忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
11 12 15 17
22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
プレーナーで皮を剥き、表面をきれいに均したブランクス。真っ白で何も無い状態ですが、すべてはここから生まれてきます。


生まれてくるのは、Dフィンに続く私の新しいロングボードです。

アウトラインが通る幾つかのポイントに、アウトラインのイメージのサイズを正確にマーキングしていきます。

それをテンプレットでつないでアウトラインを引いていきますが、今回は新しいアウトラインを作るので、イメージを伝えつつ試行錯誤です。


新しいロングボードのイメージはグライダーです。テールはラウンドピンで、ノーズは普通のロングボードと違って尖がっています。

この尖りが難しいのです。どのようにノーズとテールへ絞り込んでいくかということにかなり時間をかけて考えてきました。

その甲斐あってか、意外とすんなりと…。一度外へ持ち出して、離れたところから見てチェックしてみます。



良さそうに思えますが、まだ平面上の線です。この線に従って切り抜いて、ボトム、レール、デッキと形を作っていくにつれ、ボードのイメージは変わります(下の切り抜いただけの画像とくらべても、雰囲気が変わっているのが分かると思います)

こういうところもサーフボードの面白さです(ここに到達するまでは結構大変だったりしますが)。

早速アウトラインを切り抜きます。迷いはありません。


切り口を整え、もう一度チェックしてみます。

イメージどおり。ばっちりです(またここから変わりますが)。


ノーズは細めに絞り込みましたが、前方寄りの「ここは立つでしょう」というポイントまでのレールはパラレル気味にキープして、そこから先を絞ってあります。

ぜひその場所にパラレルスタンスで立って加速させたいものだと、アウトラインだけでも想像膨らみます。

今回はレールはソフトレールではありません。テールにはレールエッジが付きます。ボトムもレールも丸くありません。つまりクラシックなシェイプではありません。

もちろんマニューバ用ではありません。ノーズライダーでもありません。滑り(グライド)とトリミングを楽しむ、グライダーという乗り物です。そんなのが好きなのです。

サイズは、9’8.5” x 23” x 3”1/8。フィンはBOXです。



ラミネートはクリアボランで行ってみようと考えています。

続きをお楽しみに。私も楽しみです。




PR
昨日一日咳が止まらず、浅田飴のニッキ味をなめなめ、加湿器を強めに設定してどうやら治まりましたが、どうも長崎でのどをやられてきたようです。

そんな感じで、めずらしく風邪っぽいので今日は早めに帰らせていただきます。明日はどうかな?リペアのボードをピックアップして、シェイプルームへも行きたいのですが、朝起きてから身体と相談してから決めようと思います。

風邪なんて20年くらい前に、まだ会社勤めの頃にインフルにかかったくらいです。風邪引かないのだけがとりえでしたが、急にどうもすいません。

ニューボードとユーズドボード、アップしましたのでホームページチェックしてください。ニューボードは、活さんのMINIとBOOGIE。今回は二本とも青系でラミネートしました。





MINIはまたまたシングルフィンです。私の趣味ですいません。トライフィンやその他はオーダーでお作りします。フィンがシンプルなシングルなら、カラーもシンプルに明るいブルーのピグメント一色でかっちりと巻いていただきました。

ボトムのシェイプもシンプルです。こういうのが一番 笑。

それとこのMINI、今年からストリンガーに濃いめのダークシダーを使えるようになりました。自分で早速MINIのオーダーを入れちゃいましたので、出来上がりを楽しみにしていてください。(ダークシダーストリンガーは、フォームに国内ストックが無い場合は、1~2か月余分に時間がかかりますので、あらかじめご了承ください。)

ダークシダーのストリンガーを何色で巻くか、考えております。

MINIとBOOGIE、そしてボンザーはホームページご覧ください。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ




昨日。前日に吹いていた南風はほとんど名残りを見せず、ロングボードでなら滑れる波がかろうじて残った程度でした。

それでも、リーフまで透き通るクリアな海水が作り出す無風の滑らかなうねりを、重量があるロングボードで滑るのは冬ならではの楽しみです。小さく盛り上がったうねりが太陽の光を集めてリーフの上に光のラインを作り出し、それがうねりと共にリーフの上を岸へと走っていくのが見えます。

宙を滑っているような、そんな錯覚さえおこさせてくれるのもロングボードの密かな楽しみのひとつです。冬のちいさなうねりに夜明け前から嬉々としてロングボードを抱えて出かけていくのは、そんな風流とも言えそうな楽しみを知っているからかもしれません。

