MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 6
11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
(11/28)
足袋シューズ(返信済)
(11/18)
無題(返信済)
(11/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
日が昇るのがすっかり遅くなりました。若いころみたいにむやみに早起きするのはかったるくなってきたので、ほんとは今くらいの日の出時間でちょうどいいんです。

それで、朝の6時半に海へ到着してみたらこれです。


遠くの方で、もうちょいマシな感じで割れているところがあったので、そっちへロングボードでパドルしていけば、それなりに楽しめるかとクルマからボードを引っ張り出し、ワックスをゴリゴリとやって、さあ行ってみまひょーと顔を上げたらハラくらいのしっかりとしたブレイクが…。

そのまま固まって(笑)様子をみていたら、またしっかりしたうねりのセットが入ってきます。しかも、さっきよりもひとまわり大きい。

これはロングボードじゃなさそうだなあと、固まったまま迷った結果、6’9”のシングルフィンで入ることにいたしました。

すこし優柔不断でしたが、それで正解。

おかげで人が増える前に十分楽しめました。セットでカタくらいです。


プリモ、しばらく8’4”ばっかり乗ってましたがこのくらいのレングスも面白いです。これは6’9”。


7フィートちょっと(7.2や7.3)だともっとイージーに楽しめると思います。今日みたいなコンディションにはばっちりです。

まず、よく走ってくれます。とにかく滑ります。ボトムのコンケーブのおかげです。

それで、走っていった先からボードを戻そうとするとレールがきっちり効いて、ターンしていってくれます。サイドフィンが付いているみたいです。

調子がいいシングルフィンを探している方は、絶対にプリモです。


というわけで、しっかり楽しんできましたが、ひとつ失敗したのはこの寒さ。12月だし3フルで大丈夫かと思っていたら、オフショアが冷たくて海の中で震えてしまいました。

海水は暖かいです、まだ。でも自分で感じていることですが、おっさんになってすっかり寒がりになっていると思います。グローブして手を冷やさなければ寒くなかったと思います。

裸足でグローブって、なんだか素敵じゃないですか 笑。今度、実験してみます。

冷えはそういうところから来るもんです。脇の下に手のひらを挟んでいれば、まだマシでしたから。でも、その姿勢でいるとオフショアが強いのですぐにアウトに流されてしまうのです。


今日はこんな感じでした。大きなフィッシュとニーボードはまだ出来上がったばかりなので、また次の機会に登場させます。でも、ニーボードやりたかったな、今日の波は。

お知らせ:12月11日(火)はお休みいたします。よろしくお願いします。

英語のタイトルが続いていますが、別に理由はありません。偶然です。英語が好きな訳ではなく、この動画です。

Devon Howard Steps right up from Trent Stevens on Vimeo.



おなじみデヴォン・ハワードですが、今回はちょっと失礼してサーフィンじゃなくてこの動画のBGMの方。たまにはネットで動画でも見てみようと、あれこれと見ていたら波乗りじゃなくて、音楽の方でこの動画に留まりました。

この動画で流れている曲は、トム・ウェイツというアーチストの「Step right up」という曲です。

トム・ウェイツは80年代に良く聞いていました。一度聴いたら忘れられない、しゃがれ声というのかダミ声というのか、ときには、昨日飲みすぎたんですか?と聞きたくなるような声で歌っていたりします。

本人が「得意な楽器は言葉」と言っているらしいですから、サウンド的にかなり個性的だろうなとは想像できるかと思います。

そのトム・ウェイツさんが、最近なんだかとても良いのです。

音楽は店ではいつも流していますし、運転中のクルマの中でも聞きます。海への行き帰りのクルマの中では大事な存在です。ブルース、ロック、ソウル、ジャズ、ハワイアン、たまにレゲエとなんでも聞きます。だいたいが、60年代、70年代のクラシックなやつで、そういうのがしっくりきます。

でも、覚えるくらいに聞きすぎてしまったからなのか、いまいちどれも聞く気が起こらなくなっていたこの頃は、クラシックなんぞを聞いたりしていました。バイオリンの協奏曲やオペラなんか、結構好きなのです。

それで、何がきっかけだったかはすっかり忘れました。急にトム・ウェイツのあのダミ声と、ジャズだかブルースだか良く分からない、あの強烈でオリジナルな世界を思い出して、何枚かCDを買ってきて聞き始めたらすっかりはまってしまいました。

