MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
9 12 14
16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
エアコン(返信済)
(07/15)
(07/09)
(07/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
お知らせ:7月14日(土)はお休みいたします。15日(日)、16日(月・祝)は通常通り営業しております。よろしくお願いいたします。

シングルフィンのシェイプが二本。

ひとつは、8’2”。ラウンドノーズのTIKIモデルのシングルフィンです。


いつものTIKIは、サイドフィンが付いていますが、これはシングルフィン。ですので、ボトムのシェイプはサイドフィン付きのTIKIとは違い、シングルフィンモデルのPRIMOと同じボトムになっています。

丸くラウンドしたノーズがお好きな方は、こういうチョイスもありありです。


そして、もう一本はPRIMO。ご存知、シングルフィンです。毎度ですが、ボトムのコンケーブとテールのフィンBOX周辺の盛り上がりの曲面がきれいです。


レングスは、7’2”です。このレンジのPRIMOは、見た目は変わりませんがほんの少しだけマイナーチェンジしています。私の6’9”も同じように作られているのですが、スピードとボードの反応が向上しているように感じます。私以外にも同様のフィードバックがあるので、(私だけではほぼ信用ありませんが)おそらくその通りではないかと思います。

幅はほんの少しだけ細くしてみました。ターコイズグリーンのティントでラミネートいたします。このPRIMOはストックです。店にやってきますのでお楽しみに。



そして、もう一本はTADASHI KWAMINAMIシェイプのニーボード。前回ご紹介した、ブルーのニーボードとサイズは同じ。でも違うシェイプですが、やばいのは同じ。

詳しくはまたあらためて。

サーファーズジャーナルのツインフィンの特集(フィッシュでなく、ツインフィンです)を読んでいて、MRが自分のツインフィンのルーツは、リノ・アベリラが乗っていたノーズが丸い、短いツインフィンだったと語っているのを読んで、この写真を思い出しました。

ある方からいただいた、日本のサーフィン雑誌の写真です。70年代に来日したリノ・アベリラです。場所は辻堂です。


面白いのは、サーファーズジャーナルの記事の中で、MRはツインフィンは作ったけれどフィッシュの存在は全く知らなかったというところです。リノ・アベリラのフィッシュをルーツにした、丸いノーズのツインフィンを元に、フィッシュの影響は受けずにウィングスワローのツインフィンが完成されたのです。

…とここまで読んでいただいて、上の写真ではフィンが見えていないのに、どうしてツインフィンってわかるんだ?というギモンがわいた方おられると思います。

その通りです。私がいただいた写真には、ボトム側を写した写真はありません。写真の記事の内容も不明です。では、どうしてツインだと分かったのかと言いますと、生き証人(笑)がいるのです。

それは、あの方です。はい、その通りです。英語が上手な、川南活さんです。

このとき、リノ・アベリラと会ったことを良く話してくれます。あいにく波は小さかったらしいのですが、リノが持ってきた、幅が広くて分厚い、ノーズが丸いツインフィンがすごいスピードで走っていたそうです。

MRと同様に当時、そのリノ・アベリラのツインフィンの印象はとても強かったようで、いまカツカワミナミサーフボードのラインアップにある、BOOGIEというモデルとして、40年後の現在に復活させました。

サイズやフィンのアレンジなどをオーダーできる他のモデルと違って、BOOGIEだけがワンサイズでのシェイプなのは、そのときの印象の強さが理由なのだと思います。

ロッカー、ボトムとレールのシェイプ、長さと幅とボリューム、そしてフィンの形とセッティングの位置。すべて活さん独自の作り方です。長年の試行錯誤を繰り替えた末に、活さんのイメージどおりに出来上がったのが、あのツインフィン(BOOGIE)だという訳です。

BOOGIEが小波でもとても速く、スムースに走ってくれるのはそんな理由があるのです。

私の最初のBOOGIE。5年前の写真です。

BONITA 5'6" 。私のじゃありません 笑。お店のストックボードです。ダークウッドのウェッジストリンガーで、フィンはダブルフォイル。薄いグリーンのティントでラミネートしてもらう予定です。

ダークウッドのストリンガーが二本しか無かったので、一本はストックで一本はオーダー自分のは後回しです。乗るボードはたくさんありますから、じっくり待つことにします。

同じ5’6”ですが、幅の違いで雰囲気も変わってきます。

二本並べてみました。左側は20インチ。右側が幅は21インチで、こっちが上の店置きです。幅が広いのは個人的な趣味です。すいません。ずんぐりした見た目が好きなのと、浮力多めにと作っていただいております。


