忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2
7 9
13 16 18
20 23
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

KNEELERS from ZION WETSUITS on Vimeo.


ニーボードに興味が無い人だって、絶対にニーボードやりたくなる映像(ならない?)あの角度から撮ると、いつも私が言っているニーボードのカービングの感覚がビンビン伝わってきます。

1分25秒あたりのカットバックのカーブもすごいですが、その先、1分55秒あたりからのカットバックのスピードがとてつもありません。乗ってる人と波が違うので、私がやってもあれにはなりませんが、ノーズぎりぎりまで海面に入ったフルレールでのターンは、一般的なスタンディングのサーファーではなかなか経験できないと思います。

それが結構それなりにできてしまうのが、ニーボード。私がニーボードに乗り続ける理由です。

昨日のお話しではありませんが、サンディエゴで60年代に作られた最初のフィッシュはニーボードでした。そんなつながりからニーボードに興味を持ちました(グリノウさんの映像もですが)ニーボードもフィッシュと同じ、2003年からのスタートです。

やりましょう、ニーボード。

今日はテイクオフを妄想しようかと思っていましたが、アタマがニーボードになってしまったので、また次の機会にいたします。

まあ、いろいろと書いておりますが一番なのは楽しむことです。うまくできなくても、かっこ悪くなっても、本人が楽しければそれが一番だと思います。


さて、金曜日は波ありそうですが、いくつかの気象サイトを見るとオンショアとオフショアのふたつの予想が出ています。明日になればもうちょいハッキリすることと思います。







PR
マーク・アンドレイニのエッジボードがリペアで入ってきました。とても興味深いシェイプのサーフボードです。

一番の特徴はこのレールです。

エッジボードをご存じない方のために簡単に説明すると、このエッジボードの基になっているのはジョージ・グリノウの、VELOと呼ばれるスプーン状のニーボードです。

以前、私もスプーンを作ってもらったことがありますが、それは完全な丸いコンベックスボトムでした。ジョージ・グリノウの古いムービーを見ていると気が付くのですが、スプーンにはもうひとつのデザインがあります。

それが、コンベックスのディスプレイスメントハルボトムにエッジを加えたデザインです。写真では分かりにくいので、絵に描いてみました。

エッジがはっきりと立ち上がっていて、ディスプレイスメントのボトムに、ひとまわり小さなボードのボトムを加えたような形にエッジが入れられています(下のニーボードの絵)

理屈としては、ディスプレイスメントのボトムにエッジを加えることで、ハルボトムのコントロール性とスピード性能を高めていると考えられます。

それをスタンディングに応用したものがエッジボードです。最近、微妙に話題にはなっているので、目にした方もいると思います。

エッジボードを見ていて、ずっと自分の中であたためていたデザインを、やっぱり作ってみなくちゃいけないかなあと考えています。

それはシングルフィンのニーボードです。

エッジボードとは違いますが、関係はありそうだと考えている活さんのトライプレーンコンボボトム。

こんな感じのレールとボトムの形状です。

エッジボードと同じようにレールがリフトしています。違う点はエッジが高い位置に入っている点です。PRIMOやTIKI、シングルフィン系に主に使っているボトムですが、これが調子いいのです。

私が考えているのは、このトライプレーンコンボにもうひとつ、レールとコンケーブの境目にもエッジを入れてしまおうかと…。こんな感じです。


トライプレーンコンボからの発想のエッジニーボードです。5フィートくらいのサイズで面白いんじゃないかと思います。


ニューモデルのフィッシュに、6.8の短めのTIKI、それにこのニーボード。年の瀬の慌ただしいさなかに、さらにいろいろと忙しく(楽しく)なってきました。

エッジスプーンです。






ワックスを落として、樹脂にヒビが入っているところをリペアして、ついでに記念撮影です。


左のすごいやつは、活さんのお兄さんが1969年に作った最初のニーボードです。ボトムはコンケーブでテールまわりはピキピキエッジ。

この時代、コンケーブとエッジが入ったボードを作っていたのはすごいことだと思います。知られている限りで、コンケーブが入った一番古い時代のボードは、ボブ・シモンズのツインフィン。1950年代です。

60年代にはノーズライドのためのコンケーブが入ったボードはありましたが、スピードのためのコンケーブが注目されるのは、70年代初頭。みなさんご存じのボンザーボトムです。

1969年に出版された、ピーターセンパブリッシングのサーフィンイヤーブックに、当時のボードデザインの解説が出ていますが、ボトムコンツアーのバリエーションは、VEE、ラウンド、そしてフラットボトムです。フラットボトムが一番速い、と書いてあります。

そんな時代に、シングルコンケーブとエッジです。フィンは最初はグリノウフィンのような細長いフィンを付けていたらしいですが、大きいフィンは抵抗が大きく、だんだん削り込んで最終的には小さくしてしまったそうです(この辺の話は、以前このニーボードが元になっているダブルエンダーというモデルに、小さなフィンを付けて調子良かったときにあわせて書きました。覚えてますか?)

