MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
5
12
15 19
23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新コメント
読んだ結果(返信済)
(09/11)
(08/09)
(08/04)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

OKIDOKI が出来上がりました。レングスは7’7”。オーダーボードです。レールでティントカラーを重ね、グリーンを三色作り出しています。ティントは透明感があるので、二色の色を重ねると色を混ぜたのと同様に発色します。

アウトラインはきれいなオーバル(長円)型にまとまって、いかにもスムースにマニューバしてくれそうです。

ミッドレングスはシングルフィンのプリモ、シングルスタビのTIKIがありますが、このOKIDOKIは、パーフォーマンスタイプのミッドレングスです。


ロッカーがしっかりめに入り、ボトムはシングルコンケーブにエッジが効いたレール。基本はトライフィンですが、このボードはクアッドでも使えるように5プラグ仕様にしてあります。クアッドでも面白そうです。


ノーズがロングボード調ですのでそうは見えないかもしれませんが、幅はプリやTIKIよりも狭めに作られるのが一般的です(オーダーですので調節できます)。そのため、ファンな見た目以上にサイズがあるコンディションまで使うことができます。

8’4”はプリモ、TIKI同様に面白いサイズですし、そのまま9フィートまでストレッチして軽量化すればパフォーマンスタイプのロングボードに変身です。昨日はログが好きと言っておきながら、昔乗っていたトライフィンのロングを思い出して、9フィートに乗ってみたい気がしているのは置いといても、いろいろと応用が効くミッドレングスボードなのです。




AXXE CLASSICのオーダーキャンペーンは、この23日までです。まーだ間に合いますよ。



雨とオフショアですっかり肌寒い朝。波は、コシ・ハラ。サイズは落ちてしまいましたが、面がきれいな波です。

ボードはコレ。8フィートジャストのプリモ、シングルフィンです。


8’3”のピグのフィンのセッティングをやったり(BOXに換えたやつです)、6’8”の大きなフィッシュが面白かったりで、ちゃんと乗ってあげてませんでした。8’4”にはさんざん乗っていたので、かつて知ったるではあるのですが、ロッカーなどのマイナーチェンジの部分もあります。

8フィートはボランのパッチを入れたので、短くなって重くなって(数百グラムだと思います)います。短くした分はもちろんですが、重くした分でも浮力は落ちています。そのせいか、パドルはなんとなく重たい(パドルに原因がある可能性も)です。

でも、これがいったん滑り出すととにかく速い。そしてスムース。貫通力があると言えばいいのか、波の上を突き進む感じ(笑)が滑らかで気持ちいいのです。

スピードに乗ったところで、ボードを大きくターンさせて波のカールへと戻ります。レールとボトムはしっかりと水の流れをつかまえるように活さんがシェイプしてくれています。背中側のレールが波に入ってホールドしてくれているのが良く分かります。

これまでのプリモでも同じようにカットバックしてくれていましたが、新しいロッカーのプリモはそれがさらにやりやすくなっていると思います。きっかけを作ってあげたら、勝手に回ってくれるような感じです。

長いプリモはやっぱり楽しくて、8’4”もやっぱり欲しくなって、というかこれはテストしてみなくちゃダメでしょう。

いつも言ってますが8’4”プリモ、シングル派のロンガーさんにぜひ乗ってもらいたいモデルです。絶対に世界広がります。


明日もログでできるくらい残りそうな感じです。朝、起きられたら新しいDフィン持っていこうと思っています。


Uさんのオーダー、ホットマンゴー6’0のシェイプが始まります。ホットマンゴーは、活さんのラインアップの中でも古くから作られているモデルのひとつです。

オーダーいただいたUさんは30年ほど昔、まだ中学生のころに初めて活さんのボードと出会ったそうです。当時はまだ高嶺の花で、先輩たちがKatsuのロゴのボードに乗っているのを指をくわえて見ているだけだったそうですが、その頃のことを思い出して、関西から新幹線に乗って町田までご来店いただきました。

同様に遠方からわざわざ来ていただく方は少なくないのですが、話をうかがうと当時(もちろん今でもですが)川南活というサーファー・シェイパーがどれほどの人気であったのかということを強く感じずにはいられません。

30年越しのオーダーはもちろん活さんもとても喜んでおられました。シェイプ前に記念撮影です。来週は完成したシェイプの画像、お送りします。


1981年の雑誌広告です。この古いKKロゴ、復活させたいなあ。


カツカワミナミサーフボード、歴史あります。

お知らせ:9月15日(日)はお休みいただきます。よろしくお願いします。

MINI2と書いて、ミニミニと読んでおります。MINIモデルは6’8”でそんなに「ミニ」ではありませんが、そのMINIをミニにしたので、ミニMINIです。

先日オーダーをいただいてお作りした、このMINI2は5’8”。シングルフィンに小さなサイドフィンを付けた、シングルスタビのセッティングです。


2010年ごろにMINIのミニ版としてモデルのラインアップに加わって、人気があったモデルなのですが、最近いろいろとあちこちで話題に上ってくるのです。もちろん、調子いいという評判です。

