MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
小さいシングルフィンのお話しでなくてすいません。大きなシングルフィンのお話しです。グライダーを作るときにオーダーしたもう一本のブランクスのことです。これです。


と、ウレタンフォームの塊りを見せられてもほとんどの方は、感じるものはあんまり無いのではないかと思います。

自分でシェイプする訳でも無い私なんぞが、ブランクスについていろいろ語るつもりはありませぬが、シェイプ前のブランクスの状態のフォームをまず始めに見て、それからシェイプの過程と出来上がりを10数年間、何度も何度も見ているうちに、こういうブランクスからはこんなボードができるんだという、理屈の上での経験値がいつの間にやら積み重ねっています。

それに加えて、シェイパーが「この部分のロッカーはそのまま使います」とか、「この部分の厚みが必要なのです」などと、いろいろと話をしてくれるので、ブランクスを見ると「どんなボードが作れるかな」とついつい想像してしまいます。

余計な話かもしれませんが、ブランクスにはそれぞれデザイナーがいます。ロッカーが主だと思いますが、その曲線に向いているボードのための厚みと幅のボリュームがそれぞれのブランクスには確保されています。

私の一番新しいボードの、6’9”のプリモシングルフィンのブランクスのデザイナーは、ハワイのノースショアのシェイパーで活さんのお知り合いです。下の画像がそのプリモですが、知り合ったいきさつや、その人の波乗りの話を聞きながら(活さん何かしゃべってますが、そんなことを話ししておられます)、そのブランクスで作ってもらった6’9”のプリモには特別な思いがあります。


活さんのサーフボードをオーダーしていただく方々には、サイズや色はもちろんですが、それ以上にシェイプルームで得たさまざまな事柄を共有して、出来上がったボードへの愛着をさらに深めていただくことができればとても嬉しいです。

私にできることは、せめてそのくらいかと思います…というわけで、かなり話がそれました 笑。

さて、もう一本のブランクスで何ばつくっかのうと、同じブランクスで作ったグライダーに乗りつつ考えましたが、あまり悩みませんでした。というより、これしか作れんでしょうということで、やっぱりピグです。

一瞬九州弁が混じりましたが、長い前置きでした。

9’9”のブランクスのフルレングスを使ってアウトラインを引きました。9’8”~9’9”くらいです。フルレングスということでサイズは気にせずやっていただいてます。

アウトラインの流れは、私のホワイトピグメントのピグと同じです。

アウトラインを切ります。ストリンガーの部分専用のノコギリです。活さんはアウトラインを切るのにジグソウは使いません。「だって、手で切る方が面白いでしょ」だそうです。確かにあの触感は気持ちよさそうです。


このロッカーですもん。やっぱ、ピグしかないですね。


全体のアウトラインは出来上がってからのお楽しみということで。


ボランラミネートとDフィンのグラスオンで、コテコテのクラシックに仕上げようと思います。カラーはクリア。

ストックボードです。お楽しみに。

かっこいいラウンドピンテールのノーズライダーが出来上がりました。

広すぎないノーズ、ワイドなアウトラインから絞り込んだきれいなテールのラインは、スムースなサーフィンを連想するラウンドピンテールです。ロッカーはノーズライドロッカーを使用。ノーズにはコンケーブが入っています。

ラウンドピンテールは、テール幅を広めにとったところから絞りんこんでいるのでスムースな動きながら、ノーズライドも安定するように考えられています。

ノーズライドとロングボードのスムースなサーフィンを楽しめるラウンドピンノーズライダーです。

私の勝手な趣味で、Dフィンのログばかり目立ってますが(スイマセン)活さんのロングボードモデル B52は、本当はこんなロングボードです。

そして、品切れしていたフィンも入荷しました。クラシックなアウトラインのフィンですが、人気がある形です。


70年代風のシングルフィンにぴったりです。プリモにも使えます。

オルタナティブ系のシングルのフィンは、グリノウタイプの細長くてレイクが効いた形が人気みたいですが、この小さいフィンも面白いです。

どう違うかは、また次の機会にお話ししたいと思います(今日は時間切れ…すいません)。

そして、カツカワミナミサーフボードのユーズドがまた入荷です。BONITAと一文字だけの違いですが、形はずいぶん違うBONITOは久しぶりの入荷です。


BONITOの意味は、カツオです。(OがAに変わるだけでずいぶん違うものです)

カツオみたいに突っ走るボードなので、この名前です。スピードの秘密は「ど」フラットのボトムとボリュームがあるダウンレールです。

フィンはツインフィンに小さなセンターフィンを加えた、ツインスタビライザーです。フィンもフィッシュに負けず走りそうなセッティングです。

他にはなかなか無いカタチだと思います。

いいコンディションですのでホームページチェックしてください。浮力もたっぷり目で、私でもイケそうなBONITOです。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ


