MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
アンドリューキッドマンのエッジオブドリームにインスパイアされて思い立ったシングルフィのニーボード。昨年末のことです。ラウンドピンのニーボードもあったので後回しにしていましたが、「そろそろ作ってみましょうか」と活さんと一緒に考えながら作ってみました。


長さは5’4”で幅22”1/2、テールは広めのダイアモンドテール。決まっているのはそれだけで、その他の必要なサイズはノーアイデア。

さて、どうしようかとこれまで作ったニーボードのサイズを元にあてずっぽうにサイズを出してみるものの、どのテンプレットを使ってもうまくいきません。ニーボードは幅が広く短いので、ノーズ、テールともにカーブがきつくて特殊なのです。ラウンドピンの作ったときに、最初からすんなりとラインがつながったようなことはほとんど奇跡的と言えます。

そこで活さんが「コレで引いてみましょうか」と取り出したのが、画像の黄色い「棒」。


ウィンドサーフィンのセールに使うもので弾力性があります。これを曲げて定規のように使って線を引いてしまおうという作戦です。

フォーム上の通過させるポイントとそこを通過する定規のポイントを左右で同じ場所にすれば、左右対称のラインが引けるという理屈です。三か所でポイントを定めつつ線を描いて行くので、定規を押さえる手が3本、線を引く手が1本必要になってきます。つまり2人以上いないと作業が出来ません。

よって画像はありませんが、きれいに左右対称のアウトラインが出来ました。サイズを確認しています。


テンプレットが無い、完全手作業のカスタムアウトラインです。ほぼイメージ通り、いい感じにできました。昔は良くこうやって作っていたそうです。いろんな方法があるんですね。またひとつ勉強になりました。


早速切っちゃいます。


ボトムとレールにマーキングしていきます。レールを作っていく目安になります。エッジボードにインスパイアされたと書きましたが、もちろんエッジボードじゃありません。それじゃ、ただの真似です。


マーキングに沿ってプレーナーで削っていきます。プロフェッショナルですから当然ですが、スキル100が通った後に一発できれいな面が表れてくるのに思わず見とれてしまいました。


ボトムのコンケーブをシェイプ。


ここまで見ていてあることに気が付きました。

それはプレーナーから排出されるシェイプダストの量です。削り落とすレールの形状、ボトムのコンケーブの深さはノーズからテールまで同じではありません。このコンケーブはボードのセンター付近は深く、テールに近づくに従って浅くなるように作っています。

フォームの表面を均等にプレーナーを滑らせているように見えても、深く削り取るセンター付近ではダストの量が多く、テールに近づくに従ってその量が減っているのです。

どうなっているのか聞いてみたら、こういうことでした。プレーナーのハンドルの下に小さなレバーが出ているのが見えます。

これを左右にスライドさせると刃の出方を調節できるのですが、これをスライドさせながらプレーナーを滑らせているそうです。本来は段階式にカチカチと調節できるそうですが、活さんはそれを外して無段階に動くようにしているそうです。コンケーブが深いところは刃を大きく出しているのでダストの量が多く、浅い部分は削る量を少なくしているのでダストが少なくなっていたのです。

プレーナーを通してシェイプしているのは手の感触。ハンドシェイプというのはこういうことなんだという再認識です。

ボトムのおおまかな形です。基本の形状はプリモと同じですが、レールとボトムにそれぞれエッジを入れます。プリモのエッジを強調したようなイメージです。


これが私のエッジボードというわけです。


プリモのボトムが調子良くて好きで、いろいろなサイズに乗っていますが、あえて動きが悪いシングルフィンのニーボードで、プリモのボトムをあらためて検証してみようと考えているのです。

このニーボードは今朝、シェイプを仕上げていただいてラミネートへ行きました。出来上がりが楽しみです。ただいまデッキのパッドをどうしようか思案中です。




お知らせ:2月22日(土)はお休みいたします。2月23日(日)、24日(月・祝)は通常通り営業しておりますのでよろしくお願いします。

昨日はオーダーいただいたハルのシェイプでした。サイズは、6’8”。私が作ってもらったハルと同じシェイプで行きます。


MINIベースでテンプレットをいろいろ組み合わせて使うので、ブランクスの皮むきの前にアウトラインの確認です。


MINIのテンプレット。6’8”のフルテンプレットです。長いあいだ使われて、メモ書きがびっしりです。ハルのラインも昨年からここに加わってます。


ノーズはMINIよりも丸みを付けています。


昨日はここまででしたが、シェイプのようすを活さんが写メしてくれました。アウトラインからハルの特性も分かります。アウトラインの重心が前方に移動した分、ボリュームのバランスやフィンのセッティングも前へ移動します。


