MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
24
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3]

相変わらず先走る私は短いログ用のフィンに、これ使えないかなあ~と線を引いてみました。順序がかなり違うような気がしますが、いろんな意味でモチベーション上げるのと、楽しむことが重要なのです。

ベースにされてしまったのは、ウッドボードのブランクスを作っている職人さんから数年前にいただいたフィンの壁掛け。フレームに入っていたのを引っぺがして取り出してしまいました。これをコアにラミネートしてもらってグラスオンしてみよう考えています。

フィン、かっこよく作りますのでお許しください。

長さはいまのところ、8’6”で行こうかと考えております。

今乗っている、PIGをそのまま小さくしたような形でフィンはやっぱりDフィン。普通のレイクフィンのボードはプリモの8.4でもうばっちりで、何も言うことはありません。8’4”の長さのプリモがあれだけ楽しいのですから、短いDフィンも楽しめると確信しております。

先日のブログで、フィル・エドワースは8フィート代のバルサ、と書いたらそこに反応した方が店まで来られたのでびっくりしていたら、ビッグフィッシュにも反応していただいた方からも連絡をいただいてさらにびっくり。

ビッグフィッシュも自分の趣味ですが、ぜったい面白いです。どっちもびっくりしつつ、嬉しい限りです。ミニDフィン、大きなフィッシュ、まずは活さんと相談です。

やっぱり楽しいのがいちばんです。


'Sliding' & End Reel Almost Cut My Hair from Ryan Lovelace on Vimeo.



Dフィンが動かないというのは、おそらくただの思い込み。

登場サーファー:ジョニー・フェイン、ミキ・ドラ、ジャッキー・バクスター、バリー・カナイアウプニ、ドリュー・ハリソン、マイク・ヒンソン、ジョーイ・キャベル、デヴィッド・ヌイーヴァ。

Dフィンゆえに生まれてくるスタイルがあります。とてもロングボードらしい動きだと思います。クラシックスタイルがお好きな方にぜひ乗って欲しいDフィンです。



ロングボードとDフィンはこう乗るのです。


週末は波ありそうですよ。



明日も引いている時間帯ならロングボードでできそうです。行きたいですが、私はいくつか片づけなければいけないことがあるので、今回はそっちをやることにします。家のこと(仕事も)がおろそかになってしまうのはいけません。

…と意思決定(笑)をするまで、どっちを持って行こうかと考えていました。二本のDフィンです。



長さはどちらも、9’6”。ロッカーは同じで、どちらも同じようなフィンがグラスオンされています。カラー以外は同じようなボードに見えますが、それぞれ性格が違います。はい、かなり違います。

二本の違いをざっくり言い表してみると、白い方がライトウェイトということでしょうか。

ボード全体のボリュームはブルーの方があります。幅は白い方より1/2インチ細いですがレールは丸く厚めにしています。センター厚もたっぷり残してもらいました。

並べて比べると白い方がきりっとスマートに見えます。白い方も軽い訳ではありませんが、比べるとライトウェイトと言う感じです(実際のウェイトは、ブルーの方が約1キロ重いです)。

フィンもどちらかというと、白い方がピボット的な動きをやりやすいように考えました。

もしかすると、ブルーの方は難しい部類のボードに入るかもしれません。最初のうちは慣れるまで、てこずりました。

白い方は普通だと思います。ブルーに乗っていたせいかもしれませんが、最初から問題なく楽しめました。そうなるだろうなあーと狙って作って、狙いどおりに出来上がったと思います。

どちらが面白いかというと、どちらもです。

ブルーの方は重くてボリューミーな分、扱いに少々コツが要りそうに思いますが、その分ボードが返してくるレスポンスは強烈です。ムネくらいの波では、ただ横に走らせているだけでも下半身でがっちりと抑え込む感じで、滑走感もすごいものがあります。

ターンは…たぶんあまり動いていないと思いますが、やっぱり迫力あります。

白い方はそれをもう少し気楽(笑)にできる感じです。ブルーよりもターンは大きく動いてくれる分、違う面白さがあります。やっぱり、ライトウェイトという感じです。

明日は、ブルーで行くつもりでした。小波でボードの重量を利用してスピードが付くまでタメて、テールを踏み込むイメージです。

書いていたら、やっぱり行こうかなあ~と…笑。二本のDフィン、それぞれ違う性格で、どっちも面白いのです。 


Dフィン、相変わらず人気はさっぱりです(笑)。普通のクラシックタイプのログに乗れていれば何も問題はありません。ロングボードがさらに面白くなります。ブルーと白と、どちらでもご希望の性格に作りますので。

