忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

この波とデレク・ハインドとトム・カレン、そしてスキップフライのおかげでフィッシュが注目され、ひいては現在のオルタナティブボードの流れへと続いています。

私のフィッシュは、活さんのBONITA。二本目はフィンのセッティングを変えて作ってもらっております。

KK FISHもまた乗りたい今日このごろです。あのラウンドノーズが良いのです。ブギーに乗っていて、もう少しボリュームダウンしたいという方にもKK FISH、良いと思います。


昨日、早期予約キャンペーンをご紹介したAXXE CLASSICですが、秋冬のカタログが届いております。いつものようにご希望の方に差し上げます。メールで、「AXXE CLASSICカタログ希望」と書いていただいて、郵便番号、ご住所、お名前をお知らせいただければ、HOMME(男性用)、FEMME(女性用)それぞれ郵送いたします(無くなってしまった場合はご容赦くださいませ)










PR
ようやく台風らしい波になってきました。湘南は今日、明日あたりがピークでしょうか。それにしても、ぐずぐずせずに早く通過していってほしいものです。これ以上の被害が出ませんように。波を送ってくれるのはいいのですが、これだから台風はキライです。

台風の波は、いつも見ている波浪予想の波高の数値としては、それほどの高さはありません。波高と合わせて見るべきところは、「周期」です。周期というのは、波頭が通過して次の波頭が通過するまでの長さです。

風に吹かれて起こる風波は表面がざわざわしているだけで、周期も短くなります。一方の台風のうねりはいくつかの波がまとまりつつ遠くからやってくるので、波の周期は長くなります。波の伝達は水の分子の円運動の連続ですから、周期が長いということは水が大きく動いているということです。ですので、波高の数値がそれほど大きくなくても、崩れる波は大きくなります。台風の波がいつもの波とは違うように感じるのは、動いている水の量が違うせいです。

明日は土曜日。まだサイズは十分あると思います。お休みの方は気を付けて楽しんでください。



サイズがあるときには、体調管理も大切ですが道具のチョイスも大事です。信頼できるボードがあるかどうかでも変わってきます。

ポイントは、パドルアウトとテイクオフだと思います。

ロンガーさんは、さすがにいつものログは厳しいです。ロングボードと同じようにパドルが速いことと、力がある波でもコントロールしやすくボリュームダウンすることの兼ね合いが大事です。シングルフィンでもいいですが、コントロールしやすくエッジは欲しいところです。

ミッドレングスは、アタマサイズくらいまでは平気ですが、それ以上になると沖へチャネルが無いとちょっと大変になってきます。短くしすぎるとミッドレングじゃなくなってしまいます。どこまで浮力を落とせば自分がボードを沈めて波をやり過ごすことができるのかの見極めが必要です。

私的には、ミッドレングスと言っていいのかは不明ですが、6’8”のプリモやTIKIくらいがちょうどいいサイズです。一方のロンガーさんには、8’4”のプリモかTIKI。このくらいがロングと同じ感じでパドルアウトとテイクオフできるサイズでいいんじゃないかと思います。

ロンガーさんも、オルタナ派もそういうボードが一本あると重宝します。



昨日は有楽町、日本橋へ行っておりました(個人的にいろいろとあって、今回の台風はノーサーフでした。気持ちとしては、思い切り波に巻かれたい気分ですが(笑)とりあえずいまは我慢。)

日本橋のビルにこんなパンフレットが。


移住というよりは、五島行きたいなあと…。

波乗りできます、波が無くても、海は素晴らしいです。昔、遊びに来てくれた方かな。


シェイパーさんもいます!


五島列島は長崎の西の海上にある、日本の西の端の島々です。美味しいサカナとカンコロ餅食べて、潜伏キリシタンの教会群をめぐってみたいのです。

もしかすると、住んでいたころの昔の長崎が残っているんじゃないかというのは、私の勝手な想像ですが…。

長崎に限らず地方に興味がある方。ここに行くと情報あります。日本橋プラザビル1Fにすごい量の全国各地のパンフレットが置いてありました。






夏のウェットスーツが出来上がってきています。オリジナルシリーズの黒無地。スキンのロゴなしショートスリーブです。丸首で作りましたが、襟付きも作ることができます。

トランクスと組み合わせて今まさにシーズンのタッパーなのですが、まだ8月には間に合います。ムネが擦れる、背中が日焼けしてイタイ、長く入っていると微妙に寒い、というような方はオーダーお待ちしております。

たまにタッパーは既成サイズの吊るしで十分という方もいますが、たかがタッパーかもしれませんが身体に合っている方が絶対的に機能的には優れているに決まってます。腹回りがきつい(笑)ともう苦しくなっちゃうもんです。

フルオーダーでも価格は同じですし、ラバーの原反を切って縫っての作り立てはやっぱりいいもんです。

ロゴなしのウェットシリーズは、茨城のSTEAMERウェットスーツさんに作ってもらっています。DTラバーというコシがあって柔らかくてよく伸びる、いい素材使っています。柔らかいだけのラバーじゃありません。

地味に展開しておりますので、価格も抑えられております。決して爆安ではありませんが、着ていただければコストパフォーマンスはお分かりいただけると思います。

これは私がずっと愛用しているベスト。エクスタジャージというスキンよりも高いジャージです。

生地がいいのはもちろんですが、このスレートブルーというカラージャージ、たいていの色と相性がいいのです。赤、青、黄、緑、ピンクだってOKです。ブラックラバーばかりじゃなくて、こういうのもアリだと思います。

9月になれば、長袖ジャケットの出番です。ロングジョンとセットアップで作っとけば、12月頃まで使えます(湘南です)セットアップも同じ生地素材ですが、こちらは爆安(笑)だと思います。

