MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
4
11
17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/09)
(06/11)
(06/10)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

現在シェイプ中なのは、オーダーいただいたプリモ。7フィート11インチです。ロングボード寄りのミッドレングスサイズ。

このくらいの長さから、お気に入りの8フィート4インチまでのサイズレンジのプリモやTIKIは、個人的にロンガーさんにぜひとも乗ってみて欲しいサイズです。

理由はシンプル。楽しいから。波のサイズは小波から大きめの波まで、たいていでOKです。9フィートプラスのロングボードの方が滑り出しが速いのは当然なのですが、この8フィートアラウンドのサイズ、不思議と波にたくさん乗れてしまいます。乗りすぎ注意です。

その理由は…乗ってみればわかります 笑。

シングルフィンですが、シングル以上の動きをしてくれます。そして、スムースで速いです。いいことばっかり言ってるみたいですが、本当です。いまのところマイナス要因は見つかりません。


活さんがシェイプするこのボトム、レール、エッジ、ロッカーがそれを生み出しています。オートカットバックシステム搭載ですと書いた過去ブログ読んでみてください。(フィンは8.25がいいみたいです)

ロンガーさんにおすすめする理由のもうひとつには、ログのコントロール、トリミングにもいい影響があると思っています。自分自身、Dフィンに乗っていて多いにそれを感じます。

書きたいことはいろいろありますが、そういう理屈は抜きにして、シンプルに楽しめると思います。Oさん、ご要望どおり「いい気分」でどーぞ。

8フッター活躍してます。

6'8" KK HULL、出来上がりました。HULLをバフで仕上げたのは初めてです。10年経っていろいろとこなれてきたようです(私がです)。時間かかりすぎです 笑。

クリアの色無しでそっけなくしちゃおうと思っていましたが、ほんの少しだけカラーを混ぜてそっけなくしました。とてもうすいグリーンのティントです。


ノーズのボトム。ロールボトムです。


真ん中あたりのボトム。ロールはゆるめ。

そしてテール。ちょっと面白いことが起こっています。

これはラミネート前のテール。ほぼフラットです。


それがこんな感じに、ごく浅いコンケーブに出来上がりました。


レールにエッジを樹脂で盛ってもらった分がコンケーブになっています。これくらいではフラットとほとんど変わらないと思いますが、それだけエッジが強調されているということです。これで当初の希望どおり、テールだけシングルコンケーブになったということで…。

全体的にトライプレーンハルのような構成のボトムになっています。レールはテーパー気味ですがボリュームが残してあります。

HULLをご存じの方にはお分かりいただけると思いますが、レールを使ったサーフィンもできるHULLです。薄いテーパーレールではスピードに乗りにくい波でも走ってくれます。

6’8” x 21”1/2 x 2”3/4 

そのうちボトムだけサンディングしちゃってるかもしれません~。

ハル、乗ったことありますか?丸く突き出したボトムと、前方に片寄りすぎのように見える位置に付いた細長い一本のフィン。パドルはなんとなく進まない感じがするし、そのおかげでテイクオフも遅いような…。

でも一度で十分です。偶然でもいいのです。波の良いところをつかまえて滑ってしまったら、それで終わりです。いえ、始まりです。

ハルが持つ、他のボードには無い特別な感覚を味わってしまうとそれが身体のどこかにしみついて忘れられなくなります(個人の感想です)そしてときどき、その感覚を味わいたくなってどうしようもなくなる禁断症状が出たりします(個人の感想です)。

なので常用者は別として、とりあえず一本はラインアップにキープしておくことをおすすめしています。

私もその症状が出てしまったので作っていただきました。


ボトムはゆるめのコンベックス。


ディープなハルのシェイプではありません。難しくなく、波を選ばず、いろいろなコンディションでハルの滑る感触を楽しめると思います。ゆるめのコンベックスボトムで、レールにはボリュームを残していますので、テイクオフは速いと思います。そこからスルスルと…。



