忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
22 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
昨日は雪のおかげで予定はキャンセル。我が家の周辺は特に雪が多いので、どこへも行かず一日中ストーブの火の前で本でも読みながら家篭りしていようと、雪が降りだして積もる前に買出しへ出かけましたがたった30分ほどのあいだにノーマルタイアでは危険な状態になっていました。

あっというまです。

午後になって、ますます雪が強くなって積雪も深くなってきたので、雪を楽しもうと雨具を着て裏山を歩いてみることにしました。

雪はもうヒザ近くまで積もっています。雪道を歩くのはいつもの倍くらい体力使いますね。練習のため軽アイゼンを装着して登り降りしていると汗が出てきます。


プチ雪山気分で気持ちいいです。雪の中で私と同じことを考えていると思われる人、二人とすれ違いました。


そして一夜明けて、今朝。いい天気です。

昨日点火される予定だったどんど焼きは雪のため今日に延期になりました。残念ながら今年は見られません。お正月飾りだけ置いてきました。


こんもり積もった雪の上に足跡が。ここを通るのは私で3人目のようです。雪を踏みしめる感触が気持ちいい。


白菜も雪の下で甘く美味しくなっていることでしょう。


抜けていった低気圧のバックスウェルで波はありますが、クルマででかけるのは無理。今回は他の地区も大雪でしたが、うちの回りはちょっと雪が降ると身動きとれなくなります。冬場は波が立っても行けないことが結構あります。里山はいいのですが、他の地区よりも雪がすごいのはちょっと誤算でした。

海はあきらめて、雪かきをしつつ雪だるまを作りました。雪が降るといつも作っていたら、最近は雪が降り始めると近所の人から「雪だるま、楽しみにしてますよ」と言われるようになってしまいました(笑)お向かいの小学生の娘さんは昨晩から「ねーお母さん、雪だるまはまだ?まだなの?」と何度も聞いていたそうです。

はい、作りましたよ。雪だるま(笑)



しかし真面目な話そろそろ波に乗らないと、禁断症状が出てきました。

やばいです。



PR

KATSU KAWAMINAMI サーフボードのユーズドボードが入荷しました。カツさんが80年代にシェイプしていたトライフィンのショートボードをベースにした、80sトライと呼んでいるモデルです。

クリア・サンディングフィニッシュの6’2”。

詳細はのちほどホームページにアップロードしますのでしばらくお待ちください。ベリーグッドコンディションで価格は¥95.000です。80年代当時のライダーがマジックと言ってはばからないボードです。

さて昨日はまた山へ行ってきました。今回は女房と一緒なのでランニングではなくトレッキングです。真夏に歩いた沢沿いの林道の紅葉が気になっていたので同じコースを歩いてみました。

高尾山の北側にある尾根との間にある木下沢林道(こげさわ)です。紅葉には少し遅かったかな?だいぶ地面に落ちてしまっていましたが、カエデなどはまだまだ真っ赤で、雨に濡れてきれいでした。


山全体が色づいていますが針葉樹が植わっているところは緑で残っています。それにしても杉の木ずいぶんたくさん植えたもんだと他の場所を見ても、そう思わずにいられませんでした。杉だけの不自然な林は人間が作り出したものです。こうやってみるとやっぱり不自然。

それでも自然の雑木林が残っているところは燃えるように色づいてきれいでした。

それでまたまた山菜のテンプラ。モミジのテンプラが見えてますが美味しかったです。今日はビールは無し(寒いし)で、なめこ汁と酒まんじゅう。


ルートはこんな感じです。木下沢林道の入り口は、JR高尾駅から小仏行きのバスに乗って日影というバス停で降り、中央線をくぐったすぐ先を木下沢梅林方面へ行く道です。

木下沢林道→堂所山→景信山→高尾山というルートで距離20キロ 5時間30分のトレッキングでした。

高尾山ではもみじ祭りのマス酒。酒は飲まないことにしていますが、このくらいはいいことにしてます。久しぶりなのでマス一杯で充分楽しめました。

旨かったです。

波乗りも楽しいですが山もいいもんです。皆さんも行ってみてください。










前線通過で少し波があるみたいですが、今日は畑仕事をやっておりました。海行きたかったのですが、植えつける苗も水に漬けた豆も生き物なので今回は我慢。タマネギとえんどう豆を優先しました。

