忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395]

ジョン・セバーソンの写真をオーダーしようと思っているのですが、ここ数ヶ月彼のサイトの画像が見れない…

先月、オーダーしたいけど画像がみれません~とメールしたら、「どれが欲しいんだい?送るよ。」との返事はくれたんですが、やっぱり記憶をたよりにタイトルだけで選ぶのは少々ムリ…。早く復旧してくれないかなあ。

画像はジョンセバーソンの古い写真「ハモンドリーフ」波乗りの楽しさが伝わってくる大好きな一枚。絵でも写真でも豊田さんの作品のように楽しさが伝わってきたり、この写真のようにいろいろなイメージを膨らませてくれる作品が好きです。(たぶんそれが人に夢を与えるということなのかもしれません)

絵の楽しみ方は人それぞれ。作家の名前や値段に関係なく、自分が見て気持ちよいと思えるものをそのひとそれぞれの方法で楽しめばよいのです。雑誌の切り抜きをトイレにピンで留めただけでいいんです。

最近、久しぶりに落ち着いて絵を描きたい気持ちです。波乗りと同じで絵も常に描いていないとデッサンがぶれてきます。久しぶりの海で思い通りのラインを走れないのと同じように、描きたいラインを鉛筆が走ってくれなくなります。

およそ7年前、メネフネビーチストアの構想を描き始めたとき、その根底にあったものはシングルフィンのロングボードとサーフアートでした。部屋を片付けていると、どんなショップにしようかとアイデアを書きなぐった昔のノートが出てきました。思いついて走り書きをしたり、酔っ払って書いたらしい乱れた文字が並ぶ最後のページにはすべての結論ととれる一言が書かれていました。その言葉は…。


「アーティストになろう!!」


いまでは「サーフアート」や「サーフカルチャー」といった言葉もすっかり定着し、多くの人たちが波に乗りながら、キャンバスに絵の具を塗ることで、写真を撮ることで、あるいは楽器を演奏することでサーフィンというものを表現しようとしています。私は高校、大学とベースギターを弾いていたので自分が音楽的な才能が無いことは十分解っています。となると私がサーフィンになんらかの形で貢献できそうなのは、絵を描くことと文章を書くことか…。


とりあえずは、ジョン・セバーソンさんお願い!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!