音を外して不協和音に近いような音を出していたり、喋っているような歌い方で、アブストラクトっぽい曲の方が聞きがい(?)があるというのか、この方の場合はオリジナル過ぎてうまく表現ができないような曲が、聞いていて心地よいのが最近の自分です。

最近、映画がヒットしているQUEENじゃありませんが(ボヘミアンラプソディ見ましたか?まだならぜひ。)、バンドだと楽器の編成が決まっているので、メロディは違っても出てくる音自体は同じような感じです。

トム・ウェイツは、それがアルバム全曲違う音を出してきたりするのです。聞いていると、飲み過ぎたような歌い方もかわいく聞こえてきたります 笑。

この曲にピンときたら、トム・ウェイツ聞きましょう。


今日はこれを買ってみました。75年のライブ盤です。



明日は低気圧がやってきます。もしかすると水曜日は波あるかもしれません(朝は潮が多そうですが…)北風が強まりそうな予想に変わってきつつありますが、チェックはしておきましょう。私はDフィンと6.9のプリモあたりをクルマに積んでおくことにいたします。

急に寒くなったので、そちらの装備も忘れずに。これからの季節に活躍する、ブーツ、グローブ、フード、インナー、今ならまだサイズ揃ってます。SURF GRIP ウィンターアイテム

薪ストーブ、やっと昨日から出番です。


二本のニーボードを比べてみています。

まず、アウトライン。ノーズからセンター、その少し後方まではほぼ同じラインです。違うのは一つ目のウィングから後方です。


新しい方はウィングが入った分、テールが絞り込まれています。最後尾、テールエンドの幅はほぼ同じです。


ノーズ側です。二本とも元のブランクスは同じですが、重ねてみると新しい方(下)が少しだけカーブが付けられているように見えます。ボリュームは下の方が少ないのが分かると思います。


そのまま視線をテール側へ移して行きます。新しい方(下)の方が、テールのカーブも多めに付けられているのが分かると思います。


テール側から見たところです。今度は新しい方が上に来ました。


ここから見ると、上の新しい方がテールエンドまでコンケーブがしっかりと入っているのが、テールの曲線で分かると思います。下(今まで乗っていた方)はテールの形と見る角度で、VEEぽく見えますが同じコンケーブボトムです。テールエンドにかけてコンケーブは浅くなっていっています。

新しいニーボードの方が、コンケーブ深いのです。

コンケーブが深くなっているということはイコール、ボードのセンター周辺のロッカー(コンケーブの中のロッカー)はかなり強くなっているということです。

ノーズとテールへのカーブは、それぞれボリュームを落とした(薄くした)ことでロッカーが強くなったのだと思います。少しの変化ですが、変わってくるものは多いと思います。

それプラス、コンケーブの中のロッカーです。ここが一番大きく変わっているように思います。

これらの違いが実際に乗ってみてどんな違いになるのか、楽しみです。いい波で乗りたいです。

MRのツインフィンの動きがニーボードっぽく見えるのは私だけか。シングルフィン to スラスター(プラス、スターフィン)、面白いです。



今日のお楽しみは、パッド貼り。おニューのニーボードのデッキにヒザ立ちで乗って滑らないように、ヒザが痛くないようにパッドを貼り付けます。

今使っているニーボードと同じようなカラーになりました。ボードが変わったことは、自分以外おそらく気が付かないと思います。


別に目立ちたいわけではありませんが、派手なピグメントです。ニーボードの色には、なぜかピグメントのイメージがある私です。色は気に入っていますが、問題はストリンガーが見えないのでボードのセンターが分からないこと。

なので、まずはボードのセンター出し。ノーズからテールまで、ヒモを渡してみました。


このラインを中心にパッドを貼るのですが、そのまま貼るとこのパッド、幅が広すぎてレールからパッドがはみ出す勢いなので、切って幅を調節します。このボードで23インチ近くありますから、オーストラリアのニーボードの幅広さが分かるというものです。


幅を合わせたら仮置きしてみます。


良さそげなので、深く考えずに貼っちゃいます。パッドの裏面をはがして貼りますが、いっぺんに全部ははがしません。基準になる位置のまわりだけを少しはがして、まずは位置決めです。接着面に触れないよう気を付けます。