明日、30日(火)はお休みです。






昨年作ったのが面白くて、すっかり気に入ってしまったFLAT + Dフィンのロングボード。二本目をホームページにアップいたしました。白のピグメントの9.6です。


アウトラインは意識したわけではありませんが、自然とPIG調になりました。ノーズはこのくらいが自分的にはしっくりきます。これより絞ると、パドルしているときに見えるノーズが細く見えて落ち着かなくなりそうです(経験あり)。

一本目はこれです。


一本目は全体的に細いのが分かると思います。違いは1/2インチだけなのですが、かなり印象変わります。

シェイプも違います。一本目はレールはかなり厚く丸くしてもらっています。センター部分も厚めで、ほぼ3”1/2インチあります。そして重いです。

60年代のロングボードはもっと重たいですが、イメージとしては、そんな昔のボードのイメージで作りました。

ムネくらいの波までで使いましたが、これが面白くて気持ちが良い波乗りなのです。

二本目は、1キロ軽いです。たぶん一般的なクラシックタイプのロングボードと同じくらいだと思います。

レールは厚すぎず、薄すぎずでテーパーではありません。テーパーレールはかっこいいですが、私が入るポイントの波には合わないように思います。

フィンは一本目よりも立ち気味で、より反応良くボードの向きを変えられることを意図しました。違いはこんな感じです。


アウトライン、ボリューム、レール、重量、フィン。これらの違いで、それぞれの個性を楽しめるログが出来上がりました。それぞれ違う面白さがあると思います。


そして、重たいDフィンに乗っているとこういう全く違う形の、しかしハイドロダイナミクスを感じるボードでのグライドがまた格別に面白くなると思います。


ぎっくり腰、だいぶ良くなってきました。






9’6”のさわやかさんに乗ってみました。波のサイズはジャストひざ、かろうじてモモの小波でしたが、このニューボード、かなりの好感触です。

ロッカーはフラット。レールは厚すぎず、薄すぎずでも真ん中の厚みは3”1/4としっかり。ボトムのロールはゆるめで、どちらかというとフラット気味。重量は10㎏で重すぎず、軽すぎず。フィンは立ち気味のDフィンです。

昨年作ったブルーのDフィンは、重量もあってレールはもっと丸く厚く、どちらかというともっとコテコテのクラシックのイメージで作りました。そのせいで慣れるまで少し時間がかかったのですが、こっちは最初から問題無しです。

前回のDフィンの動きとコントロールからヒントを得て、よりピヴォット的な動きをイメージして作ったこのさわやかさんですが、そのイメージどおりに出来上がったみたいです。

小波でしたが、Dフィンやっぱり面白いと思います。ノーズライダーによく付いているようなピボット系の大きなフィンの反応とはかなり違うと思います。乗ってみると意外に反応が良くて、動きの感じはDフィン独特のものです。

よりロングボードらしい波乗りなのでは無いかと思います。

最近はいろんな種類のボードがあって、かつてはロングボードばかり乗っていたけれど最近はすっかりご無沙汰で、という人も多いです。ロングボードに乗ってみても、なんとなく面白く無い。それよりフィッシュやシングルフィンのエッグの方が面白くて、ますますロングボードに乗らなくなって…。

私もそうでした。

きっとDフィンのログはそんな人が乗ってみたら面白いのではないかと思います。いわゆるクラシックタイプと言われるロングボードともちょっと違うと思います。

まあ結局は興味ある人だけなんでしょうけど(笑)、以前とは違うロングボードの新しい世界が広がると思います。

またロングボードへ戻ってきませんか? いいですよ、FLAT+D。



年末・年始の営業スケジュールはホームページ左上の「営業カレンダー」というところをクリックしてください。





ハンバーグレストランのお話しではありません。あたらしいローングボードが出来上がったのです。嬉しいので思わず余計なところまでのばしてしまいました。

9’6” x 23” x 3”1/4 シェイパー:川南 活


表も裏もフィンも真っ白ピグメントのさわやかさんです。ディケールはテールの一番端っこに入れました。

フィンは今回もグラスオンです。フィンの形はおなじDフィンでも前回のブルーのログのフィンよりも立ち気味で、テールの一番端まで下げてオンしてもらいました。

以前に書きましたが、一般にはむずかしいと思われているDフィンとその動きをあらためて実証してみようと思って考えたフィンの形と位置です。

ブルーのログに乗っていて感じたことですが、詳しくはこのさわやかさんに乗ってみてから、あらためて書いてみたいと思います。

ボトムはごくゆるいロール。フラットな部分を残してもらっています。好きなボトムの形です。レールはもう一本の赤いログとよく似ています。レールはテーパーになりすぎず、厚くもなりすぎないボリュームの丸いレールです。


