忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
6
9 12 13
20
27 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

波、予想通り(?)ぜんぜん残りませんでした。でも、心配ご無用。じゅうぶん想定内です。

このとき、午前7時。引きいっぱいの午前11時には、潮位が数センチまで引く大潮まわり。もうすぐ急激に潮が動いてくるはずです。

このボード、こんなコンディションから楽しめます。後ろでちょこっと盛り上がっているやつでもうOKです。


目の前のポイントは潮が大きく引くと出来なくなるのは分かっているので、ウォームアップで2~3本乗ったら、大潮の引きでも楽しめる別のポイントへパドルで移動。

ちょっとだけ知っていることが多いと、楽しめるチャンスは増えます。そして、こういう日はしばらくの間は一人でできるということも知ってます。

波はスネ・ヒザ。それでも十分楽しいのは活さんのボードのおかげです。

久しぶりにこの赤いログ、堪能いたしました。

波の力が弱くても、浮力と重量でボードは進んでいきます。トリミングというのは、この浮力と重量を100%活かすための動きであると言ってもいいんじゃないかと思いました。

スピード感、グライド感、浮遊感、ヒザの波でもカラダをたっぷり使ってボードを操るので、満足感も大きいのが、小波+ログの面白さです。

このボトム、ノーズコンケーブは無しの全体的にゆるいラウンドボトム。これまで乗ったどのロングボードよりも滑り出しは速いです。

ノーズへ行かない(行けない)のなら、ノーズのコンケーブは邪魔なだけだし、無くてもノーズへは行けます。

こんなボトムの滑りの気持ちよさ、ノーズライダーばかりじゃなく、トリミングとクルージングのロングボードもあっていいと思います。

Kさんのしぶーい9’6” オンフィン、お待たせしました!







PR
お知らせ:4月28日(金)は午後1時30分の予定です。少しだけ遅くなります。よろしくお願いします。

今日はさかな。身欠きにしんです。モモが軽く筋肉痛ですが、快調に薪割りして今日も体調いいです。


またまたユーズドボードが入荷しました。サンディエゴのマイカ ウッドサーフボードのシングルフィン。ジプシーというモデルです。幅が広いです。ロンガーさん向けですね。

詳しくはショップサイトをご覧ください。MENEHUNE BEACH STORE ウェブサイト

フィンは付いておりませんが、皆さんならこのボードにどんなフィンを選びますか?

シングルフィンはその通りですが、フィンがひとつ。それだけにフィンの形状に乗ったときの感覚が多いに左右されます。

一般的にはこんなフィンを選ぶ人が多いのではないかと思います。

カツさんのWAHOOというテンプレットのフィンです。高さは8.5インチ。シングルフィンのMINIやダブルエンダー、それにプリモ、たいていのボードで使える形です。

個人的に好きなのはこのカタチ。

70年代風の三角形のテンプレット。高さは7インチで、ちょっと小さめです。

小さすぎるように思えるかもしれませんが、使えるはずです。実際私は、同じようにテール幅があるカツさんのダブルエンダーというモデルやダイアモンドテールのシングルフィンで使ってみたときには、このフィンが一番好きでした。

ターンのときは上のWAHOOフィンは、長いティップの部分がサポートしてくれます。カットバックではターンのあいだ、フィンが効き続けてくれているのがよく分かります。

くらべると下の三角形のフィンは、ルース。でもレールをしっかり使ってターンさせているときのルース気味のコントロールが面白いフィンです。小さいですが、抜けるということはありませんでした。

ダウンザラインはこの小さなフィン(下のフィン)の方に軍配を上げます(私がです)フィンが小さく、抵抗が少ない分、波を滑り降りるスピードが速いのです(これもルースとも言えます)

ターンのときのホールドを選ぶか、ルースなコントロールとスピードを選ぶか、どうも私は後者の感覚が好きなようです。

一般的には上の細長いフィンが付いていることが多いと思います。雑誌の写真や、動画を見ていてもそうなので、細長いフィンの方が良いと思われていることが多いのかもしれませんが、試してみる価値は多いにあります。

