MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
5
12
15 19
23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新コメント
読んだ結果(返信済)
(09/11)
(08/09)
(08/04)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4]


ジョン・セバーソンの古いフッテージです。昨日のブログのボードはこういう波乗りをやりたいと思って作りました。ボードもなんとなく似てます。というのも、昨日のブログで書いていた幅が22インチというのは上の動画を見ていて思いついたからです。


幅を細くするということへ考えが至ったのは、22”1/2という幅のログに乗っていたからです。それまでの23インチとは何かが違うぞ、とずっと思っていました。

あらためて考えてみたら昔の(60年代)のボードは大抵が今のクラシックと言われるロングボードよりも細いということに思い至ったのです。昔のボードと同じようにDフィンにして、フラットなロッカーを作り、ある程度重くして形を似せてみても乗ってみると古いヴィンテージボードとはどこかが違うのです。

そして、22インチ幅にしたボードで波に乗ってみたのが昨日のブログです。

ボードの前後、そして左右のレールへ体重を乗せると、反応はかなり敏感になっているのを感じました。ボードに体重を乗せて何かの動きをする度に、バシャッ、バシャッと大きな音が聞こえてくるくらいにボードからスプレーが飛びます。

フィンは確かにDフィンでこれまでとほぼ同じ大きさです。それでもボードの反応は多いに変わっていました。これまでのDフィンのログとは違う反応に海の中で大興奮でした。まさに「何コレ?!」と思いましたから。

ログの面白さは、いろいろあります。滑り出すときの気持ちよさ、重量と大きな接水面が生み出す強烈なグライド感、滑りのスムースさ、小波でも十分スピード感を楽しめることなど、たくさんです。

そこにさらにプラスされたのが今回のこの感覚。まだうまく表現ができません。とにかくこれまでに作ったDフィンとは違うものです。これからもっと乗っていけば何かいい表現を思いつくんではと思います。

ノーズライド命もいいですが、こういうログの方向性もあっていいと思います。このログ、Dフィン方面に興味ある方にはかなり面白いログではないかと思います。


さて、クラシックなログにもマッチする、AXXE CLASSICのオーダーキャンペーンは、この三連休までです。お渡しは10月中旬以降。消費税は10%になりますが、クレジットカードなら5%のポイント還元対象です。





午前中に仕事を済ませて、昼の海へ。サイドから吹いてくる風はひんやりとしていますが、日差しはまだ夏が残っています。運転するクルマの中ですっかり暑くなってしまってウェットを着る気になれずにトランクス一枚で入水です。

波はヒザ・モモくらいですが、このログには十分です。フラットで重たいし、レールも丸々とボリュームたっぷりで、ちゃんと乗れるのかいな?という心配の方が勝ってます。


波を見ながら、ワックスアップ。トラクションが少ないとボードが重たい分、滑ります。見ていると、ときおりハラくらいのセットも入ってきます。

さーて、やってみるべとボードを抱えて歩き出します。このボード、ワイドが22インチと細めです。なので脇に抱えるのも楽です(重いですが)

でもワイドを細くしたのは、持ちやすくするためではありません。

現代のクラシックなロングボードは幅が23インチというのが一般的です。それにくらべて、ヴィンテージボードは細い。23インチから22 1/2へ、わずか1/2インチ(1.2センチ)細くしただけでも違いを感じました。それで、今回はさらに1/2インチ細くして22インチにしてみました。

果たしてどう変わるのか?

…とワクワクしておりましたが、まずはお初のボードに慣れるところからのスタートでした。乗れないのです。乗り遅れ、乗り遅れ、乗り遅れをもう少し繰り返して、もう少し前へ胸をついてみようと移動したら、ノーズが波の中 笑。 

こういうのもヴィンテージボードに乗っているみたいで楽しかったりするのですが、このままでは幅の違いなんて分かりっこありません。そこで修正すべき点を整理します。

ボードが重く、パドルでの加速が遅いようなので、それに合わせたパドルのタイミングを考えます。フィンが大きくてコントロールが難しいボードは、慣れるまでの最初の滑り出しは大切です。

ヒザ波でこんなにイロイロ考えている人はなかなか居ないと思います。自信の無さの現れでもあります 笑。それでも一度タイミングとポジションをつかんでしまうとあとは何の問題もありません。