私のPIGです。フラットなロッカーでノーズコンケーブも入っていない丸太(ログ)ですが、このアウトラインのまま、ノーズライダーも作ることができます。

まずはロッカー。上の私のPIGはこのくらい平らです。


ノーズライドにより適しているロッカーのブランクスを使います。テールキックが得意げです 笑。

センターからロッカー入ってくるブランクスを使えば、より反応が軽く、ビーチブレイクのような波に適したボードにすることもできます。

ノーズにはコンケーブ。


フィンはDフィンでも、ピヴォットフィンでもお好みでOKです。

Dフィン、安定感ばっちりなのでノーズライダーに良いと思いますがグラスオンのみになります。ピヴォットフィンはBOXもちろんOKです。

重量の調節もできます。あとは、カラーを決めていただくだけ。

これでPIGスタイルのノーズライダー、完成です 笑。いろいろできますので、ご相談くだされませ。
ラウンドピンテールのロングボード、乗ったことありますか?私は以前、ラウンドピンばっかり乗っていた時期があります。理由は動きのスムースさが一番ですが、あとは見た目。スクエアの大きな四角いテールとくらべると、テールの先端までつながっていくラウンドピンの曲線はきれいです。



ノーズへ行くときにはスクエアの方が安定します。アウトラインがテールまで(ラウンドピンよりも)よりパラレル気味でレールがより長く入ることと、面積が大きいスクエアの方がテールを流れる水の量が多いためです。

ラウンドピンはその分、コントロールしている感覚が出てきます。とにかくノーズ、という人には「不安定」ということになるかもしれませんが、ラウンドピン全体の動きの軽さとスムースさの中ではノーズでボードをコントロールすることは、その中のひとつの要素だと思います。



スクエアテールのターンは、左右のレールを切り替えるイメージです。なのでキレはいいと感じるかもしれません。

ラウンドピンはターンしているときもレールが入り続けている感覚です。レールが途切れなく切り替わってターンして行く感じがします。ラウンドピンの軽いコントロールが加わるので、とてもスムースに感じると思います。ラウンドピンならではの感覚です。



このシェイプは、B52のラウンドピン ノーズライダーです。クラシックなソフトレールで、エッジは入っていません。ノーズロッカーはフラット気味でボトムにはノーズコンケーブが入り、テール近くでキックが入った、ノーズライダーのロッカーです。



きれいなアウトラインです。お楽しみに。

さてさて、私の9.9のグライダーを作ったブランクス、二本入ってきたうちのもう一本は、いろいろと考えた末、9.8のPIGを作ることにいたしました。もちろん、Dフィングラスオン。渋いの作ります。こちらもお楽しみに。


数日前に貼りつけたイシカワさんの動画に活さん、強力にインスパイアされたようで、こんなボードをシェイプしちゃったようです。

7.3のダブルエンダー。シングルフィンです。ボトムはプリモのようなシェイプだったと思いましたが、出来上がったらもう一度見せてください。


この動画です。フィンBOXを両方につけたシングルフィンで、オフザウォールをリーシュ無しでサーフィンしています。


他の動画もありますが、ツインフィンをきれいに乗りこなしています。ぜひ関連動画見てください。ツインはルースでクィックなターンのイメージがあるかもしれませんが、本来はこの人のように速いダウンザラインとスムースなラインがツインフィンらしいサーフィンです。

やることも個性的なら、ボードも個性的でサーフィンも個性的なラインでスタイリッシュです。どこかの何かで見たようなサーフィンじゃないところが、波乗りは自由なもんだとたっぷり主張しているみたいです。

ダブルエンダー、出来上がりが楽しみです。

オーダーいただいたパイポボードが出来上がりました。オイル塗って準備OKです。


9’9”と一緒にお願いしていた、6’9”のプリモのシェイプが始まりまりました。ブランクスの表面を削って平らにして、アウトラインを引きます。


たくさん作っているプリモのシェイプです。よどみなく作業は進みます。アウトラインに沿い、ハンドソウで切っていきます。


アウトライン完成。テール幅が絶妙です。私が入るようなフツーの波では、絞り過ぎのピンテールではスピードが出ません。カツさんのボードはどれも速いと言われますが、いろいろなところにその理由があります。

ストリンガーは、3/8インチのダークウッド。少しだけ太めのストリンガーです。フィンはもちろん一本だけ。シングルフィンです。

やっぱりシングルフィンです。好きなんです 笑。

タイトルの「動十分心 動七分身」という言葉。能で知られる世阿弥の言葉ですが、「心は十分に動かし、身体は七分の動きに留め、全体に余韻を持たせる」というような意味です。

