忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
7 9
10 11 14
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]


強い日差しのベランダに、なにやら怪しげな黒い袋が…

これはいったい?

と中を覗いてみると、ジップロックに入った乳白色の液体が…



実はこれ、甘酒を作っているんです。

炊いた玄米に水を加えて、米麹を加えジップロックに入れて黒い袋に入れて日なたに放置。

ただそれだけで、日が傾くころに袋を開けてみるとジップロックの中身はいい香りのあまーい甘酒に変身しています。

甘酒は熱々をフーフーしながら飲む冬のイメージが強いですが、昔は夏バテ予防の栄養補給食として夏に飲まれていたんです。俳句でも夏の季語になっています。

ウィキペディアによると点滴とほぼ同じ成分のようで、飲む点滴と呼ばれている優れものの飲み物です。

ウィキペディアより引用

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもある。ブドウ糖以外は製法による差異も少ない。現在は冬に温めて飲むのが一般的であり、健康的な飲料としても好まれている。

精白糖をとらないマクビの人たちは砂糖代わりに使うこともあるようで、爽やかな甘みです(アルコール分はゼロです)。何より簡単に作れます。

私の飲み方は…。

発酵を止めるためにジップロックごと冷凍しちゃいます。するとシャーベット状に固まるので、包丁で切って器に入れ焼酎を注いでスプーンで甘酒をシャリシャリと溶かせば、冷たくて美味しいジャパニーズカクテルの出来上がりです。焼酎とほんとによく合います。ショウガを入れても美味しそう。


夏バテ予防には(たぶん)ばっちりです。




PR
少し遅めのお盆休み、どうもありがとうございました。一昨日はどこへもいかず自宅ベースで遊んでいました。

午前中は少し長めのランニング。半トレイルのコースを25キロ。裏山からの眺めはめずらしく視界すっきりで、丹沢から富士山まではっきりと見えます。しかし熱いったらありゃしません。

シューズはビブラムファイブフィンガーズです。このシューズではまだ10キロくらいしか走ったことが無かったので、25キロは初挑戦。のんびりペースで3時間で走りきるつもりが途中から、ペースがさらにのんびりに…普通のシューズと疲れてくる部分が違うような感じです。

結局、不覚にも20キロ地点で足はストップ。走り続けるのが難しくなってしまったので、エスケープルートから電車で帰宅(走れなくなった場合のことも考えて逃げ道を作ってます)

裸足シューズの走りがまだできていないのか?このシューズでLSDからやりなおししようと思います。

すっかり情けなくなった足で自宅へ戻って、ゴーヤチャンプルー弁当で昼ごはんです。

なんだか妙に疲れたので、午後は軽く冷房をいれてカウチで読書です。ランニングの疲れで眠気もやってきて、読んではウトウト、読んではウトウトの繰り返し。

龍馬の次は、戦争小説を一冊読んで(この時期にはかならず戦争をテーマにした小説を読むようにしています。)からコレです。

龍馬後の日本、江戸時代が終わって明治維新で日本という国が作られていく過程のお話です。全10巻です。

なんだか疲れているのか動くのが物憂くて、まあたまにはいいかと日が沈みかけるまでゴロゴロと本読んでました。

日が沈んで、明るさが残る空にヒグラシの声が大きくなってきたら庭やベランダに打ち水をして涼しさを呼び込みます。夏らしくていいもんです。

そして、昨日は海へ行ってみました。

といっても波乗りじゃなくてのんびりドライブです。

途中、ポイントや海水浴場をチェックしつつ海岸線を走ります。昨日は引きの時間帯にちょっと出来たようですね。海水浴場でもいい波が崩れていて、ボディボードの女性が独り占めしていました。サーフマットもパイポもできるなあと思いつつお目当てはやっぱり美味しいものです。佐島丼と名前が付けられた海鮮丼。美味しかったです。


佐島漁港の魚屋で、シラスと地ダコと貝を仕入れて氷が溶けないうちに帰宅。

そしてまたヒグラシが鳴き始めたら打ち水をして、涼しい夜風に吹かれながら、ブツ切りにした地ダコで冷たい焼酎を…。

なんだか夏らしいお休みでした。





リシェイプしたパイポはリンシードオイルをたっぷり染み込ませて完成です。荒目のペーパーでサンディングしただけで仕上げしてませんが、自分で使うので問題ナシです。早くフィッシュテールを試してみたいものの波が無い。いまのところ波が立つきざしもありませんが、長期の予報では一週間後あたりにもしかすると?という感じ。まあ、期待しておくことにしましょう。

さて今日のタイトルは「塩麹」 久々の食べ物カテゴリーです。しばらくやらなかったら、写真が溜まってきました。

最近注目されている塩麹ですが、我が家では普通の塩麹と玄米塩麹の二種類を作っています。玄米塩麹は普通の塩麹に比べると香ばしさがあります。豚肉を漬けておくとハムみたいな味になります。

最初は玄米塩麹に漬けた手羽先とモヤシのサラダ。

酒が進みます。モヤシは生。香菜とモヤシを混ぜて上にハチミツを絡めて炒ったカシューナッツとパパイヤ。ドレッシングはナムプラーとレモン。ちょっとエスニック風です。

島豆腐のサラダ。

沖縄の島豆腐を軽く塩麹に漬けておいて、上にアボカド、トマトなんかの野菜を乗せて食べます。島豆腐は普通の豆腐よりも水分が少なく味もしっかりしているので、充分腹がふくれます。

お次はカツオ。これはだし麹使用です。

だし麹は味噌、醤油ベースなので刺身によく合います。カツオにかけると旨い。みょうが、カイワレを乗せていただきます。残りゴハンをライスサラダとして付け合せに活用。ショウガとトマトと塩麹を混ぜてます。