滑り出しは速くても、ボードに十分スピードがつくまで待って立ち上がります。大きなフィンの抵抗があるので、そうする方がその後が安定してきます(フラットなロッカーも関係あると思います)。丸くてボリューミーなレールは扱いが大変かと思っていましたが、特に気になりません。それよりもスピードがすごいです。

テールをしっかりと押さえてコントロール(というほど動くわけではないので、トリミングという方が正しいかもです)してあげると、すごいレスポンスが返ってきます。重量、大きさ、スピードのせいだと思いますが、かなりの迫力です。

幅を絞ることで意図的に不安定さを作り出せば、ボードのレスポンスに変化が出てくるはずだと考えたのですが、考えたとおりのレスポンスを返してくれているように感じました。

理屈はいろいろとあるのですが、そんなのを置いておいてもとにかく、ログをあやつる面白さが広がったのではないかと思います。これまで乗ってきたロングボードの中で一番面白いと言っちゃってもいいと思います。このDフィン、かなり気に入りました。

まだ色白です。早く日焼けさせてあげようと思います。


次は、さらに1/2インチ細くして、21”1/2幅にしてみようかと考えています。変化の余地はあんまり無いのかと考えていたロングボードですが、まだまだいろいろありそうです。


ログの後は、パドルのバランスとテイクオフの感じをちょっとだけ。6’8”のMINI HULLです。感じはつかんだので、次回のお楽しみということで。コンケーブ入りとは逆で、フィンはもうちょっと大きい方が良さそうです。
PIG


先週、シェイプを紹介したPIGのラミネートが進行中です。ボランクロスを使ってクリアの樹脂でラミネートしています。デッキが、8オンスx2層に8オンスのパッチ、ボトムは8オンスx1層です。11キロ弱程度の重量で出来上がってくるかと予想しています。

ボランクロス特有の薄い色がきれいです。ログ愛好家はボランカラーと呼んでいますが、海の上では海の青を映すのか、それとも空の青を映しているのか、なんとも言えないきれいな薄いブルーに見えます。ショートボーダーの皆さんには分からんでしょうが(笑)そういうところもログの楽しみなのです。

幅は細めで、22インチワイドです。

ログに乗らない人にとっては、どれも同じように見えるかもしれませんが、サイズ、フィン、ロッカーの組み合わせで変わってきます。このPIGは、フラット、Dフィン、細身で60年代のロングボードぽいイメージで作っています。ちょっとヴィンテージボードみたいでいまどきのクラシックと呼ばれているロングボードに乗りなれている人には、きっと新鮮に感じられるのではないかと思います。


Dフィンが出来上がりました。今回はウッド調。コアにしたレッドシダーの合板をあらわしにしてもらいました。組木や樹脂を埋め込んだりすることもできます。私はシンプルなのが好きなのでそのままで。木目がきれいです。

ボードはまたまたPIGです。このフィンをテールエンドにグラスオンします。レッドシダーのストリンガーとコーデネートです。

ストリンガーは3/4インチ幅。存在感あります。これは以前に作ったログです。


すっかり首が長くなってしまったブランクスは来週到着予定。一緒に長くなった、Iさんのノーズライダーから先にシェイプしていただきます。

3/4インチのレッドシダーストリンガーのブランクス、一本余裕があるらしく私のところでホールドしてもらっています。

これで何か作ろうと思っておりますが、もし「作りたい!」という方がおられたらご連絡ください。クラシックなログ用で作ることができるレングスは、9’4”~9’8”くらいです。

ロッカーは私が今乗っている二本のPIGと同じ。フラットなイメージです。ずっと使って乗ってきているロッカーです。

アウトライン、幅や厚み、フィン、ラミネート、カラー、などなど相談しながら作るのも面白いですよ。

9’6” x 22”1/2 x 3”1/8

昨夜、風呂からあがって寝る前チェックした波高は、当初よりもダウン。これはランニングしたほうがいいかとも思いましたが、ロングボードだったらなんとかなるかと行ってみたものの…。

予想以上に、なんとかなりませんでした。二時間くらい入っていて、5本乗れたか?最後はパドリングで上がりました。

こんな日もあります。仕方がないのでボードの画像で誤魔化してみます。9’6”のピグです。





Dフィンのピグ、どれも同じように見えるかもしれませんがそれぞれに違う性格です。違いは幅の差が一番大きいです。このピグは幅23インチ。もう一本は、22.5インチ。そして、新しく作っているピグは、22インチワイド。長さとロッカーは同じです。

