忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
ある方と腰痛に関するメールをやりとりしていて、そういえば自分はどうだったかなあとあらためて自分のブログを腰痛のキーワードで検索してみました。

下のリンクがそうですが、いちばん古いエントリーはこのブログを始めた2006年からひっかかってきました。

http://menehune.blog.shinobi.jp/Search/1/?search=%E8%85%B0%E7%97%9B

毎回くだらない内容だなあとおもいつつ書いているブログですが、こうやって過去の自分を見られるのは、なかなか面白いものです。

20代のころから腰痛持ちで、ブログを読み返してみて、ここ数年でも(ぎっくりを除いて)ひどいときには椅子に座っているのも苦痛なくらいの腰痛もあったことを思い出しました。

それが、一昨年のぎっくり腰以来、腰痛に悩まされることがほとんど無くなってしまいました。

自分でも不思議です。長年の腰痛がぎっくり腰という形で最終的に現れて、それを治していくのにしたがって腰痛自体も消えてしまった感じです。

参考になるかどうかは分かりませんが、腰痛持ちの方は上のリンクをクリックして、遡って見てみてください。腰痛の頂点は2013年の8月で、それ以降が改善の過程です。

私の場合、ストレッチや整体、マッサージなどは腰痛を全く改善しませんでした。何をやったかは上のリンクからどうぞ。

そういえば、ニーボードにも多いに助けられました。腰痛だけでなく、股関節を痛めて前後の体重移動の動きがほぼできなくなったときにも、ニーボードだけは問題なく出来ていました。

テイクオフはスタンディングのように足を素早く身体の下に引っ張りこむ必要が無いこと。

テイクオフが速く、余裕があるので腰を気にしながらヒザ立ちの姿勢になれること。

スタンディングのように前後+ひねりの動きではなく、左右のヒザ、スネへの加重で基本的なマニューバができてしまうこと。

そのためにニーボードを始めたわけではありませんが、つくづくやってて良かったと思うのは、それも含めてやっぱり面白いのです。ニーボード。


さて話は変わって、タイトルの「カレー」。腰痛に効くわけではありませんが、最近カレーに凝っております。

カレーといってもいわゆる日本のカレー粉を使ったカレーではなく、インド料理で言うところの「KARI」です。

あんまりこだわると、ややこしくなります。要はこんなのです。チキンカレーです。


チキンカレーは入門編です。学生の頃、なぜかインド料理に目覚め、当時からインド料理家として知られていた、レヌ・アロラ女史の直筆サイン入りレシピ本を片手にいろんなカレーやサブジなど作っていたもんです。

カレー粉と呼ばれるものは何も使っていません。戸棚の奥に、クミンやコリアンダー、ガラムマサラ、ターメリックなんかのスパイス瓶を発見したので思い出しながら作ってみたら、若い頃より料理も上手になっているらしく、ずいぶん美味しくできて、インド料理再びという感じになってます。

暑い夏にはスパイスが効いたカレーがぴったりです。30年前よりも必要なスパイスは手に入りやすくなっているので、インド料理好きな方はレシピ調べてトライしてみてください。

少々時間はかかりますが美味しいですよ。

インドと言えばこちらも暑い夏にぴったりの音楽。久々にCDを引っ張り出して聞いております。

グレイトフルデッドのドラマーとインドのタブラ奏者による、ほぼリズム楽器のみのバンドです。ギター弾いてるのはジェリー・ガルシアです。

なーんて聞いたら、デッドファンは聞かずにはおれないでしょ。DIGA RYTHM BAND。アルバムは私が持ってるこれ一枚だけらしいです。





PR

台風らしい波になってきました。波が上がったときにチェックするヒミツのポイントに行ってみましたが、ちょっと潮が多いみたい。梅雨前線のせいでどんより暗い雨降りですが、オフショアです。晴れればオンでしょうから、クリーンな波は梅雨のおかげかもです。

ここはまだやったことありません。潮が引くともっと沖から崩れます。小さそうに見えますがセットはそれなりのサイズがあります。

波があるのでトライしてみようかとも思いましたが、誰も入ってないし海底の状況も分からない(岩場です)のでちゅうちょしてしまいました。潮が少ないときにムネくらいでゆっくりブレイクしているときもあるらしいので、まずはその辺から海底の状況をリサーチしながらトライしてみようと思ってます。

それでもう少し西側のリーフへ移動。いつものリーフがクローズしたときに入るところです。ここも潮が上げ気味でしたが、ムネ、カタ、アタマの平和な雰囲気。ボードはまたニーボードです。



テイクオフは結構掘れるので、いつも最初はリップと一緒に真っ逆さまです 笑。クセがある波でテイクオフのポジション取りとタイミングがスリリングで面白い波です。

ニーボードの課題はやっぱりライト方向(ここはほぼレギュラーオンリーです)正座して正面を向いて乗るニーボードにフロントもバックサイドも無いように思えるかもしれませんが、右と左で結構違うんです。