こんな状態でヒモで出したボードのセンター部分につき合わせます。

基準になるところを軽く貼り付けて位置を決めたら裏紙を少しずつはがして、しっかりと押さえながら貼り付けていきます。


同じように後ろのパッドを貼って完成です。ニーボードらしくなりました。


今のと同じに見えるかもしれませんが、レールのボリューム、ロッカー、テールのラインなどいろいろと変えていただいています。

新しいニーボード、どんな感じなのか楽しみです。

6’8”のフィッシュが出来上がりました。ダークウッドのストリンガーを使って、今回はノーカラーに仕上げました。クリアもシンプルでいいもんです。仕上げはトップコートをかけてツヤを出さずに仕上げた、いわゆるウェットサンディングという仕上げです。

あ、すいません。これは私のボードです。売り物じゃありません。

サイズは、6’8” x 21”1/2 x 2”3/4 です。考えた末のアウトライン、かなり気に入っています。

ビッグフィッシュは、10数年前のフィッシュブームの頃から乗っています。時間を経た分、(自己)満足度も上がっている完成度だとボードを触りながら、ひとりでニヤついています。

フィンは両面をフォイルしたダブルフォイルのフィンを選びました。長くなった分、動きは不自由になるかもしれませんが、そっちよりもスライド感重視です。話はそれますが、自分で何を求めるかはっきりしていると、道具も選びやすいし楽しさも大きくなります。楽しむのは自分ですから、分かっていれば簡単なことなのです。

それでも、滑る感覚はしっかり確保しつつ、動きも考えた設計にはなっているはずなので、乗ってみるのが楽しみです。ヒザ波から使えるビッグフィッシュです。

昔は、雑誌にフィッシュは5フィート代の短いものと書いてあった(と思います)ので、大きなフィッシュはどうも外道的に見られていた感がありますが、今は9フィート以上あるフィッシュも珍しく無くありますから、受け入れられやすいんじゃないかと思ってます。

5’6”はちょっと頑張っちゃいますが、6’8”はお気楽に楽しむためのフィッシュです。お気楽でも速いですよ。



5’8”も出来上がってきました。こちらはストックボードで、店頭で販売いたします。


こちらはティントカラーで着色してピカピカに仕上げました。今回はラベンダーカラーです。毎度、きれいな色を出してくれるグラッサーさんに感謝です。のちほどホームページにアップいたします。



ビッグフィッシュもラベンダーティントも一見にしかず。見に来てください。大きなフィッシュはオーダーでお作りします。大きいのは6’6”くらいから、6’9”くらいまでがいいんじゃないかと思います。

濃い色のストリンガーは、注文になりますので少し余分に時間をいただきます。


これも出来上がりましたよ。パッドを張る前はワイドなアウトラインのせいで若干間が抜けて見えるので、この角度で。
昨日吹いた風の名残で、今朝は少し波がありました。クルマにボードとウェットを積んで、準備はしていましたが、明日(今日のこと)やらなければいけないことをあれこれと考え、海はとりあえず止めとこうという気持ちになった、珍しい自分でした。

波乗りしても仕事はできますが、波乗りで使った分のパワーはどこかでマイナスになってしまうお歳です。

腰も痛いし 笑。

腰が痛くても、海に入ってしまうとドッグランに来た犬のように解き放たれてしまうので、仕事のためにセーブして波乗りなんて私には無理です。

なので活さんのボードやウェットスーツのことでご相談いただいている皆さまに、その波乗り分のエネルギーを集中させることにいたしました。

まあ、こんなことって滅多にありませんから、たまには仕事に精を出すのもいいもんだなあ~と楽しくやっていたら、すっかり夕方。やっぱり今日は仕事で正解でしょう。

明日は定休日でお休みいただきます。ニーボードと5’8”のフィッシュが出来上がっているそうなので楽しみです。6’8”のラージフィッシュも来るか?

