忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
4 6
13 14
16 17 18 19 20
23 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3365] [3364] [3363] [3362] [3360] [3359] [3358] [3357] [3356] [3355] [3354]
週明けの今日。出勤時間までストレッチと瞑想で休息日、のつもりで1時間だけ薪の片づけ。以前なら完全に休んでいましたが、最近は軽作業が休息になります。


覚えてますか?以前のブログで、歳をとったせいかトレーニングと同じくらい、身体を休めることも重要だと書いたと思います。

最近、ちょっと休むと疲れが抜けるようになりました。以前は波がありそうな日の前日はランニングや体幹トレーニングはお休みして、翌日に備えていましたが、それも気にしなくなりました。先週、波乗りに行く前日もきっちり身体を使いましたが影響ありませんでした。

ずっとアルコールを口にしていないおかげだと思います。他に理由は考えられません。そして、このこと以外にも良いことがたくさんでてきました。

実際、酒飲まないことで気持ちいいことはかなりたくさんあります。酒は美味しいと思います。気持ちいいとも思います。でもそう感じる時間は結構短いもの。それよりも気持ちが良い時間は飲まない方が全体で考えれば長くなるし、量的にも多くなります。

プラス、マイナスで考えると、多いにプラスでマイナスはありません。

酒飲みたいと思うことはありません。我慢しているわけでも無いのです。もし飲みたいという気持ちが起こったら、飲むのと飲まないのと、どちらが気持ち良いのか考えてみると簡単に気持ちを切り替えることができると思います。

5.8のフィッシュに違和感なく乗れるのもそのおかげです。

夏が終われば53ですが、歳取ったら取ったでどこかで頑張らないと、私のような平凡な身体能力の持ち主はダメになっちゃいます。少しでも長く波乗り続けたいですから。


それで調子に乗ってますが、コレも行けるでしょうと企んでいるのがこのツインフィン。左側のです。


このCHANNINのツインフィン、ショップに大昔から残っているデッドストックです。CHANNIN、知ってますか?70年代にディフェンダーファー/チャニンという名前で質のいいシェイプとラミネートが売りだったクラシックボードメーカーです。

すでにヴィンテージの風格が出てきた、MRスタイルのツインフィンです。ハンク・バイザックシェイプなんですから。

サイズは、5’8” X 20”1/4 x 2”5/8。

フィッシュの最終形態が、このツインフィンです。ちなみにトライフィンはこのツインにセンターフィンを付ける発想から生まれてます。

そう考えると、フィッシュってすごいと思います。ニーボード → フィッシュ → ツインフィン → トライフィンという訳ですから、いろんなもののルーツになっています。


来週、FISHのドキュメンタリーDVDの日本語版が発売になります。3~4年前、FREEWAY PROJECTがフィッシュのドキュメンタリーを作ると聞いて、完成したのがちょうど一年前。

そのときには、今年のフィッシュ・フライにあわせて日本語版を発売すると言っていたのがその通りになりました。

なんだか雑誌やネット、その他いろんなところで盛り上がっているようです。


フィッシュは好きです。それは間違いありません。11年前には、調子に乗って某誌に8ページのフィッシュ特集の記事を書いてしまいましたが、今思えばやっぱり調子乗りすぎでした。

まわりが盛り上がっても、昨日の映像みたいに、楽しげにフィッシュに乗っているだけが一番です。

もちろん、BONITA FISH、KK FISH、それにクリステンソンはいままでどおりフィッシュやっていきます。それだけです。

本当にお好きな人たちだけで、そんなに盛り上がらなくてもいいのです。


ちょっと気に入らないのは、フィッシュのORIGINATORはスティーブ・リズ氏ですが、彼はもともとニーボーダーで、ニーボードとして生まれてきたフィッシュの「ニーボード」というところには、皆さんあまり注目してくれないこと。

ニーボーダーに光が当たる流れに、なかなかならないということです。

まあ、仕方ないか 笑。


それで、もう一度上の画像です。右側のフィッシュはニーボードとしてシェイプしたフィッシュです。私もニーボーダーのはしくれですから、始まりの地点に戻ってみようと思って作ってみたのがあのフィッシュです。

フィッシュのニーボードと言っても、サンディエゴの波じゃありませんので、フィンのセッティングは違います。それにシェイパーは私…。それでも、自分的にはよく走ってドライブが気持ちいいニーボードだと思ってます。

サイズは、5’0” x 22”1/2 x 2”1/2 。

ルーツである、フィッシュのニーボードにも自分ひとりだけでも光を当ててみようと考えております。










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!