MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
お知らせ:9月15日(土)はお休みですが、AXXE CLASSIC プレミアムブラックラバー オーダーキャンペーン、9月17日(月・祝)までやってます。
詳しくはこちらをどうぞ。http://www.menehune.on.arena.ne.jp/wet/axxe.htm


昨日、定休日。いつものようにリペアショップからシェイプルームへの移動中…。

なんですかー、このスジスジはー!

前の日、いろいろと立て込んでしまって余裕が無かったせいもありますが、東のうねり、まったくのノー ケアでした。

いつもなら念のためにとウェットとボードと水を入れたポリタンクを積んでいくのですが、昨日に限って何にもなし。東のうねりに反応するリーフはしっかりとしたうねりがハラ・ムネ(少し高い位置から見てたので、コシ・ハラかも)ありましたが、手も足も出ましぇん。

うねりと風は明日(今日ですね)も同じということを確認して、明日(今日ですね)やろうと自分に言い聞かせ、なんとか気持ちを落ち着けてシェイプルームへ。しかし久しぶりに、口惜しい(クヤシイ)という気持ちを味わいましたよ。

それで今日は?というと、それはシェイプルームのお話しの後にいたします。

シェイプルームでは、私の新しいPIG8’6”が完成間近。おかげで口惜しい気持ちが吹き飛びました。


若干、ロングシモンズに見えないこともありませんがPIGです。Dフィン付きますので。

自分的にはこのアウトライン、かなり気に入っています。画像では分かりにくいですが、テール側から見ると、ノーズからテールへとスムースに流れているアウトラインは気持ち良く滑ってくれそうです。

このフラットなロッカーとのマッチングが絶妙…だと思います。



実はこのボード、シェイプの途中で手を入れて3インチほど短くなりました。最終的なサイズは出来上がってから測ってみますが、8’3”くらいになっているはずです。

何をしたかというのは、とてもここには書けません。おそれ多いと思いつつ、そんな私につきあってくれる活さんに感謝です。おかげで、いろんなことを勉強させてもらっているのも事実です。貴重な体験だと思います。昨日の夜はそれが続いていて、このボードのことばっかり考えてよく眠れなかったくらいです 笑。おかげで朝はずいぶん早く目が覚めました。

次はグラッシングショップです。ピンク色にラミネートしてもらうようお願いしましたが、果たしてどんな出来上がりになるかはお楽しみ、ということで。


もう一本は、お店に置いておくBONITAフィッシュです。長さは5’8”。ダークウッドのウェッジストリンガーです。


私の5’6”はグラッシング中です。店のストックと似た雰囲気の色ですが、微妙に違います。微妙な違いをきっちり出してくれるところはやっぱり凄いです。


どれも出来上がりが楽しみでございます。


さて、上の続きです。

明日(今日ですね)も東のうねりあるから海へ行くぞ~と、張り切ってボードを乗せ換え(リペアボードと出来上がったボードを店に置いて、Dフィンとニーボードをクルマに載せました)、明日は少しくらい開店遅れてもいいや(笑)と胸を膨らませつつ、家へ帰ろうとしたらエンジンがかからない…。

カングーにやられました。

保険会社とJAFの両方のロードサービスに電話をして、一緒に人も乗せてくれるJAFの方が良さそうだったのでレッカーを頼み、到着を待つあいだにせっかく積んだボードをもう一度降ろして、ビーサンやキーBOXなんかの波乗りで使う小物も降ろして、試しにもう一度とイグニッションキーをひねってみたら、一発始動 笑。

やれやれですが、カングーのこの症状は、たぶんフューエルポンプかTDCセンサーです。海へ行ったはいいけどそこで動かなくなる可能性ありです。

代車を用意してもらえるのは連休明けになりそうなので、足が無い私は海はあきらめ。波を目の前にした昨日ほどは口惜しくないと今度は負け惜しみを言ってみますが、やっぱり波乗りしたかったです…。

カングーは乗り換えてまだ三か月ですが、もともとが2005年式なので、走行距離が短くても古いことには変わりありません。

乗り始める前に、タイミングベルトもソレノイドバルブも換えましたが、走行距離が5万キロなので、TDCセンサーがそろそろかなあと予測はしておりました。

フューエルポンプかセンサーかどちらかは見てもらわないと分かりませんが、両方交換しておくのがベストでしょうね、今回は。ソレノイドバルブは、オートマオイルをこまめに換えておくと誤作動を起こしにくくなります。