ロッカーを調節した後、ハルボトムを作っていきます。


来週は完成したシェイプの画像をお送りしますので、お楽しみにどうぞ。

私はこれをお願いしてきました。8.0の長いフィッシュ。フィンのテンプレットも持参です。KK FISHやBOOGIEに使っているレイクが入ったキールフィンを1/4インチ高くしてみました。ベースもほんの少しだけ広くなってます。


ボトムに、VEEと書いていますがフィッシュらしくコンケーブで試してみようと思います。VEEの方が回転性は出ますが、それよりやっぱりフィッシュのスピードじゃないかと。

8’0 BONITA。使うブランクスも初めての品番で、いろいろと楽しみです。






とてもきれいな流線形を描くアウトライン。9フィートの長さでシェイプしたプリモです。昨日のブギーはお店のストックボードでしたが、これは私のパーソナルボードとして作ってもらったものです。

プリモは、7’3”から始まって、6’8”、6’9”、8’0、8’4”ときて、この9フィートが最新ですが、この形がおそらく自分のサーフィンライフの中で一番たくさん乗ってきたのではないかと思うくらいおなじみの形です。

サイズはいろいろですが、どのサイズもとりあえず一本このプリモを持っていれば大抵のコンディションで楽しめてしまうオールラウンダーでもあります。上記のサイズ以外には、7’4”~7’10”、8’5”~9’9”のようなサイズレンジで作ることができるので、スタイルに合わせてサイズを選ぶことができます。

ミッドレングスなら6フィート代後半から7フィート後半くらい、7’10”は長めのミッドレングスと言えそうです。

8フィートぐらいからロングボードの感覚がプラスされてきます。ロンガーさんが、ロングボードから離れない感覚でサーフィンしたければ、8フィートあたりが境目じゃないかと思いますが、体格やパドルの強さで変わってくると思いますのでそれぞれご相談ください。そういうところがオーダーボードの役割だと思うし、面白いところでもあります。

私はやっぱり根がロンガーなせいか、8フィートオーバーのプリモが好きです。小波から大きな波までカバーするコンディションが広いのも理由のひとつですが、早い話がお気楽に楽しめるから好きなんじゃないかと思います。波のキャッチはロングボードで、コントロールは軽いですから。

8’0、8’4”のサイズは近そうですが、かなり違います。どちらもロンガーさんにおすすめというのは変わりありませんが、それぞれのサイズを所有していても、それぞれ違う場面、違う感覚で楽しめます。

コントロールという言葉が出てきましたが、通常のシングルフィンに比べてコントロール性が高いのもプリモの特長です。それを生み出しているのがこのボトムとレールとエッジとロッカーの組み合わせです。


ダウンザラインはスムースで速いです。それは裏付ける理論もありますが、今回はそれは無しです。いろんなサイズを何本も乗ってきた私のお話だと思ってください。

スムースに波を走って今度は戻ってやろうとカットバックの体制にはいると、レールが働き始めます。とても自然な感じにホールドしてくれてボードが戻ってくれます。シングルフィンじゃないみたいというのは私が良く使う表現です。

そんなお気に入りのプリモ、今回初めての9フィートです。シェイプした活さん自身がすでに9’2”で乗っていたので調子いいのは判っているのですが、いったいどんな感じで走って曲がってくれるのか、かなり楽しみです。


ボードを見ていて思い出しましたが、9フィートで白木のストリンガーにクリアカラーは、波乗りを始めるときに作ってもらったロングボードと同じです。原点回帰ですね。


波乗りを始めて三か月くらいの頃。顔つきはまだ若僧で「あの頃君は若かった」ですが最近富にそう感じている理由はまた明日。
ブギーのことを書いているところへ、活さんからちょうどブギーの画像が届きました。場所は日本のかなり北の地域。乗っているのはブギーです。










空いていて天気が良くて楽しそうな波ですが、寒いんでしょうね。



MINIモデルが出来上がりました。店置きのストックボードです。フィンはシングルフィン。ダークウッドのストリンガーで渋めのブルーで、ばっちり仕上がったのはいつもと同じです。

でも、よーく見てください。いつもよりもシュッとしてるの分かりますか?店に持って帰って来てパッキンあけたら、かっこ良くてテンション一気に上がっちゃいました。

シュッとしているのは正面からだけじゃありません。画像じゃわかりませんが、ノーズからテールまでつながるレールは薄すぎず、厚くなく絶妙なボリュームでシャープなイメージです。

ボトムはシンプルなフラット~VEEですが、手が込んでいるのはそのロッカーです。

プリモのコンビネーションロッカーのことはこのブログで何度か書いていますが、このMINIはいったんプリモのボトムを作ってから、その中のスピードを出すためのロッカーに合わせて、フラット~VEEにシェイプしていっています。