5’6”より小さくもできます。6’9”だってOKです。長さ、幅、厚さ、フィン、カラーなどなど、なんでもご相談ください。カスタムオーダーでお作りします。

フィッシュ、やっぱり好きです。見ているだけでもなんかいいのです。
太平洋高気圧が強いせいで、梅雨前線は北上。まだ6月なのに梅雨明けだそうです。長い夏になりそうです。高気圧のせいで、台風は近づけません。風は当分のあいだ南風です。

昨日の移動の途中です。高速道路が事故で通行止め。仕方が無いので下道をトコトコと海まで出て、海岸沿いを鎌倉、逗子、葉山を通ってリペア工場へ向かう途中。


暑いので冷たい塩水に浸かって、身体を冷やそうかと思っていたのですが、下道は時間かかります。残念ながら時間切れ。新しく考えているボードのことや、先日乗った6.9のプリモのことなど、いろいろ話したいことがあったので、風波サーフィンはあきらめて、ビーチもリーフも素通りです。

活さんはシェイプ中。


BONITAフィッシュ、5’10”と6’4”。フィッシュの人気は根強いですね。すっかり定着したと言っても良いと思います。


6’4”は、BIG FISHの部類に入れていいと思います。短くて小さなボードのイメージがあるフィッシュですが、US BLANKSのカタログにはちゃんと大きなサイズのフィッシュ用のブランクスが載っています。

ずいぶん昔に、クリステンソンに6’9”、活さんに6’8”を作ってもらって乗っていました。どちらも、いい波に乗った記憶があります。

フィッシュという乗り物は、テールまで幅が広くて変わったかたちのフィンがついていて、波に乗ると他のボードとは違う感覚を味合わせてくれます。その昔、ニーボードとして作られたフィッシュに立ち上がって乗り始めたサーファーたちが、当時のどんなボードよりも速かったと「FISH」のDVDの中で言っていましたが、大きなフィッシュもその性格をそのまま引き継いでいます。

大きくなった分、その感覚も増幅されるのが大きなフィッシュの面白いところです。そして「速い」というところもそのまま引き継いでいます。

6フィート後半の長さとボリュームなので、多くの人のパドルとテイクオフにフレンドリーです。ロンガーさんも余裕でイケます。

自分でもまたお願いしようと思ってます。大きなフィッシュ。

その他にも、イロイロとお話しを聞かせていただいてインスピレーション、多いにわいています。昔と違うのは、インスピレーションのベースになっているものに、ブランクスという形になっているもののデータなんかがあるところ。根拠があるのです。

たとえば、超お気に入りの8.4シングルフィンのプリモですが、新しく試してみたいロッカーがあったりします。

風波サーフィンはあきらめましたが、そんな話をたっぷりとシェイパーさんとしてきました。勉強になります。

オーダーいただいている、特注ストリンガーのブランクスは順番に出来上がってきていますので、お待ちいただいている皆さま、お楽しみに。

夏です。楽しみましょう。うちのカミさんも、あんな水着着てました。もっとすごかったかも 笑。


シングルフィンが2本入荷しました。まずは、プリモ7’3”です。


プリモはミッドレングスからロングボードサイズまで、いろんなサイズで作っています。8’4”もいいですが、このくらいのミッドレングスも楽しめます。8’4”もミッドレングスと考えてもいいのですが、ひとくくりにはできません。

8’4”のサイズがあると、ロングボードの性格が強くなってきます。そもそも、ロングボードは9フィート以上という決まりはありませんがそれはまた別の機会に置いといて、ロングボードでもないショートボードでも無い「ミッドレングス」というと、この7’3”くらいのサイズじゃないかと思います。

パドルやテイクオフは浮力が大きいのでイージーです。動きも軽いのですが、8’4”とはまた違う感触です。シングルフィンとコンケーブボトムで、スピードがある大きなラインの滑りと、プリモ特有のレールエッジでシングル以上の動きがあるサーフィンが楽しめます。

ロンガーさんもOKです。ロングボードから短いボードへ、「意識を変える」ということをこれまでに書いてきましたがそれは少しだけ。それほど時間はかからずに乗り換えることができるサイズです。

ネイビーのティントをウェットサンディングの仕上げにしました。

そしてもうひとつはこれ。

9’9”のPIG。高密度発泡のフォームにレッドシダーのストリンガー、8オンスのボランクロスでラミネートして、Dフィンをグラスオンしたクラシックボードです。

レールは50/50。ボトムは緩いロールボトム。レールとボトム、そしてロッカーの組み合わせが作り出す曲面の立体感がとてもきれいで、平面(画像)でしかお見せできないのが残念です。



Dフィンはテールエンドにグラスオンしました。ピボット的な動きがやりやすいテンプレットです。

Dフィンは難しいイメージがありますが、そんなことはありません。Dフィンの動きはラディカルだと思っているくらいですから。

とは言っても、もちろん初心者向けではありません。過去にいろいろ書いてます。クラシック系のロングボードをコントロールできている方なら、問題ありません。ちょっとの違いで、新しい世界がまってます。過去にこんなことを書いています。「フラットの意味」このあたりを読んでいただいて、お分かりいただける方なら問題なく楽しめると思います。

