忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
午後になって(?)元台風のうねりが少しだけ入ってきている模様です。私は当然、行けません。海が近ければさくっと1時間だけ、というのもありですが仕方ないです。こういうのには慣れてます(笑)

朝は軽くランニングとトレーニング。意外に昨日の波乗りが面白かったので気分良しです。サーファーってお幸せな人種ですね(笑)

私が住んでいるのは川崎市ですが、東京都の町田市、稲城市、多摩市の三つの市の境と接しています。それぞれの街で表情が違うのを感じます。

今日は稲城市方面へ走ってみました。

計画的に開発されているので歩道はゆったり、緑も多くてランニングするのにはいいところです。


歩道の左側の奥はゴルフコースです。


振り返ってゴルフコースを背にして立てば、本当なら新宿の高層ビル群とその向こうのスカイツリーのスカイラインが広がっているのですが、今日はあいにく梅雨空で何も見えません。

走っているとそこここでアジサイがきれいに咲いています。セイヨウアジサイに比べるとかなり地味ですが、私はこのガクアジサイが好きです。


色違いでもうひとつ。


いまはホタルの季節でもあります。このあたりはホタルの里としても知られているみたいです。夜になると川の流れに沿ってホタルが光ります。


上の写真のロープについている張り紙はこんなことが書いてあります。


田んぼもまだ残っています。ホタルの川は田んぼと上の住宅地の間の谷間を流れています。川に沿って走りながら、あたりの地形をみていくと昔はこの棚田がもっと続いていたんだろうなあと想像できます。


その頃の風景を見てみたいものだといつも思います。

梅雨空のランニングですっかり和んで戻ってきました。さくっと行けるほど海は近くありませんが、こんな環境のせいでこの地域を離れられないようです。

家のゴーヤは元気に育ってます。


走りながら昨日のシングルフィンのことを考えていました。いろいろと面白そうなので後ほど書いてみようと思います。明日はもう少しサイズ上がりそうですね。朝のうちはオフショアの予報なので、行ける人は早めに動きましょう。今日は夏至ですから日が長いいまの時期、朝の早い時間からサーフィンできますよ!



PR
雪がたっぷりと降ったので楽しみにしていた雪中トレッキングに行ってきました。11月に紅葉を見に行ったときと同じコースです。JR高尾駅でバスを捕まえそこねたので林道の入り口までプラス4キロ、約24キロの行程です。

古下沢林道コース、お気に入りになっちゃいました。最初はずっと緩い登りなのでトレランも楽しいコースです。

高尾駅から林道の入り口まで50分。少し遅くなってしまいましたがここからトレッキング、スタートです。雪はまだフカフカです。


登って行くと、車のタイヤの跡も消えて先に通った人の足跡だけが続いています。ここを通ったのは私で3人目です。


雪の中を長く歩くのは初めてですが、この緩い登りの林道だけでもかなりの疲労感です。果たしてゴールの高尾山口駅まで体力が持つのか、ちょっと心配になります。

林道が終わって、尾根道への登り口。急な斜面をジグザグに登って行きます。滑り落ちそうなので、ここからアイゼン装着です。


ここでなんと、道を間違えてしまいました。斜面をジグザグに登るのですが、雪で細い道がよくわからず、上へ曲がらなければいけないところを、斜面をまっすぐ横に進んでしまいました。だんだん傾斜がきつくなって、足場の確保が大変になってきて間違いに気が付きました。ほんの10数メートルでしたが、危ない、危ない。

上を良く見ながらコースを見つけて無事に復帰。尾根道にたどり着きました。

雪はヒザくらい。雪の斜面を登って堂所山の山頂に到着。いつもは余裕なのですが、かなりの疲労感。雪はやっぱり体力使います。雪に踏み跡が無かったら大変なことになってましたね。


ここで12時30分。約4キロ先の次の山頂で昼飯にするつもりだった予定より遅れ気味。ここで昼飯にします。登りで大汗かいたのでダウンジャケットをバックパックから取り出して汗冷えを防ぎます。フラッドラッシュスキンメッシュとキャプリーンの組み合わせはなかなか良いです。

いつもの弁当箱にお弁当持ってきました。今日はご飯メインでおかずはちょっとだけ。梅干と味噌が旨いです。しかし山頂の雪の中で食べる弁当は美味しかったです。


弁当食べたらすっかり元気になりました。軽くなったバックパックを背負ってスタートです。この調子だと麓に降りられるのは4時ごろになりそうです。暗くなるのが早いので先をいそぎます。ここでやっと一人目の登山者と出会いました。