レングスは、5’8”くらいから6’0プラスくらいで作っています。フィンは上のシングルスタビの他、シングル、トライ、ツインスタビ、クアッド、ボンザーとMINIと同じで、いろんなセッティングが可能です。全部、作ったことがあると思います。私は5’8”のツインスタビでした。

ロッカーは活さんお得意のフラット。よーく滑ります。ノーズ刺さりませんか?と聞かれますが大丈夫です。


よーく滑る秘密がもうひとつ。ボトムとレールのデザインです。


このコンケーブボトムとレールがプリモの元になっています。人気のプリモですが、MINI2で作り始めたこのボトムとレールのシェイプで、7’3”と8’4を作ったところから始まっているのです。

エッグに興味があるけれども6’8”のMINIだとちょっと大きすぎるという方に、MINIと同じアウトラインですから滑り出しの速さはお約束です。あとはフィンのセッティングを選んでいただいて、遊べるエッグになると思います。

自分で作るなら、6’2”くらいのシングルフィンかなあと思います。





ユーズドボードが入荷しました。TIKI 7’10”です。ミッドレングスの長さの定義の幅は広いですが、これは長めのミッドレングスのカテゴリーになるかと思います。ロングボード寄りのミッドレングスですね。


コンディションはとても良いです。ユーズドと言うよりはほぼ新品です。ボードが気に入らないわけじゃありません。どうしてもシングルのプリモに乗りたくなってしまったということで、デッキをへこます前に、ユーズドのコーナーに登場と相成りました。

TIKIは、プリモのサイドフィン付きバージョンです。ボトムとレールは基本的には同じですが、サイドフィンがついた分、テール付近のロッカーとボトムのシェイプを変えています。

シングルのプリモも良く動いてくれるボードですが、その動きがさらに軽快になったところへサイドフィンのホールドがプラスされているのがTIKI、ということです。

ビーチ、リーフは問わず、小波から大きな波まで幅広く対応してくれると思います。

TIKI 7’10”はMENEHUNE BEACH STORE ウェブサイトご覧ください。

サーフショップならあるのが当たり前で、わざわざ言わなくてもいいような気もしますが、ケースとリーシュが入荷しました。


ボリューミーなBOOGIE、フィッシュ、ミッドレングス、それにニーボード。いろんな形とサイズがあるので、ケースのサイズもいろいろです。今回は、品切れしていた7フィート後半のミッドレングスとフィッシュ用です。

リーシュはもしかしたら時代を逆戻りしてるかも?のこんなのを取り扱っています。


分かりますか?ボードと足に取り付けるパーツと回転する金具(swivel)とコードとの接続はすべてハンドタイド。つまり手縛りです。経年劣化で破損してしまう樹脂パーツを使っていません。

古臭くて丈夫な感じがいいんじゃないかと思ってます。リーシュは定期的に新しいものにしましょう。こうなる前に。

シングルフィンのプリモと並ぶミッドレングスのOKIDOKIはトライフィンのモデル。ほぼシェイプ完成の図です。7’7”でオーダーいただきました。

OKIDOKI(オキドキ)は歴史があるモデルです。これは2003年の写真。16年前です。LET IT ROLLの映像に出てくるフランスのギタリーで乗っているのがこのOKIDOKI 8’4”です。


OKIDOKIの歴史は、活さんが南の島に住んでいた頃までさかのぼります。その当時に乗っていた、お気に入りの一本にあったのが8フィート代のトライフィンで、それを再現したのがOKIDOKIというモデルです。

ロッカーがしっかりと入って、ワイドは若干細め(下の赤いOKIDOKIは8’4”で、幅は21”1/2です)で、パフォーマンスタイプのミッドレングスと言えます。パフォーマンスタイプのロングボードもそうですが、普段の波でも使え、波のサイズが上がっても速いテイクオフからガンのような使い方ができます(映像では活さんが大きい波に乗っています)。


8’4”をそのまま9フィートまでストレッチすれば、パフォーマンスロングボードにもなりますし、サイズ(幅)や重量を調節することでオールラウンドタイプのロングボードにもなります。フィンはトライ、シングルスタビどちらでもOKですし、クアッドも面白いと思います。

8’4”のプリモと同様に、8’4”のOKIDOKIはかなり楽しいと思います。大会に出るなら別ですが、8’4”はロングボードに負けずにテイクオフが速く、9フィートよりもずっと軽く振り回せるサイズです。