見た目はシンプルですが、手間は倍かかってます。かっ飛びロッカーです。

活さんのスペシャルシェイプ、見に来て下さい。かっこいいですよ。



パソコンはまだ調子が悪いので、せっかくのスペシャルMINIですがまだアップできません。でも、ブログを書くのにスマホで画像編集したりといろいろやっていたら、すっかりスマホのスキルがアップしちゃいました 笑。

起動してくれないパソコンに入っている、これまでたくさん作ってきたボードたちの画像をなんとかして取り出せないものかと、一昨日からあれこれ試行錯誤していましたが、なんとかサルベージできてホッとしております。

活躍してくれたのはこれです。

LinuxのOSのubuntuというのをDVDにダウンロードしてwindowsの代わりに起動させてみたらうまく行きました。

現在、壊れたパソコンから外付けのハードディスクにデータファイルを回収中です。

ずっと真っ暗か青一色の画面ばかりだったので、ubuntuが立ち上がったときは嬉しかったです。

パソコン、決して得意じゃありませんが、結構すんなり出来ました。「起動しないパソコン ubuntu データ回収」のようなキーワードで検索したらやり方がいろいろなサイトで説明されてますので、お困りの方はお試し下さい。

新しいハードディスクもさっき届いたので完全復旧までもう少しです。













プリモのロングボード、9フィートちょうどのサイズのシェイプが出来上がりました。かつて、美しいラインのラウンドピンテールのロングボードを生み出していたシェイパーがデザインしたブランクスを使って活さんがシェイプしてくれました。

ラウンドピンテールのロングボードは昔から好きです。この流線形、テールの曲線、スムースに波の上を滑ってくれそうな気がしませんか?


実際、調子いいプリモですが、造形の美しさもまた別格です。


コンケーブとノーズから続いてくるレールエッジのラインがよく見えます。機能のための造形美です。こうやって見ると、プリモのボトムの3つのロッカーが良く分かります。これらの組み合わせが、プリモのスピードとシングルフィン以上のマニューバを生み出しています。



ダウンザラインのスピードはセンターのコンケーブを通る、よりフラットなロッカー。そのスピードを邪魔しないレールエッジのロッカー。ボードをターンさせようとレールを使い始めると、レールまわりのロッカーとエッジが働きはじめて、スムースにボードの向きを変えていきます。

見た訳じゃありません(見えません)。いろいろな長さのプリモを乗ってきましたが、どの長さもそんな感じなのです。

ラウンドピンのスムースさがイメージできそうな曲線です。


テールはダブルコンケーブ。まっすぐコンケーブで抜かずにストリンガーのラインをキープしながらテールへ流していくのは活さんのスピードへのこだわりです。


ちなみにサイドフィン付きのTIKIは、フィンがよりスムースに機能するようなシェイプがテールまわりにプラスされています。より軽い体重移動で、ボードはスムースにターンを開始します。

9フィートのプリモ、出来上がりが楽しみです。早く乗ってみたいです。


KK FISHが入荷しました。サイズは、5’8”x 21” x 2”5/8。ストックボードです。カフェラテティントの予定でしたが、少し赤味が強くなってどちらかと言えばミルクティーティントくらいです。どっちでもいいんですが、キレイな色に出来上がりました。

ノーズにボリュームがあるので、5’8”でも浮力あります。おっさん向けに5’8”ばかり作ってますが、元気が良い方、短い方のでも全然平気という方には5’6”をおすすめします。オーダーで作りますので相談してください。

フィッシュのモデルにはもうひとつBONITAがあります。フィッシュのデザインとしてはBONITAの方がクラシックです。KK FISHはクラシックなフィッシュに、よりマニューバ性をプラスしたシェイプだとお考えください。似ているようですが、フィンとボトムが違います。それぞれに楽しみ方があるのです。

BONITAはシングルコンケーブのボトムとキールフィン。KK FISHはフラット~VEEのボトムにフィンはレイクが効いたキールフィンです。フィンを取り付ける位置と角度も違います。同じフィッシュでもかなり違うのがお分かりいただけると思います。

KK FISHはもともと、BOOGIEを作り出す過程で生まれてきたフィッシュだと活さんが言っていたことがあります。BOOGIEに似ているボードというのはなかなか見つからないと思いますが、ボードのデザインとしては、BOOGIEを小さくしたのがKK FISHというのが自然な流れのように思います。BOOGIE好きな方が、もう少しボリュームを落としてみようと思ったときのチョイスはKK FISHということです。