活さん自身、かなりの数のハルをシェイプしてきました。そこから生まれた、真似ではない日本のハルのかたちだと思います。


サイズは、6’8” x 21”1/2 x 2”5/8~3/4。出来上がったら自慢しますので、少々お待ちください。

カスタムオーダーのB52が出来上がりました。9フィート4インチです。少し太め、3/4インチ幅のストリンガーのブランクスを使用し、ライトブルーのティントカラーでラミネートしました。ニーパドルのために補強のクロスをデッキに追加しています。

ボトムのノーズにはノーズコンケーブをしっかり目に入れていただきました。ノーズライダーです。アウトラインは少しだけノーズをスマートにした、PIGっぽいアウトラインです。

とにかくノーズ、という向きにはノーズをもっと広くすることもできます。アウトラインはパラレルになってきます(オーダーのときに相談してください)

レールは厚すぎず、薄すぎず。ロッカーはノーズライド向けです。


取り回しが良さそうで、トリムしやすそうなノーズライダーだと思います。



そして、ここからは私の新しいPIG。もうシェイプに入っていました。ストリンガーは上のボードと同じですが、こっちのロッカーはフラット。

またまたまた、やっぱりPIGです。テールがワイドに見えますが、レンズのせいです。


レングスは9フィート6インチ、幅は22インチ。細めです。ボトムはゆるいロール。レールは50/50。


ストリンガーと同じレッドシダーで作ってもらった、このフィンをグラスオンします。

カラーはクリアで、ボランクロスでラミネート。出来上がりがイメージできると思います。

60年代のヴィンテージボードと同じようなフィーリングでサーフィンできるボードが欲しいと考えていました。90年代にクラシックなロングボードがリバイバルしてきたのですが、そのころからずーっと考えていたことかもしれません。

フラットに近いロッカー。Dフィン。コンケーブが入らないノーズ。現代の一般的なクラシックボードと比べて全体的にナローなアウトライン。重量だけは乗り手の腰痛の事情で、10キロちょっとでご勘弁。

そんなのを全部盛り込んだのがこの一本です。出来上がりが楽しみです。

このPIGは最終形態になり得るのかもしれませんが、ここで終了じゃありません。これの次に作りたいロングボードも考えています。次のボードはいままでの一連のPIGシリーズとはかなり違う性格のものになってくると思います。

そっちも面白いと思いますので、どうぞお楽しみに。

開店遅くなってどうもすいませんでした(午後2時15分)。あたまの怪我とヒザの故障が続いて、ぜんぜん海へ行けてなかったので、どうにもたまらず行ってしまいました。

予想としては、昼前ごろからサイズアップしてくるはずでしたがハズレ。すっかりサイズダウンしてしまってヒザ。


それでも久しぶりなので、嬉しいったらありゃしません。ヒザ波に妙にテンション高いおやじは、たぶんくっきりと浮いてたと思います。はしゃいでしまって、どうもすいませんでした。

ヒザ波でも十分楽しめる道具のせいでもあります。8’3”のPIGです。フィンをBOXに換えてから初めて使います。


結果から言うとBOXに換えて大正解でした。フィンは10インチのプリモフィンでどうかなと思ってましたがこのフィンで良さそうです。

最初はこのDフィンです。


Dフィンは大きすぎたか、位置が後ろ過ぎたのか、はたまたむりやりテールを広くしたせいか(たぶん、これらが複合したせいだと…)9’6”のロングボードと同じようにテールを踏み込むとなぜか動きがぎくしゃくしてしまうのが悩みでした。見た目はDフィン、かっこいいんですけどね。

そこでフィンを細くして、前方に移動。フィンBOXはテールから5インチの位置。結構前よりに来ているのがお分かりいただけると思います。

前方にもってきたのは、Dフィンで乗っていてどうも重心というかターンの支点というか、そういうものが前よりにあるように感じていたからです。

それで、ばっちりその位置にフィンが来たのではないかと思います。面白いくらい身体の動きにボードがついてきます。8’3”と短いせいもあるとおもいますが、身体にシンクロしてくれます。

