忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 11
16 18
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

西風が一向に収まる気配がありません…でしたが、金曜日に沿岸の風が北寄りに変わる気配になってきました。最初は午後遅くだったのがだんだんと早い時間になってきました。上の画像は金曜の午前9時ですが、予報の変わり具合から見てもう少し早く北(オフ)に変わる可能性は十分あります。要、チェックですね。

話はかわって、昨年末に届いたサーファーズジャーナル日本版の新刊にラス・ショート氏の記事が載っていました。ボンザー好きとしては、とても興味深い内容です。


内容は読んでいただくとしてあらためて思ったのは、みんな知っている割には使っている人が少ないんだよなあ~ボンザー、ということです。もちろん名前だけじゃありません。乗ってももちろんゴキゲンなのです。

フィッシュはよく見かけるのに、というのは皆さんうなづいていただけると思います。

見た目としてはフィッシュもかなり変わったカタチをしていると思いますが、いまいちボンザーに手が出ないのはやっぱりあのボトムにたくさん付いている(ようなイメージの)フィンのせいなんでしょうか?

確かにたくさんフィンが付いてますが、乗ってみればそれらがとても効果的に働いていることがすぐに分かります。センターフィン以外はそれほど強く感じません。ボトムのデザインにコンケーブという形がありますが、それの延長のような感じです。

早い話が調子いいのです。ひとつだけ言うとすれば、センターフィンの位置だけは重要だと思います。この位置を間違えると全体として機能しなくなるように思います。でも全然むずかしいことではありません。

フィンは3フィンと5フィンの二種類があります。私はどちらも好きです。3フィンの方がクラシックで、5フィンはたしか80年代に入ってから作られはじめたと記憶しています。最初のボンザーが70年だったはずですから、ずっと乗られてきたデザインなんですね。

3フィンと5フィンはもちろん違う感覚です。詳しく書くと先入観ができてしまって面白くありません。乗ってみたい人が実際に乗って感じてみるのが一番です。興味ある方は店頭で。

過去には活さんに四本ボンザーを作ってもらっています。ロングのボンザーも最高でした。丸いノーズのMINI5は妙な形ですが、かなりフレンドリーで調子いいモデルです。今乗っているのは、6.3の3フィン。黄色いやつです。

書いていたら、ボンザーに乗りたくなってしまいましたが、クアッドとフィッシュが待ってます。とりあえず次の波に期待しましょう。



さて、昨年の秋ごろから「昔よく耳にした曲」というテーマで思い出す曲を「懐メロ」ということで貼り付けるようになったのはお気づきかと思います。自分が「好き」というよりは、昔よくかかってたね~と言う曲です。

人生において、誰しもが避けて通れないことが昨年あり、それがきっかけかどうかは分かりませんが(たぶんそれがきっかけ)いままでに無い感覚が自分の中に生まれてきたように感じていました。最近(昨日も)妙なブログを書いているのはたぶんそのせいです。

年齢的なものでもあると思いつつ、実は自分でもよく分からなかったのですが、何かが変って何かそれまでとは違うものを求めているような感覚がずっとありました。

年末からしばらく考えていたものの、どうもうまくまとまらなかったのですが、ある作家が書いた小説を読んでいたらそれが何なのか、ヒントを得られたというか、糸がほぐれたような気がします。

「懐メロ」もそのせいだったのだと自分の行動に説明できています 笑。今年、平成30年で54になる自分ですが、そういうことだったのねと面白くなりそうな気配を感じ始めました。もう妙なブログは書きません。

で、今日はこれにしてみました。ノーランズ。


ひとり合点ですいません。そういうお年頃なのです。





PR
明けましておめでとうございます。平成30年度、今日から営業しております。クリスマスのベトナムから引き続きの正月で、すっかりのんびりさせていただきました。おかげでいい気分転換になりました。今日から新しい気持ちで仕事しております。

今朝からランニングとトレーニングも再開です。休みの間は気分転換と割り切って、いつもやっていることはことごとくサボっておりましたが、やっぱり身体を動かしておくことは大事だと実感しております。トレーニングに限らず、自分がやろうと思っていることがあれば、重要なのはそれを続けることです。

