトムはフラット基調です。多くのクラシックロングボードに見られる、丸いドーム状のボトムではありません。もちろんフラットではなく、ノーズにはコンケーブが入っていて、テールにかけては緩いVEEが入っています。

ボトムがフラット基調のため、レールはソフトレールですがボトム側に若干ボリュームがあるシェイプになっており、ノーズやトリムでのコントロール性を高める意図を感じさせます。

スムースでキレのいいクラシックスタイルでのロングボーディングを連想させるシェイプが、ボネヴィルの特長です。クリステンソンはミッチ・アブシャーとこのモデルを開発したそうですが、まさにミッチのサーフィンのイメージがそれです。

ボードはボネヴィルじゃありませんがこんな…。


ボネヴィル、ホームページをご覧ください。クリステンソン、これからも少しずつ入荷してきます。



実はこういうボトムとレールのロングボード、以前にカツさんに削っていただいたことがあります。接水面がフラット基調なせいか、グライド感がとてもあります。丸いボトムで50/50レールのクラシックボードに比べると反応が良く、体重を乗せると柔らかくスムースに反応してくれます。




昨年からどういう訳か、カスタムオーダーの出来上がりが遅れてしまっているクリステンソンですが、だいぶキャッチアップしてきました。

まだお待たせしてしまっている方、申し訳ございません、鋭意やっておりますのでもう少しだけお待ちください。

今回はこの2本。ツインキールのフィッシュとカフェ・レーサーです。

FISH 6’0 コークボトルティント ▽ロゴ レッドシダーストリンガー


CAFE RACER 5’8” サンディングクリア ▽ロゴ レッドシダーストリンガー


今のオルタナティブボードブームはこのボードから始まって、いろんな形のボードがたくさんありますが、やっぱりFISHです。お店のストックにも素敵なフィッシュをオーダーしておりますのでお楽しみに。

早いとこ頼むよ~、クリスさん!



忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!