以前、7’7”のOKIDOKIに乗っていました。シングルフィンばかり乗っていたので、最初は手こずりましたがトライに慣れると当たり前ですが動きが違います。

波のフェイスで踏み込んだときの加速感は瞬間移動(笑)、ターンはスピードをキープしたままホールドしてくれます。シングルは抵抗が無いスムースさが好きなのですが、トライフィンにはマニューバする面白さがあります。

いまどきのミッドレングスというと、シングルフィンというイメージがありますが、もっとマニューバしたい向きにはトライフィンのOKIDOKIは良いと思います。


私は8’4”がいいな。

EPS
気が付いたらもう7時過ぎ。なんだか最近やることがたくさんあって、ブログを書く時間があんまりありません。

今日もお知らせだけになってしまってすいませんが、EPSブランクスを使ったホットマンゴーのユーズドボードが入荷しました。


MENEHUNE BEACH STOREウェブサイト チェックしてください。

昨日は引いている時間でモモくらいの波が割れてました。ロングボードなら遊べそうですが、珍しく誰も入ってません。


日曜あたりから、台風のうねりが少しだけ届くんじゃないでしょうか。

また明日です。

ポイントノーズからセンター付近をパラレル気味に通過して、ラウンドピンテールへとつながる、きれいな流線形をしたアウトラインです。乗り手の意思を、波の上にスムースなラインで再現してくれる形です。

フィンはシングル。ノーズ方向から流れてくる水の流れをできるだけ妨げず、テールを支えてボードを前へと、スピードをロスすることなく滑らせます。

シングルフィンの重要なパートであるレールは、少し手が込んだ作りになっています。

レールのトップはボトムのロッカーよりも高い位置にあって、よりストレートなロッカーでテールエリアのエッジへとつながっていきます。ストレートなロッカーはスピード、そして二つのロッカーがつながる部分が、レールでのコントロール性を高めていると考えています。

ボトムにVEEはありません。テールのVEEで回転性を持たせる代わりに、エッジが効いているテールで水の流れをつかまえてコントロールします。

VEEの代わりにサーフボードにロールをもたらすのが、ボトムよりも少し高い位置にあるレールトップです。実際に波の上を滑らせてみるとレールの感触はソフトですが、とてもスムースでスピードを感じると思います。

シンプルなシングルフィンですが、レールとエッジ、ボトムのコンケーブの組み合わせでシングルフィンとは思えない動きをしてくれます。もちろんシングルフィンのスピードです。

レールが働いてくれると、今度はフィンの役割が良くわかるようになってきます。過去ブログです。

プリモは、7フィート代で作り始めたモデルですが、下は6フィート8インチから8フィート代、そして9フィートオーバーのロングボードのサイズで作ります。もちろんシングルフィンです。

オリジナルの7フィート3インチもいいのですが、ロンガーさんへのモストレコメンドは8フィート4インチ。ちょっと新しい感覚のロングを探しているんだけど~、なんていう方にはばっちりです。

画像のプリモは、7フィート11インチ。

明日からお盆休みという方、多いと思います。MENEHUNE BEACH STOREのお盆中の休みは12日と14日で、15日は定休です。あとは通常通りやってますのでプリモ見に来てください(他にもいろいろあります)。

オーダーボードが出来上がりました。小さいMINIモデルのミニMINI。レングスは5’8”。丸くて小さくて、なんだかかわいいです 笑。

それでも、プリモのボトムはこのミニMNIから生まれてきました。かわいいけれど性能は折り紙付きです。抑えたロッカーとコンケーブボトムでよーく滑ってくれることと思います。

フィンはシングルフィンと、サイドフィンを加えたシングルスタビの両方で使うことができるように作りました。

シンプルなクリアのサンディング仕上げ。ストリンガーとロゴマークがアクセントです。


カツカワミナミサーフボードのストックボードが入荷いたしました。MINIモデルとKK FISHです。

ラウンドノーズのKK FISHは5’8”。クラシックフィッシュのBONITAに、マニューバの要素をプラスしたフィッシュです。

レングスは5’8”。見た目以上に浮力はあります。ボトムはフラット~VEE。フィンはレイクが入った、シングルフォイルのキールフィンです。抹茶色のティントでラミネートしました。

MINIも同じくラウンドノーズ。こちらのサイズは定番の6’8”。とりあえず一本あれば、たいていのコンディションで楽しめるボードです。グリーンがかったブルーの納戸色ティントです。


今回もやっぱりシングルフィンですが、いままでのMINIシングルとはちょっと違って、KK HULLの要素を取り入れています(このブログの6.8です)。活さんアレンジです。気持ちよく滑ってくれて、軽く動いてくれると思います…などということを多いに連想させてくれるボトムの形状です。

MINIもKK FISHも活さんのラインアップの中でもロングセラーの定番モデルです。

ホームページへのアップロードはしばらくお待ちください。
Visitor Map
Create your own visitor map!