MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2
7 9
14 16
21 23 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(05/10)
(05/03)
無題(返信済)
(05/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
BONITA FISHが出来上がりました。今回は2本。少し長めです。まずは、5’10”。うすーいあずき色のティント。これからの季節に美味しくなる、みなさんもきっと大好き、井村屋のあずきバー色。そんなのはイヤだという人は、ライトバーガンディティントと呼んでください。いずれにしても、きれいな色です。

5’10” x 21” x 2”3/8プラス


もう1本は、6’8”。私のと同じサイズです。

6’8” x 21”1/2 x 2”3/4 グレイがかったブルーのティントカラーです。


どちらも浮力あります。5’10”は短めの中の長め。長さに少し余裕がある方が、と思われる方に(体重増えちゃったという方にも)いいと思います。

6’8”は長めというよりはビッグ。これは楽しいです。浮力うんぬんというよりは、楽しさの方が勝ります。とにかく気持ちよく滑ります。

今、店の前が工事中で写真が撮れないので、サイトへのアップは少しお待ちください。フィッシュは2本とも販売しておりますので、気になる方はショップまでお出かけください。


5’6”や5’8”ばかりで、BONITAはそれしか作ることができない、と思われている方がおられたらすいません、レングスや幅はいろいろと作ることができます。6フィート台ももちろんOKです。

サイズはご相談ください。

波はヒザ。ときおりセットと思われるうねりが入ってきますが、潮がまだ多い時間です。潮が動けばもう少し上がってくるはずですが、まずはこの波で楽しめるボードで入ります。

ブルー&ホワイト。


重いクラシックなログが滑り出すときの感覚、やっぱりいいです。何度やっても飽きることが無い、ワクワクする瞬間です。

ゆるいオフショアのフェイスをエッジが無いレールとボトムで滑る気持ち良さ。小さな波でもスピードが出ます。余計な動きは不要です。かえってログの感覚を損なうことになります。

Dフィンのターンはラディカルです。ショートボードのラディカルさとは意味が違います。乗り手はしっかりと体重を乗せてコントロールする必要があります。ログに大きな特徴をプラスしているDフィンはとても重要な存在です。


ひとしきり波に乗って、潮が動いて波がしっかりとブレイクするようになってきたので、アレを持ち出します。

6’8”のスタビー。サイズは、6’8” x 21” x 2”7/8 ボリュームたっぷりです。


一発目から、よーく滑ります。とにかくスムースで速い印象です。

ちょっと前過ぎかなーと思いつつ、フィンはテールから12インチの位置で乗ってみました。


フィンが前寄りにあるのはハルの感触と同じですが、コントロールはハルとは違ってレールを普通に使えます。バックサイドも問題ありません。

ラウンドノーズのおかげでテイクオフは速いです。滑り出しからスピードがつきます。ノーズ寄りにボリュームがあるので、そこに乗ってあげると面白いように前へ滑っていってくれるのが気持ちいいのです。

新しいシングルフィン、気に入りました。かなり面白いボードです。フィンの位置と形状はまだ試してみる余地ありです。次は海の中でフィンを位置を変えられるようにして試してみることにします。


面白くて調子に乗り過ぎました。インサイド寄りにある一番浅いところでひっくり返って、アタマをリーフにヒットさせてしまいました。

浅いところで急に波がめくれてくるのに合わせようとしたら、そのまま後ろへゴロンです。アタマにゴツンときました。

鋭い何かに当たったみたいでボードのデッキに血がタラタラと。それほど強くは当たった感じはしなかったのであまり気にせず、そのまま沖へパドルし始めましたが、やっぱり血がしたたり落ちてくるので、ばい菌だらけの海だしなーと思いなおして岸へ方向転換。

流血しながら上がったら、駐車場でちょっとした人気者になってしまいました。

自宅へ戻って鏡で見たら、3センチちょっとくらいの切り傷でした。シャワーで洗い流したときはさすがに痛みを感じましたが、その後は腫れてもいないし、触っても痛くありません。枕にちょうど触るところですが、特に気にならずに良く眠れたので大丈夫だと思います。

どのリーフに当たったかは自分で分かってます。あのセクションで、しゃがんだ体勢のままで後ろへ転がったのが良くなかったんです。

キズがふさがるまでは海は我慢です。今、髪の毛短いので後ろから見れば発見できると思いますので、こっそり後ろから探してみてください。

とりあえず、新しいシングルフィンは調子いいですよということでよろしくお願いします。

これも調子良かったです。AXXE CLASSICのオートジップフルスーツ2㎜。詳しくはまた後ほど。

ストックのBONITAが出来上がりました。5”6”と5’8”ばかりだったので、少し長くして5’10”で作りました。ラテカラーのティントでラミネート。日焼けしても目立たない色です。

