MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
6’8”のBONITAはお嫁に行きました。ちょっと大柄ですが、かわいがってやってください。そして、お問合せいただいた方々、どうもありがとうございました。

BONITAフィッシュ、すでに多くの方々に乗っていただいています。機会がある度に、調子どうですか?とお尋ねしていますが、皆さん気に入って乗っていただいているようです。

お気づきだと思いますが、BONITAフィッシュには二種類のフィンセッティングがあります。BONITAに限らず、フィッシュと呼ばれているサーフボードにはいろいろな形状のものがあります。BONITAはその中でも、トラディショナルなフィッシュの形をメインのコンセプトにシェイプされています。

優れたデザインは残っていくものですが、それと同時にそれをベースにより優れたものへと進化もしていきます。フィッシュの性格、フレンドリーで速く、独特のグライドがあるという性格を継承しつつ、マニューバもこなせるような要素を加えていくのがフィッシュの進化です。

フィンのセッティングにマニューバのための要素を取り入れているものと、クラシックなもの、BONITAフィッシュのフィンセッティングにはその二つの種類があります。

ひとつはシングルフォイル、片面フォイルのキールフィンを使ったBONITAです。シングルフォイルというのは、フィンの片方が平らでもう片方が曲面に作られている形です。トライフィンのサイドフィンと同じです。内側はフラットです。




もうひとつはダブルフォイル、両面フォイルのキールフィンを使ったBONITAです。ダブルフォイルは、フィンの両面が曲面に作られています。トライフィンのセンターフィンと同じ、シングルフィンとも同じです。




同じキールフィンですが、フィンの形状も微妙に違います。片面フォイルの方がレイクが入っており、両面フォイルは立ち気味です。

フィンの取り付け方にも違いがあります。絵を描いてみました。


両面フォイルはストリンガーに対して平行に、鉛直方向に真っすぐ取り付けられています。一方の片面フォイルは、進行方向に対してフィンのベースが少しだけ内側(ノーズの先端方向)に向いて、そして鉛直方向に対して、フィンの先端が開くような角度が付けられています。

そしてもうひとつ。絵では描き分けできていませんが、片面フォイルの方がほんの少し前寄りにフィンが付いています。

両面フォイルは直進性があるセッティングで、片面フォイルはそれに回転性を加えたセッティングになっているのがお分かりいただけると思います。

回転性と書いていますがベースが広いキールフィンの性格、トラディショナルなフィッシュの性格に変わりありません。そこへ、フィンのセッティングを変えることで回転性をプラスしています。ボードのシェイプはどちらも同じです。BOXのシングルフィンで、フィンの位置や大きさを変えるのと同じような感覚です。

両面フォイルはシングルフィンと同様に滑らかです。私はこの感覚が好きなので、もっぱら両面フォイルに好んで乗ります。片面フォイルのフィンはボードを回転させるように働きますが、フィッシュらしい滑りは失われてはいません。どちらも速いのは同じです。

片面フォイルは両面フォイルよりも、動きが出ます。これも、比較すればということですので、動きが出ると言ってもツインフィンのようなルースさがある訳ではありません。こちらもあくまでトラディショナルなフィッシュです。

その中で、お好きな方をチョイスしてください。

両面、片面どちらにしても、波を真っすぐ縦に上がるような動きには鈍くなります。できないことはありませんが、それをフィンやシェイプに求めるとトラディショナルなフィッシュからは離れていくデザインになってきます。

より動きを求めるのでしたら、KK FISHというロケットフィッシュタイプのいいフィッシュがあります。ラウンドノーズの面白いフィッシュです。よりもっと動きを、となればBONITO(BONITAとA違いです)などのツインフィンの性格に近いデザインがあります。

BONITAは伝統的なフィッシュを楽しんでほしいモデルです。私の好きな(笑)クラシックというやつです。ショートボードのリズムに馴染んでいるようなら、片面フォイルの方がしっくりくるのかもしれません。両面フォイルでも、動きのコツを覚えるととても気持ちよく滑ってくれます。それぞれに楽しみ方があると思います。

これはシングルフォイル 5’4”。


伝統的なフィッシュのデザインはというと、まずは特徴的なアウトライン。全体的に幅広で、テールまでパラレルなアウトライン。そして切れ込んだフィッシュテールが浮かんできます。



フィンは大きな三角形のキールフィン。シングルフィンと同じ両側とも曲面に削られたフィンがフィッシュテールのかなり後方に、真っすぐグラスオンされます。ボトムはシングルコンケーブ。