23インチと22.5インチは1/2インチしか違いませんがかなり違います。22インチはさらに違うはずです。

どう違うかは22インチが出来上がってから、もう少し先でまとめてみようと思います。それまで、この23インチワイドにきっちり乗っておきます。

波はまた次に期待するとして、こっちのテストはそれなりにできたと思います。新しく手に入れた、ソックスです。


ブーツとソックス、どう違うの?と言うとソールの有無だと思います。

ブーツはしっかりしたラバーのソールで、かかとから足の裏、足の横、つま先あたりまで覆われています。しっかりしたラバーと言っても、簡単に裏返すことができる柔らかさがあるので、デッキの上での足の動きに追随してきてくれ、ストレスは最小限になっています。

ソックスは、言うなら「ブーツのソールを取り付ける前の状態」みたいな感じです。今日試したのは、オール3ミリで足首から足の甲、足の裏も3ミリのウェットと同じ素材でできています。

足の裏から足の横にかけては、表面に滑り止め加工がされています。


裏地は今日着ていたAXXE CLASSICのロングチェストジップと同じ起毛素材のプレミアムドレインです。簡単に裏返すことができます。


こんな感じのソックスなるものを今日は履いてみました。

保温性はブーツとくらべると、ソールが無く3ミリジャージ一枚で足の裏(足の裏は起毛無し。滑るから?)なので、少し冷たく感じたと思います。

でもそれ以上に感じたのは素足感です。冬場のウォーキングはゴム一枚へだてた感触でしたが、それが3ミリポッキリです。想像してほしいのは、3フル着てパドルしているときのムネの感触です。

ソックス、気に入りました。

おそらくですが、耐久性はブーツの方が上だと思います。薄い分、足の裏の生地のつぶれ、ソールとアッパーを縫い合わせている部分は、角度をつけて縫われていますから、そのあたりが気になり始めるかもしれません。まずは試してみます。

やっぱりブーツは苦手と言う方や、ブーツは平気でも、もっと裸足に近い感覚の波乗りに投資したいという方は試す価値あると思います(まだ、若干数メーカー在庫あります。)

ちなみに、このソックス履いて足ヒレは無理。入りませんでした。そっちのソックスも欲しいところです。

明日は定休日です。年末にお預かりしたリペア(ぼくのビッグフィッシュも!)出来上がっているのでピックアップしてきます。ピグのシェイプが出来上がったみたいなので、そちらも楽しみです。

今日は不完全燃焼でしたが、気分はこんな感じ。

先週ひさしぶりに乗ったロングボードですが、その前はいつだったかと辿ってみると11月のはじめ、ひと月とちょっと前でした。短いボードを引っ張り出そうという気になるような波が続いていたからです。

それで久しぶりにロングでやろうという波になったのは、そっちを考えろということだと思います。フラットロッカーにカラーフォームを入れたブランクスが届いたということは、私が自分用に頼んだブランクスもそろそろ。あらためて作りたいPIGの内容を整理しています。


今待っているブランクスで7本目のPIGです。

始めはアウトラインを作ることから始まりました。テール寄りにバランスがある独特のアウトラインですが、いろいろと作っているうちに数値と見え方は必ずしも一致しないということが分かってきて、自然なバランスに落ち着いてきました。

それからロッカーです。以前に何度か、「FLAT+D」などと書いたと思いますがDフィン独特のレスポンスを引き出すには、フラット(気味)なロッカーとの組み合わせが外せないと考えるようになってきました(FLAT+D、ブログのカテゴリーの「Dフィン」で読むことができます。さかのぼってみてください。)

そうやっていろいろと作って乗っているうちに、PIGの独特のレスポンスを生み出す要素がもうひとつあるんじゃないかということを考え始めたのですが、そうすると自分の中でできあがっていた、アウトラインの黄金比が変わってきてしまいました。

ふりだしに戻ったようにも思いましたが、そうではなくて途中から道が分かれてゴールが二つあるのだと思います。その分かれ道のキーワードは「安定と不安定」です。次に作るPIGでは、それを試してみようと考えています。