BONITAはいろいろな長さに対応できます。6’0~6’2”くらいのサイズも浮力に余裕があって楽しめます。私がロングから乗り換えたときの最初のフィッシュは、6’0でした。

もっと長いのも大丈夫です。6’8”~6’9”も昔から乗っているサイズです。手放しに面白いサイズだと思います。

フィンはシングルフォイルです。少し前に書いたとおり、ダブルフォイルよりも小回りが効きます。


フラット気味のデッキとダウンレールがクラシックです。


5’10”BONITA、見に来てくださいと言いたいところでしたが、書いているうちに嫁に行ってしまいました。ありがとうございます。

ですが(笑)5’10”BONITA、もう一本入荷します。活さんがGW中にシェイプしていてくれました。6’8”ももうそろそろ出来上がってきますので、そちらもお楽しみに。

そしてもう一本はシングルフィン。お待ちかね、6’8”のスタビー、出来上がりました。シェイプの模様は過去ブログをご覧ください。

デッキ側は色が出てくる幅をいつもよりほんの少しだけ広くして、ボランクロスでパッチを入れてもらいました。

アウトラインはディスプレイスメント・ハルですが、それはアウトラインだけ。(最初はハルの予定だったんですが、これも調子いいよとのことで急きょ変更。そういうのも楽しいのです)

ご覧のように一見ハル。でもレールは、ダウンレールとボトムから上がってくるパートの組みあわせ。ボトムのセンターにはシングルコンケーブがたっぷり入ってます。つまり、ハルに乗ってますよーというふりをしても乗れるし、レールを積極的に使ったサーフィンもできるということです。

みるからにレールにボリュームがあるのが分かります。ハルとは違うところですが、いつものダウンレールとも違います。これが楽しみ。


ハルのように前方にバランスがある(フィンも前寄り)ので、スピードをつけやすい位置にスタンス出来て、絞り気味のテールは、そのスタンスにいながらにコントロールできるはずです。ハルもそんな感じです。

という理屈ですが、見るからに楽しそうな雰囲気がただよっていると思いませんか。


これも同じボードです(ノーズの形が少しだけ違うそうです)


そして、ハルが欲しいのはやっぱり変わらず、同じアウトラインでディスプレイスメント・ハルのシェイプでも作ってただきます。そちらもお楽しみに(楽しみなのは自分か…すいません)




波はありません。あったとしても今日は時間の方がないのでこの方が心やすらかに仕事できます。結局はゆるいオンショアのままだった昨日の方が良かったかもしれません。

借り物の窮屈なウェットスーツを着て、初めてパドルアウトしたときの海も曇りのこんな天気でした。そんな昔のことを思い出したのは、久しぶりに聞いた高中正義のせいか(動画で聞こえてます)。雨もよいのグレイの水平線を眺めるのも好きなのです。

GW前の出来上がりはこの一本、PRIMO 6’11”です。

カプチーノティントか、キャラメルティントか。どちらにしても美味しそうな色です。

私の6’9”と微妙な差ですが、アウトラインの感じは変わります。サーフボードって面白いと思います。(個人的には、7’0が欲しいサイズです)



出来上がるかな~と軽く期待していた、私のKK HULL 6’8”と、ストックのBONITA 5’10”はGW明けになりました。早く欲しいのはやまやまですが、楽しみが伸びるのは、楽しみが続くこと。楽しみに待つことにいたします。

PRIMOと同じ色なのは5’10”のBONITA。Hさん、出来上がったらご連絡入れます。もう少しお待ちください。


明日からGW。みなさん10連休ですか?うらやましいー。

先週末のブログでシェイプをご紹介した、ニューシェイプのラミネートが進行中です。今回はこんな感じで、ボトム側のラップに色を入れてもらいました。この色、最近よく使ってますね。

デッキ側のラップはクリアでラミネート。パッチをボランクロスで入れてちょっと目立たせています。

ボトム側の色をいれたラップは、いつもより少しだけ巻き込みの幅を広くしてもらっています。ほんの1センチ程度ですが、雰囲気変わります。ボードの形を見ていて思い浮かんだイメージですが、そのとおりに出来上がりつつあります。

仕上げはピカピカにバフをかけてもらいます。

モデルの名前は、やっぱりKK HULLということになるのでしょうか。作りてのシェイパーの側と、それをずっと見てきた側が持つ共通の意識としては、それが一番自然に思えます。HULLとは呼びますが、いわゆるディスプレイスメント・ハルではなく、ハイドロ・ハルのHULLのほうに近いデザインです。

この一連のボトムとレールのシェイプデザインは、ディスプレイスメント・ハルのシェイプの流れの中から生まれてきたものです。そこに、アウトラインとフィンのプレイスメントのバランスはそのままディスプレイスメント・ハルですから、やっぱりKK HULLということになってくるのかと思います。