シングルフィンに乗っているときは、そんな感じじゃないかと…。

ブルーのティントでラミネートしていただきます。



入荷したBONITAフィッシュ、アップロードしました。ホームページでご覧ください。


画像ではシェイプをお伝えするのが難しいのが残念です。イーグルノーズから、クラシックなダウンレール。フラット気味のデッキとのコンビネーションが絶妙です。組み合わせの妙とはまさにこのこと。デッキからつながってくるダウンレールが作り出している曲面を触っているとぞわぞわしてきます。

クラシックとはこのことです。ダウンレールのシェイプが生まれ、洗練されていった時代のリアルタイムの経験から生まれてくるのだと思います。いつだか、活さんが70年代に乗っていて、調子良かったシングルフィンをそのまま作ってくださいというお願いをしたことがありますが、そのときのシングルフィンと同じです(6’2”でした。あれは良かった)

このボリューミーなダウンレールでのサーフィン。なかなか他には無い感覚です。

活さんのフィッシュのラインアップにはこのBONITAともうひとつ、KK FISHと呼んでいるフィッシュのふたつがあります。


違いはひとめで分かります。アウトラインです。KK FISHは丸みをおびたノーズと絞り気味のテールのラインが特徴です。

ラウンドノーズの面白さはテイクオフのときも滑っているときも、前へ前へと体重を載せていけること。それが滑り出しの速さとスピードにつながる、なかなか機能的な形じゃないかと思います。

KK FISHはありませんがBONITAのこのレール、ぜひ触りに来てください。もちろんカスタムオーダーもOKです。

それから、AXXE CLASSICから春夏ウェットのカタログが届きました。フューチャーされているのは、グッドウィンファミリー。奥さまのデイジーは元ロングボードのウィメンズチャンプ。GLASS LOVEの冒頭でロングボードに乗っている美しいシルエットの女性が彼女。旦那さんもすごい波に乗っちゃうサーファーです。



春秋に使える、3mmフルスーツとシーガル、スプリング、タッパーなどの春夏アイテムの新作です。

冬に大人気だったロングチェストジップとチェストジップ(通常のジッパーレス)のふたつで、柔らかさが持続するプレミアムゴールドラバーが使えます。プレミアムゴールドはジャージ限定です。ジャージではなくてスキンをご希望の方には、従来のネッスルとSULドライプラスの生地を用意しています。

春夏アイテムもオーダー料無しでお作りします。

新しいカタログをご希望の方は、いつものように、1.郵便番号、2.住所、3.お名前に「カタログ希望」と書いてメールでお申し付けください。郵送いたします。(*カタログが無くなり次第終了します。メールのみで受付いたします。かならずメールでお願いします。)もちろん店頭お持ち帰りOKです。

ホームページも画像が手に入り次第更新いたします。しばらくお待ちください。







カツカワミナミサーフボードのロゴマークに新しい色が加わりました。新色はブラック&ホワイトのモノトーン。スペシャルズカラーです(たとえがいにしえ)


新色ロゴをどう使いこなすかは、あなた次第。

私はさっそく、このブランクスで使ってみることにします。


作ろうと思っているのは、6’9”のシングルフィン。PRIMOです。ミニ、MINIと騒いでいましたが、届いたブランクスのストリンガーが少し太めだったので、これに似合いそうなPRIMOにへんこう。MINIは次に届くブランクスでお願いすることにしました。

バスウッド(白木)のストリンガーはどちらかというとすっきりさわやかですが、ダークウッドは一本きりりと主張があります。透明感があるティントカラーはもちろんですが、不透明顔料のオペークカラーでも透けて見えるので、ストリンガーの存在感があります。

いろいろな使い方ができます。

ストリンガーの太さや数や色を考えるのもボランクロスと同じで、ロングボードからの流れで、ショートボードに乗っていた(いる)人にはあまりなじみが無いかもしれません。

ロングボードしかなかった60年代には、競うようにいろいろな種類のストリンガーが作られました。太いバルサ、バルサとレッドウッドの組み合わせ、たくさんのストリンガー、高密度発泡のカラーフォームとバルサやレッドウッドとの組み合わせ、曲線のストリンガーでバイオリンストリンガーなどなど、さまざまな種類のストリンガーを古い写真やヴィンテージボードで見ることができます。

あまりやり過ぎると妙に重くなったりしてしまうので、ミッドレングス系ではやっても、上の画像のようにちょっと太くするくらいにしておいた方が良さそうです(ロングは以前、PIG用に作った1インチ幅のバルサのストリンガーが一番太いものでした。重かったです)

ダークウッドはもうオーダーOKですが、ブランクスの在庫状況によって、若干出来上がりが延びる場合があります。詳しくはご相談ください。

こんなのもあります。ダークウッドのウェッジストリンガー。新しく入荷した、BONITA 5’8”。フィンはダブルフォイルのキールフィンで、お持ちかえりOKです。アップロード、少しお待ちください。ちなみにボリューム多めのAOB フィッシュです。浮力欲しい方に。