この辺を気にしていれば古くてもカングー大丈夫です。基本的には頑丈な車です。もう15年乗ってますから。

それで今朝、おそるおそるエンジンかけてみたら、一発始動。ルーティーンの動きで、ついついそのまま乗って店まで来てしまいましたが、果たして無事に帰れるのか。

ヤバさ半分くらいで、ドキドキです。

しかし、なかなか海に入らせてもらえないな 笑。


カツカワミナミサーフボードのトライフィンで使っているフィンです。バース幅は狭め。普通なら先端へ近づくにしたがって幅は狭くなっていきますが、このフィンはティップ近くまでボリュームがあります。

その独特の形状から、バナナトライと呼んでいます。80年代から使っている川南活さんのオリジナルテンプレットです。

正直、トライフィンのボードはあまり乗っていません。使ったのは、ニーボードとスタンディングはOKIDOKIだけです。それでもニーボードでは、セッティングを確かめるため、バナナトライの他に二種類のトライフィンを購入して試しています。

それで最終的に一番気に入ったのが、このバナナフィンです。

他との違いはというと、一番はカービングです。バナナトライが一番。ベースは狭くても、先端近くまで幅を持たせてあるからだと思います。ニーボードは特にテールからノーズまでフルレールで体重載せられちゃうのですが、ボードを傾けてターンしているときのホールド感がしっかりしていて、スピードもキープしてくれます。

ダウンザラインでもしっかりホールドしてくれて、スピードが出る感覚がありました。OKIDOKIでは加速感がすごかったです(OKIDOKIはグラスオンで、バナナしか使ってませんが…)

いわゆるスラスターのショートボードでは、どうなるか分かりません。先端のボリュームが波のトップでのアクションには邪魔になるかもしれません。ホットマンゴーのようなダウンザライン系のボードとの相性が良いと思います。

バナナトライ、他には無いカタチです。カツさんのボードは、スピードが出ると言われますが、それぞれのパーツにも理由があるのだと思います。

カスタムオーダーのプリモが出来上がりました。私のオススメ(笑)の8’4”です。




プリモにももちろんオリジナルテンプレットのプリモフィンが付いてきます。フィンのベストプレイスにマジックでマークしときました。サーフボードは、ここまでやって完成です。

フィンは大事です。おろそかにしてはいけません。
いろいろと出来上がってきております。

まずは不動の人気、プリモ7’2”。これはお店用です。プリモってどんなボード?というときに実際に手に取って見ていただけるようにできるだけいろんな種類を用意するようにしています。このプリモ、販売もしております。お持ち帰りOKです。


今回はレギュラーサイズよりも1/2インチだけですが、幅を狭くして作ってみました。たったそれだけですが、全体の印象は変わるもんです。

7’2” x 21”1/2 x 2”3/4 フィンはやっぱりシングルフィンです。プリモに乗るとシングルのイメージ変わります。ほんとです。

カラーはターコイズグリーン。きれいな色に出来上がっていますが、デジカメにうまく写ってくれません。砂浜や海の中できれいに見えることと思います。

そして、フィッシュ。大きいフィッシュです。サイズは、6’8” x 22” x 2”3/4。これはカスタムオーダーです。私も同じのをお願いしています。


小さなフィッシュのように小回りは利きませんが、その代わりにフィッシュならではの滑走と、スピードを楽しめるのがラージフィッシュの面白いところです。

このサイズは、ロンガーさんもだいじょうぶです。

そして、こういうのも作っております。カラーリングは久しぶりのエアブラシ。

ニーボードです。そこはかとなく80年代の雰囲気もただよってくるエアブラシは、オーダーされた方のデザイン。ラフスケッチをもとに私が形にしました。デッキパッドが乗ってくると、また違った雰囲気に見えると思います。


見た目は多いに気に入っていただけたようですが、ライディングも多いに気に入っていただけることと思います。

ボトムはコンケーブ、トライフィンのセッティングは私のと同じです。ドライブしますよ。

まだまだあります。無事に到着した画像を北海道から送っていただきました。もうすでに、いい波スコアされたみたいです。

TIKI 8’2” シングルフィンバージョンです。プリモもいいですが、ノーズが丸いのもいいですね。悩んで決めた薄いベージュのティントカラーもきれいです。


よそのラインアップとはかなり違うモノばっかりだなあ~と思われたかもしれませんが、これで普通です。

それぞれ特長があって楽しめる道具たちです。

シェイプ台の上には活さんのフィッシュモデル「BONITA」が乗っていますが、なんとなくいつもと違う雰囲気が漂っています。

雰囲気が違うのは長さのせい。レールが長く伸びているからです。6’8”のラージフィッシュです。


フィッシュは、短い方が機能するのはよく知っています。前足のアクセルと後ろ足の方向舵が近い方がスピードもカーブもコントロールしやすいからです。

長くすると、スピードとカーブをコントロールするポイントが離れます。スピードが付かないことにはサーフィンになりませんから、そちらを優先します。そうすると動きが鈍くなります。スモールフィッシュのようにはいかなくなりますが、それをおぎなって楽しいのがスピードです。