サイズは、8’3” x 22”1/2 x 3”1/8 。レールは50/50、ボトムはゆるいロール。テイクオフもターンもトリミングも身体の使い方は完全にクラシックなロングボードですがすべてがイージーな感じでかなり楽しめます。

ニーパドルもOKです。

重量はおそらく9㎏くらい。取り回しはイージーでもそれほど軽くはないのでグライドする感覚はたっぷりあります。

楽しいボードができたと思います。

ストリンガーもいろいろと作りこめますので、小さめでもクラシックなログ風に作ることができます。8’8”~8’0くらいで、PIG系かノーズライダー系(ノーズ近いです)が面白いのではないかと思います。



昨日は私の番でした。二本目のKK HULL。最終的に6’8”の長さになりました。ロッカーやボリュームのバランスを確認しつつ、頭の中でどうプレーナで作る形をイメージしているところです(おそらく…)


ウエィトを置いて削り始めます。このまま見ていると、身体中まんべんなく粉だらけになるのでいったん退散。


しばらくして、プレーナーの音が止んだのを見計らってドアを開けると…。


レールのラフシェイプと厚みの調節まで出来上がりです。センターの厚みは、2”3/4~2”5/8のあいだくらい。



ボトムはHULLボトムです。レールがシェイプされているところがコンベックスボトムになります。それよりテール側はエッジが入ったフラットボトム。

シェイプの状態はラフに見えますが、レールとボトムのロッカーのラインはこれでほぼ出来上がり。つまり一番スピードが出るロッカーのラインはこの段階で出来上がっているということです。

そのラインへ周囲の曲面を集束させるように周りの形を整えていきます。15年以上、活さんのシェイプを見学させてもらっていますが、まずはスピードが出るライン(ロッカー)をという考え方は昔から同じで変わらない部分です。

おかげで、技術はありませんが口先だけだったら(笑)自分でもシェイプできると思います。

冗談はさておきノーズ側です。こっち側から見ると、コンベックスの原型が良くわかります。ノーズはスプーン状に丸くなります。


私の考えで、テールのフラットな部分だけに浅くコンケーブを入れてもらおうと思っていましたが、そうするとスピードのラインがキープできないということで取りやめ。テールはフラットになります。

スピードが出る方がいいに決まってます。

シェイプの出来上がりは来週のお楽しみということで、昨日はここまで。
6’8” X 21”1/2 x 2”5/8。




ロングボードのシェイプができあがりました。オーダーいただいた、ノーズライダーです。


9’4”のスクエアテール、ロッカーはノーズライダーです。

フラット気味のノーズロッカーとキックテール、ノーズにはノーズライドのためのコンケーブを入れました。


PIGを作るときには、これよりも全体的にフラットなロッカーを使ってきましたが、このロッカーでPIGを作っても面白そうです。テールが上がるので取り回しは軽くなりそうです。PIGのノーズライダーです。

ノーズからテールまで全体的に入っているロッカーもあります。クラシックロングなので強いロッカーではありません。グライドをシンプルに楽しむクルージングボードや、よりコントロール性があるノーズライダーが出来上がります。

その他、フィンやラミネートクロスの使い方など、オーダーされる方の希望に応じて、一番良いと思われるものをチョイスします。

それから大事な部分がもうひとつあります。ストリンガーです。幅の違いで重量が変わってきますが、一番は外観です。このノーズライダーは、3/4インチ幅のレッドシダーのストリンガーを使っています。


ストリンガーにこだわりたいロンガーさんは多いと思います。これは2インチ幅のバルサ。真ん中にダークウッドを挟み込んだりすることもできます。


もうひとつは、カラーフォームです。ショップにあるPIGはブルーのカラーフォームを白木で挟み込んでいます。


カラーフォームの色もいろいろありますし、白木をダークウッドにすることもできます。ストリンガーを接着している接着剤に色をつけるとグルーラインに色が出てきます。グルーラインで3ストリンガー風にすることもできます。