物事をある程度納得がいくところまで成し遂げようと思うなら時間が必要です。それには日々の積み重ねが大切だということはこの10年間ほど経験してきたことです。2~3年やっていればそれなりの経験は積めますが、さらに積み重ねてみるともっと面白くなってきたりするものです。

おっさんにはその時間がだんだんと少なくなってくるのです 笑。

2004年ごろ、10年後の自分はこんな風になりたいなあと考えていたこと。記憶力だけは良いので(最近衰えましたが)今でもちゃんと覚えています。ここ数年の自分を考えてみると、いろいろと回り道をしたようですが、なんとかその通りになれているようです。

積み重ねられていくのは、正しいことばかりでもありません。時間はかかりますが、時間がかかったその分、自分には何ができて(必要で)何ができないか(必要でないか)ということも見えてきます。

説教くさくなりそうなので、この辺までにしときますが、自分が今からやってみようと考えていることを積み重ねていくための時間がもっと欲しいし、これからどう積み重ねていくかということをいろいろと考えている平成30年の始まりです。

もちろんですが、波乗りもその中に入ってます。昨年はいろいろとあって、あまり海に入れていなかったのですが、今年はいつものペースに戻せると思います。

波乗りをするのに絶対的に必要なのはサーフボードです。皆さまには、この積み重ねをお見せしていければと考えています。

新しいモノはもちろんですが、考えているのは、従来のモデルをひとつづつ見直してみようということです。

それは、すっかり定番になった感があるモデルです。ホットマンゴーやKKフィッシュ、ミニ、クリステンソンならフィッシュなどなど、もう10数年にわたって作られ続けているモデルにあらためて乗ってみたいと思っています(昔のクリスのフィッシュ、一本キープしてるのがあるのです)

サンディングフィニッシュのホットマンゴーのトライフィンなんて、新鮮なひびきがありませんか。一番最初にカツさんにシェイプしてもらったのは、スワローテールのホットマンゴーでした。

波に巻かれてそれを目の上にぶつけて、7針縫ったのは2004年の年末のハワイでしたが、もういちど同じ道をたどりつつ(ケガは別ですよ)、新しいモノを考えてみるのも面白いかと思っております。

禅で言うところの「照顧脚下」ということです。あらためて足元をよく見てみれば、新しいことも見えてくるような気がしています。面白そうだし。

そういうわけで、平成30年もよろしくお願いいたします!












平成29年の営業は今日までです。一年間どうもありがとうございました。来年はあたりまえですが平成30年だそうで、ちょっとびっくりです。だって昭和が終わって平成が始まったあのとき、しっかりと記憶にあるあのときからもう30年ですもん。

歳をとると時間が経つのが早くなると言いますが、自分的には今年は結構長い一年間でした。いろーんなことがあったせいです。

楽しいこと、気が重いこと、良いこと、あんまり良くなかったこと。いろいろ思い出せますが、結果としてはそれぞれ良い方向へ進んでいっているので、すべては良しということにいたします。

時間はどうやったって戻せないのです。大事なのはその後にどう進むか、ということだと思います。

サーフボードはいいものが出来上がりました。個人的なことは横へ置いといて、このブログではこれが一番です。それぞれ散々書いていますので、今日はさらりと写真だけ。

9’6” Dフィン LOG。


5’8” BONITA FISH。


8’4”PRIMO


個人的には今年はこの三本です。特にログとフィッシュ、年が明けたらもっと乗り込んでいきたいと思っています。

平成30年は、これらを引き継ぎながら、今考えている新しいアイデアを形にしていこうと考えているところです。

そして新しいもうひとつは、サーフボードに加えて「旅」です。

ベトナムのせいですっかり昔の感じが戻ってしまいました。命がけのディスティネーションは無理ですので、自分レベルのプチ・アドベンチャーでドキドキがありそうなところへ出掛けてみたいと思っています。