そして浮力が増える分、いろんな意味でファンな要素が増えてきます。動きが鈍くなるとは書きましたが、コントロールのポイントをつかめばそれなりに動きます。

読んでいて、いいんだか、ダメなんだか分からないと思いますが(笑)私は好きなんです。大きなフィッシュばっかり乗っていた時期もあったくらいです。一番面白いのはスピードかな。シンプルに楽しめるのがラージフィッシュです。

残念ながら私のじゃありません 笑。



そしてもう一本は、ダブルウィングスワロー。まだラフシェイプです。角ばってます。


ニーボードです。ボトムはシングルコンケーブで、コンケーブが流れる部分のロッカーは活さんのシェイプで調節されています。レールはフルエッジで、ニーボードらしい高速カービングを思わずイメージしちゃうシェイプです。

ニーボードの場合は、前後のスタンスを移動するのは無理ですから、ヒザを付く位置を中心にボードコントロールができるように考えられています。

ラージフィッシュとダブルウィングスワロー、どちらも出来上がりが楽しみです。

台風のうねりは、明日の午後くらいから入ってくるんじゃないでしょうか。問題は今日も吹いている南西の風ですが、自然相手にあれこれ言っても仕方ありません。遊んじゃいましょう。

夏ですから。
お知らせ:7月14日(土)はお休みいたします。15日(日)、16日(月・祝)は通常通り営業しております。よろしくお願いいたします。

シングルフィンのシェイプが二本。

ひとつは、8’2”。ラウンドノーズのTIKIモデルのシングルフィンです。


いつものTIKIは、サイドフィンが付いていますが、これはシングルフィン。ですので、ボトムのシェイプはサイドフィン付きのTIKIとは違い、シングルフィンモデルのPRIMOと同じボトムになっています。

丸くラウンドしたノーズがお好きな方は、こういうチョイスもありありです。


そして、もう一本はPRIMO。ご存知、シングルフィンです。毎度ですが、ボトムのコンケーブとテールのフィンBOX周辺の盛り上がりの曲面がきれいです。


レングスは、7’2”です。このレンジのPRIMOは、見た目は変わりませんがほんの少しだけマイナーチェンジしています。私の6’9”も同じように作られているのですが、スピードとボードの反応が向上しているように感じます。私以外にも同様のフィードバックがあるので、(私だけではほぼ信用ありませんが)おそらくその通りではないかと思います。

幅はほんの少しだけ細くしてみました。ターコイズグリーンのティントでラミネートいたします。このPRIMOはストックです。店にやってきますのでお楽しみに。



そして、もう一本はTADASHI KWAMINAMIシェイプのニーボード。前回ご紹介した、ブルーのニーボードとサイズは同じ。でも違うシェイプですが、やばいのは同じ。

詳しくはまたあらためて。

サーファーズジャーナルのツインフィンの特集(フィッシュでなく、ツインフィンです)を読んでいて、MRが自分のツインフィンのルーツは、リノ・アベリラが乗っていたノーズが丸い、短いツインフィンだったと語っているのを読んで、この写真を思い出しました。

ある方からいただいた、日本のサーフィン雑誌の写真です。70年代に来日したリノ・アベリラです。場所は辻堂です。


面白いのは、サーファーズジャーナルの記事の中で、MRはツインフィンは作ったけれどフィッシュの存在は全く知らなかったというところです。リノ・アベリラのフィッシュをルーツにした、丸いノーズのツインフィンを元に、フィッシュの影響は受けずにウィングスワローのツインフィンが完成されたのです。

…とここまで読んでいただいて、上の写真ではフィンが見えていないのに、どうしてツインフィンってわかるんだ?というギモンがわいた方おられると思います。

その通りです。私がいただいた写真には、ボトム側を写した写真はありません。写真の記事の内容も不明です。では、どうしてツインだと分かったのかと言いますと、生き証人(笑)がいるのです。