ツボをおさえると、びっくりするくらい速い滑り出しです。


KK FISHはホームページチェックしてください。MENEHUNE BEACH STORE

もうひとつはニーボード。私のと同じラウンドピンのニーマシーン 5’7”はオーダーボード。パッドもばっちりです。MZKさん、お楽しみに。





9フィートのプリモ、シェイプ中です。ラフな感じですが全体の流れは出来上がっています。プリモ、だんだん長くなってきて今度はロングボードサイズです。

ロングボードサイズでも、ボトムとレールはプリモのトライプレーンコンボ・ボトム。コンケーブが長く入ります。




ワイドは、22”1/2。23”にするかどうか迷いましたが、とりあえず8’4”と同じにしてみました。23”はそのうち試してみようと思います。


9フィートのロングボードサイズになって、どんな乗り方になってくるのか、かなり楽しみです。



TIKI、とてもきれいなアウトラインです。ほとんどのロンガーさんにうなずいていただけると思います。TIKIはもともとロングボードのモデルです。シングルフィンのB52はノーズライダーやPIGといったクラシックなロングボードで、TIKIはサイドフィンがついているオールラウンドモデル。

それがトライプレーンコンボと呼んでいるコンケーブボトムのプリモと融合したのが、7.3や8.4のミッドレングスのTIKIです。プリモのサイドフィン付きというような位置づけですが、今ではそちらの方が人気があります。ミッドレングスの人気とトライプレーンコンボ・ボトムの調子良さのふたつがその理由だと思います。

上の画像のTIKIは、オールラウンドタイプのボトムシェイプです。ゆるいロールボトムでテールはVEEとレールエッジ、コンケーブはノーズライドのためにノーズに入っています。クラシックなノーズライダーにサイドフィンやエッジなどのマニューバの要素をプラスしたものです。

ノーズライド + マニューバでオールラウンドというわけですが、コンケーブをノーズだけでなく、ミッドレングスのTIKIと同じように全体に入れて、トライプレーンコンボ・ボトムのロングボードサイズのTIKIというのが面白いのではないかというのが、いま考えていることです。

TIKIのラウンドノーズはロングボードらしいアウトラインで、ノーズがとんがったプリモよりもロンガーさんにはなじみやすいと思います。最初に書いたとおり、アウトラインは絶妙です。

そのアウトラインで、長くコンケーブが入ったボトムとプリモやTIKI独特のレールでのサーフィンは新鮮に感じると思います。

私はシングル派ですからサイドフィンは無しにしちゃいます。サイドフィン付きとシングルではフィンまわりからテールへのシェイプが全く違います。サイドフィンを外しただけじゃありません。

9フィートプラスのロングボードサイズでアウトラインはTIKI。フィンはシングルフィン、ボトムとレールのシェイプはミッドレングスのプリモと同じで、長くコンケーブが入ったトライプレーンコンボです。

つまり、9フィートで作ろうと思っているプリモのアウトラインだけをロングボードらしいTIKIにしたら、プリモのスピードとエッジでの独特のコントロール性がロングボードと合わさってよりフレンドリーでユニークなボードになるんじゃないかという発想です。

実際、プリモのようなボトムとレールのロングボードって、これまであんまり見たことありません。発想は地味ですが、ショートボードが長くなったみたいなパフォーマンス系ロングでは無く、ミッドレングスのようにしっかりとしたラインで乗れるロングボードを作りたいのです。

論より証拠。いろいろと書くよりも形にするのが一番分かりやすいです。9フィートのプリモの次は、9.0~9.2くらいのTIKIのシングルフィンシェイプを作ってみようと思います。



9’2”。ロングボードサイズのTIKIが出来上がりました。カスタムオーダーです。ミントグリーンのティントカラーでラミネートしました。ヴィンテージカーっぽいカラーはウディワゴンみたいで、きれいなカラーに仕上がりました。

TIKIというとプリモのサイドフィン付きバージョンという立ち位置ですが、このTIKIはちょっと違います。

通常のTIKIはプリモと同じトライプレーンコンボと呼んでいる長いコンケーブとエッジに特徴があるボトムとレールのシェイプです。シングルフィンのプリモとの違いはテールまわりのロッカーとVEEです。

この9’2”はそれとは違う、オールラウンドタイプのロングボードのシェイプになっています。

コンケーブはノーズだけに入ってます。ノーズライドのためのコンケーブです。


ノーズコンケーブより後方はゆるいロールボトムで、サイドフィンの少し前方からVEEが入り始め、センターフィンからテールにかけてそれが強くなり、テールロッカーがシェイプによりプラスされています。エッジもしっかりと付いています。

TIKIはこんなオールラウンドタイプのロングボードにも作ることができます。同じアウトラインでシングルフィンももちろんOKです。プリモと同じシェイプか、ノーズコンケーブを入れてライトウェイトのシングルフィンか、どちらでもお好きな方で。

ラウンドピンのロングボードが好きな人には、いい景色だと思います。


9フィートのプリモの次は、これのシングルで行ってみようかな…というのは独り言です。


Visitor Map
Create your own visitor map!