でも、いまいちダメなライトへ行っても、やっぱりフィンの位置は後ろへ下げて正解だと感じました。ライトもレフトと同じように乗れるように練習しなくちゃ。

パドルはまだちょっと不自由ですが、五十肩の悪化は回避できたような感じです。

波乗りの後は駐車場の食堂でシーフード。一口かじってますが、アジフライ定食で腹ごしらえです。


梅雨どきの台風らしい雨のサーフィンでしたが、たっぷり楽しめました。

梅雨どきの楽しみにはこんなものもあります。

イワシです。イワシは梅雨どきが一番美味しいと言われてます。近所のスーパーで買った石川県産のイワシでイワシ丼にしてみました。


こちらは、静岡産。それぞれ味が違います。


イワシはおろすのは簡単だし安いし、なにより噂どおりに梅雨どきのイワシはうまいです。

みょうが、大葉におろしショウガでばっちり。梅酒に使った梅と一緒に煮魚、なんてのも最高でした。今晩もイワシの予定です。





ひさしぶりに料理のお話です。スーパーでひつじの肉を見かけたので買ってきました。ひつじの肉には独特の香りがあって大好きです。

さて、どうやって食べようかと考えて、香辛料をきかせたシチューを作ることにしました。

何を使うかは、その場の思いつきとあるもので適当に。レシピ自体が思いつきです。庭のセージとローズマリー、タイムを乾燥させたものを袋から取り出し、クミンシードにカルダモンを少し。ニンニクも庭で育てたものです。


オリーブオイルと塩を加えて、乳鉢ですりつぶし、羊肉をマリネしておきます。


冷蔵庫にズッキーニとエリンギがあったので、肉をマリネしているあいだにグリルパンで焼いちゃいます。

マリネした羊肉を鍋で焼いて。


焼き目がついたところでトマトの水煮の缶詰と先ほどのズッキーニとエリンギをあわせ煮込みます。


20分くらいで完成。トマトの缶詰は酸っぱくてという人は、煮込む時間を長くすると酸味がまろやかになってきます。私は20分くらいが好きです。今はトマトが旬なのでフレッシュトマトでも美味しいでしょうね。

パクチーを散らしてそれっぽく盛り付けます。ハーブとスパイスでエキゾチックな味に出来上がりました。ワインは赤でも白でもお好きな方で。


こちらはスーパーでは手に入りません。タマゴタケ、雨が降るとどんどん出てきます。


オリーブオイルでホイル焼きなど、シンプルな調理法の方が味が楽しめます。朝のオムレツにもOKです。


キノコ採って食べていたらこの映画が見たくなってツタヤで借りてきました。

子供のころに見て、怖くて仕方が無かった「マタンゴ」です。40数年ぶりに改めてみましたが、セットや特撮など手がかかっていて、臨場感たっぷりでストーリーも面白い映画でした。(昭和38年の作品です)

先日亡くなられた、小泉博さんも出演していました。クイズグランプリ、懐かしいです。同年代以上の方なら、「ノンセクションの40!」で思い出すはずです。

あった!




海では会いたくないサメですが、近所のスーパーでいつも切り身になって売られているのを見て、挑戦してみました。

焼野菜のサラダと一緒に盛り付けてみました。真ん中あたりにあるのがそうです。粉をはたいてフライパンで焼きました。

サメ肉はハンペンなんかの練り物の材料に使われているのは知ってました。でも、上手に処理しないとアンモニアの匂いがするんじゃ…という勝手なイメージがあったのですが一口たべてびっくり。美味しいじゃないですか。鱈の身をすこし柔らかくしたような歯ごたえで味は淡白。聞けば、フィッシュ&チップスで使わてもいるらしい。

煮付けでもいけそうなので、こんど挑戦してみます。ちなみに、かなり安いです。





通勤途中の広場で、ベジーとオーガニックのイベントがあるというので行って見ました。会場までは7キロちょっとのウォーキング。行けるところは自分の足で行きます。グリーンでしょ 笑。

つきあいで行きましたが私はベジーもオーガニックもほとんど興味ありません。オーガニックの野菜が特別美味しいとは思わないし、肉も食べたいです。肉を食わない思想というのは分からないし、科学的根拠が無いと思想だけでは納得できない性格です。

ずいぶん昔、オーガニックの野菜を宅配で配達してもらっていたことがありました。それがいいと思っていたからです。でも、近所に大きな地元の農産物の直売所ができたら、考えが変わりました。そっちの方が美味しいんです。結局、野菜も魚と同じで新しいほうが美味しいんだと多いに実感しました。




でもこだわりはあります。自分でも自分の前世はアオムシだったんじゃないかと思うほど野菜類は何でも好きでバリバリ食べます。ご飯は玄米。それが基本ですが肉も喰います。化学調味料だっていいじゃないですか、いつもじゃなければ。

自分が食べるものは自分の身体と相談して自分で決めるのが自分のやりかたです。経験から作ってきたものです。

例えば、今月のある日の弁当。ヒジキと油揚げの玄米雑穀ご飯とタケノコ、菜の花、卵に漬物です。肉はたまたま入ってなかったというレベルで、別に避けてるわけじゃありません。


オーガニックでもベジーでもありませんが、食べないようにしているものはもちろんあります。簡単に言えます。ファストフードとコンビニの食品(インスタント食品、弁当、パン、菓子、ジュース類、惣菜などほぼ全てです。ガリガリくんと酒は別かな。)です。

食べるものは大事です。自分では素食(粗食ではなく)と呼んでいますがソリッドな食生活を続けていると、食べたもの=自分というのは多いに実感できます。

そーいえば今晩は今日のイベントで地粉うどんを買ったので羅臼昆布の出汁で食べてみようと思います。

いままで出汁昆布は利尻だったんですが、試しに羅臼を買ってみたらこれが旨い!!羅臼といっても近所の乾物屋で買った端切れの安いやつですが香りがよくて濃厚です。出汁に雑穀、私の食生活は乾物屋抜きには語れません。

ちょい脱線しました。最近は、こじゃれた料理も作らなくなってきて食べ物カテゴリーのブログが少なくなっていたんですが、こういう地味な乾物屋ネタはどうなんでしょう。

乾物屋ってもしかしてオーガニック?

まあどうでもいいか。




忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!