画像は「あら、ごめんなさい」とプルアウトする私。このボードは8’4”のプリモですね。

ユーズドボードが入荷しました。私が作ったグライダーです。乗っていただいた方が、「どうしても仕方なく」のご事情で手放されます。コンディションはベリーグッドです。

自分で言うのも何ですが、時間とお金かかってます。ストリンガーはレッドシダー、高密度発泡でローロッカーのフォームを作ってもらったのを活さんにシェイプしていただいて、8オンスのボランクロスでラミネートしました。ニーパッチとフィンパッチも入ってます。

ボランクロス、海の中で見るときれいです。

ポイントノーズと、優しすぎないラウンドピンテール。エッジがきっちりと入っています。ボトムはプリモのトライプレーンコンボを元にしているので、スピードが出て動いてくれます。といっても、振り回すような板ではありません。

スープの下も簡単に抜けて行きます(自分でも乗ってますので)グライド、トリミング、スピード、波乗りをシンプルに楽しむ道具がグライダーです。

その他にユーズドボードは、オンフィンのB52モデル(ローロッカーです)が入荷。KKフィッシュはお値下げいたしました。

MENEHUNE BEACH STOREホームページご覧ください。
先週末、富士山のふもとにある忍野村(おしのむら)というところへ行ってきました。忍野村は富士山の北東部に位置していて、富士山の伏流水が湧き出す忍野八海という湧水池群とかやぶき屋根の古い民家が点在する静かな村です。

行動を起こしてみれば近いもので、自宅から中央道に乗って法定速度+10㎞でのんびり走って1時間半で到着してしまいます。早朝に下道で海へ行くのと変わりません(走行距離は長いですが)

それでも、いつも走っている裏山トレイルからあ山頂付近しか見えない富士山が目の前に。


手前の街並みは、白くて細長いもので有名な富士吉田市。少し高いところから見下ろすと、どこか懐かしい雰囲気です。すぐ下は駅。列車が近づいてくると踏切が鳴り始め、ホームに着いた列車から降りた人が街の中へ散って行きます。

しばらく見ていて気が付きました。懐かしさを感じるのは高い建物、高層マンションが無いせいです。

忍野村はこの景色の向こう側。正面に見える山を越えたところです。

そういうところだと聞いて行ったのですが、想像以上に透き通った水に驚きました。


底が見えていますが、水深4mあるそうです。どこまでも透明な水に晩御飯のおかずが泳いでいます。


試みに水の中へカメラを入れてシャッターを押してみました。梅花藻です。子供のころから川、海と水に親しんでいましたが、これほど透き通った水は初めてです。


いくつかある池を見て歩いていると、冬の早い夕暮れに富士山が。

きれいです。

これが宿。茅葺屋根も初めてです。


食事はマス料理。きれいな水で育ったせいか美味しいです。

刺身に。


塩焼き。


稚マスの天ぷらなどマスづくしです。

朝食はマスの粕漬。ふわふわのトロロに卵焼き。


素朴ですがそれぞれに手がかかっていて、美味しい。作ってくれた人に感謝したくなるような料理。久しぶりにそんなことを感じてしまいました(安いんです)。

朝食の前に散歩しようと思っていましたが、外は霜で真っ白。寒いです。迷わず朝風呂へ直行でした。


あとで調べたら、標高930mでした。暖冬で昼間はそれほどでもありませんでしたが、朝晩は気温が下がっていたみたいです。

太陽が昇れば大丈夫。川から湯気が立ち上っています。どこを取ってもきれいなところです。


そして、やっぱり富士山がどーんと。存在感が凄いです。やっぱり日本一の山です。


波乗りしているときに、いつも見ている富士山ですが次からは手を合わせてから海に入ろうと思います。


白くて細長いものも、もちろんいただきました。肉は馬肉です。


自宅から1時間ちょっとのところです。これからは富士山を見に、ちょくちょく行かせていただこうと思います。

あ、お蕎麦も美味しいですので。

お知らせ:11月30日(金)、12月1日(土)はお休みです。よろしくお願いいたします。


ブルーのティントを気に入っていただいて、5’6”のBONITAフィッシュがもらわれていってしまったので、新しい5’6”のオーダーを考えています。やっぱりフィッシュは好きなので、いくつか置いておきたいのです。

悩みのタネは、毎度のことですがどんな色にするかということです。

画像のオーダーシートを見ていただくと、クリア、トギ止めと書いてあると思います。カラーはクリア、つまりフォームそのままの色ということです。ダークウッドのストリンガーがアクセントで、シンプルなイメージです。

久しぶりぶりにクリアも新鮮かなあーと思っております。


「トギ止め」というのは内輪の用語です。ショートボードなら完成のサンディングされた状態に、さらにトップコートの樹脂をかけ、滑らかに研いでつや消しで仕上げる方法です。

