忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
7 9
10 11 14
21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2116] [2115] [2114] [2113] [2112] [2111] [2110] [2109] [2108] [2107] [2106]

BLUE誌の最新号の特集はART for SURFERSです。サーフアートというと懐かしいところで、ケン・オースター氏を思い出します。今のショップを始める少し前、海外のアーチストのプリントを取り寄せてネットで販売するようなこともやっていましたが、サーフィンとアートを結びつけてくれたのはケン・オースター氏の作品でした。

草分け的には、ジョン・セバーソン氏。最近の作品も素敵ですが、60年代に描かれたアブストラクト調の作品はいまでも新鮮で大好きです。それからやっぱり、豊田さんのパームグラフィクス。もう10数年前のことですが始めてみたときのときめき(笑)。肩の力が抜け切ったようなゆるい作品たちにすっかりやられてしまいました。

アートやゲイジュツというと何か難しいイメージを持ってしまう人もいるのかもしれませんがあまり構えずとも、ただ作品をながめて、何か気持ちに感じるものがあればそれだけでいいと思います。

よく、気分が落ち込んだときにはこの曲を聞いて元気をもらいます、なんていうことを耳にしますがアートも同じです。写真や作品を前に、そこに描かれた線の柔らかさや色使い、筆のタッチなどをじっと見つめていると音楽と同じで、落ち着いてきたり、気分が高揚してきたり、気持ちが変わってくるものです。

数ヶ月前から、こんな感じに描いてみたいなと思うイメージが沸いてきつつあるので、久しぶりにキャンバスを用意して自分でも描いてみようと思っているこのごろでもあります。

サーフアートの今の一端を知るいい一冊かもしれません。好きなアーチストを見つけてください。

さて、Oさんオーダーのネックインフルスーツが出来上がりました。裏起毛の素材よりも軽さを重視したいというオーダーで、下半身を5ミリ厚のSUL素材に変更しました。ご希望どおり軽く仕上がっています。この5ミリフルは動きやすそうです。

こんなカスタム仕様にもご対応可能です。

AXXE CLASSIC ネックインフルスーツとドライスーツ、ジッパーレスフルスーツのオーダーフェア、まだまだやってます。各種オプションも半額です。本格的な冬のシーズンはもうすぐです。今のうちにご準備を。AIDENTIFYもオーダーフェア開催中です。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!