秋から初冬まで、これは結構計画的じゃないですか。STEAMERオリジナルスーツはこちらをご覧いただいてご不明な点はお気軽におたずねください。

ビーバーテールも作りますよ~。

昔ながらのココナッツの香りのSEX WAXが入荷しました。やっぱりこの二色が良く出ます。

まだ、ひとつ200円で頑張ってます(SEX WAXは店頭販売のみです)FU WAXもありますよ。







ブランクスはまだですが、先にフィンが出来上がりました。BIRDS CREATION謹製のDフィン。新しく作ろうと思っているログにグラスオンします。


前回のフィンよりも少しだけベースを狭くして、高さを増やしました。レイクは小さめにして、よりピヴォット的な動きをイメージしてみました。

カラーはご覧の通り、白のピグメント。ライトブルーのピグメントのラミネートにグラスオンされます。取り付ける位置はテールの一番後ろ。

こうやってフィンを見ていると、その形、色、取り付ける位を想像してみると、ボード全体が思い浮かんできます。このフィンにふさわしい、クラシカルなログです。

ワクワクしてきます 笑。

昨日、二本のブギーのシェイプが出来上がっていました。





ボリュームが少し違うだけで、長さや幅、全体のバランスなどは同じモデルですので、ほぼ同じ。同じモデルなので当然です。

同じ形のはずですが、二本を見比べるとなんとなく雰囲気が違うような気がしませんか?

違いはテール。大きなスワローテールの一番端っこの形状を良くみてください。下のブギーは、テールの角を丸くとってあります。壊しそうだから角を丸くしてください、というオーダーいただいた方からのご依頼です(その気持ち良く分かります 笑)

テールエンドの形がほんの少し変わっただけですが、全体の雰囲気もなんとなく変わって見えてくるから面白いものです。それは、ディテールの集合体が全体だということだと思います。私は自分で結構細かい人間だと思いますが、細部にこだわるのは意味があることなのです(笑)。

こちらは、BONITAフィッシュ用のブランクス。ディテールはストリンガー。ダークシダーのストリンガーです。

濃い色のストリンガーが一本、ボードの真ん中のアクセントになります。バスウッド(通常使っている白っぽいウッドのストリンガーです)はバスウッドで、ラミネートのカラーで違う雰囲気に見えたり、白っぽく仕上げるのも好きだったりと、サーフボードのディテールのひとつになる部分です。

ラミネートで追加のクロスを入れて、そこから生まれる色の濃さの違いや、その形をアクセントにしたりすることでもサーフボードの雰囲気は変わって見えるものです。

ロングボードをはじめとして、ミッドレングス、オルタナティブ系のボードを作るときの楽しみの一つでもあります。


ちなみに、上のBONITAのダークシダーのブランクス、もう一本ありますので、もしダークシダーのストリンガーでフィッシュ(フィッシュ用のブランクスなのです)を作りたいという方がいましたらご相談ください。ブランクスから作る時間をセーブできます。






最近ショップに遊びにくるようになった、私と同年代ぽいおじさん。昔やってたんだか、一念発起で最近始めたばかりだったかは忘れましたが、頑張ってる(&楽しんでいる)感じが伝わってきて、私でできることならとアドバイスをしたり海の話しなどをして、こちらも楽しませてもらっています。

2~3日前、ワックスを買いに来たその方が「ぜんぜん沖に出られないんですが、どうやったら…?」と、半分グチかと思われる質問をされました。

腰サイズもない風波の海。波がどんどん崩れてきて、まったく沖へ出ることができない自分の横を女性がロングボードですいすい沖へ行ってしまうのに、自分はどうしたらいいんでしょう?という難しい質問でした。

サーフボードは、7フィート代の真ん中あたりのいわゆるファンボードと言われているサイズのボードを、どこかのショップですすめられて使っているとのことでした。

だれでも最初はそんなもんです、と言いながら果たしてそのサイズのボードが初心者にあっているのか?という疑問も同時に沸いてきました。

パドルの力はまだ弱いだろうし、そのサイズのボードと一緒に波の下をくぐりぬけるパワーもまだ無いでしょう。進まないし、沈まない、波のブレイクも読めない、では全く大変だと思います。

私自身の最初のボードは、8フィートと9フィートで扱いはロングボードのサイズでしたから、パドルはそれなりに速いし、ローリングスルーはそれほど難しくありませんから、沖へ出られないような場面は本当に最初の頃だけだったように思います。

ロングボードを志向していれば、私と同じでいいというのは経験で分かるのですが、ショートボード志向の人って本当に彼のようなファンボードでサーフィンをスタートさせているんでしょうか?


私が思ったのは、私が乗っている6フィート代のボードみたいなのが初心者にもいいんじゃないかということです。MINIみたいにラウンドノーズもいいと思います。

ショートボードみたいなノーズでも、私のクアッドのホットマンゴーやボンザーはしっかりとノーズもテールも幅をとってあるので、パドルはショートボードよりも楽です(ラウンドノーズならさらに…)。ドルフィンは初心者でも問題なくできるはずですので、そちらの練習もできます。波のキャッチは7フィートプラスのものよりは遅いと思いますが、タイミングさえつかめてくればイメージ的にはそれほど変わらないと思います。


ファンボードというとどうしても初心者用というイメージがありますが、同様のサイズレンジのミッドレングスは決して初心者向けではありません。

ミッドレングスならではの、スライドとグライドがあるのです。

DEVON HOWARD SURFING A 7'2" EGG from erik derman on Vimeo.



ファンボードって、やっぱり不思議な表現です。


台風のうねりは週末からでしょうか?さんざん焦らされているとは思いますが、来週は嫌と言うほど波ありますよ…きっと。


忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!