やっぱり今回もノーズコンケーブは無しです。

最近のログっぽいシングルフィンを見ていると(全てがそうではないのでしょうけど)ハルみたいなロールボトムでレールまで曲線でまるーくアップしていって、レールはテーパー。それにグリノウフィン。

それらのシングルフィンとは、かなり違うさわやかさんです。フラットなボトムとDフィンの組み合わせは、グライド感が強くてボードコントロールはラディカル。ボードの動きじゃなくて、コントロールがラディカルというところがミソ。動きは激しくありません(激しく動くログなんて嫌です)

ロングボードらしく、しっかりと身体を使って乗ってあげると、気持ちがいいレスポンスが帰ってきます。ロングボードらしい乗り方に自然となってきます。

まだ乗ってもいませんので、このくらいにしときます。


それからロッカー。こんな写真からも分かると思いますが、ロッカーはかなりフラットです。これも重要な要素です。


フラットなロッカーとDフィンの組み合わせ、新鮮で新しい感触だと思ってます。以前の記事も併せて読んでみてください。2017年9月15日「FLAT +D」

このボードは店頭に置いてあります。見に来てください。










私の新しいロングボード。アウトラインを引いていただきました。


最初に作ったこのログを、アウトラインのベースにしています。


そもそもロッカーはおおきく違うのですが、よく見てみてもアウトラインはどこか違うの?という感じです。たぶんいまの段階で見ただけでは分からないと思います。

違いはノーズの幅です。新しいボードはノーズ幅を1/2インチ狭くしました。

1/2インチは、12.7㎜。ボードの両側ですのでさらに1/2して、6.35㎜ずつノーズ幅が狭くなっています。

センターの最大幅は23インチ。ここは同じです。

たった6ミリの違い?と思われると思います。私もそう思います。

でも違うんですよ、これが 笑。

最近よく登場する、納戸色(青です)のDフィンのログ。センター幅は23インチより1/2インチだけ細くして22”1/2ですが、これだけで細く感じます。初めて海に浮かべ、ボードの上に腹ばいになってパドルを始めたとき、細っ!と思いましたもん。

で、ノーズ幅だけを12.7㎜細くするとどうなるか。

サーフボードのアウトラインを書くときにはテンプレットと呼ばれる大きな定規を使います。たった12.7÷2 ㎜でも、長いロングボードの大きなテンプレットですからラインが通る位置に結構な差が出てきます。

ノーズが細くなった分、23インチのセンター部分へアウトラインが自然な曲線でつながる位置はより遠くへ、つまり後ろへと移動するので、アウトラインのバランスは後方へ移動することになります。

新しいロングボードは、フラット、Dフィン、ピボットターンを意識していると以前書いたのを覚えてますか?

出来上がって実際に波を滑ったときに、12.7㎜の小さな違いが、それら意識していることにつながるんじゃないかと期待しております。


それからイメージが先行してしまっている、7フィート代のシングルフィン(下のブログです)。

左側のテンプレットがイメージに近いです。右はもっとクラシックなシングルフィンですね。これは、もうちょいイメージを寝かせてからです。

サーフボードって、想像的で創造的だと思います。面白くってたまりません。


実は考えていることがもうひとつあるのですが、それはまた明日。












昨日はずっと9’6”の納戸色に乗っていました。このロングボードの一番の面白さはフラットなロッカーと大きなDフィンです。

クラシックなロングボードのコントロールは、ボードの後方にしっかりと体重を乗せたピボットターン的な動きが主になってきますが、フラットロッカーとDフィンの組み合わせは、それが強調されてさらに面白くなる、ということを以前にも書きました。

そんなの忘れました。という方はこの辺を読んでみてください。
「フラットの意味」 「フィンのパラドックス」

平らで、長くて、重くて、大きなフィンが一番後ろについているサーフボードなんて、そんなのに乗って何ができるの?と思うかもしれません。

でも実際のところボードのレスポンスは、いままで乗ってきたロングボードの中でも、このボードが一番過激です。


ボードの向きを変えるときの感触、波のブレイクのちょっと先、一番波の力を感じるところをフラットなロッカーで押し出されるように滑っているときの感触、そしてボードの向きを一気に変えて波からプルアウトするときの感触。

身体に伝わってくる感触は、どれもこれもかなり派手なものです。

その前の日の8’4”のプリモとの感触の違いを思い出してみます。

軽くて短く、反応がいい8.4ですが、だからといってやたらと動かしたりはしません。波のフェイスを大きく使い、滑らかに、チカラを抜いてもレールは抜かず、波を上下するときはふわりとした浮遊感を、前後に動くときにはスピードを楽しむというように、メリハリをつけた波乗りを楽しみます。