これが今使っているもう一本のPIGです。同じようなDフィンでロッカーは同じですが、乗ってみるとかなり違う二本です。この違いが面白いのです。


年明けから面白くなりそうです。

ブランクスを注文したばかりで、まだ少し先になりますが、次に作ってみようと考えているログのフィンのテンプレットを作ってみました。最近作った2本、ホワイトピグメントの9.6とピンクの8.3のフィンは、もう少し立ち気味でピヴォット的な動きを意識しましたが、それらよりも後方へ寝ている形です。

9.6と8.3はこんな感じです。違いが分かると思います。


DフィンのPIG、これで7本目です(#6と画像には書いてますが、ピンクの8.3を忘れてました。#7でした。)60年代のヴィンテージボードに乗ってみたのが面白くて、なんとかその感じを現在のクラフトで再現できないかと考え始めたのが最初です。

最初の一本です。ラウンドピンのPIGでした。



今思えば、これが一番’PIG’らしい、ふくれたアウトラインだったかもしれません。

最新がこれです。いいアウトラインだと思っています。


7本目もやっぱりPIGのつもりですが、今回は二次元的なアウトラインはもちろんですが、三次元的にもう少し考えてみようと思っています。

アウトライン、フィン、ロッカーなど、上の画像でPIGは完成と思っていましたので、ここから先はマニアックというか個人的な趣味の領域です。最初に考えていた「ヴィンテージボードに乗っているような感覚」をもっと再現してみたいのです。

というくらいですから、そのためのプランはいちおうのところ揃えています。あとは実際に形にして波に乗ってみることです。

完成は来春の予定です。お好きな方、お楽しみにどうぞ。

やりたいのは、こういうサーフィンです。

少し早く着きすぎたかとも思ったものの、コーヒーをすすりながら見ていると、たまにくるセットは小さいながら滑ることができそうです(ロングボードで)。潮はこれから引きなので、海の中で待つことにいたします。

予想通りのコンディションに合わせて持ってきたのは、この9’6”PIG。11キロほどあります。


重量があるのと、もうひとつの特徴としては幅が少しだけ細い(22”1/2です)ということと、ボトムのロールが自分が乗ってきた他のものより若干強めということ。厚みは3”1/2あって、レールも厚めで丸くしてもらっています。

ですので、立体的なボードのイメージとしてはころっとした雰囲気があります。

ロールが強めで細め、ということはボードの動きとしてはストリンガーを軸として、上下方向に回転する(傾く)動きが(ボトムがフラットで幅が広いものより)強くなります。つまりロール(横揺れ)しやすくなります。

ビンテージボードを見ていると、接したことがある方ならご存知だと思いますが、だいたいにおいて幅が狭いです。22”1/2は広い方で、22”~21”1/2は普通です。

21”1/2なんて、自分の5’6”のフィッシュと1/2インチしか違いがありません。

下のブログの記事で頭に浮かんできたイメージというのはこのことです。動画を見ていて思い出したのは、その幅の狭い重たいロングボードを操る感覚です。それを体感したくてこのボードを持ってきました。

これまで、習慣的にあまり考えずに、ボードの幅を23”にしてしまっていたのではないかということです。

ここまでついて来られる方は、おそらくビンテージボードでサーフィンしたことがある方かもしれません。毎度、マニアックですいません。実際、このブルーのログは(重量以外は)ビンテージボードを現代に作るというイメージで作りましたが、乗っていてかなり面白いボードなのです。

それが動画を見ているうちに、結び付いたのが「昔のサーフィンはかっこいいな」ということとブルーのログの面白さです。

ビンテージボード同様にセンター幅をもう少し細めにして、それに合わせたバランスでノーズも絞り込んで、このブルーのログのようにコロンとしたシェイプにしたら…。

ワクワクしてしまうのは、おそらく自分だけかも 笑。

フィル・エドワーズのボードも細めでした。
お知らせ:7月28日(土)はお休みいたします。台風12号、みなさまもお気をつけください。

昨日。定休日。狙い通り。笑。


リペア工場とシェイプルームの中間地点がここなのです。通りがかるといくつかのポイントで、小さいながら、形がきれいな波が割れているので、これはロングボードで遊べるぞと駐車場へクルマを滑りこませます。