Dフィンを知ってしまうとヤバイのです 笑。

2本のシングルフィンはホームページをご覧ください。
MENEHUNE BEACH STORE ホームページ






波はコシくらい。波が続いたのでさすがに今日は空いてます、というか波あんまり良くない 笑。でもこれでいいのだ。ラインを邪魔されるよりも多少良くなくても、好きなように遊べます。

浮力があるボードを持ち出せば、大抵の波は気持ち良く滑ることができます。そう言えば、いつかの強オンショアのときも楽しめました。道具は大事。というわけで得意の、8’4”です 笑。


と思って入ってみたら、たまにコシくらいですがちゃんとした波が入ってくるじゃないですか。ピークから外れたところに来るので、誰も気が付かない。セットの一番良さそうなのを選んでうねりから滑り出してくれます。8’4”です。しつこいです。

途中にふたつあるセクションにうまく合わせられると、結構なスピードが出てインサイドまで長く乗れます。タイミングを外すとスープにつかまります。

これが面白くて何度もやっていました。やっぱりこのプリモ8’4”、根がロンガーの私には合ってるみたいです。ログやグライダーでも楽しめたと思いますが、動きが軽い8’4”はまた違う楽しみ方ができます。

ワックスが汚れてきたので、落としてきれいにしてあげました。凹まさない私ですが、さすがにフットマークしっかり入ってます(クリアは目立ちませんね)


PRIMO、スピード出るしシングル以上の回転性あります。やっぱり面白い。

それから活さんのシェイプルームへ。やっぱりPRIMO。7’3”のニューシェイプはライダーのテストボードです。


ブルーのグルーラインがきれいなストリンガーです。こういうストリンガーもあります。カラーはブルーだけではありません。フォームからの注文なので、少し時間が多めにかかります。上にティントカラーを乗せても面白そうです。


それから、こういうのも出来上がりました。

9’8”PIG。


そして、PRIMO7’3”


この二本は販売いたします。詳しくはまた明日。お楽しみに。


波はコシ・ハラ。セットを待ってもうちょっと。十分楽しめる波ですが…。

ボードは予定どおり、6’9”のプリモ。


耳が痛かったせいで、海に入るのは一か月とちょっとぶり。パドルをするのも久しぶりですが、薪割りのおかげか(?)ブランクはそれほど感じません。

でも、乗れない。

パドルのポジションがいまいち分かりません。丸いノーズのTIKIやMINIなら良さそうな位置なんですが、普通にパドルしているときにはちょうど良さそうな位置で、テイクオフしようとするとノーズがもぐったまま出てきません。

ロングならパドルスピードが速いので、水の中からノーズがガバッと出てくるのですが、このサイズでは負けてしまいます。

どうも、もう少し後ろらしいぞと、一文字分カラダをずらす(ノーズのKATSUのロゴマークです)と、なんとなく良さそうな感じ。

でも、やっぱり乗れない 笑。

ボードは滑り出すのですが、滑り始めて「よーし」と思うと右から人が…次の波でまた「よーし」と思うと今度は左から。

気が付けばずいぶん混んでます。

ボードを8’4”に替えて仕返ししてやろうかと思いましたが(笑)、今日はこの青いシングルフィンに乗りたかったので、違うポイントに移動です。


パドリングのスムースさの通りに、滑り出しも気持ちいいです。

掘れたところも緩いところもコンケーブ、感じます。ボードの下を水がながれている感触が伝わってきます。

それからレールの感触。ホットマンゴーも同じシングルコンケーブですが、レールはもっとかっちりと波をつかむ感触があります。それを幾分柔らかくしつつも、しっかりとつかんでいる感触です。

パドルの位置も分かりました。Katsuの「s」が目の位置くらいでちょうど良さそうです。意外と小さな緩い波でも気持ち良く滑ってくれて、いろいろ使えそうな感じです。次が楽しみです。


ブランクが空いてしまっても、ちゃんと管理していればカラダはちゃんと動いてくれるものです。木曜は風がいまいちっぽいですが、うねりはありそうなので、またこの6’9”で行ってみようと思います。

気温も上がって混みあう季節。のんびりやります。
最近、また問い合わせが増えてきた(少しだけですが)のが、8フィート台のプリモ&TIKIです。ロンガーさんが多いみたいです。