人生にドキドキは大切です。

それではみなさま、良いお年をお迎えください。そして平成30年度もよろしくお願いいたします。

新年は1月5日(金)から営業いたします。







長い間お休みしてしまって、すいませんでした。11月24日(金)から、いつもどおりに営業いたしますので、いつものように遊びにいらしてください。


7月の終わりごろから、長崎と東京を何度も行き来しました。長崎は私が小中高と約13年間を過ごしたところでした。東京、神奈川に住み始めてからは、帰省というかたちで毎回楽しみに訪れていた街でしたが、そんな長崎へも、もう「子」として訪れることは無くなってしまいました。

これからは、19のときまで住んでいた街として訪れることになるんでしょうか。それでも愛着がある場所であることには変わりありません。

きれいな海と山が入り組んだ独特の風景、おいしい魚、ちゃんぽん、坂と階段と細い路地、長崎の言葉、そして路面電車が走る石畳の街。たくさんの魅力がある土地です。

たぶんこれまでとはちょっと違う付き合い方になっていくのだと思います。私の中では、長崎 シーズンスリーの始まりだと思っています。

良いところですよ、長崎。


でももう、これまでのように突然行っちゃうことはありませんのでご安心ください。

そんな訳ですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。




昨日はずっと9’6”の納戸色に乗っていました。このロングボードの一番の面白さはフラットなロッカーと大きなDフィンです。

クラシックなロングボードのコントロールは、ボードの後方にしっかりと体重を乗せたピボットターン的な動きが主になってきますが、フラットロッカーとDフィンの組み合わせは、それが強調されてさらに面白くなる、ということを以前にも書きました。

そんなの忘れました。という方はこの辺を読んでみてください。
「フラットの意味」 「フィンのパラドックス」

平らで、長くて、重くて、大きなフィンが一番後ろについているサーフボードなんて、そんなのに乗って何ができるの?と思うかもしれません。

でも実際のところボードのレスポンスは、いままで乗ってきたロングボードの中でも、このボードが一番過激です。


ボードの向きを変えるときの感触、波のブレイクのちょっと先、一番波の力を感じるところをフラットなロッカーで押し出されるように滑っているときの感触、そしてボードの向きを一気に変えて波からプルアウトするときの感触。

身体に伝わってくる感触は、どれもこれもかなり派手なものです。

その前の日の8’4”のプリモとの感触の違いを思い出してみます。

軽くて短く、反応がいい8.4ですが、だからといってやたらと動かしたりはしません。波のフェイスを大きく使い、滑らかに、チカラを抜いてもレールは抜かず、波を上下するときはふわりとした浮遊感を、前後に動くときにはスピードを楽しむというように、メリハリをつけた波乗りを楽しみます。

ボードが軽く、反応も軽い(よく滑ってくれる活さんのシェイプだからこそ)プリモならではの滑りです。

一方のログ。

身体のチカラを抜いているように見えても、重く浮力が大きいボードはヘソから下、下半身にチカラを入れて常にボードを抑えつけながら、波のパワーに弾かれないように滑ります。

そして、スピードに乗せながら、ここでしょうという波のポジションで後ろの足を下げ、テールを踏み込むと、重量があるボードがフィンとそのまわりのレールを中心に、波の表面を削り取るようにボードの向きが一気に変わります。

最小限の動きですが、ボードの重量と反応の重厚さが与えてくれる満足感は大きいのです。

前日の8.4のプリモのおかげで、FLAT + Dfinの気持ち良さが良く分かったのかもしれません。

ログの後はこれ。パイポです。

速いです。レールを入れてあげることを意識すれば、前からテイクオフして走っているサーフボードに簡単に追いつきます。波に近いのもログの後にはなおさら気持ちがいいのです。

次なるFLAT+Dのためのブランクスも到着していました。四か月待ったブランクスです。


楽しみがまたひとつ 笑。

このブランクス、2本ほど余裕があります。いまなら四か月待たずに作ることができます。数量限定なので、FLAT+Dが気になる方はお早めにご相談ください。







忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!