忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
28 29 30
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2]

こんな本が出てきました。佐藤秀明の写真に片岡義男が文章を書いた本。1981年に出版されたものです。波乗りを意識し始めたのは、おそらく他にもたくさんの人が同じ経験をしているのではないかと思いますが、中2の頃から読み始めた雑誌ポパイと片岡義男の小説の影響です。

ハワイ・カリフォルニアとサーフィン。雑誌の写真と小説の文章でしか知ることができない世界が、その頃の自分の頭の中で想像だけがどのくらい大きくふくらんでいたか。当時の自分を想像してみると何か可笑しい気持ちにもなります。

子供の頃から海が大好きで、雑誌に載っている南の島の真っ白い砂浜、強い太陽、大きな波の一番上からいままさに滑り降りようとする真っ赤なサーフボードに立ち上がったサーファーの写真と、自分が知っている海を重ね合わせながら、妙な夢にひたっていたように思います。

おかしなことに、波乗りのための波は海底が岩になっているところで崩れる波でしかできないと思い込んだりしていました。

何も知らずにあこがれだけがあったあの気持ち。すっかり忘れてしまっていますが、この本を読んだら、もう一度思い出すことができるでしょうか。

あたまの中をからっぽにして、もう一度ゆっくりと読み返してみようと思います。そして、もし思い出すことができたら、それはとても嬉しいことだと思います。

帰る初心の場所よりももっと先へ、純粋にあこがれていた気持ちを思い出せたら、海も波も周りのサーファーももっと素晴らしいものに見える…かもしれません。そんな気持ちで波乗りができたら最高でしょう。



この本は、2000年頃に「次の海まで100マイル」という題名で再版されているので、もしかしたらまだ手に入るかもしれません。

実はこの再版の方も続編だと思って買って持っているので、(たぶん同じだと思いますが)比べてみることにいたします。




PR
ずいぶん昔に手に入れたホットカールくんのプラモデル。そろそろ作ろうかなあと、なんとなく取り出していじっていたら、なんと、昨日届いたNALUの最新号にホットカールくん登場してるじゃないですか。

手持ちのホットカール関係のものたち。

プラモデルは60年代当時のオリジナル。ホームページには載せておりませんが店では見られます。欲しい方には残念の非売品。誰かの作りかけなので、自分できれいに色を付けて完成させてあげようと隠し持っていました。

もともとこのキャラは、ラ・ホヤのウィンダンシーにいたずらで作られて置かれていたものから人気が広まって、写真みたいにプラモデルやディケールになったり、漫画に登場するようになったと以前、何かで読みました(その辺はNALUに詳しいので、そちらをどうぞ)

プラモのパッケージには THE SURFER’S IDOLと書いてあります。

ホットカールくん、なんだかとても上手にサーファーという人種を表現しているように思えて、昔から好きなキャラです。COWBANGAとか、HODADとかKOOKSなどというサーファーならではのスラングを知ったのも、こういうものたちを通してでした。

古いものには新しいものには無い何かがあって、なんかこう理由も無くワクワクしてきたりします 笑。今年の冬はホットカールくん、ちゃんと作ってあげようと思います。

さて、クールなデザインで人気があるアイデンティファイウェットスーツ、秋冬のラインアップが出揃いました。

一番右がアイデンティファイのフラッグシップモデル、SEA VESSELです。胸のXパネルが目印です。メッシュスキンと組み合わせてテイクオフのときに胸がずれにくくなっています。

真ん中がMODEL-A。シンプルさが売りです。ヒザ回りの生地の継ぎ目を無くしたシームレスニーを採用することで、破損を減らしています。左は女性サーファーのためにデザインされたMUSE。下半身をカラージャージにするとかなりキュートです。

どのモデルもオーダー料なしでお作りします。冬用の起毛素材は、ドライマックスとネオウォームの二種類をご用意しました。アイデンティファイだけじゃなく、AXXE CLASSICでも量販店で、生地のグレードを落として値段を下げたオーダーフェアやってますが、これらの生地がメーカーオリジナルです。ウェット本来の性能がもとめられる冬場には大切な部分です。メーカーの商品開発、素材開発の裏づけがある良いものをお選びください。

かっこいいでしょ。アイデンティファイ。

詳しくはホームページからどうぞ。






何度かこのブログに登場している、HARBOUR RAPIER。サーフボードが短くなり始めたという、1968年に作られたVEE BOTTOM。マーク・マーティンソンのデザインです。



15年くらい前に手に入れて、折れたフィンしか無かったので一度も乗っていませんでした…が!ついに手に入れました。

WAVE SET(当時のフィンメーカー)のデッドストックです。アメリカのオークションサイトのE-BAYで発見しました。

WAVE SETはフィンBOXとフィンが数種類あって、たまに見つけても形が違うものだったりしてなかなか出会いがなかったのですが、先日何気なくネットで検索してみたら発見しました。

到着するまで若干不安はありますが、いちおうフィンを固定するボルトの穴と穴のあいだのサイズ(前と後ろで留めるようになっております)も確認したし、形は手持ちの壊れたフィンと同じなのでたぶん大丈夫だと思います。

