MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
土曜、日曜と休みましたが、今日からいつもどおりに営業しております。皆さま、ご無事でおられますでしょうか?

それは10月9日でした。台風19号が恐ろしく発達しながら関東方面へ向かってくる予報を見ているときに始まりました。突然、何かの本能に動かされるように「これは備えなくては…」と動きはじめました。仕事中の今できることは?と考えて、まずはガスコンロ用のガス缶を店から歩いて1分ほどのところにあるドラッグストアで購入。

次に食料です。飲料水はミネラルウォーターをたっぷり備蓄してあるので大丈夫として、無いのは非常食です。非常食というとレトルト食品やカップ麺などが思い浮かびますが、普段避けている食品だけにかなりの抵抗を感じつつ購入。それから米です。家にあるのは玄米だけ。玄米は炊くのに時間がかかるので、やっぱり抵抗を感じつつ普段は食べない白米を購入。

贅沢なんぞ言ってられない非常用のはずなのに、身に沁みついた習慣なんですね。面倒くせえ奴だと自分で思いました(イザとなったら何だって食います)

それから、やっとこうと思うことをリストアップしてからは下の11日のブログです。

イロイロと準備をして、今夜は台風がやってくるぞという12日はもう朝から強い雨。炊きあがった玄米でおにぎりをたくさん作って準備完了です(玄米おにぎり、旨いです)

ずっと動いていたので結構ヘロヘロ。万一の事態に備えて体力回復&温存でソファに寝転がってテレビの台風情報を見たり、うとうとしたりしているうちにすっかり夜です。

風は東から強く吹き付けてきます。この風が北へ変わっていけば、台風は自分よりも南側を通過。北と西の風をかわす場所にある我が家はひと安心です。あらかじめ火を通しておいた冷たい肉をかじり、玄米にぎりを食べてエネルギー充填。風向きを見守ります。

午後8時近く。風はますます強まって雨を打ち付ける音が強くなってきます。まだ家がきしむほどではありませんでしたが、どうやら風は南寄りに変わっている気配。

午後8時半ごろ、台風は東京都町田市付近を通過中の模様とニュースから流れてきます。

その町田市にある店は看板を補強(しといて良かった)して、外の照明は電球を外して壁に寄せ、店の中のボードは(飛来物で割れることを考えて)できるだけ窓から離れたところへまとめました。浸水はあまり心配していませんでしたが、万一を考えて大元の電源を切っておきました。

さーて、こいはもう逃げられん。そろそろドカンとくるばいと九州弁で身構え、気持ちも構えますが、できることはただ待つだけです。瞬間最大風速60mですから、何が飛んでくるか分かったもんじゃありません。屋根だって飛びかねない風速です。

上陸地点の伊豆からたどって、それまでの台風経路を町田からそのまま延ばすと、ばっちり自宅の位置です。真ん中です。

風は南寄りになってきたものの東まじり。南東から強風です。家が大きく揺れはじめたと思った8時50分ごろ、急に雨風が弱まってあたりが静かになりました。

これはもしかして台風の目?それまでの強い風が嘘のように静かになりました。衛星写真では、はっきりとした台風の目は上陸前に無くなっていたからか星空は見えませんでしたが、たぶん目の中だったと思います。

しばらくすると、それまでの風向とは反対側にある山の尾根の樹々が大きく揺れ始めると、風はほとんど収まってしまいました。(北と西の風はかわすのです)

30分ほど様子を見ていましたが、それからは北西側の尾根からごうごうという風の音が聞こえてくるばかり。スーパータイフーンと呼ばれた19号、どうやら無事にくぐり抜けることができたようでした。

翌日は台風一過の爽やかな快晴。四日間ずっとひとつのことを考えていた気持ちが緩みますが、各地の大雨被害を思うと気持ちは複雑です。あの山々のさらに右手、秩父山系の向こうは千曲川が流れています。


そんな複雑な心境をすっかり吹き飛ばしてくれたのが昨夜のラグビーの試合でした。自分は自分の毎日を前向きに続けていくだけです。誰もが同じです。ときには戻されても、あきらめずに少しずつでもゲインしてゴールラインを目指すだけのことです。