個人的には、ご存知だとは思いますが8’4”のプリモが大のお気に入りです。いちばんの特長は、波にたくさん乗れて、とにかく楽しめるところ。乗り過ぎ注意です。

個人的にシングルフィンが好きだというだけで、サイドフィンが付いたTIKIも楽しさでは同じです。ラウンドノーズのTIKIはノーズライドもOKです。

いつも8’4”なので、どうしてこの長さなのかな?と思われているかもしれません。もちろん、8’0でも8’1”でも、8’3”でも問題なく作ることができます。

8’4”の理由は、もとのフォームの長さが8’4”だからです。8’4”でデザインされたブランクスフォームです。端から端までフルレングス使っちゃいましょうという発想です。8’4”でもロングボードとくらべれば取り回しはぜんぜん軽いし、波のキャッチやパドルアウトが楽になります。

もともと楽しめるサイズレンジですから、いろんな意味でできるだけさらに楽しくという私の発想です。

プリモもTIKIも、ノーズからテールまで長~くしっかりとコンケーブが通っています。コンケーブと言うとノーズコンケーブを思い浮かべるロンガーさんには、まずこのコンケーブの感触が新鮮だと思います。うねりを滑り始めたときから、コンケーブを感じます。

スピードが出ます。本当に速いです。

長いコンケーブが入っていますが、動かしやすく考えられたレール形状とエッジのおかげで動きは軽いです。

テールのフィン回りはコンケーブが入ったボトムよりも高い位置(ボトムを上にして見ております)にエッジがあります。ターンのときにはここがとても効果的に働きます。

例えばカットバック。フロントサイドからテールを回り込んで、カカト側のレールがしっかりと効いている感覚が体重の移動と一緒に回り込んできて、シングルフィンとは思えないくらい大きく戻っていく動きが楽にできます。

TIKIは、サイドフィンと(プリモには無い)テールロッカーとVEEの組み合わせで、ほんとうに軽い体重移動でボードが回ってきてくれます。

反応の良さと取り回しの軽さは、重いロングボードでは大変になってくる波のサイズではとても有利になります。テイクオフはロングボードと同じで余裕があります。パドルアウトもしかりです。パドルスピードが速いのです。スープを越えていったり、ボードをローリングさせて波の下に潜り込むのもロングと同様の貫通力があるので、沖へでるのも速いです。

クリックすると動きはじめるライダーは、川南活さん。ボードは8’4” TIKIです。詳しくは書けませんが、よーく観察するとボードのスピードが分かる映像です。

rush hour #surfing #surfer #beach #typhoon #typhoonswell #rushhour #congestion #funwaves


Isseki Nagaeさん(@isseki_nagae)が投稿した動画 -




KK

KK at sea. primo single fin 7'3"

こんなボード作ってみたらどうだろうと、いろいろなことを考えています。そんな中で、一番衝動を抑えられない(笑)のは、8フィート代のログです。

8’4”のプリモはかなり楽しいボードです。そこからの発想なのですが、初期のブルースブラウンの映像に登場するフィル・エドワーズのイメージも重なっております。

フィル・エドワーズが当時気に入って乗っていたのは、8フィート代のバルサだったらしく、映像を見ていてもちょっと短いボードに乗っているのがずっと気になっていました。

ローロッカーやソフトレールなどのクラシックなシェイプで、重量は重め(バルサですから)、長さは8’6”~8”10”くらい。

フィンは、Dフィン…? アウトラインは…?と今のところまだ、悩みどころ満載ですが、プリモの8’4”があれだけ楽しめるのですから、同じくらいの長さでクラシックなシェイプもいいんじゃないかと思いつめております。

それから、5’6”を作っているもう一方で、大きいのも面白いのがこれ。フィッシュです。

画像は2005年に活さんにシェイプしてもらった、6’8”です。ロングボードに乗らなくなっていた頃で、当時はこれがロングボードの代わりでした。

6’9”のフィッシュ用のブランクスがあるので、それをフルレングスで使って6’9”かなあと考えております。

などと考えていたら、ちょっと古めのホットマンゴーがユーズドボードでやってきました。

6’2”のスワローテールです。よく使われていてフットマークもたくさんついていますが、まだ使えます。ノーズ広めで、ショートボードに乗りたい人の練習用にいいんじゃないでしょうか。


もう一本はさらに年季入ってます。

活さんのシェイプサインも昔の書き方です。ボトムには当時、活さんが女性用のボードとして考えていた。YLANG YLANGのディケールが入っているのが懐かしいです。シェイプもその当時の雰囲気です。上の大きなフィッシュと同じくらいの頃じゃないでしょうか。

こちらはデッキの剥離が大きいので、販売は見送りました。ちゃんとチェックせずに預かってしまってすいません。でも個人的にいろいろと感じるところがあるホットマンゴー、古いけれどかっこいいです。

最近はAOBなんて言って、自分で乗れそうに幅を広くしちゃってますが、ホットマンゴーはこの二本みたいなのがオリジナルです。

MENEHUNE BEACH STOREホームページご覧ください。



Visitor Map
Create your own visitor map!