トライプレーンハルのセンターパネルがコンケーブになって、直進性とコントロール性がプラスされる形です。フィンBOXはかなり前方。マーキングされている位置に入ります。プリモの先祖返り版ともいえます。プリモよりも速いかもしれません。

もうちょいです。お楽しみに。

ガレージに入れっぱなしだった、ZEROのエアドームのジャーフル。いい季節になってきたので引っ張り出してみたら汚い。


ジャージはどうしてもワックスが付いちゃうんですよね。海に入って濡れてしまえば目立たなくはなるんですが、どうにかならないものかと試行錯誤中です。

うまくきれいにできたらご報告します。

SURFING MAGAZINE 1981年6月号。昨日のブログのちょうど一年後です。私は高2になってます。雑誌や小説の影響で、波乗りに興味を持ちはじめたのはこの頃ではなかったかと思います。

そんな1981年の新島特集です。写真のクレジットは、サーファー:川南活 フォト:青木盛安となっています。


センターフォールドのピンナップサーファーも。活さんです。


さらにもう一枚。いまも変わらないスタイルです。


シングルフィンとツインフィンの時代で、トライフィン(当時はスリーフィン)がそろそろという感じだったそうです。リーシュコードはもうあったけれど、使ってない人も多かったんじゃないかなあと活さん談。活さん、まだついてないですね。

ボードから落ちたら泳ぐ。それが当たり前の時代。上手なサーファーは、泳ぎもボディサーフィンも上手。いい時代です。

ボードはもちろん、ご自分シェイプ。

巻末にカツカワミナミサーフボードの広告が載っていました。現在でもそのまま使えそうです。

この古いロゴ、復活させたいですね。

下の写真は、さらに10年ほどさかのぼって1970年8月。半世紀前です。新島の全日本選手権。一番右側のネイビーのTシャツを着ているのが10代の活さん。すでにダウンレールのボードに乗っていたそうです。



そして、バックトゥー2019。今も、そしてこれからも変わらず続いて行くのです。




MINI HULLのつもりが、ひょんな事からニューモデルです。シェイプ出来上がりました。サイズは、6’8”x 21” x 2”7/8。個人的に親しみやすいサイズです。

ノーズはMINIモデルよりも丸いラウンドノーズで、見るからに滑り出しが速く、波に乗らせてくれそうなアウトラインです。


ボトムはシングルコンケーブ。レールはボトム側から丸く上がってきていて、テールまわりにはエッジがしっかりと入ります。

フィンはシングルフィンで、全体的なバランスに合わせてフィンの位置も前寄りです。アウトラインやフィンのバランスはHULLのようですが、ボトムにPRIMOの要素をミックスしています。スピードをつけやすく、PRIMOと同様にコントロール性が高いシングルフィンです。

下のブログのような、小さくて緩い斜面の波でも走ってくれることと思います。

もう一本、6’6”もテストボードでシェイプ中です。こちらは、上の6’8”とロッカーが違います。どちらもいろいろなモデルで使い慣れているブランクスなので、ニューモデルと言っても最初から完成度は高いです。




私の6’8”は今日ラミネートへ出ています。かなり悩んだカラーリングは、このニューモデルの形によく合ってくれるのではないかと思っています。

どんな風に出来上がってくるのか、楽しみにしていてください。

6’8”のビッグフィッシュも一緒です。ブルーのティントカラーでラミネートしていただきます。ビッグフィッシュ、店頭用ですのでこちらもお楽しみに。


いつもの時間に起きて、コーヒーでも飲もうと思っているとメールの着信音が。時間は午前6時を少し過ぎたばかり。こんなに早く何だろうとスマホを覗いてみると見覚えのあるメールアドレス。プリモを作っていただいた方からのメールです。

やっぱり、こんなに早くどうされたんだろうと若干心配になりつつ読んでいたら、朝からすっかりうれしくなってしまいました。

お名前は伏せて、そのまま引用してみます。



宮嶋さん

おはようございます。

昨日の夕方、がまんできず、プリモ初乗りしました。

スピードがめちゃくちゃ速いですね。

今まで乗っていたシングルフィンとの違いが体感できました。

ターンの反応の良さも抜群です。

サーフボードって奥深いですね。今まで乗っていたボードとこんなに違うとは思いませんでした。

今回はオンショアのコシ前後の風波で波はよくはありませんでしたので、ムネ前後の良い波で乗るのが楽しみです。
○○



ありがとうございます。波が良いと何倍も良くなりますので楽しみにしていてください。

プリモのボトムです。ボードのロッカーとこのシェイプのマッチングがスピードとコントロール性を生み出します(と思っております)。


スピードはもちろんですが、特筆するべきはコントロール性です。6’8”から8’4”まで、長さが変わってボードのバランスが違ってもプリモはどのサイズでも同じように、よく滑ってよく動いてくれます。