笑顔と音楽とサーフィンを忘れずに…です。

思い返せば、長い五日間でした。

お知らせ:10月8日(火)はお休みいただきます。よろしくお願いします。

台風19号が発生しています。強い台風で、9日(水)の午後あたりからうねりが届き始めるんじゃないでしょうか。木曜日はしっかりアップしそうで、海へ行ってみようと思っています。

波乗りできるのは良いのですが、気になるのはその後の台風の進路です。いまのところは関西から東のどこかへ上陸して、本州を東へ縦断するようなコースで東の海上へ抜けるような予想になっています。

昔からそうですが、台風ができると私は妙にストレスを感じはじめます。台風が怖いからです。ひと月前の台風被害で千葉はまだ復興段階です。ブルシートが張られた映像を見ると30年近く前のことを思い出してしまいます。1991年(平成3年)9月末に九州から東北まで被害を出した、19号(今回と同じだ…)台風です。

実家があった長崎も大きな被害を受けました。兄の家は屋根が吹き飛びました。バリバリと屋根が剥がされていく音に生きた心地がしなかったそうです。実家も屋根瓦が飛んで雨漏りの跡が残っています。鉄の雨戸には細長いスリット状の穴がいくつも開いているのは、飛んできた屋根瓦が突き刺さったあとです。そんなものが人に当たれば命に関わります。強風に飛ばされた海水の塩分が原因で山の緑は枯れ、台風の後はブルーシートが張られたたくさんの屋根と茶色い山が街の色でした。

ネットで検索してみると写真がありました。長崎の実家のすぐ近くです。遠景に見える枯れた竹林の向こう側の斜面に実家があるはずです。そのすぐ横の赤い看板は近所のSEIYU。日付は1991年10月5日です。


太平洋の沿岸に波だけ送り込んで直接の影響はない台風でも、地球上のどこかの地域には被害が出ることには変わりありません。

台風のうねりが届きはじめると、海沿いの道路にはいつもと違う雰囲気が漂い始めるのを感じます。朝早くから駐車場は満車です。入り口には通行の邪魔になるのも気にしないのか、半分歩道に乗り上げた車の駐車待ちの列ができていることも珍しくありません。

あの独特の雰囲気が好きな人もいるらしいですが、どうも私は昔から馴染めず苦手です。台風の存在にたいするストレスのようなものと、あの独特の雰囲気を思い出すとどうしても心の底から楽しむことができないのです。

サーファーとしてはダメダメなのかもしれません。でもそいう性質(タチ)なのでこればっかりはどうしようもありません。神経が細いんだと思います(細くても切れませんが 笑)。

とりえあず海へは行こうと思っていますが、どことなく気が重いのも事実。南岸低気圧で波が上がる冬のサーフィンが好きなのもそんな理由だと思います。

今のところ関東地方には日曜に一番近づきそうです。秋台風は足が速いです。早めに備えておきましょう。


サーファーズイヤーが悪化して3日くらい前から、右耳が聞こえません。目の前のスピーカーの音があたまの後ろから聞こえてきたりと音の方向感覚が変になってます。

私が入っている海はゴミこそ少ないですが、海水は決してきれいとは言えません。梅雨の雨で下水処理場があふれたり、夏前には近くの汚水管がまた破損したりとおそらく目では見えない良くないものがたくさん混ざっていると思います。

そんな海水が抜けにくくなった耳の中で…と断定はできませんが、自分では用心して耳は触ってないので他に原因に思い当たりません。

さっきも書きましたが、海のゴミは昔と比べると格段に減ったと思います。ビーチクリーンや皆さんの意識が高くなったからだと思います。でも一方で思うことは、海の中に生物を見なくなったとうことです。

以前は、波待ちのあいだに海底をのぞき込んだら、リーフの隙間にドチザメがいたり、海面に透明なサヨリが泳いでいたりしたのを見たことがあります。トビウオが自分のボードのすぐそばから飛び出したこともありました。ちょっと潜ってみるときれいな小魚がたくさんいたのですが、最近はそういう姿を見かけなくなったように思います。