ボードが軽く、反応も軽い(よく滑ってくれる活さんのシェイプだからこそ)プリモならではの滑りです。

一方のログ。

身体のチカラを抜いているように見えても、重く浮力が大きいボードはヘソから下、下半身にチカラを入れて常にボードを抑えつけながら、波のパワーに弾かれないように滑ります。

そして、スピードに乗せながら、ここでしょうという波のポジションで後ろの足を下げ、テールを踏み込むと、重量があるボードがフィンとそのまわりのレールを中心に、波の表面を削り取るようにボードの向きが一気に変わります。

最小限の動きですが、ボードの重量と反応の重厚さが与えてくれる満足感は大きいのです。

前日の8.4のプリモのおかげで、FLAT + Dfinの気持ち良さが良く分かったのかもしれません。

ログの後はこれ。パイポです。

速いです。レールを入れてあげることを意識すれば、前からテイクオフして走っているサーフボードに簡単に追いつきます。波に近いのもログの後にはなおさら気持ちがいいのです。

次なるFLAT+Dのためのブランクスも到着していました。四か月待ったブランクスです。


楽しみがまたひとつ 笑。

このブランクス、2本ほど余裕があります。いまなら四か月待たずに作ることができます。数量限定なので、FLAT+Dが気になる方はお早めにご相談ください。








昨日のフィンの画像です。新しいロングボードにつけるフィンの参考になりそうな資料を探して、50年前の本をめくっていますが、カビくさい 笑。

私が何をやっているのか良く分からないのですが?という方は、まさしくカビの生えたデザインを再現しようとしていると思っていただければほぼ間違いありません。

1960年代前半のデザインです。

1967年の広告にはこんな形のフィンが登場しています。いままでのフィンの約41%の面積を切り取りました、と書いてあります。さぞかし動きが軽くなったこだろうと想像します。


それまでも、こういういわゆる(Dフィンに対して)レイクフィンと呼ばれる形状のフィンは存在していましたが、フィンによってそれまでのサーフィンを決定的に変えたのは、66年の世界大会でのナットヤングのサーフィンだったのではないかと思います。

話題性がある有名なサーファーが一般サーファーに与える影響は、今も昔も変わらないと思います。

しかし、ロングボードだけがサーフボードだった当時のサーフィンにこれらのフィンが与えた影響は、それほど大きくなかったのではないかと想像しています。

と言うのは、この広告の翌年にはロングボードは姿を消してしまうからです。活さんがよく当時の話をしてくれますが、本当にあっという間にボードは短くなってしまったそうです。

50年代から続いてきたロングボードが、一夜にして消えてしまったようなイメージです。


サーフボードのこういうったヒストリーの類いは、いろいろなところ(雑誌など)で語られて、もうたくさんの人が知っているポピュラーなお話しになっていると思います。

だから余計に、66年のナットヤング以前の大きなフィンが付いたロングボードは、それが載っている雑誌と同じでカビくさいデザインだと思われてしまっているのかもしれません。



当時の写真や映像をみていると、現代にロングボードに乗っているサーファーとは、身体の使い方もマニューバも違うことに気が付くと思います。今の時代に、いわゆるクラシックと呼ばれているカテゴリーのボードに乗っていても違うのです。


その理由はやっぱりフィンだと思います。いまどきの話として、Dフィンやハーフムーンと呼ばれる形のフィンを使っているロングボーダーはかなり少数派だと思います。

難しいと思われているのかもしれません。実際、私もそうでした。でもDフィン、誤解を受けている部分が多々ありそうです。乗るべき位置に乗ればびっくりするようなレスポンスがあります。それほど難しいという訳ではありません。逆にレイクしたフィンでは味わえない感触は貴重なものだと思います。

上のフィンの広告には、ハイパフォーマンスフィンと書いてあります。今思うのは、ロングボードのハイパフォーマンスって何だろう?ということです。最近の若いロングボーダーのように、細いシングルフィンでボードを軽く鋭角にターンさせてしまうことでしょうか?

ブルース・ブラウンの古い映像に影響されてサーフィンを始めた私ですが、その答えがもしかすると見つかるかもしれないと、ちょっとワクワクしているのはDフィンのハイ(?)パフォーマンスのおかげです。


新しいDフィンはピヴォットターンを意識して、立ち気味な形状にしてみたいと思っています。フィンの位置はボードの一番後ろでしょう。

今使っているDフィンの形を取りました。これをテンプレットのひとつにして、新しいフィンの形を考えてみようと思ってます。


Dフィン、もっと見直されていいデザインだと思っております。







Visitor Map
Create your own visitor map!