何のうねりだかは知りませんが、とりあえずショートジョンに着替えて飛び込みます。夏は簡単。

波はヒザ、モモ。なぜか皆さん(と言っても4人くらい)レフトばかりに集まっているので、独りレギュラー。小波でもいろいろ試せます。

ボードはオペークホワイトのDフィン。


この色、海でとてもきれいです。白がお日さまと海の青にきれいに映えるんです。色を着けていないクリアも同じ白なのですが、それともまた違う質感がいいのです(そう言えば、クリアボランの色も海できれいですよ~)

8.6のミニピグも白にしちゃおうかと心が揺れております。

ひさびさのDフィンでしたが、やっぱり自分にはDフィンがしっくりきます。グリノウフィンを最初にロングボードで使った、ナット ヤングはすごいと思います。でもやっぱり、グリノウフィンは、ロングボードよりもその後の時代のショートボード用じゃないかと思ってしまいます。

8.4のプリモなら、グリノウフィンでばっちりなんですが、重くてフラットでレールもボトムも丸いクラシックなロングボードには、Dフィンの支えが必要なのです。

そういう意味で、8.6のサイズにしたミニピグは自分にとってかなり実験的です。

それからこのショートジョン、いい感じです。


首回りと脇を広くしたのですが、そこから適度に海水が入ってきて夏でも暑くなく着られそうです。肩のベルクロも背中のジッパーもなくて、なんか開放的です。ジャージの色の組み合わせ、考えるのも楽しそうです。来年も色違いで作ってみようかと…。


小1時間、乗っては戻りを繰り返し、たっぷり楽しんでシェイプルームへ向かいます。

Iさんのニーボード、シェイプコンプリートです。

ウィングスワローは、このまま幅をせばめてツインフィンにもなりそうですが、それは置いといてニーボードです。

ボトムはシングルコンケーブ、レールはパキっとフルエッジにしちゃいますので、Iさん覚悟していてください 笑。トライフィンのセッティングも私のと同じです。ルースせず、動いてくれて、かつ走ります。

ニーボードもそろそろ新しいのが欲しいなあと思ってますが、自分が今作るならこんなの、というのを作っています。

いいですよ~、これ。ご期待ください。


さて、明日は台風来ちゃいそうです。当初の予定よりカーブがきつくなって西よりのコースをとりそうな予想になってますが、どうなるか分かりません。私はお休みをいただきます。皆さまもお気をつけください。

これで大丈夫なのか、メダカ。


お知らせ:5月31日(木)、6月1日(金)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。


9’8” PIG、ただいまラミネート中です。いちおう9’8”と言っておりますが、もう少し長いかもです。細かい数値よりも調子よく削ってもらいたかったので、ブランクスの端から端まで使えるところは全部、というサイズです。出来上がったら測ります。

あ、幅は23”です。



高密度発泡で、きめが細かくクラシックボードらしい、しっかりとした重量があるブランクスです。ストリンガーは、3/8インチのレッドシダー。ラミネートしてしまうと分からなくなりますが、シェイプ中は木材のいい香りが漂ってます。活さん、シェイプしながら香りに癒されてました。

ラミネートは、8オンスのボランで包みます。デッキとフィン回りには補強のパッチ。このボランクロス、海でみるといい色です。天気が良い日は、海と空の青を吸い込んだみたいなきれいな薄いブルーに変わります。

フィンは、Dフィンをグラスオン。他に選択肢はありませぬ 笑。

Dフィンって難しいと思ってませんか? そんなことはありません。Dフィンのレスポンスは過激で、とてもロングボードらしいのです。以前に書いたブログを読んでみてください。

PIG、出来上がり楽しみにしていてください(自分が一番楽しみだったりしてますが…)

ウェットがいろいろと出来上がってきております。

AXXEのロングチェストジップ、春秋用の3mmです。プレミアムゴールドラバー、やっぱ柔らかいです。しかも柔らかさが持続します。冬用と違って、首回りはシングルで軽くなっております(水温が低い地域の方にはダブルネックもあります)もうひとつは、ZERO。ジッパーレスの3/2mm。EXTENDのジャージの手触りはやばいです。


明日もロングボードで出来るくらいありそうです。海入りたいですが、耳痛くなくなったので「治ったかなー?」と綿棒でつついたら、また逆戻り(反省)。完治するまで触らないことにします。

Visitor Map
Create your own visitor map!