それは、あの方です。はい、その通りです。英語が上手な、川南活さんです。

このとき、リノ・アベリラと会ったことを良く話してくれます。あいにく波は小さかったらしいのですが、リノが持ってきた、幅が広くて分厚い、ノーズが丸いツインフィンがすごいスピードで走っていたそうです。

MRと同様に当時、そのリノ・アベリラのツインフィンの印象はとても強かったようで、いまカツカワミナミサーフボードのラインアップにある、BOOGIEというモデルとして、40年後の現在に復活させました。

サイズやフィンのアレンジなどをオーダーできる他のモデルと違って、BOOGIEだけがワンサイズでのシェイプなのは、そのときの印象の強さが理由なのだと思います。

ロッカー、ボトムとレールのシェイプ、長さと幅とボリューム、そしてフィンの形とセッティングの位置。すべて活さん独自の作り方です。長年の試行錯誤を繰り替えた末に、活さんのイメージどおりに出来上がったのが、あのツインフィン(BOOGIE)だという訳です。

BOOGIEが小波でもとても速く、スムースに走ってくれるのはそんな理由があるのです。

私の最初のBOOGIE。5年前の写真です。

BONITA 5'6" 。私のじゃありません 笑。お店のストックボードです。ダークウッドのウェッジストリンガーで、フィンはダブルフォイル。薄いグリーンのティントでラミネートしてもらう予定です。

ダークウッドのストリンガーが二本しか無かったので、一本はストックで一本はオーダー自分のは後回しです。乗るボードはたくさんありますから、じっくり待つことにします。

同じ5’6”ですが、幅の違いで雰囲気も変わってきます。

二本並べてみました。左側は20インチ。右側が幅は21インチで、こっちが上の店置きです。幅が広いのは個人的な趣味です。すいません。ずんぐりした見た目が好きなのと、浮力多めにと作っていただいております。


5’6”より小さくもできます。6’9”だってOKです。長さ、幅、厚さ、フィン、カラーなどなど、なんでもご相談ください。カスタムオーダーでお作りします。

フィッシュ、やっぱり好きです。見ているだけでもなんかいいのです。
太平洋高気圧が強いせいで、梅雨前線は北上。まだ6月なのに梅雨明けだそうです。長い夏になりそうです。高気圧のせいで、台風は近づけません。風は当分のあいだ南風です。

昨日の移動の途中です。高速道路が事故で通行止め。仕方が無いので下道をトコトコと海まで出て、海岸沿いを鎌倉、逗子、葉山を通ってリペア工場へ向かう途中。


暑いので冷たい塩水に浸かって、身体を冷やそうかと思っていたのですが、下道は時間かかります。残念ながら時間切れ。新しく考えているボードのことや、先日乗った6.9のプリモのことなど、いろいろ話したいことがあったので、風波サーフィンはあきらめて、ビーチもリーフも素通りです。

活さんはシェイプ中。


BONITAフィッシュ、5’10”と6’4”。フィッシュの人気は根強いですね。すっかり定着したと言っても良いと思います。


6’4”は、BIG FISHの部類に入れていいと思います。短くて小さなボードのイメージがあるフィッシュですが、US BLANKSのカタログにはちゃんと大きなサイズのフィッシュ用のブランクスが載っています。

ずいぶん昔に、クリステンソンに6’9”、活さんに6’8”を作ってもらって乗っていました。どちらも、いい波に乗った記憶があります。

フィッシュという乗り物は、テールまで幅が広くて変わったかたちのフィンがついていて、波に乗ると他のボードとは違う感覚を味合わせてくれます。その昔、ニーボードとして作られたフィッシュに立ち上がって乗り始めたサーファーたちが、当時のどんなボードよりも速かったと「FISH」のDVDの中で言っていましたが、大きなフィッシュもその性格をそのまま引き継いでいます。

大きくなった分、その感覚も増幅されるのが大きなフィッシュの面白いところです。そして「速い」というところもそのまま引き継いでいます。

6フィート後半の長さとボリュームなので、多くの人のパドルとテイクオフにフレンドリーです。ロンガーさんも余裕でイケます。

自分でもまたお願いしようと思ってます。大きなフィッシュ。

その他にも、イロイロとお話しを聞かせていただいてインスピレーション、多いにわいています。昔と違うのは、インスピレーションのベースになっているものに、ブランクスという形になっているもののデータなんかがあるところ。根拠があるのです。

