忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
7 9
10 11 14
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3406] [3405] [3404] [3403] [3402] [3401] [3400] [3399] [3398] [3397] [3396]

ミツベンさんのサンディエゴフィッシュが入荷しました。ユーズドボードです。サイズは6フィート2インチ。浮力に余裕があるサイズです。

フィッシュというと、5フィート代前半からの小さいサイズが思い浮かぶと思います。どうしてそのサイズが多いのかと言うと、ちゃんと理由があります。

ついているキールフィンはご存じのとおりベースが広くて大きくて直進性ありそうです。おまけにテールまでまっすぐなアウトラインです。

要するに、かなりはしょって言ってしまうと小さい方が回転性が良いのです(伝統的なサンディエゴフィッシュの場合です)それでは、大きなフィッシュの存在理由は?というと、大きくなっても変わらない部分、フィッシュのスピードです。

10数年前のフィッシュブームのとき、6’8”のフィッシュを気に入って乗っていました。回転性は小さなフィッシュよりも劣りますが、スピードは速い(パドル、テイクオフも)。それが面白くて、小波からそれなりにサイズが上がった波で滑りまくっていました。

サイズが長くなって浮力が大きくなると、回転性は多少スポイルされますが、スピードをつけやすくなります。もちろんキールフィンのドライブ感もたっぷり楽しめます。

このミツベンさんのフィッシュにかぎりません。ロングボードからの乗り換えなど、浮力が欲しい方にはもちろんですが、イージーに他のボードには無いスピードとドライブを楽しみたい方には大きなフィッシュはうってつけなのです。

書いていたら、ビッグフィッシュまた作ってみたくなってきました 笑。

というわけで、6.2ミツベンフィッシュ、チェックしてください。
MENEHUNE BEACH SOREホームページ

以前作った、6’8”。2005年でした。シェイパーは活さんです。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!