蕎麦です。

冷製パスタのトマトソースの要領で、ごま油、トマト、ショウガ、塩麹でトマトソースを作って、玄米塩麹に漬けておいた焼いた豚トロを乗せて、キュウリとミョウガの千切りを乗せました。

どれも思いつきの適当料理ですが、塩麹のおかげで結構旨いですよ。欠点は思いつきなので、これおいしいじゃんと思っても二度と同じものが出来ないところ。

最後は温度は伝わりませんが冷たい味噌汁。

夏の朝は野菜たっぷりの冷たい味噌汁が美味しいです。油揚げをから煎りするとパリっと香ばしくてうまいですよ。オクラの冷や味噌汁とオクラ納豆でした。

夏は料理を冷たくしたり、ミョウガやシソやしょうがなどの香り物を添えれば食欲も出て、しっかり食べられて夏バテ知らずです。清涼飲料水やスポーツドリンクは糖分がすごいので飲みすぎは夏バテのもと。ちゃんと食べて塩分、ミネラルを摂って、水分補給は糖分を含まない麦茶なんかが理想的です。

しっかりと食べて、夏を元気に乗り切りましょう。







梅雨明け間近のいい天気。日差しはジリジリで、たいした仕事はしていない私でも仕事の後のビールが旨い季節になってきました。最近のお若い人たちは飲み屋に行っても「とりあえずビール」というのは無いらしいですが、まずビールというのが飲兵衛オヤジの流儀。

そんな大好きなビールですが、最近ちょっと気に入っている飲み方をご紹介。ちょっとだけ準備が必要ですが、家計にやさしい発泡酒がかなり美味しくなります。

準備するものはショウガとハチミツとフタができるビン。ショウガを薄くスライスしてハチミツと混ぜてビンに入れ、数日間放置します。時間が経つとショウガとハチミツが馴染んできますのでそこにハンドブレンダーを突っ込んでショウガをくだいてペースト状にしちゃいます(最初からおろしショウガでも良さそうですが、おろしたあとに包丁で繊維を切った方が食感(飲感)がよくなると思います)

そして発泡酒登場(銘柄は何でも)

作っておいたハチミツとショウガのペーストをティースプーンに半分すくってグラスに入れ、発泡酒を少し注いでかき混ぜます。泡が立って混ざったところへ本格的にドボドボと。

使っているグラスは500mlでちょうど二杯なので、250mlにティースプーン半分の分量という計算です。ショウガハチミツほんの少しでいいんです。

見た目はちょっと濁りが入って地ビール調に見えません?

口に含むと軽く甘みがあって、ショウガがコクに変わってハニーエール調の味に大変身です。我が家ではジンジャービアと呼んでおります。

女性の方にもきっと気に入っていただけると思います。

暑い日は熱い味噌汁で朝から汗だくになってしまうので、代わりに冷たいガスパチョ適当風。庭で取れたキュウリとトマト、甘長とうがらしに水とミソをいれてブレンダーでガーッとやって軽く炒ってカリッとさせた油揚げとたまたまあったシャンツアイを乗せて出来上がり。


夏ですね~。




隠れ人気シリーズ「今日のおべんとう」

最近は豆は少なめ、かわりにアワやハトムギ、押しムギ、ワイルドライスなんかの雑穀と玄米を一緒に炊いています。鶏肉とズッキーニ、ルッコラを玄米塩麹で味付けしたのと、ゴボウの炒め物。減量中なので主食のご飯は少なめです。

目標体重まであと1キロを切っているのですが、なかなかここから減りません。これ以上食事を減らすのはちょっと難しそう。有酸素運動を増やさないとだめなのかなあ。ダイエットは食事と有酸素運動をセットにすると、結構簡単に体重減ります。食べることは人間の基本的な欲求ですから、食事制限だけではなかなか難しいです。

有酸素運動は、アタマをすっきりポジティブにしてくれて成人病予防にも効果的で、一石二鳥。

といいつつ、デリバリーのカレーを注文。二人分です。

近所にインドカレーのデリバリーがあるのですが、インド人が作る(らしい)カレーが安くて美味しいのです。

つい、完食してしまいました。腹苦しい…

反省して昨夜はライトディナー。鶏肉と自家製クルトンでシーザースサラダ。

チーズたっぷりであんまりダイエットメニューに見えないかもしれませんが、このくらいは食べないと人生さみしい。もちろん酒も飲んでます。

結構お気楽なダイエットです。


さて、話はがらりと変わります。

さっき目の前の駐車場で女の子がローラーシューズを履いて楽しそうに滑っているのを見てふと思ったことがあります。

モノの売れ方というか、流行のひろまり方って面白いなあと。

ローラーシューズを始めてみたのは10年くらい前です。サーフィン、スケート関連のトレードショーで男の人がデモンストレーションをやっていました。もちろん世の中にはまだ広まっていません。PVでは男女の混成チームがいろいろなパフォーマンスをやっていました。

たしかキックボードも同じ頃に同じトレードショーで初めて見たと思います。

そんなトレードショーに出展しているくらいですから、もちろんターゲットはサーフィンとスケート系のショップとその顧客だったんでしょう。

けれども今見てみると、最初の思惑は全く外れ?

ローラーシューズもキックボードも、遊んでいるのはほぼ子供。

しかもローラーシューズはほとんどが女の子、逆にキックボードは男の子が多い。

どうでもいいことですが、なんだか面白いなあと思いました。

まあ、サーフィンスケート系よりは結果としてマーケットは全然大きかったかもしれないので良かったんでしょうね。






忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!