たとえば、超お気に入りの8.4シングルフィンのプリモですが、新しく試してみたいロッカーがあったりします。

風波サーフィンはあきらめましたが、そんな話をたっぷりとシェイパーさんとしてきました。勉強になります。

オーダーいただいている、特注ストリンガーのブランクスは順番に出来上がってきていますので、お待ちいただいている皆さま、お楽しみに。

夏です。楽しみましょう。うちのカミさんも、あんな水着着てました。もっとすごかったかも 笑。


シングルフィンが2本入荷しました。まずは、プリモ7’3”です。


プリモはミッドレングスからロングボードサイズまで、いろんなサイズで作っています。8’4”もいいですが、このくらいのミッドレングスも楽しめます。8’4”もミッドレングスと考えてもいいのですが、ひとくくりにはできません。

8’4”のサイズがあると、ロングボードの性格が強くなってきます。そもそも、ロングボードは9フィート以上という決まりはありませんがそれはまた別の機会に置いといて、ロングボードでもないショートボードでも無い「ミッドレングス」というと、この7’3”くらいのサイズじゃないかと思います。

パドルやテイクオフは浮力が大きいのでイージーです。動きも軽いのですが、8’4”とはまた違う感触です。シングルフィンとコンケーブボトムで、スピードがある大きなラインの滑りと、プリモ特有のレールエッジでシングル以上の動きがあるサーフィンが楽しめます。

ロンガーさんもOKです。ロングボードから短いボードへ、「意識を変える」ということをこれまでに書いてきましたがそれは少しだけ。それほど時間はかからずに乗り換えることができるサイズです。

ネイビーのティントをウェットサンディングの仕上げにしました。

そしてもうひとつはこれ。

9’9”のPIG。高密度発泡のフォームにレッドシダーのストリンガー、8オンスのボランクロスでラミネートして、Dフィンをグラスオンしたクラシックボードです。

レールは50/50。ボトムは緩いロールボトム。レールとボトム、そしてロッカーの組み合わせが作り出す曲面の立体感がとてもきれいで、平面(画像)でしかお見せできないのが残念です。



Dフィンはテールエンドにグラスオンしました。ピボット的な動きがやりやすいテンプレットです。

Dフィンは難しいイメージがありますが、そんなことはありません。Dフィンの動きはラディカルだと思っているくらいですから。

とは言っても、もちろん初心者向けではありません。過去にいろいろ書いてます。クラシック系のロングボードをコントロールできている方なら、問題ありません。ちょっとの違いで、新しい世界がまってます。過去にこんなことを書いています。「フラットの意味」このあたりを読んでいただいて、お分かりいただける方なら問題なく楽しめると思います。

Dフィンを知ってしまうとヤバイのです 笑。

2本のシングルフィンはホームページをご覧ください。
MENEHUNE BEACH STORE ホームページ






波はコシくらい。波が続いたのでさすがに今日は空いてます、というか波あんまり良くない 笑。でもこれでいいのだ。ラインを邪魔されるよりも多少良くなくても、好きなように遊べます。

浮力があるボードを持ち出せば、大抵の波は気持ち良く滑ることができます。そう言えば、いつかの強オンショアのときも楽しめました。道具は大事。というわけで得意の、8’4”です 笑。


と思って入ってみたら、たまにコシくらいですがちゃんとした波が入ってくるじゃないですか。ピークから外れたところに来るので、誰も気が付かない。セットの一番良さそうなのを選んでうねりから滑り出してくれます。8’4”です。しつこいです。

途中にふたつあるセクションにうまく合わせられると、結構なスピードが出てインサイドまで長く乗れます。タイミングを外すとスープにつかまります。

これが面白くて何度もやっていました。やっぱりこのプリモ8’4”、根がロンガーの私には合ってるみたいです。ログやグライダーでも楽しめたと思いますが、動きが軽い8’4”はまた違う楽しみ方ができます。

ワックスが汚れてきたので、落としてきれいにしてあげました。凹まさない私ですが、さすがにフットマークしっかり入ってます(クリアは目立ちませんね)


PRIMO、スピード出るしシングル以上の回転性あります。やっぱり面白い。

それから活さんのシェイプルームへ。やっぱりPRIMO。7’3”のニューシェイプはライダーのテストボードです。


ブルーのグルーラインがきれいなストリンガーです。こういうストリンガーもあります。カラーはブルーだけではありません。フォームからの注文なので、少し時間が多めにかかります。上にティントカラーを乗せても面白そうです。


それから、こういうのも出来上がりました。

9’8”PIG。


そして、PRIMO7’3”


この二本は販売いたします。詳しくはまた明日。お楽しみに。

Visitor Map
Create your own visitor map!