そしてもうひとつのシングルフィン用は、プリモにお付けしているプリモフィンです。

これは、8インチ。プリモフィンは、上の二つの中間的な性格です。

フィンのサイズは、8、9、10インチの三種類。上のマイカウッドには、8インチか9インチどちらでもOKです。8インチなら一つ上の三角形のフィンに、9インチなら上のWAHOOの性格に近づきます。

フィン自体の大きさでも変わってきます。プリモの10インチはロングボード用です。クラシックなログに付けると、操作性が軽くなります。


カツさんのボードには、これらのオリジナルのテンプレットを使っています。カリフォルニアのレインボウフィンカンパニーでフォイルしている、MADE IN CALIFORNIAです。

KATSU KAWAMINAMI FINS いいフィンあります。









先週末には、次の土曜日は波ありますよと言ったものの見事に外れ(私のは湘南方面予想です)。結局、木曜日に自分ばっかりが楽しんでしまって、どうもすいません。

そんなことを言いつつ、次の木曜日には、もしかすると波が少しあがるかも?しれません(いまのところ確率の低い無責任発言ですので、期待しちゃあいけません)

上がっても小さそうなので、しばらくやっていないロングボードに乗りたいです。重たいログをあやつりたい、走らせたい、とにかくロングボードに乗りたいのです。

さて、ユーズドボードで美品のブギーがやってきました。諸々の事情で手放されるとのことで、このコンディションはなかなかありません。新品です。


このブギーはうちでお買い上げいただいて出戻りになってしまったのですが、そんな場合でもまずはご相談していただけると嬉しいのです。遠慮はいっさいご無用です。

そんなわけでBOOGIE ユーズドはこちらをチェッーク!!してください。




波はモモ・コシ。潮が多めなのでたるいのですが予想よりも残って嬉しい定休日でした。海水はまだ冷たく、北風も冷たかったのですが日差しはたっぷり。カリフォルニアの海みたいで気持ちが良い朝です。

ボードは、TIKI6’8”(てぃきろくふぃーとはちいんち)。サイドフィン付きの戦略的ミッドレングス。

ボトムは写真でもなんとなーく分かると思いますが、シングル~ダブルのコンケーブ。レールは軽くまくってあって、一番高いポイントにはボードをほぼぐるりと一周、エッジがつけられています。

サイドフィンとセンターフィンの周りは、ダブルコンケーブとともにVEE。このへんのエッジはレールの一番低いところにあります。

MINIより若干絞り気味のラウンドノーズですが、たるい波でも滑り出し速いです。そして、コンケーブとまくったレールで滑りはひたすらなめらかで柔らか。サイドフィンとVEEのおかげで反応は良く、乗り手の動きにストレスなく付いてきてくれます。

たるい波でも気持ちよく走ってくれますが、もっとサイズが上がって、肩が張った波ではサイドフィンの存在感が増してきそうです。サイドフィンを意識した動きを試してみたいです。

ドルフィンもOKです。

混み合うことも多々あるピークですが、波にたくさん乗れそうな小回りがきくサイズです。これからの季節には重宝しそうです。

TIKI、気になる人はここをチェック

さーて、海外からパーツを取り寄せていたので時間はかかりましたが、修理中だった車も戻って、自分が持って行きたい道具をストレスなく積み込むことができるようになりました。波乗りのペースを元に戻すことができそうです。復活です。

TIKIに加えてもうひとつのニューボードは5’8”のフィッシュ、BONITA。昨日はホームページのホットマンゴーのページでボトムターンを決めているKKサーフボードのライダーが、5.6に乗っていましたが、あの波でも速い速い。調子いいそうです。

私もちゃんと乗れるよう頑張ります。

こちらは、もうひとつのフィッシュ、KK FISH。根強い人気があります。少し大きめに作った、5’11”です。





うねりの高さは急激ダウンだし、潮回りは良くないし、すぐにオンショアに変りそうな予報の明日の朝ですが、とりあえずこの二本を積んでおくことにします。


TIKI(ティキ)9’0のロングボードと6’8”。どっちもサイドフィン付きです。







忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!