いつもは気持ちよく走っているトレイルですが、今日は何もかも雪の下。見慣れた景色も雪でいつもと違います。


13時35分 景信山到着。いつも山菜テンプラ食べるているところです。いつもならたくさん人がいますが、今日は4~5人。雪がサクサクと気持ちいいです。


遠くの山々。今日は厳しい表情です。冬の山はどことなく厳かです。日が傾きかけてきましたが、先も見えてきました。


15時5分 高尾山山頂到着。ここの売店はこんな雪でも営業しているので水のボトルを補給。雪が無いときに歩いたとき(晩秋)には、ボトル1本で充分足りたのに、雪の中では発汗が激しくて、走るときと同じくらい水が必要でした。それだけ身体を使っているんでしょうね。


そして16時ちょうど、無事に高尾山口到着。景信山から2時間30分もかかりました。走れば1時間ちょっとです。いつもは賑やかなところですが、見事に誰もいません。


全工程24キロ 6時間45分でした。初めての雪中トレッキング、雪は楽しいですね~。雪が降ったらまた出かけてみることにします。

今度は雪中トレランにしてみようかな~。




先週20キロ走ったときに痛めてしまったカカトが回復してきたのでランニング再開しました。わずか5キロの距離をゆっくりゆっくり。走れる嬉しさをかみしめながら走ります。

長距離走ると痛みはじめる左ヒザと左モモの肉離れの跡。それに右のカカトが仲間入りです。走るときに戦わなくちゃいけないものがまたひとつ増えてしまいました(笑)歳とともにつきあわなくちゃいけない故障が増えていきます。

裏山の稜線の向こうは多摩ニュータウン。昭和40年代のニュータウン。なぜか好きなんです。最近、再開発で高層マンションに建て替えているところは威容感たっぷりでいまいち好きになれません。この低層住宅と団地の景色の方がほっとします。都心へのアクセスはいいのだから、もっと若い人たちにアピールして、古い部屋や商店街をリノベーションすれば環境もいいし、素敵な街を作れると思うのですが…そんな仕事があったらぜひやらせてください。


さらに走って山の中を抜け、田んぼに下りるとどんど焼きの準備がすっかりできていました。近所の神社にもどってきたお飾りやお守りなどをまとめて燃やします。この火にあたると1年間風邪を引かないと言われてますが、そのおかげかここ数年風邪ひいてません。結構大きいです(写真フェイスブックにアップしました。)これに火をつけると結構な迫力です。


走りつつ、この地域の鎮守さまに初詣出。小さな古い神社です。


さい銭箱の横にお供えの小さな鏡餅がありました。


海は大好きですが、こんな里山も大好きです。両方を楽しんでいる私はきっと幸せものです。





昨日の定休日、また山を走ってきました。今回は興味がある方が同じルートをたどれるように要所をアップしてみます。距離は約23キロ。楽しみながらのんびり走って約3時間。歩いて約5時間半~6時間コースです。

今回のルートは、JR中央線藤野駅から陣馬山~明王峠~景信山~小仏・城山~高尾山~高尾山口(京王線駅)でした。

藤野までは高尾駅でJR中央線の各駅停車甲府行きに乗り換えて2駅です。今週末に開催される陣馬山トレイルレースの会場へはこの駅から行きます(今年は不参加です)爽やかな山の空気が気持ちいい駅です。


午前9時45分スタート。改札を出て左側に行くと踏み切りがあるのでそれをわたるとすぐ目の前にトンネルが見えます。


トンネルの中はちょっと異世界。


時折り通り過ぎるクルマの音が過ぎ去ると、川音と鳥の声だけの静かな道。吐く息が白くなります。


ゆっくりゆっくり走っていくと、陣馬温泉の看板が見えてきます。これが目印。ここを右手に折れます。ここまで約15分、距離にして2キロちょっと。陣馬温泉、ひなびた感じでいい雰囲気ですよ。


看板の横を入るとすぐにまた二つに分かれる道があります。トレイルレースのときにはここが給水とチェックポイントになるところです。左へ行くとトレイルを通って陣馬山山頂。右は舗装された林道で、陣馬山頂は通らずに高尾方面へと行く道につながっています。