もしかすると、きれいになったように見えて本当はそうでないのかもしれません。自分の耳が定期的におかしくなるのは、そういうことともしかしたら関係があるのかもと考えてしまいます。

サーファーズイヤーとは付き合っていこうと考えていたのですが、やっぱり手術して軟骨を削ってもらった方がいいのかもと思うようになってきました。

波乗りは出来なくても故郷のきれいな海で遊びたいと毎年思う、夏という季節です。

午前6時。南東うねり1.2m/11s、風はオフショア。月曜は良さそうです。海は混みそうですが、楽しくやりたいものです。

その次の9号はかなり発達しそうな気配です。

KATSU KAWAMINAMIサーフボード MINI6’8”とKK FISH5’8”ストックボード、アップロードしました。





木曜から金曜にかけて南西が吹くのを期待していたら、北風に変わるのがだんだんと早まってきて、金曜の朝は波は無くなっていそうな気配です。でも、まだ変わる可能性は多いにありです。春の天気は予想がむずかしい。

裏山トレイルはいい天気。このトレイルが無かったら、ランニング始めてなかったかもしれません。ランニングのおかげでずっと調子よく波乗りできています。トレイルのおかげです。


エドヒガンはほぼ満開。ソメイヨシノよりも少し早く咲きます。


日当たりがいい斜面にはカタクリの花がぽつりぽつりと咲いています。もうすぐ細長い花びらがクルリと反ってきます。


鈴なりに咲くのは、キブシの花。


植物たちはもう、すっかり春です。


丁寧に乗られていたコンディションがとても良いユーズドのブギーが入荷しました。


とても微妙な色合いです。たとえるなら…ビールとトマトジュースをミックスしたカクテルの色。レッドアイティントと呼ぶことにします。きれいな色です。

レッドアイティントのブギーのアップロード、もう少しお待ちください。
昨日の雨と風の凄かったこと。雨というよりも、巨大なバケツでぶちまたような水しぶきが風にあおられ、窓に重量感を持って当たってきて怖いくらいでした(海で波くらってるみたいな感じでした)。台風の進路から離れた関東でこれですから、四国、関西の人はどれだけ大変だったことかと思います。

子供の頃、台風のときに親に言われていたのは、雨風が強くなったら、とにかく外に出るな、風を家の中に入れるな(屋根が飛ぶ)ということでしたが、いまでも身体にしみついています。

やっぱり台風はおそろしいです。来週また同じような場所で台風が発生する予報になっていますが、なんとかそれて欲しいものです。波には乗りたくても、生活のベースを破壊されたらそれどころじゃありません。

そういう心配をしなくてはいけない台風が増えたのも、やっぱり異常気象なんでしょうか。最近は温暖化という言葉を耳にする頻度が、以前より少なくなっているように思います。環境にやさしくとは言うものの、いったいどうすればいいのやらです。


そして今朝、いつものようにランニング。台風の後なのでトレイルはやめて里山コース。朝のうちは涼しい風でした。台風の風は強かったですが、稲は無事でした(うちの田んぼじゃありませんが 笑)。稲穂の色が変わってきて、香ばしい香りが漂っています。


酷暑と表現できる今年の夏でしたが、秋は確実にやってきています。コスモスが咲いて、夏前には柔らかいブラシみたいだった栗も、立派なトゲトゲになりました。


モズの高鳴きを台風が過ぎた高い空に向かって、モズが高鳴きをしはじめました。

夜のあいだだけ咲くという、カラスウリの花がしぼまずに残っていました。不思議な花です。種も面白い形と色をしているそうなので、冬に赤い実がなったら取ってみようと思います。



明日はシェイプルームへ行ってきます。風はしばらく南が続きそうです。

9月の営業予定です。
http://www.menehune.on.arena.ne.jp/infomation/schedule.htm
プラスチックのストローは使用禁止という動きがあります。そんな小さなものよりもっと他に大量にプラスチック使っているだろうに…と思いつつ、たぶんきっかけは、ウミガメの鼻からストローを取り出す、あの痛そうな動画かなあと想像しています。

それなら、ウミガメが好物のクラゲと間違えて食べてしまうプラスチックバッグ(レジ袋)の流通量の方が、圧倒的に多いだろうと思いはしますが、こういうことにも流行りというか、流れがあるのは昔から同じです。

そいうことをやっていれば、企業としては先進的に見えるし、利用する方はそれがおしゃれだと感じる。そういうところなのかもしれませんが、ストローの語源、麦わらの本物ストローじゃ、フラペチーノは無理っぽそうです。


そして、小さなものと言うと、小さなプラスチック。マイクロプラスチックというのをご存知ですか?

