忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2326] [2325] [2324] [2323] [2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2317] [2316]
おうちカフェの最近のお気に入りメニュー。

豆乳仕立てのスープ 具沢山


ベースは細かく刻んだトマトを、ニンニクかショウガで風味付けして豆乳と絹ごし豆腐。味付けは塩のみ。具材は、鶏肉、カニ缶、ツナ缶、豚肉、豆などなど、相手は豆乳なのでほぼ何でも相性良し。薬味は子ネギ、カイワレ、ミョウガ、これまた何でも良し。トマトと豆乳と豆腐に塩だけ(塩麹でも)でダシなど取らなくてもコクがあるスープができます。

これに雑穀ご飯でもつければ、ちょっとしたオーガニックカフェ風でしょ(笑)ぶっかけご飯にしても良し、麺類を加えても美味しいと思います。

お次は冷や汁。

基本はカツオだしに味噌味で塩もみキュウリと豆腐。焼いたアジの干物をほぐしていれたりしますが、味噌の懐の深さで、豚肉でもツナでも何でも受け入れてくれます。出汁を取るときの水の量を半分にしておいて、長めに煮て出汁をとってボウルに移してからもう半量の水を加えると手早く出汁を冷ませます。

おつゆは冷え冷えにしておいて、あったかいご飯にぶっかけるのがなぜか美味しいです。暑い夏の朝は冷や汁が一番です。

それからなんでも美味しくしてくれる調味料。

まず塩こうじ。完成品は割高なので自分で作ります。作り方は超簡単。米こうじを買ってきて、米こうじの重さの30%の分量の塩を加えて広口のビンに入れ、麹が空気に直接触れないくらいの水を入れるだけです(写真みたいな感じ)

フタは完全に閉めずに空気が出入りするようにしておいて、ときどきかき混ぜてあげるだけ。常温に置いて、今なら暑いので1週間くらいで使えるようになります(私は2週間置いてます)。出来上がったら発酵を止めるために冷蔵庫に入れ保存します。

もうひとつ最近気に入っているのがコレ。エスペレットという唐辛子。フランス、バスク地方のピメンという唐辛子を乾燥させて粉末にしたものです。

唐辛子というと辛~い、というイメージがありますがほとんど辛くありません。たまにピリッとしますが香ばしくて甘みがあります。

子鮎のから揚げにパラリとしたり…。


サラダにパラリと何でも合って美味しくなります。


この唐辛子は辛くありませんが、辛い唐辛子でも中身を抜いて水洗いして辛味を調節すると香ばしくてちょっとピリッとする、良い調味料になります。唐辛子の辛すぎない美味しい使い方を研究したら面白そうです。

がっつりお肉メニューもあります。最近は自分で荒挽きにしていろいろと加えて、ハンバーグやつくね風にするのが好きです。

これはラム肉のケバブ風。フードプロセッサーで荒挽きにして、塩とチリパウダー、上のエスペレットで味付けして、砕いたナッツを混ぜて焼きました。かなり旨いです。


こちらは安いムネの挽き肉を買ってきて、ナンコツを挽いて加えて塩こうじで味付けしました。焼き鳥屋のつくねをフライパンに広げて焼いた感じですね。付け合せは焼きズッキーニとマッシュルームのサラダです。


たまには食べ物ブログも面白いです。美味しかったレシピを書き残しておいて、ブラッシュアップすればそのうちカフェ・メネフネを開けるかな?

キャラとしてはカフェというよりは、居酒屋なんですけどね。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!