忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3272] [3271] [3270] [3269] [3268] [3267] [3266] [3265] [3264] [3263] [3262]
南岸低気圧は今晩に東の海上へ抜けてから発達するようです。沖で西風が吹いて、沿岸は北風のオフショア。湘南で波が良いときの風向ですが、これは午前2時。丑三つ時です。


このあとは、抜けた低気圧が発達して北風が強まるので、サイズがダウンしながらの夜明けになりそうです。どのくらい残るかが勝負です。寒さ対策も忘れずに。

私は今のところ、小さな低気圧が抜けて行きそうな月曜狙いです。ブーツ、グローブ、ヘッドキャップ準備します。

ただ、ちょっと心配なことが…。

年末に車検整備から戻ってきたカングーのヒーターが故障してしまいました。先日、曇りの日に2時間くらい走っていたら、つま先から頭のてっぺんまで寒く寒くて、まじめに死ぬかと思いました。あの状況でさらに寒い夜明け前に、と考えると…。

真夏にクーラー故障していても、全然平気だったんですが、ヒーターの方がつらいとは思いませんでした。太陽が出ていれば平気なんですけどね…。

こっちも対策を考えないといけません。


さて、今日は久しぶりの食べ物カテゴリー。女房がいろいろと買ってくるので、昨日のお休みはそれを使って二品、料理を作ってみました。

まずは、塩蔵熟成、乾燥、そして燻製されて作られた本物ベーコンを使います。

冷蔵庫に、パルミジャーノレッジャーノの塊が残っていたのでベーコンの香りと味をいかせるカルボナーラを作ることにしました。

まず最初に(二人分です)、玉子3つ。二つは黄身だけ、もう一つは全卵をボウルに割りいれてかき混ぜます。そこへパルミジャーノを手のひら二杯分、たっぷり目にすりおろしたものをざっと混ぜておきます。これがソース。生クリームや牛乳は使いません。

次にフライパンにオリブーオイルとニンニク。弱火でオイルにスライスしたニンニクの香りを移すように炒めます。ニンニクがきつね色になったら取り出します。

そのオイルに今度はぶつ切りにしたベーコンを入れ、弱火で炒めます。触り過ぎないようにじっくりと焼くようにします。

ベーコンがカリッとなったら火をとめ、バター適量を入れ溶かしておきます。さきほど取り出したニンニクも戻します。

フライパンの温度が黄身が固まらない60度くらいまで下がったのを見計らって、茹で上がったパスタを入れます。

そこへ最初の玉子とパルミジャーノを混ぜたソースを入れ、ごく弱火でパスタに絡めます。温度を上げ過ぎると玉子が固まってしまうので、ソースの状態の見極めが重要です。チーズの塩分があるので、塩はほんのひとつまみ。

粗びきのコショウとチーズをさらにかけて完成です。



使うパスタはスパゲッティーよりもさらに太い、スパゲットーニを使いました。

ベーコンとチーズとタマゴでかなり濃厚な味。ちょっと贅沢なカルボナーラでした。白ワインが良く合います。


そして、もうひとつは豚のすね肉。

これは煮込むしかないでしょうと、タマネギ、セロリにニンニク、ハーブにトマト缶と赤ワインで、あとは時間が解決してくれます。

昨日の夕方から今日の昼前まで、薪ストーブの上でコトコト煮込んだら、デミグラスソースみたいになりました。


ひよこ豆を加えて、試食は今夜。これは赤ワインですね。

うちの方は今晩は雪かな~。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!