モダンなツインフィンと違って、直進性が強調されるデザインが特徴です。スピードとスムースなグライドがフィッシュの持ち味だと思います。

そんなクラシックフィッシュにマニューバ性をプラスしていったのが、ロケットフィッシュというデザインです。MRのツインフィンはフィッシュが進化したものですが、その流れとは違うところにあるのがロケットフィッシュです。

アウトラインをシャープにして、ロッカーをつけ、ボトムシェイプとフィンのセッティングを変えていくなど、作り手によっていろいろなロケットフィッシュがあります。

それは、パフォーマンス性を向上させるという、サーフボードの自然な進化ですが、あくまでもフィッシュというデザインをリスペクトしつつ手を加えて行ったものがロケットフィッシュです。

カツカワミナミサーフボードのラインアップでのクラシックなフィッシュはご存知、BONITAと呼んでいるラインアップです。滑りは本当になめらかでスピードが出るのですが、この感覚を残してもっとマニューバを描きたくなるのは自然な流れです。

自分でもロケットフィッシュ的なフィッシュも欲しいなあ、と考えていたのですがこれがあったのを思い出しました、というよりお馴染みすぎて盲点だったのは、KK FISHです。



活さんお得意のラウンドノーズから絞り気味のフィッシュテール。ボトムはシングルコンケーブからVEEを入れたテール周りはダブルコンケーブ。フィンはレイクが入った片面フォイルのキールフィン。ルースになりすぎず動いてくれそうです。



パドルもテイクオフも良くて、スピードがつけやすいラウンドノーズはMINIやBOOGIEと同じで、クアッド版のMINI クアッドも同じ部類のデザインになります。以前に乗っていましたが、もう一度作りたいと考えているフィッシュです。ラウンドノーズやっぱり好きです。


実はもうオーダー入れてあります。まずは、5’8”で作ってみようと思ってます。





6'8"のフィッシュのシェイプが出来上がりました。グラスショップへ旅立つ直前のところをつかまえて写真を撮ってきました。いい形でしょ?

サイズは、6’8” x 21”1/2 x 2”5/8 コンケーブが入ったボードのセンターでの厚みのサイズなので、実際に触ってみると厚みの数値よりもボリュームを感じると思います。

テールまでシングルコンケーブで抜けています。


フィンはやっぱりダブルフォイルです。テールまで幅広のパラレルなアウトライン、ボトムはシングルコンケーブ、それにダブルフォイルのキールフィンで6’8”の長さですから真っすぐ進みたがる傾向はどうしても強くなります。それを多少緩和するためにコンケーブの量とレールの形を調節していただきました。


その緩和した部分でボードの向きが変わりやすくなっているはずです。逆に言うと、そのくらいで私としては十分なのです。

BONITAフィッシュは小さいサイズで十分機能します。気持ちよーく滑ってくれるのですが、その気持ちいい部分だけを増幅したい、というのが大きなフィッシュに乗る理由です。

フィンのセッティングやシェイプで、もっと軽く動き回れるようにすることはもちろん可能です。でも、変えたくない。変えるとフィッシュの感覚も変わってきてしまいます。だからそのままストレッチしちゃう。

ほんとは、マニューバを考えてクアッドにしようかと思ってました。でも活さんが、それじゃ普通だからいつものダブルフォイルにすれば?長くした分、シェイプは考えるからと、シェイプしてくれたのが本当のところですが…。

5’6”のBONITAの胴体の真ん中あたりを引っ張って、1フィート2インチ伸ばしたイメージです。定規の目盛りで見ると35.5センチは短いものですが、それでずいぶん見た目が変わるものだと思います。

その分、気持ちよさが大きくなるのが大きなフィッシュの楽しみ。もちろんスピードも速いです。

あとは出来上がりを待って乗ってみるだけ。かなり楽しみです。

小さい方も出来上がりました。5’6”です。これはお店のストックボードなので、すぐ乗りたい方、お持ち帰りOKです。スティールブルーをイメージしたティントカラーできれに仕上がってます。フィンはダブルフォイルです。

詳しくは明日、アップします。

2006年10月にシェイプしてもらったフィッシュ。5’4”です。シェイプはもちろん、川南活さん。当時は活さんのフィッシュとクリステンソンのフィッシュに乗っていましたが、他の人がやらないようなところでは、6’8”の大きなフィッシュにも気に入って乗っていました。11フィートのグライダーもフィッシュテールでした、というのは蛇足です。