自然界でプラスチック製品が壊れ、ちいさな破砕片になったものや、歯磨きや洗顔料に含まれるプラスチックビーズ、研磨剤ですね。それに化粧品に含まれている、ごく細かいポリエチレンの粉末、はたまた化繊製品を洗濯したときに繊維から出る、合成繊維のほこりみたいなものまで、多種多様、多岐に渡ります。普通に現代人が生活していれば、何らかの形でかならず関わっていることだと思います。

そういうものが自然界(海)に流れ出し、分解されずに蓄積して生物と環境に影響を及ぼしているということ、これもずいぶん昔から言われていたことです。なにしろ小さいので回収が難しそう。

ストローよりもこちらを先に規制したほうが、とも思いますが、いろんな方面に影響が大きいものに対してゆるくなりがちなのは人間の弱いところです。

環境問題って、もしかしたら縄文時代あたりからあるんじゃないかと思うくらい、人間の暮らしとは切り離せないものだと思います。人間の進歩とともに、ややこしさが増してきたみたいな感じではないかと思います。

私が10代の頃に、言葉は違っても「持続可能な社会」という考え方はありました。環境負荷が高いプラスチックなどの使用を減らして、できるだけ自然のサイクルに従って生活するという考え方です。

それでも、プラスチックの使用料は増えるばかり。なんとかしなければ、と思いつつも目先の便利さや経済性に走ってしまうのも、人間の弱いところ。そして、すぐに忘れてしまうところも。それから、耳障りが良い企業のエコロジーなコピーにすぐまるめこまれる。

私らサーファーはと言うと、環境のことを考えるなら、植物の繊維で織ったふんどしでアライア、海に行くのは馬。そういう人がいたらかっこいいと思うけど、無理です。サーフボードはプラスチックで、ウェットスーツも必要です。

なんとなく、あきらめが入りつつあるみたいです。環境にやさしいなんて、いろいろなんか嘘くさい。世の中のしくみがそうなっていないんですから。

とりあえず、ものは大切にしてできるだけ長く使うのは得意。できることはそのくらいかなあ。


という訳ですが、寒くなればやっぱり必要なウェットスーツ。今年も真夏からオーダーフェアやります。前回までのプレミアムゴールドラバーは、今季プレミアムブラックラバーとしてリニューアル。裏地が進化してます。開催は8月10日から。詳しくは明日お知らせいたします。


どうせなら、長く使えるウェットにしましょう。AXXE CLASSICもZEROもSTEAMERも、自分自身で実証済みです。

冷房を効かせて、店に涼しく閉じこもっているつもりでいたら、妙に暑い。おかしいなあと思って、エアコンの送風口に顔を近づけてみてもあんまり涼しくない。

設定温度を16℃にしてみても、なんとなーく涼しいだけ。掃除してみてもダメで、どうやらエアコン壊れたみたいです。いそいで新しいのを手配して、来週には取り付けに来てくれるみたいです。

それまでは、この暑さをたっぷり満喫することにいたします。

日除けで日差しを遮って、入口のドアをフルオープン。そうしておいてから、反対側の天井近くについている排煙窓を開けると風が抜けて行くので、結構快適です。


おじさん、冷房があまり普及していなかった時代も知っています。子供の頃、親戚のおじさんに海へ連れっていってもらうときの冷房は、クルマの三角窓からの風でした。小中高と学校には空調無しです。首都圏の国鉄、私鉄も、今みたいに冷房完備じゃなくて、天井で扇風機が回っている車両も結構ありました。