今回は陣馬山頂は通らず右の舗装路を行くことに。

緩急ありますが基本的にずっと登りです。トレイルレースでは登って下りて、ここが2回目の登りになります。


過去3回出場しているので、走っていると、ここの坂道を登るときの苦しさを思い出します。でも今日は最初の登りなので元気。気持ちいいです。

視界が開けるところでは、富士山が見事に見えています。だいぶ登ってきました。


ちょうど1時間くらい登っていくとトレイルへの入り口があります。登り口からここまで約7キロ(トータルで約9キロ)。レースのときより全然ゆっくりのペースです。林道の左右にトレイルの入り口がありますが、標識に明王峠と書いてある左側のトレイルを登っていきます。右に行くとまた藤野方面に戻ることができます。


ここからはずっとトレイルになります。


登ること約10分。明王峠に到着です。陣馬山レースのコース標識がぶら下がっています。ここもレースのコースです。ボケていますが茶屋とトイレがあります。

レースに出る人は頑張ってください。

明王峠からの眺め。紅葉と富士山。とても日本的な風景です。ここで分岐。左へ行くと陣馬山、右へ行くと高尾方面へ行くことができます。標識に従っていけばOKです。


途中にはこんな標識があって距離の目安になります。高尾山口の駅まで、あと11.8キロです。


このあたりはずっと尾根を走るトレイルで多少の登り降りはあるものの、かなり気持ちよく走れる区間です。走るのを楽しみたいのでいくつかあるピークは登らずに走り続けられるまき道を走ります。

登ってきたときの汗が引いて、呼吸も心拍数も安定しているこんなときが最高に気持ちいい時間です。


明王峠から約40分。景信山に到着。ここは眺めがいいのでまかずに登ってみました。スタートしてからちょうど2時間が経過しています。標識の向こうには東京が一望できます。スカイツリーも見えています。


本当に素晴らしい天気です。山がきれいです。


山頂からの景色をもうひとつ。富士山も見えてます。


ずっと景色を眺めていたかったのですが、ZENを数粒補給して先へと進みます。ここまできたら高尾山はもうすぐそこです。

高尾山のふもとの駅まではもう立ち止まらないことにして、ひたすら走り続けます。高尾山に着いても山頂は今日はパス。

少しずつ紅葉が進んできています。走っている目を楽しませてくれますが、よそ見注意。路面の状況に集中しましょう。


そして午後1時、高尾山口到着。タイムはどうでもいいですが、ここまで3時間15分かかりました。


人気(ひとけ)が全く感じられない山中を走っていると、周りをつつみ込む山の存在を大きく感じます。自分の足音と呼吸の音だけを聞きながらそんなところを走っていると、恐いような嬉しいような不思議な感覚が高まってきます。長い登りを走りきった先のゆるいトレイルで呼吸を整えながら走っていると、いい波に乗ったときと同じような高揚感でいっぱいになってきます。波乗りでいい波に乗ったときと同じで、その感覚を思い出すとまた走りたくなります。

海も山も自然は最高です。また走りたいと思います。





カツカワミナミサーフボードのプリモモデルが2本入荷しました。2本とも最高の出来です。のちほどアップしますので少しだけお待ちください!


さて昨日の定休日、久しぶりに高尾山系を走ってきました。前回走ったのは6月14日なので、約5ヶ月ぶりのご無沙汰です。

日常のランニングはそれなりに継続しているので、足はなかなか快調。呼吸でリズムを刻みながら無理のないペースで登っていくうちに高度が上がって、山の空気を感じ始めるとなぜか元気がでてきます。


山頂からは尾根伝いに緩い登りと下りの繰り返し。少し気温が下がった冷たい空気を吸いながら、土や落ち葉の感触を楽しんでゆっくり走るのが最高に気持ちいいんです。

紅葉はまだ少しだけ。今年は残暑で少し遅れているみたいです。


靴はビブラムファイブフィンガーズ。トレッキングはしていますが、高尾山をこれで走るのは今回が始めてです。薄いソールで、ほぼ裸足なので少々不安でしたがトライしてみました。

ファイブフィンガーズ、登りは調子いいし、ぬかるんで滑りそうな下りではソールがあるシューズよりも繊細に足の裏で路面の感触を確かめながら走れるのでなかなかゴキゲンなのですが、急な下りが大変。

岩場の尖がったところや転がっている石コロの上に着地するとかなり痛いのでゆっくりしか下りることができません。トレランの醍醐味のひとつ、下りのスピードはこの靴ではちょっと大変。下山は結構苦行でした(笑)

ベアフット系のシューズでトレイルを走っている人は下りはどうやっているんでしょうね。今後の研究課題ですが、どう考えてもやっぱり痛いよなあ。

登ったり下りたりゆっくり走って、約4時間。たっぷり楽しんできました。

海もいいですが、山もいいですよ。











忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!