活さんはいつもプリモのシェイプの理屈を説明してくれます。実際にたくさんのシェイプを見てきています。波に乗ると、それがその通りに機能するのを感じます。あらためて、すごいと思います。

ここ2~3年でさらに進化していると思います。新しく作っていただいた、二本のプリモで多いに感じています。8’0を作っていただきましたが、浮力が大きい8’4”もまた欲しくなってきております(詳しくはご相談ください)。


PRIMO 7’2” x 21”1/2 x 2”3/4 


昨日はBONITAフィッシュに乗られている方からも、いいフィードバックをいただいて、嬉しいこと続きです。私のは、5’6”と6’8”の二本。5’6”も頑張って乗らなくちゃ。



明日、4月16日(火)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。

MINIモデルのアウトラインでディスプレイスメント・ハルを作ろうとシェイプをお願いしたのが、面白いことになってきています。先週、ご紹介したアウトラインです。


シェイプはテイクダウンまで進みました。


MINIをベースにして、ノーズとテールを新しいラインにしています。サイズはレングスが6’8”、幅21”。滑り出しが速そうなアウトラインです。


ボトムはコンケーブ~フラット。センター部分のロッカーを抑えたスピードが出るシェイプです。フィンはアウトラインからもわかりますが、前寄りになってきそうです。どのくらい前かは、実際に乗ってみてから。


基本的にはこのボードと同じです。小波でも楽しめそう(← 私には必要条件です)ですし、昨日のブログみたいなコンディションでも面白そうです。


その他にもいろいろシェイプしていただいています。

ストックのBONITAフィッシュ。少し長くして5’10”にしてみました。浮力ありそうです。フィンはシングルフォイルのキールフィンです。


もう一本は、私のと同じ6’8”。ぜひ乗ってもらいたいサイズなのでショップに置いておくことにしました。


シェイプ中です。
オーダーいただいたボードが出来上がりました。プリモは6’8”。私の5’6”のフィッシュと同じカラーでというご希望で仕上げました。

微妙な色合いですが、ほぼ同じ色で出来上がっていると思います。ハンドシェイプと同じで人間の手によるものですから、まったく同じにとはいきませんが、色のニュアンスをくみ取ってツボを押さえた発色で再現してくれるので、毎回どの色にするか悩み甲斐があります。

ラミネートの方法でも雰囲気は変わってきます。ここ最近、私がよく使う方法が上のプリモのように色の濃淡が出ないやり方です。レールで色をかさねないで、ボトム側につなぎ目がくるようにしてもらっています。

ボトムにつなぎ目のラインが見えていると思います。ピンラインみたいに見えますが、これをデッキ側にもってくることもできます。

レールで重ねるようにラミネートすると、その部分が濃くなります(こっちの方が一般的ですか)。デッキやフィンまわりにパッチを入れて濃く見えますので、色の濃淡でアクセントが出てきます。同じ色使いでもラミネート方法で雰囲気変わってきます。

レールで違うカラーを重ねて、違う色を出すこともできます。色を混ぜるのと同じ理屈です。たとえば、ボトム側から黄色のティント、デッキ側から青色のティントでラミネートすると…黄色と青が重なるレールには緑色が出てくることになります。


これを上のプリモと同じ方法でラミネートすると、デッキとレールが青色、ボトムが黄色になります。デッキ側にクロスのつなぎめをもってくると、デッキが青色、レールとボトムが黄色になります。

ラミネートするクロスの端っこは色がはみ出さないようにマスキングするのですが、意図的にマスキングせずに色をはみ出させる手法もあります。こんな感じですね。

それからもう一本はニーボード。川南正さんのシェイプです。ネイビーのティントで、仕上げはつや消し、ウェットサンディング仕上げです。仕上げでも雰囲気変わります。

こちらは素直に(?)レールでクロスを重ねているので、その部分の色が濃くなっています。

ちょっとだけ普通じゃないのは、クロスをカットするラインです。デッキ側のノーズ、クロスが重なって色が濃くなっている部分の幅が他よりも少し太くなっているのが分かると思います(ボトム側はロッカーで分かりにくいですが同様になってます)薄い色だったら、もっと目立つかもしれません。

樹脂カラーですので、ラミネートの工程内という制約が出てきます。その範囲内で何ができるかということを考えるのが面白いのですが、夜眠れなくなる危険性があったりします。

自分のボードはクリアが続いていますが(6.8のフィッシュ、8フィートのプリモ)、決して考えることをあきらめたからではありません。考えて、悩んだ結果のクリアなのです。

カラーのお悩みはまずはご相談ください。一緒に悩みましょう。
Visitor Map
Create your own visitor map!