だから何だというわけではありませんが、たまには冷房無しもいいもんです。おかげで、こんなビルだらけの街なかでも、日が沈んだあとの自然な涼しさが心地ち良かったりします。

打ち水でもやろうかな…。夏、満喫してます 笑。

台風からのうねりが届いているみたいです。私は朝用事があるので明日は行けませんが、早い時間ならオンショアもまだ少しは弱いかもです。オンショアが続いているので、いちおうエボシ注意しときましょう。

暑いときには、暑苦しいのがいいんです。
ゴールデンウィーク後半です。今日からいつも通りに営業しております。サーフボード、ウェットスーツのオーダーはもちろん、雑談、冷やかし、なんでもOKです。町田へ遊びにいらしてください。

三日間のお休み、私は三日ともどっぷりグリーン三昧。植物を楽しんでおりました。

最初は山へ。久しぶりの高尾山です。トレランで毎週のように走っていた山ですが、今回は植物を探しながらのトレッキング。探し物はコレです。


セッコクというランの仲間です。樹木に着生する野生のランです。自宅で育てているセッコクが咲いたのですが今年はサクラやフジ、いろんな花が早いのでもしかしたら咲いているかもと探しに行ってみました。

渓流沿いの登山道を樹々の梢を見上げながら登っていきます。乾いた涼しい風が心地いいトレッキングです。


渓流沿いの樹に、こんなのを発見。

サルオガセという地衣類です。写真みたいに木の幹からぶら下がります。植物に少しでも興味がある方なら、おしゃれっぽい(笑)お店なんかのディスプレイでよくぶら下がっているエアプランツに気が付いているかもしれません。チランジアという植物です。チランジアはこれに形態が似ているのでサルオガセモドキという名前がついています。

こんな風な、ちょっと変わった植物が好きなのです。

セッコクはまだちょっと早かったみたいですが、一か所咲いているのを見つけました。

これはおそらく人の手で着けたものと思われます。樹の幹にこんな感じに咲いています。きれいでしょ。

これはたぶん自然のもの。まだ咲いていません。花が咲かないと見つけるのは難しい植物です。


まだちょっと早かったみたいです。花を探してのトレッキングというのもなかなか面白かったので、今月の中旬以降あらためて出かけてみようと思います。

ただの草むらに見えると思いますが、いろいろと珍しい野草が生えています。こういうのに萌えます 笑。


上を見上げ過ぎでクビが痛くなって、翌日は調布の植物園へ。

山野草展をやっていました。盆栽みたいですが、ちょっと違います。


ヒナギク。


これは、アサツキ。ねぎです。小さなネギボウズがかわいい。


こんな感じに特別でない、普通にはえている植物を仕立てるのが面白いのです。誰でも手軽に楽しめます。

調布の神代植物公園、初めて行きましたが気持ちがいい公園でした。植物に興味が無くても、雑木林の日陰の小径をのんびり歩くのは誰にとっても気持ちがいいと思います。腹が減れば深大寺が隣なので蕎麦を食べに行けます。おすすめです。

そして昨日は、自宅の植枡の植え替え。これまでは和洋折衷でしたが、洋風な方々は移動してもらって、和の雰囲気で統一しました。

まだ、植えたばかりなので閑散としていますが、1~2年もすれば手入れが大変なくらいに繁茂しているはずです。そうやって増やすのもまた楽しいのです。

最初に書いたとおりグリーン三昧の三日間でしたが、植物のことを考え、土を触っているといつも思うことがあります。

土を作って植物を育てることと、食べるものに気を使って、波乗りのためのカラダを作り、メンテナンスすることは同じことじゃないかと。

人工的な環境で育てられる植物と、野生の中では生きられない動物である私たちの生活は似ていると感じます。何かが足りなければうまく育たないし、何かが多すぎるとバランスが崩れる。聞こえはしない自然の声を聴きながら、本来のかたち(自然)にできるだけ沿うように良いと思われる方向へ向かっていくこと。