サンディング仕上げと同じで表面にツヤはありませんが、サンディング仕上げよりも表明はツルリとしています(バフをかければ、そのまま光沢がある仕上げになります)

トップコートはラミネートと違ってクロスは入っていません。クロスと樹脂でラミネートされたボードの表面を薄い樹脂で覆うようなイメージです。樹脂にパラフィンが入っているのでサラッとした手触りに硬化します。


サンディングの上に樹脂が乗るので、サンディングよりは少しだけ重量が増えます。仕上げの違いだけで、バフ(ポリッシュ)仕上げも同様です。

このフィッシュのサイズならわずかな違いですが、少しでも軽量にとフォームとラミネートから軽量にしている、コンペティション指向のショートボードでは省かれる工程です。

クリアではサンディングフィニッシュも「トギ止め」の違いは一見しただけでは、分からないくらいに仕上げることは可能です。でも、樹脂カラーでティントやピグメントで着色すると、ラミネートクロスの模様が見えてくることが多いです(濃いめの色では特にそうなります)


もうひとつの違いは強度です。

サンディング仕上げはクロスに樹脂を浸み込ませて固まった状態ですので、表面には細かい凹凸があります(汚れが付きやすかったりします)

おおげさに書くとこんな感じです(バフ仕上げのボードをリペアしていて、削り過ぎるとクロスの目が出てくると思いますが、あの感じです)


そこへトップコートをかけると表面の凸凹が埋まって、表面が平らになります。


陶器では表面に凸凹がある素焼きの状態よりも、釉(うわぐすり)をかけて素焼きの表面の凸凹をカバーした方が強度が上がります。

同様に(クロスの厚みやフォームの発泡密度などの諸条件は同じとして)樹脂でも凸凹の表面よりも、トップコートで覆って表面を平らにした方が強度が上がるのではないかという仮説は十分成り立つと思います。

デッキ面のストリンガー回りのワレなど、実際に使っていて感じる部分でもあります。

価格の面では「トギ止め」の方が高くなってしまうのですが(バフ仕上げと同じチャージです)、少しでも軽くというコンペ仕様でない一般使用ということを考えると、見た目と丈夫さを重視して、同じつや消しでも「サンディング仕上げ」ではなく「トギ止め」にすることをおすすめしています。

これはクリア、トギ止めで、現在ラミネート中の6’8”のラージフィッシュ。出来上がりは来週か。かなり楽しみです。




なぜだか分かりませんが、この動画を見るとショートボードに乗りたくなります。

ショートボードと言っても、ノーズが細い、ペラっとしたスラスターでは沈没するので、おっさん向け(もしくはロンガー向けとも言えます)のショートボードです。

バリエーションはいくつかありますが、長さは、5.10~6.4くらいで基本的にはどれも幅が広め。ノーズとテールも広めにとってあります。

ふた回りほど大きいですが、動画のタイラーウォーレンみたいな形は、テールまで幅が広く、つまり浮力をかせぐことができるアウトラインです。
 

ボトムはシングルコンケーブ。


この形は、シングル、トライ、クアッド、どれでもOKです。

タイミングを逸してしまって、まだ出番が少ないですが私のはこれ。クアッドです。この冬に乗ってやろうと思ってます。
 

もう少し浮力落としても平気ならこんな感じ。テールはスカッシュでもいいですね。


ショートボードっぽく、サンディングのクリアでもいいのですが、こんな感じにカラーラミネートにプライウッドのトライフィンなんて、ショートボード乗りは(おそらく)思いつかないであろう作りこみをしてみるのも、大人っぽくておしゃれです(ホントか?)


「懐古的」という選択肢もあります。

フラットなデッキとカマボコ型のダウンレールの70年代風ショートボード。フィンはもちろんシングルフィンです。

以前、自分で乗っていたボードです。70年代に活さんが調子よくて気に入っていたボードを再現してくださいとお願いをしてみたら、これが出来上がってきました。

実際、調子良く気に入って乗っていました。もう一度作りたいボードのひとつです。昔風の三角形をした小さめのフィン、ダウンザラインでスピードが出ます。



フツーのおっさん(私)が楽しめるショートボード、気になる方は一度ご相談ください。
Visitor Map
Create your own visitor map!