いろいろできます。イメージだけでもご相談ください。一緒に考えましょう。私は次のボードは久しぶりにバルサで行ってみようかとたくらんでおります。

サーフボードはオーダーのときから楽しいものなのです。



KK FISH 5’8” アップロードしました。ブログに時間がとれず、とりあえずはお知らせです。KK FISH、かっこいいですよ。

MENEHUNE BEACH STORE ホームページご覧ください。

音楽でも聴いてってください。UB40 80Sです。

KK FISHが出来上がりました。ストックボードです。レングスは5’8”。ここのところBONITAの人気に押され気味ですが、このラウンドノーズやっぱり好きです。見ているだけで嬉しくなってきます 笑。

世界中にいろいろなフィッシュがありますが、ラウンドノーズに絞り気味のテール、これは活さんオリジナルだと思います。

ボトムはクラシックフィッシュのシングルコンケーブとは逆。フラット~VEEが基本の形で、それにコンケーブが入っています。

フィンはベースをせまくしてレイクが入った、シングルフォイルのキールフィンです。


ラウンドノーズはノーズ寄りに胸を置くことになってくるので波のキャッチが速いです。滑りだしてからはスピードを付けやすいのもラウンドノーズの特長です。前足でノーズを滑らせ、絞り気味のテールでマニューバです。ボトムはVEEですから。

BOOGIEの開発過程から生まれてきたKK FISHですが、その生い立ちからもフレンドリーさが分かると思います。小波から結構なサイズの波まで、幅広く楽しめるフィッシュです。

雨が上がったら写真撮ってアップしますので、しばらくお待ちください。


お待たせしました。BONITAフィッシュ、アップロード完了です。ユーズドボードも入荷しております。

BONITAは2本です。まずは、5’10”。ライトバーガンディティント、思っていた以上にきれいに仕上がりました。今思い出しましたが、クリステンソンサーフボードのポイティントという色にもよく似ています。「ポイ」というのはハワイの酸っぱくて美味しいアレです。


5’10”というサイズ、フィッシュの入門サイズにはちょうど良いかもしれません。たとえば、ミッドレングスに乗っているロンガーさんがフィッシュに乗ってみたいというようなときには、とっつきやすいサイズだと思います(自分がそうでした)

いずれにしても、楽しめるサイズだと思います。

もう一本はさらにビッグです。6’8” BIG FISH。


フィッシュをそのまま長くしたというのはその通りなのですが、このくらいになってくると、ひとつのカテゴリーになってきます(と思ってます)。小さいフィッシュに乗っているとしても、また違う面白さが出てくるサイズです。

長くなってくると(当然ですが)走るラインが変わってきます。ハイラインをキープして、ひたすらスムースに滑ります。シングルフィンはスムースですが、シングルのセンターフィンよりも背が低いキールフィンがレールの近くにあるので、抵抗がさらに少ない気持ち良さ。まっすぐ走っているだけで最高ですが、大きくてもそれなりに動いてくれるところも面白いのです。

ビッグフィッシュ倶楽部、再結成です 笑。

ユーズドボードも入荷しました。やってきたのはコレ。私が最初に作ったニーボードです。懐かしいのはもちろんですが、こんなにキレイに持っていてもらえたのも感激です。

ハートのパッチがいいでしょ。ボトムのディケールのでかさがいいです。

まだフィンを履くのに慣れなくて、パドルだけで乗っていたほうが多かったように思います。ニーボードと言っていますが、スタンディングでも普通に乗れた記憶が…どちらも面白いです。

まだまだぜんぜん使えます。どなたか乗ってやってください。

もう1本はカーボン。AVISOです。


BONITAとユーズドボードはホームページご覧ください。
MENEHUNE BEACH STORE ホームページ

明日はオフに変わるのは、午前中の遅い時間の予想になってきました。予報がコロコロ変わるときは、良いほうへ振れることもあるので、時間がある人は海行ってみてもいいかもです。運が良ければ、独り占めできるかも??


なんだか、明後日も風が合わなくなってきてますよ…。あ、頭の傷はすっかり治りましたので。

Visitor Map
Create your own visitor map!