そういう感覚が身に付けば、エコロジーなんて簡単なように思います。食べれば美味しいし(笑)、育てれば楽しい。やっぱり植物は素敵だと思います。

鉢植えにした小さなモミジが葉を出し始めました。秋になればきれいに紅葉するモミジですが、出たばかりの新芽もまた赤いのです。これから緑の葉になります。春先は新緑に混じって、こういうカエデや山桜の葉の赤など秋と同じくらいにいろいろな色があります。


今年は都心ではもうソメイヨシノが満開だそうなので、時期が揃ってしまいましたが、裏山のエドヒガンが満開です。昨年のブログを見たら、やっぱりこのエドヒガンも一週間早く咲いています。…ということは東京のサクラが早すぎということです。

我が家の回りはスポット的に気温が低いので、ソメイヨシノはまだこれからです。

いつものトレイルの脇の斜面を降りた下は保全緑地になっているのですが、その斜面にこんな野草を見つけました。カタクリの花です。初めて見ました。

カタクリの花なんて、もっと自然がたっぷりのところへ行かないとみられないと思っていたので、ちょっと感動です。紫の花弁がくるっと反り返っているところが素敵なのです。想像していたよりもちょっと大きめでした。

キブシの花も咲いて(かなり地味ですが、毎年楽しみにしています)


雑木林も枝先がほんわり緑色になっています。


すっかり春ですね。


台風3号は、まだ予報が分かれています。

ひとつは、週末にかけて日本のはるか南を足早に抜けていく予報。そしてもうひとつは上の画像(4月2日 午前6時の予報画像です)。ゆっくりとやっぱりちょっと遠いですが、日本の南を通過していく予報。

勢力は強くならなそうなので、うねりが届くかどうかはまだわかりませんが、弱くてもゆっくり通過していってくれれば、何か変化が出てもいいように思います。そうなれば、3日の火曜当たりか…。

そういう季節にもなってきました。

ブーツ、グローブはもう要りませんが、水はまだ冷たいです。あと少し冬のウェットです。


さて、現在過去のブログを新しいカテゴリーを作って再編さん中ですが、昔のブログを読むとそのときの感触が蘇ってきて、また乗りたくなっているボードがあります。

ひとつはこれ。覚えていますか?左側のシングルフィン。6.0のトライプレーンハルです。もう10年前です 笑。これ、良かったんです。

ボトムの形が良ーくわかりますね。今作るならMINI2の形で6’2”かな。

もうひとつはこれです。ダイアモンドテールのシングルフィン。

カツさんに、70年代にご自分で乗っていて調子良かったシングルフィンを思い出して作ってくださいというオーダーで作っていただいたボード。思い出すとオンショア風波でも台風の波でも楽しめたボードでした。

70年代調のカマボコダウンレールにデッキコンケーブでかっこ良かったんです(もちろん調子良かったです)今は同じ形でボンザーにしちゃってますけど、やっぱりシングルでもういちどという気持ちがあります。

自分のなかで良かったものをちょっとずつ、リバイバルさせてみるのも面白そうです。

ダイアモンドテールのシングル、クラシックでいいなあ。

今朝もトレイルを走りました。しかし、すごい色です。画像ソフトの色調補正なんぞは使ってません。お日さまに照らされたそのままの色です。



きれいな紫。紅葉の赤や黄色、そしてこの紫色。日本独特の色はこんな自然、花鳥風月から生まれているのだと思います。サーフボードを作るときにも意識して使っているのは、こんな所から影響を受けた色が多いということに気が付いていただいているのではないかと思います。


メタセコイアの色が変わると、秋ももう終わりです。このラスティックなオレンジもサーフボードに使うときれいです。どのボードだか分かりますか?ヒントはシングルフィン。


モモと背中に若干の筋肉痛を感じつつ。

オーダーいただいていた、クリステンソンのクリス・クラフトが到着しました。きれいなネイビーです。


レングスは10’。もーっと長くても面白いモデルですが、家に入るかどうかというのも大切なポイント…。(それに腰が大丈夫かどうか、というのも…)


私は12フィートや11フィートはもう腰があぶないので、9’8”でカツさんにシェイプしてもらう予定で、現在ブランクスの到着待ちです。







Visitor Map
Create your own visitor map!