当然ですが、フィッシュってその頃から形は変わりません。

2006年10月というと、クラークフォームの突然の操業停止から約10か月後のことです。このフィッシュをシェイプするのに使ったブランクスは何を使ったのかは写真に写っていないので不明です。

クラークフォームでは当時のフィッシュのリバイバルを受け、短くて幅が広い、ショートボードとは違うフィッシュ用のブランクスが作られていました。(現在は同じものが、US BLANKSで作られています)

トラディショナルなフィッシュを作ることができるのは、これらのブランクスがあるおかげです。ロッカーやボリュームのバランスなど、サーフボードのシェイプは使用するブランクスによって決まってきます。フィッシュ用のブランクスは、幅や厚みのバランス、ロッカーなどフィッシュを作るためのデザインが盛り込まれています。

ロングボードの話になりますが、ここ数年、とても個人的な趣味のデザインのロングボードを作ることに取り組んでいたのはご存じだと思います。60年代風ではなく、60年代そのもののロングボードを作り出そうと試行錯誤してきました。

2011年の夏から始まって、ようやく満足が行くものができるようになったのは、昨年になってからです。それを作ることができたのは、ブランクスのおかげです。ロッカーがほとんど無い特殊なものですが、そのブランクスを見つけることができなければ、例のDフィンのログを作ることはできなかったと思います。

それらが意味していることは、フィッシュもDフィンのログのどちらにもデザインに欠かせないポイントがあって、それらを欠いてしまうと、似たようなものは作ることができても、違う感覚のサーフボードになってしまうということです。

Dフィンのログもそうですが、フィッシュにも特別な思い入れが生まれてくるのは、そういうところにあるんだと思います。

1960年代にニーボードとして生まれ、それがスタンディングのサーフボードとして使われ始めてから、フィッシュのデザインは変わっていません。進化していないのではなく、フィッシュ独特の感覚のために変えることができないデザインだということだと思います。

フィッシュ、オリジナルの乗り方もしてみようと思います。


古いジェフリーズベイの映像です。一本だけですがフィッシュが出てきます。2分ごろの波でドロップインしているのがフィッシュ。サーファーは、バンカー・スプレックルスでスティーブ・リズのフィッシュに乗っています。

その他には、ショーン・トムソンやテリー・フィッツジェラルドらが出ているので、どれが誰かと探してみるのも面白い映像です。

フィッシュの後ろを走っているサーファーは誰だかは分かりませんが、長いシングルフィンでフィッシュに追いつけません。しかし速い。

このときのバンカー・スプレックスルスのフィッシュに影響を受けて、後年スキップ・フライのフィッシュでJ-BAYを滑ったのが、アンドリュー・キッドマンのLITMUSに出てくるデレク・ハインドです。

デレク・ハインドのそのシーンのおかげもあって、フィッシュが現代へとつながってきているのですが、どうしてフィッシュはあんなに速いのか?

以前、リチャード・ケンヴィンのハイドロダイナミカの文章で、長さと幅の比率がスピードを生み出すゴールデンレシオ(黄金比)なのがフィッシュのスピードの理由だと読んだ覚えがあります。

フィッシュはご存じのとおり短くて幅が広い、ずんぐりとした形です。あれが速いということです。

大きなキールフィンも多いに関係していると思います。

映像を見ていると、フィッシュは真っ直ぐなラインをキープして走り続けていますが、後ろのシングルフィンはトリミングしているうちにだんだんと遅れていってしまうような感じです。

フィッシュには大きな三角形の直進性が高そうなキールフィンが付いています。テールまで幅が広いアウトラインで、レールの近くにベースが広いキールフィンが付くことで、波の高いライン(スピードが出るライン)を楽にキープすることができるのだと思います。

それをツインフィンのセッティングで、深く切れ込んだフィッシュテールと組み合わせることでターンも容易にしています。もともとはニーボードとして60年代に作られたフィッシュですが、基本的な形は当時から変わっていません。

クラシックなデザインですが、ひとつの完成された形だということなのだと思います。


短く、薄くなるので浮力は落ちますが、5’6”を作ってみようと思います。今考えている仮説の検証です。どんな感じになるか試してみようと思います。お店用にも5’6”をお願いしましたのでしばらくお待ちください。

フィッシュ、面白いです。
Visitor Map
Create your own visitor map!