忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
(06/26)
(06/25)
(06/24)
(06/23)
(06/21)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

波はヒザ・コシ。ロングボードで滑るには十分です。ボリュームと重量があるログは、ゆるい力が無い波からでもスピードを引き出してくれて、気持ちよくグライドしてくれます。

フラットなロッカーと厚めの丸いレール、赤いログよりも細身のボディはロールさせやすく、そこを使ってコントロールすることで、ロッカーレスの部分を補うことができるようです。これもノーズコンケーブは入っていません。


ボトムのロールは緩めにしてもらっています。滑り出しはロッカーが無いせいか、赤いログとはまた違う感触ですが、いずれにしても速いです。

こういう重たいボードの面白さは、ボードをターンさせるにしても、前へ進ませるにしても、自分の体重を必要な部分に乗せていって、ボードがそれに応じて曲がりはじめたり、加速したりする反応を感じる瞬間だと思います。ボードの図体が大きい分、反応も大きいところが気持ち良いのです。

そんな動きを岸までつなげていくことがライディング(トリミング)で、最後の締めくくりはテールを踏み込んだプルアウト。ボードのノーズをきっちり沖へ向けて波から降りることができるかです。

すぱっと向きを変えて波の反対へ出て、そのままボードの上に座るか腹ばいになるかして、パドルアウトしていくのがかっこいいでしょ。プルアウトもちゃんとできるように練習しましょう。

レフトブレイクがメインのポイントで入っておりましたが、ブレイクが速いレギュラー側を抜けるのが面白くて、(ほとんどの人が行かないので)ひとりで何本も乗っているうちに、この「フラットなDフィンの納戸色のログ」(これが正式名称)の面白さが分かってきました。

ロングボード、やっぱり楽しいです。

クラシックなロングボードお好きな方。いままでと違うクラシックロングを欲しい方にはこのボードはかなりお勧めです。

ブランクスからオーダーしますのでちょっと時間かかります。気になる方はお早めにご相談ください。ボードはショップに置いてありますのでいつでも見ることができます。










PR
いまどきのロングボーディングはベースはクラシックだけれども、動きは鋭角。アレックス・ノストからの流れなんでしょうか。最近の動画を見ていると多くの若手(?)はそんな感じの動きをしているように思います。アレックスのそれは好きなのですが、みんなでそっちへ行ってしまう傾向は、私はどうも…。

それで、やっぱりこんな感じがかっこいいんだけれどなあとあの方を検索していたら、こんな動画を見つけました。キーワードはいつも出てきますが「Phil Edwards」です(Wingnutでもいいですね 笑)。

ボードはあんまり動いていませんが(笑)、ロングボードはこういう風に乗るもんだと思います。動きは少なくても、身体は使っているのです。ロングボーダーなら分からなくちゃいけません。


トランクスが微妙に違うフィルモデルなのが可愛いのです。そして、私にも同じようなデザインがもうすぐ出来上がってきたりします 笑。









明日の早い時間はオフショアになるようです。この二本、6’8”と5’8”で行ってみようと思っております。ホットマンゴーのクアッドも乗りたいのですが、まずはこっちで。

仕事の用がいろいろあって、いろいろ忙しそうな定休日ですが、こういうときはあれこれ考えるよりも、とりあえず動いているとなんとかなるもんです。

そして、パドリングできていい波に少し乗れれば、ばっちりです。






6フィート8インチ。いままで乗ってきたボードの中でも、多かったと思われるサイズのひとつです。ちなみに、上の画像はTIKIというモデルの6’8”。

サイズ的には短めのカテゴリーのミッドレングスかな。MINIモデル、プリモ、ビッグフィッシュ、そして上のTIKI。ダブルエンダーは6’6”にしてみたけれど、気持ち的には6’8” 笑。

ロングボードでは、9’6”。それに続くなじみが深い数字かもしれません。

6’8”。根がロングボードの私にはいい大きさなのだと思います。短いのに乗りたい気分だけど、小さいフィッシュじゃなくて…というときには、6’8”です。人によっては7’2”でもいいと思います。私は、6’8”。

