忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
こんなものが届きました。GOPROを頭に取り付けるためのヘッドバンドです。

これを頭にかぶって、四角いパネルの部分にGOPROを取り付けられるようになっていますが、このままかぶると髪型が御茶ノ水博士です。それに、波をくらったら外れてどこかへいっちゃいそうです。

そこで思い出したのが家にあったこの帽子。波乗り用のキャップです。


で、合体させました~。

帽子にヘッドバンドのあちこちを縫い付ければ外れません。

バンドを切り取って、GOPROを取り付けるプレートだけ縫い付けてもよさそうです。

ニーボードや普通のサーフボードも面白そうですが、パイポで撮ったら面白そうです。どんな映像が撮れるかな?お楽しみに。

さて話は変わって、GWにドライスーツのお話です。

冬にドライスーツを作っていただいた方からメールをいただきました。なんと北海道の方です。お作りしたスーツはAXXE CLASSICの3.5ミリ フード付きのドライスーツです。

そんな寒いところの経験が無い私は自分でお勧めしておきながら、正直なところ「これで北海道、本当に寒くないの?」と心配でした(ウェットメーカーはもちろん実地でテストしているので大丈夫なのですが、私はそんな寒いところを知らないので心配だったのです)が、「冬を通して快適に遊ぶことができました」とメールをいただいて、ちょっと感動してしまいました。

寒冷地用は私が使っているものと生地も厚みも同じですが、サイズにゆとりがあって気温に合わせてインナーに着るもので調節できるようになっています。

暑いときには汗をかいたそうですから、ドライスーツやっぱりすごいです。(汗のせいもありますが、ドライスーツの中が濡れるのは結露が主な原因です)

AXXEさんは今年はジッパーレスのドライを開発しています。試作品を見せていただきましたがかなりよく出来ていて、確実により使いやすくなっています。

ドライはメンテナンスも重要ですので、使わない今の季節に縫い目のほつれや、縫い目の裏に貼ったテープが剥がれかけていないかチェックしてください。

少しでも気になる部分があれば、ご相談ください。

湘南はずっと水が冷たくて、気温が上がってようやく3ミリフルスーツでいけるようになってきました。ゴールデンウィークの初日、海も賑わっているみたいです。

店は、5月2日と3日の2日間だけお休みいただきます。その他は営業してますので波乗りの帰りにでも遊びに来て下さい~。




PR
GOPROのグラブパックキットでは、カメラの高さが確保できず波に乗るとカメラが水没してしまって泡しか写らないので、高さを出すための支柱を作ってみました。結構ムキになってます(笑)

さーてどうすればいいのかなあと考えて、作ったのがコレです。

3ミリ厚の塩ビ版を20ミリ幅に切ったものを5枚貼りあわせて作りました。

GOPROのマウントのジョイント部分はすべて3ミリ厚の板状のプラスチックを噛み合わせてボルトで固定するようになっているので、その部分と噛みあうように同じ厚さの塩ビ板を細長く切り、上下にずらして接着して両端に2枚と3枚の噛み合わせ部分を作りました。接着剤だけでは不安なのでボルトで固定しました。

取り付けるとこんな感じ。40センチぐらい高さが出ています。高さが出た分、ボードに貼り付けたベースに力が加わりやすくなってしまったのが心配ですが、カメラにリーシュを付けとけば万一外れても大丈夫でしょう。

ひっくり返ったらリーフにぶつかりそうなのでロータイドのときは要注意ですね。

塩ビ板とステンレスのネジだけで、1000円ちょっとの予算でできました。もう一組作ることができる材料が残っているので、違う高さの支柱を作ってみようと思います。

塩ビは柔らかくて加工が楽なので結構簡単にできました。

写真を撮ってみました。高さが変わって視点が変わりました。


こちらが以前のものです。


今度はどうでしょう?楽しみです。





オンショア、スネ・クルブシ。新しいPIGの入水にはちょっとおさみしいコンディションでしたが、GOPROのテストをしたくて海に入ってみました。

それで結果から言うと、全然ダメダメでした。

映像はきれいです。ボードもこの波ながら良さそうでした。ダメなのはカメラでもなくボードでもなくカメラのマウント方法です。

ボードからの高さが足りず、ターンのときは完全に水没して泡だらけです。

まずは引っくり返ってみます。


やっぱり泡だらけ。

スープの上にカメラを出さなければダメですね。

ボードの上に腹ばいになるとちょうど足に軽く触れる位置にカメラがくるので、最初はパドルのときも立ち上がるときも気になってしまって、初乗りのPIGにいまいち集中できず。

カメラに慣れてくると、最悪の波ながら楽しめそうなボードのように思えました。PIGの丸く突き出したボトムと丸いレールは、同じクラシックボードながらノーズライダーとはまるで違う感覚です。


PIG 当分は店に置いておきますので見に来てください。カスタムもOKです。

クラシカルな動きでの運動性能はかなり高そうです。次の波が楽しみです。

次の波は楽しみですが、カメラをなんとかしなくちゃいけません。

なんとかしようと、3ミリ厚の塩ビ板を買ってきました。これで自作してみます。


ニーボードはばっちりです。FCSプラグで一つ目小僧になりました。これでノーズにしっかり固定できます。スピードも見え方も動きも全然違う映像が撮れると思います。

お楽しみに。







忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!