忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


大きなフィッシュ、AOBホットマンゴー、フィンの位置を変えたニーボード。やりたいことがめじろ押し。火曜日は波乗りできるかな~?


PR
私のニーボードを受け継いでいただいている方からお便りいただきました。ヒッカドゥアでのボトムターンです。

目線はしっかりと前方のリップを見て、波側の手で海面を触りながら深い位置からターンしていってます。

このあとはチューブですね?!


ちょうど1年前にニーボードに乗り始めたと思いますが、メールでは7.0のミッドレングスよりも楽しめたということでもうすっかりニーロですね。

ニーボードはほんと滑り出し速いです。掘れたところやレイト気味のテイクオフも安定してドロップすることができます。目線は海面に近くて(よく、水中カメラマンの目線と言ってますね)波の見え方やスピード感が違うので、スタンディングのサーフィンとはまた違った世界です。

動きの速さなど他にもいろいろありますが、主にそんなところがニーボードの面白さだと思っています。

いま使っているのはこの5’6”のトライフィンです。現在、少々思うところがあって改造中です。


散々試した結果にたどりついたフィンのセットアップですが、やっぱりツインスタビも捨てがたいし、シングルフィンのニーボードも面白いのです。

スタンディングのボードと同じで、ニーボードでもボトムの形状、フィン、フィンをセットする位置などなど、いろいろと悩ましい事柄がたくさんあります。

いまやっているニーボードの改造で思うような結果になれば、それを生かしつつボトムの形状を変えて新しいのも作りたいし…

立っても座ってもサーフィンって果てしないと思います。

マイキーモデル ユーズドアップしました。ホームページでチェックしてください。



話変わって、近所のディスクユニオンでこんなのを発見いたしました。


トマトイッパツは中学生(私)には刺激強かったなあ~。




新しく届いたサーファージャーナルをめくっていたら、ニール・パーチェス・ジュニアのインタビューで、ちょっと気になるところがありました。

ニール・パーチェス・ジュニアはキラでのパワフルでかっこいいバックサイドサーフィンが有名ですが、アンドリュー・キッドマンがそのサーフィンを評して、掘れたところはまるでニーボードみたいなアプローチじゃないかと言っていました。

そりゃーまあ、キラとは波がぜんぜん違いますが、ニーボーダーのはしくれの私はこの言葉に思わず反応してしまいました。

たとえば(ニーボードじゃないスタンディングのサーフィンで)テイクオフがレイト気味になって「降って」しまいそうになって条件反射的にニーボードのようにヒザをついてしまうときがあります。そのあと立ち上がって普通に乗るのですが、自分的にはそれは「あ~失敗~」と思っていました。

そんな失敗の中にも、かなり気持ちがいい「失敗」もあったことを思い出しました。

ちょっと掘れ気味の波にフィッシュでバックサイドへテイクオフしようとして、後ろ足がボードから外れ、その体勢のまま波側のヒザから下だけをボードに載せて滑り出してしまったことがあります。

気分だけはこんな感じで、この姿勢で岸側の足はボードの外に外れ、右手はレールを握る(もしくはデッキの上へ)、のイメージです(写真はLEGLESS.TVより)


その姿勢のまま滑ったカールの中が気持ちよかったこと 笑。カールを抜けたあと、すっくりと立ち上がってカットバックしました。

アンドリュー・キッドマンが言っていることとは、かなり次元が違うこととはよく分かっていますが、せっかくニーボードやってるんだから、(自分的に)際どいところでは「失敗」じゃなくて、「ニーボード的アプローチ」と考えたほうがポジティブだと思いました。

ボードのデッキは凹みそうですが、ひっくりかえるよりはその後につながる訳だし、いいんじゃないでしょうか。

ニーボード的アプローチ、他にも出来ないか探してみます。

ニーボードは結局、FCSのプラグを追加してもらうことにしてただいま改造中です。センターフィンを後ろに下げればツインスタビでも使えるかもしれないので楽しみです。

ニーボーダー的ブログでした。




ニーボードやってる感、かなり伝わってきます。Chusさん、いつも楽しそうでいいですね。

Summertumn from Chus Fiochi on Vimeo.




PAD

ニーボードをオーダーいただいた方のパッドが到着しました。スタンディング用のパッドと違って、ツブツブで厚みがあります。柔らかいのでトランクスで波乗りしても、ヒザは擦れません。でもしっかりグリップしてくれます。

貼っていないとヒザは痛いしボードはへこむし、大変です。たまにニーボード用のパッドありますか?と問い合わせをいただくことがありますが、うちでは販売してません。ニーボードをオーダーしてくれた方用に取り寄せてます。

探されている方は、メールをいただければ連絡先をお教えします。日本語でオーダーできます(電話では無くメールでお問い合わせお願いします)

これの他にこんなのもあります。カリフォルニアで作っているカスタムパッドです。
http://www.covepad.com/home.html
ボードのサイズに合わせて作ってくれます。これを使ったら、シェイン・シンプソンみたいにできるか? 笑。


Us or them … or anyone. from Legless TV on Vimeo.



動画はパワーがありそうな波ですが、小さな波でも写真みたいに波にぴったり貼り付くことができるので、結構楽しめます。マッシーな波でもボードの幅があるので走ります。グライド感もあるのです。


肝心の波の方はというと、三つの台風がしっかり海水をかき混ぜてくれたせいか、しばらく台風ができる気配は無さそうです。

道具のメンテをしながら、しばらくは「待ち」です。走って、体幹やって身体のメンテもやってます。



忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!