浮力はあります。踏み込んでいくような乗り方もできますが、ロングボードと同じように背中を伸ばして走らせても、スムースに滑ってくれるサイズです。軽く動かせて、ロングボードでトリミングするような乗り方もできるところがいいんだと思います。

個人的には、ロンガーさんがボードを短くしていくときの最初のサイズがこの辺でちょうどいいとも考えています。6’8”~7’ちょっとくらい。そのサイズに慣れてくると、ロンガーさんはロングボードじゃなくても小波でも楽しめるということに気が付きます。

そして、さらに短いボードへの乗り換えもスムースに行きます。次は、5.8~5.10のフィッシュです。他のデザインもOKです。

さらに短いボードに乗るようになっても、ロングボーダーなら手許に置いておいて欲しいサイズが、6フィート8インチです。

いろんなサイズのサーフボードに乗るようになると分ってくる中間サイズの面白さ。私が、6’8”という数字から離れられない理由です。

ロンガーさんにおすすめサイズ、実はもうひとつあります。そっちは、オレはロング以外にはのりたくねえという方におすすめの、クラシック系とマニューバ系。もうお分かりだと思いますが、また他の機会にご紹介いたします。


とうことでロングでもフィッシュでもいいので、波乗りしたいんですが波は無し。明日も期待薄。波乗りできない分、活さんのシェイプルームへ行くのを楽しみにして、明日は定休日です。

それでは、また明後日に。







ロングボードは好きです。重たくて、シングルフィンで、ロッカーは平らで、丸いボトムとレール。60年代の古いサーフビデオを見てサーフィンはじめたくらいですから、そんな古臭いデザインのロングボードこそがサーフィンだと思っていました。

でも、60年代の後半に起こったサーフボード革命というのはどうも自然ななりゆきのようで、あるとき自分の中にも同じようなムーブメントがやってきました。

9’6”だったサーフボードは3~4フィート短くなって、フィンのバリエーションもシングルフィンから、ツイン、ボンザーと増えていきました。

60年代と違うのは、忘れられてしまうものが無かったこと。

重たいロングボードもあれば、小さなフィッシュもあるし、パワフルなボンザー、スムースなシングルフィン、楽しいクアッド、トライフィンはいまだ挫折中で、ニーボードは私だけですが世の中も同じような雰囲気になり、コンペティション指向とは違うベクトルでフリーサーファーという自分が好きなサーフボードに乗って素敵なサーフィンを見せてくれるサーファーたちが現れてきました。

ロングボードか、それとも薄く反り返ったトライフィンのショートボードか、二者択一に近かった時代と比べると、たくさんの選択肢が存在しているのが今の時代です。

ロングボードのグライド、フロウ、トリミングはロングボードだけが持っている代え難いものです。

でも、それ以外にも素晴らしい感覚が存在します。フィッシュやクアッドのスピード、シングルフィンのスムースさ、ボンザーの水の流れ、トライフィンのマニューバとドライブ、コンケーブボトムの感触とスピード。ハルには、ハマっちゃう人もいるのではないかと思います。


昨日はまだ手探りですが、パドリングのことを書きました。肝心のテイクオフはたくさん書きましたので、もうすでにばっちり(笑)なことと思います。

ロングボードに乗れていれば、ボードのサイズを変えることはそれほど難しいことではありません。大切なのは「意識を変える」ことだと思っています。

これまでと違う種類のサーフボードで波に乗るようになると、これまでとは違う新しいことに気が付きます。今まで親しんでいたつもりの馴染みの道具の中にも新しく気が付くことがあるのです。楽しみはさらに大きく広がります。

なによりも素晴らしいのは、道具にとらわれず、波に乗るという行為自体において、より自由になれるということです。


Head Dips & Hair Flips from Robots From Outerspace on Vimeo.













忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!