ちなみにウェッジストリンガーというのは、テールへ近づくにつれて細くなっていくストリンガーです。テーパードなどとも呼んだりします。






北風強いですが、波は残りました。行く気たっぷりでしたが昨晩、社長にしぼられた(かどうかは定かじゃありませんが、そんな感じ)らしい女房が夜遅くしょげて帰ってきたので、つきあっていたらすっかり寝るのが遅くなってしまって起きられたのはいつもの時刻。

波有るな~と思いつつ、こっちの社長(私)がさぼるわけにもいかず、さぼってもあまり支障は無さそうなサーフショップで店番しております。

それで、波がいいのかどうかは知りませんが、波乗りしたいなあとネットをのぞいてみたら、ラミネート中の私のグライダーを発見してテンションうなぎのぼり、こいのぼり。

いい感じだなあと思いつつ、こっち向いている方は、いったいノーズなのかテールなのかで悩んでいたところです。


今回は色はつけずにクリアにしました。レールとデッキのニーパッチが、うすーいブルーグレーっぽく見えているのはボランクロスの色です。

ボランクロスはクラシックなロングボードに乗っている方だったら、馴染みの素材だと思います。このグライダーのシェイプ画像はちょっと前のブログでご紹介しましたが、あれをガラスクロスにFRPの樹脂(レジン)をしみ込ませたもので包んで「ラミネート」する(かなり雑な表現)のですが、そのガラスクロスの種類のひとつがボランクロスです。

クラシックなロングボードに…というくらいですから、50~60年代のロングボードの時代から使われているクラシックな素材です。

厚みは、8オンスあります。通常使うのは、6オンスや4オンスですからそれよりも厚みがあります。(オンスというのは質量の単位で、ある一定のサイズの布(クロス)を質量で表しています。重くなるほど厚くなります。デニムの生地で言うと、ワークパンツやカバーオールに使われることが多い少しだけ薄いデニム生地が8オンスです。)

繊維は太くざっくりした織りの生地で、特徴は上の写真のように薄い色が付くことです。昔のロングボード同様にクラシックな雰囲気に仕上がるのが、ロングボード愛好家には嬉しいのです。

厚みがあって、織りの繊維が太く樹脂をたっぷりと含んでくれるので(含浸という言葉を使います)厚く、重く仕上がります。

厚い分、頑丈になると思いますが、織りが大きいからか独特の柔らかさもあります。フレックスフィンでボランフレックスというのを聞いたことがあるかと思います。コシがある独特のフレックスがあるフィンですが、ボランクロスが持つしなやかさを利用しているフレックスフィンです。

という訳で、出来上がりが楽しみですが、やっぱりこっち側がテールかな、と思っています。

やっぱりノーズかも。








ボードの画像をいろいろと眺めていて目に留まりました。プリモの8’4”。かっこいいです。個人的には、1、2番を争う勢いでのお気に入りだと言っても言い過ぎではありません。プリモはシングルフィンですが、ボードの反応はシングルフィンらしくない動きをしてくれます。そして速い。

活さんのシェイプのおかげです。

TIKIというシングルスタビのモデルがありますが、これも速くて反応が良く、とてもスムースにマニューバしてくれます。

プリモもTIKIも同じブランクスから削り出されるので全体的なおおまかなロッカーは同じ。共通点もあります(テイクオフは丸いノーズのTIKIの方が速いかな…)

シングルのプリモでは、ターンのきっかけを作り、ターンを支えるレールを使いやすいようにテールまわりが作られています。

一方のTIKIは、サイドフィンでターンを支え、レールとボトムはターンの際にスムースに水を流し、動きを邪魔しないようにテールまわりは作られています。プリモとは逆です。

シングルのプリモでは常にレールを入れることを意識しながらターンしますが、サイドフィン付きのTIKIでは、必要な姿勢を取るだけで、力を入れなくてもボードはその姿勢をスムースにトレースしながらターンしていきます。

私がシングルフィンに好んで乗るのは、サイドフィンを使っていないとき(波を横に真っ直ぐ滑っているときですね)の感覚が好きだからです。ターンのときだけポンと煙が出てテールだけサイドフィン付きに変身すれば一番いいのですが、それは無理。

シングルとサイドフィン付き。どちらを選んでも、どちらも良いのは活さんのシェイプのおかげですが、それぞれにしっかりとした理論に裏付けされています。

画像はシングルのプリモ。スピードとターンのときのレールの作用を説明してくれています。TIKIの場合は指先あたりのシェイプが変ってくるのです。

シングル好きな私でしたが、6’8”のTIKIに乗り始めてサイドフィン付きの楽しみ方も分かってきました。こんな感じです(過去ブログです)











Visitor Map
Create your own visitor map!