しばらくそんな美しい光景を楽しんでいると、潮が引いてインサイドでもう少し短めのボードでも滑ることができそうな波が割れ始めたことに気が付きました。

そこで、上の画像の色もさわやかな二本のうちの短い方。6’8”のTIKIを持ち出してみたら、これが面白い 笑。

インサイドの岸近く。いつもなら待たない場所で浅瀬に向かって崩れるひざ下の波をつかまえてスルリと走り出してくれるラウンドノーズとコンケーブのボトム。(波の割に)滑ってくれるこのボードのポテンシャル。

サイドフィンのおかげで小回りが効くのが面白くて、小波のショートライドを飽きずにずいぶん長いあいだやっていました。



サイドフィン付きも面白いです。

小波で同様に遊べるモデルはいくつかありますが、6’8”という長さもおすすめのひとつです。短いのに乗りたいというロンガーさんにはかならずおすすめしているサイズです。

6’8”サイズ、このTIKIの他にはMINIモデルです。どちらもキーワードはラウンドノーズ。小波でも楽に滑ってくれるのです。プリモも6’8”はいけますがもうすこしサイズがあるときの方が面白いモデルです。

明日も波ありそうです。明日もTIKI持って行きます。フィッシュ乗れるかな。

これがあれば寒さなんて、のストレスフリーフード3㎜が入荷しました。ホームページご覧ください。MENEHUNE BEACH STORE

今日の懐メロはこれ。1988年です。このころは反アパルトヘイトの歌がたくさんありました。






これぞミッドレングス、というボードが出来上がりました。カラーリングもばっちりの、7’3”TIKIモデルです。


同じ長さのレンジではシングルフィンのプリモが人気ですが、これはサイドフィンがついたマルチフィンバージョンです。

ボトムはプリモと同じトライプレンコンボボトム。フィンの数はもちろんですが、大きな違いはテールのロッカーとフィン回りのVEEの有無です。TIKIは6.8、8.4、9.0と乗ってきましたが、このボトムとサイドフィンのおかげで動きは本当に軽くスムースです。そして、プリモと同様に速い。


ボトムのシェイプが写真で分かりにくいのがちょっと残念。

シングルフィンのようなスムースなラインを描くようなきれいなサーフィンも、サイドフィンを最大限につかったバーティカルな動きもこなしつつ、ロングボードのようにスタイリッシュに乗りたいモデルです。



KATSU KAWAMINAMI TIKI 7’3”


オーダーいただいた二本のボードが出来上がってきました。人気の二本です。

最初はプリモ。長さは8’4”。


8’4”。昨年の夏に、久しぶりに8フィートちょっとのシングルフィンに乗りたくなって、作っていただいた長さですが、期待をはるかに超えてすっかり気に入ってしまったサイズです。個人的にロンガーさんにぜーひ乗ってもらいたいシングルフィンです。

スムースなロッカーをよりスムースに、活さんの手でシェイプされるボトムのコンケーブ。レールも同様により抵抗が少ないラインで流れるよう作られています。

そしてテールのフィンまわりは逆に、乗り手の加重によって抵抗を生み出すように作られているので、シングルながらシングルらしくない反応をしてくれるのがこのプリモです。

こっちは今日シェイプが出来上がった、Iさんの8’4”です。このボトムです。見てください。


これは何か違うぞ、というシングルフィンに乗りたいならプリモです。

8’4”は、ゲティングアウトもテイクオフもロングボードと同じ感覚で操ることができます。プリモは6’8”からイケますが、いろいろ作れますのでサイズはご相談ください。

そしてもう一本はフィッシュ。BONITA 5’8”


活さんお得意のラウンドノーズではありませんが、見た目以上にノーズ幅はしっかりと取られています。私は6’0のラウンドノーズのクアッドフィッシュから5’8”へと短くして、少々挑戦サイズだったのですが、問題なく乗れているのはこのノーズ幅のおかげだと思います。私のBONITA初乗り

フィッシュ、最近また気になっている人が増えてきているように感じます。パドルや波のキャッチはフレンドリーで、波を滑ってみれば他のボードには無い感覚で面白い。昔みたいに流行って欲しくはありませんが、やっぱり面白いものは面白いんだと思います。

写真のオレンジのBONITAはご希望で、ボリューミーに作りました。ちょっとブギーのレールを彷彿とさせますが、ブギー乗っていてもう少し小さいのも欲しいと感じている方にもこのBONITAは良いと思います。5’6”から作っております。長さの他に幅や厚みなど、サイズはいつでもご相談ください。

楽しめるボードが一番だと思います。

今日の懐メロはニッポンの歌。クリスマスソングは聞き飽きたし。








忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!