デッキはSデッキ。当時はかなり過激なシェイプだったと思います(このボードでの波乗りもかなり過激だったとの、某オールドニーボーダー氏の証言も聞きました)


右側は1980年のはじめに、川南活さんがシェイプしたニーボード。ほぼ同じアウトラインで、ボトムも同じシングルコンケーブです(ちなみにレングスは、古い方が5’1”、新しい方が4’11”です)私はまだちゃんと乗っていませんが、あるニーボーダーに貸したところによると、かなり調子良いとのことでした(トライのニーボードより良いと言ってましたから…)



波が良いと、ついついこっちに乗っちゃうんですが、今冬は必ずこのシングルフィンに乗ろうと思います。



明日はうねりはさらに小さくなりそう。潮が引いても今日より潮位は高いし、明日は大きなログでも厳しいかな…。

どちらにしても、昨日からなぜか腰痛再発中なので重たいボードは止めといた方が良さそうです。腰が痛くなるようなことをやった覚えは全くないんですが、とりあえずは冷やさないようにして、ストレッチで緩めてあげることにします。

次の波は日曜日かな?低気圧で少し変化がでそうです。週末、ご期待ください。



オマケはフィッシュのニーボード。自分でシェイプしたやつです。

以前のブログを見ていると、このボード、5.2になったり5.4になったり、本当は5.0です。いいかげんなヤツだな、オレって。



昨日アップした、MINI5ははやくもお取り置きになりました。たくさんのお問合せありがとうございます。その他のユーズドボードも一部再値下げしておりますのでチェックしてください。


さて、今日はほとんどの人たちが興味が無い…、多少あったとしても、実際に自分でやり始めることはほとんど無いニーボードのお話しです。興味無い方はここでサヨナラです。

以前、ニーボードのイメトレという記事を書きました。今年の3月です。

リンク先の記事を読んでいただくと、スタンディングのサーフィンと違って、膝立ちでボードを操るニーボードはいったいどこの筋肉を使っているんでしょう?というようなことが書かれています。

今週、ニーボードで2回入水しましたが、2回ともニーボードの面白さを再認識しました。特に、ニーボードでしか味わえないカービング、たっぷり楽しませてもらいました。

そして思ったのは、やっぱりニーボードでも体幹は重要だということです。

ニーボードのターンをリードするのは上体です。上体をひねりながら、次のラインをイメージしつつヒザやスネ、足の甲でボードに加重していきますが、上体のリードと下半身をつなぐものが当然ながら体幹です。

次に行きたい方向、やりたい動きをイメージしながら、まず動き始めるのは上体です。そしてそれに下半身の動きを追随させていくのが、体幹の働きです。スンタンディングでも重要ですが、ニーボードにおいては、立ち上がった状態での両足を自由に使えない分、体幹の微妙な使い方が重要になってくるのだと思います。

私は、ニーボードではレフトは得意ですがレギュラー側はいまいち苦手です(スタンディングはレギュラーフッターです)

陸上であらためてニーボードの動きを確認してみると、レフトの方向へ滑っているときをイメージしているほうが、体幹の動きをより細かい部分まで感じます。レギュラー方向をイメージするといまいち、おおざっぱな感じです。だからヘタクソなんだと思います。

ヘタクソは経験を重ねれば、上手くできるようになると思いますが、陸上のイメトレでも体幹の細かい動きをイメージしてみると良いのではないかと思います。


上体の動きと下半身の動きが分かりやすい映像です。


普段から腹式呼吸を心掛けるのも、体幹の動きをイメージする上で、効果的なのではないかと思います。











いっしょうけんめい考えた、ベテランニーボーダーKさんのニーボード。シェイプ完了です。使っているブランクスは私のパープルのニーボードと同じですが、よりノーズロッカーを強調した使い方をしています。

VEEがしっかりと入っていますので、全体的なロッカーも強めになっています。


いちばん悩んだのがフィンの位置。クアッドフィンになりますが、以前に作っていただいたクアッドのニーボードのデータを基にしつつ、いろいろなニーボードビルダーのフィンプレイスメントを参考にして決めました。

フロントは私のトライと同じ位置で、バックフィンは1インチ前方へ…。経験値の範囲内なのでいいはずです。

センターにはチャネル。私が以前乗っていたニーボードにもシングルでチャネルを入れていましたが、ヒザを着いて乗るニーボードにはこの位置のチャネルは有効なのではないかと思います。

このニーボード、スピード出そうです。トライフィンでも良さそうで、次にニーボード作るときには多いに参考にさせていただこうと思います。


そしてもう一本はニューヨークのNさんのホットマンゴー、5’10”。

これはかなりショートボード寄りの数値とシェイプです。ショートボードと大きく違うのはノーズの幅。

ボトムはシングルコンケーブ。ノーズに幅があるので波のキャッチはイージーで、このコンケーブとロッカーで走りますよ、ホットマンゴー。


私はロングボード乗りで、これには小さすぎて乗れませんが、ショートに慣れている人ならかなり楽しめるボードだと思います。

ショートボードに乗っていて、何か「?」を感じている人や、私とご同輩で最近波にいまいち乗れなくなってきたような気がするけど、長いボードにはいまいち慣れず、どうしようかと思っている方たちにはばっちりだと思います。

テールはラウンド、スカッシュ、スワロー、フィンはトライ、クアッド、シングル、ボンザーなどいろいろです。

ホットマンゴーは、もともとは川南活さんが南の島のハードな波で使っていた古くからあるモデルです。チューンアップ、ディチューン、乗り手と波に合わせていろんなバリエーションで作ることができます。

こんな感じ。AOBディチューンホットマンゴー。ロンガーの私でも乗れるのもあります 笑。







忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!