E-BAY久しぶりです。自分のアカウントで履歴をみてみると、最後の取引が2002年になっているので12年前です。

昔は支払いの方法が今のように進歩しておらず、出品者(アメリカ)に郵便為替を送ったりと、結構のんびりしたものでした。メールをやりとりするうちに、(私が探しているものを)たくさん持っていることがわかって、個人的な取引に発展したり…なんてこともあったのですが、いまは出品者に直接のメールは送れなくなっているんですね。

今では落札したあと、PAY PALで支払い手続きをしたらそれで終了です。PAY PALには送り先の住所が出ているので出品者はそこに送るだけです。簡単と言えば簡単なのですが、売買というコミュニケーションとしてはなんだか物足りなさを感じるのは自分が古い人間なのか。

でも、これでVEE BOTTOMを海水に浸けてあげられるので、嬉しくはあります。RAPIREちゃん、長いあいだ海に入れずもう干からびてるかもしれませんが、これで復活です。

しかし、ショートボードと呼ぶには、ちょっと原始的です。

サーフボードの理論も何もなくて、昨日まで使っていたロングボードのブランクスを半分に切って、シェイプはロングボードそのままで作りましたーてな感じです。

でも、本やネットだけで知っているつもりになっているサーフボード革命の一端を実際に体験できる貴重な遺物です。現在でもVEE BOTTOMを作るシェイパーはいますが、ボリュームのバランスやレール、ボトムのシェイプなどは現在の理論が取り入れられていて、やっぱり洗練を感じます。

それらとはだいぶ違います。たぶん難しいと思います。

こんな感じで、フルレールでダウンザラインとボトムターンできたら1968年にタイムスリップですね。


ちなみに彼女のスリーサイズは、6’10”x 22”x 3”1/4。ナイスバディです。

フィンの到着が待ち遠しいです。

今日はZEROのロングスプリングが到着しました。ネイビーのジャージにホワイトのステッチが爽やかです。


ZEROは二週間でできあがります。オーダーフェアは終わりましたが、今思いつきました(笑)このブログを読んでいただいている方にだけに特別オーダーフェア開催しましょう!!ブログ見たんですけど!と言っていただければオーダー料サービスでお作りします。

ジェリーさんも着ているZERO、オーダーお待ちしております。




15年くらい前に手に入れた、ハーバーのVEEボトム。長さは6’10”かな。1968年製のRapier Vというモデルで、マーク・マーティンソンのシェイプです。90年代の中盤、クラシックなロングボードにどっぷりとはまっていたころ、60年代のヴィンテージボードも海で実際に乗るために何本か所有していましたが、これもそのうちの一本です。

ヴィンテージはほとんど手放してしまいましたが、これはなんとなく気に入っていてずっと所有しています。私にとってこのVEEボトムは、60年代のサーファーたちと同じ道筋をたどるように、それまでロングボードばかり乗っていたのを短いボードへと橋渡しをしてくれたボードです。これのレプリカを作ってもらって乗りはじめたのが短いボードへのトランジションの一歩でした。


テールの切り口は見事にVEEです。

実は、このボードはまだ海では使っていません。フィンが折れてしまっているのです。

WAVE SETという、今とは形が異なるフィンシステムが使われています。昔はカリフォルニアのフリマや、アメリカのオークションサイトでそれほど珍しくなく当時のフィンを見つけることができていたので、そのうち買えばいいやと思っているうちに10数年が経ってしまって、最近はすっかり見かけなくなってしまいました。

最近、こいつに乗ってみたくなってフィンがなんとなならないかと考えています。

これが折れたフィン。ベースの形をもとに元の形を想像しています。

先っぽのレイクがいまいち不自然。高さも足りないか?

こんな感じか?


まだまだ…。



この形が良さそうです。


フィンBOXの方をいまの物と入れ替えるという方法もありますが、ボードはオリジナルのままにしておきたいです。雰囲気変わっちゃいそうです。

フィンの再生は果たして可能か?折れたサーフボードだって繋げるのですから、できないことは無いようにも思います。

フィンをじっと見ていたらアイデアがいくつか浮かんできたので、実現可能かどうか職人さんに相談してみることにします。

こういうのにロマンを感じてしまう私です 笑。


大掃除をしていたら(だいぶスッキリしましたよ)古いデッサン帳がでてきました。

そういえば昔、一生懸命練習していたの思い出しました。いろいろ面白い絵があるのでそのうちご紹介してみることにします。





ダイアモンドテールのシングルフィンに合わせて今年はこれ履いてみようと思っています。80年代のクィックシルバーのボードショーツです。かなり短いです。長いのはいまいち苦手なのです。

サーフショーツというのはボードの形状やカラーなどと同じで、その人の好みやスタイルが現れるところだと思います。

昔のサーファーたちを見てみるとそれぞれのトレードマークのようにサーフショーツを履いていたりします。サーファーとトランクスのデザインがセットで思い浮かぶ…みたいな感じです。

ハワイアンプリントの花柄のサーフショーツといえばフィル・エドワース、真っ赤なソリッドカラーのサーフショーツはデューイ・ウェバー、横縞の囚人服のようなストライプも有名、グレッグ・ノール、ミッキー・ドラはブラックのイメージ。ちなみにジョエル・チューダーはバードウェル。

ウェットスーツはどちらかと言えば機能重視ですが、トランクスにはなんとなく愛着がわくもんですね。

ちなみに上のショーツを履くとこんな感じです。








忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!