夏のあいだ快適な日影を作ってくれたゴーヤを撤去して、プランターに土と肥料を足して、水に漬けておいたえんどう豆の種をまきました。

地面にもまきました。これから芽を出して冬を越え、来年のGWごろに収穫です。北風と霜、雪の面倒をみてやらなくちゃいけません。

タマネギの苗も植えつけました。これも冬を越して来年の夏前ごろの収穫です。春すぎくらいから根元がぷっくり膨れてタマネギになるのが面白いです。

とれたてのタマネギ、美味しいですよ。

日当たりのいいベランダのプランターにはサラダ要員の種をまきました。野菜たちは手をかけてあげるとそれに応えてくれます。手間はかかりますが自分で育てるのは楽しいです(それに美味しい)。

夏を2回通り越した薪はいい感じに乾いてます。もう少ししたら出番です。



さて先日アップしたユーズドのミニは早くもお嫁に行ってしまいましたが、KKフィッシュ、プリモ、レトロシングル、ニーボードなどはショップで見て触っていただけます。プリモのストックは来週あたりにできあがってくる予定です。クリステンソンもこれから入荷予定です。


町田へ遊びに来てください。




眉刷毛万年青(マユハケオモト)が葉っぱの間からつぼみを伸ばしはじめました。夏が過ぎて涼しくなると、丸い葉っぱの隙間から変わった形の花芽を伸ばします。毎年、この花が出てくるともう秋だな~となってきます。

あんなに強かった日差しもすっかり柔らかくなって、朝のランニングは快適です。スポーツの秋ですね。


ススキに混じって伸びている、なんとなく嫌われ者のセイタカアワダチソウ。よくみれば意外にきれいでいい香りです。秋の花粉症の原因のブタクサと間違われているのは濡れ衣です。


近所の公園はBBQの人気スポット。皆さん朝っぱらから肉食ってるんでしょうか?食欲の秋です


競技場や野球場はスポーツイベントで賑やかです。これは子供サッカー大会。スポーツの秋。


私が住んでいる地区は都市計画に基づいて開発されてきたので道路と歩道が考えられて配置されています。歩道も車道も広々と取られていて、このヌケ感がちょっとアメリカっぽくて気持ちいいです。


春から夏にかけてたくさんのおいしい実をつけてくれたブルーベリーも赤く紅葉しています。


さて明日も波はたっぷりありそうです。プリモ7’3”、ワックスを塗りなおしてボトムをピカピカに磨いて準備OKです。


波乗りの秋です。

標高2000メートルを越えると吐く息も白くなるくらいの気温です。季節は1ヵ月くらい進んだ感じでしょうか?ナナカマドの紅葉がきれいです。


立ち枯れしたカラマツ。霧がサッとやってくるとあたりは白い世界。枯れ木もなんだか美しく見えます。


これは何の木?冬の積雪と強い風の厳しい自然条件で幹がうねって矮性化しています。うねった白い幹に黄色くなった葉がきれい。


倒木。乾いたような苔が生えています。


地面のコケ類はまるでミニチュアの森みたいです。森の中の森ですね。


気温が下がってすっかり秋めいてきましたが、少し先の季節を体験してきました。このキンと冷えた空気と木々の葉の色づきはこれから少しずつふもとへと降りて行くんでしょう。

冬から春、春から夏、夏から秋、そして秋から冬へと季節が移り変わるときに植物たちはそれに合わせて表情を変えていきます。海に出て、きれいな波が崩れるのを見ているとワクワクしますが、森の中で植物たちの季節を感じるのも同じようにワクワクしてずっと見ていたくなります。

少し静かなワクワクです。





忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!