忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 5
9 12
19
23 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
午前6時半。じきにお日さまが顔を出す時間ですが空には雲。こんなときの海は冬の顔です。波は、コシ・ハラ~ムネくらい。


ヒーター故障の夜明け前の高速道路は、背中とつま先にカイロを貼りつけ、ネックウォーマーにニットキャップ、ひざ掛け二枚重ねに、波乗り用のラバーのグローブ。顔だけ冷たいのは結構気持ちが良いものだと気が付いてしまいました 笑。

持っていったのは、6.0のMINIクアッドと9.0TIKI(サイドフィン付きのロングボードです)


まずは6.0のMINIクアッドでゲットコールド。水はすっかり冷たくなりました。

ツインのフィッシュも同じですが、センターフィンが無いボードが波を滑る感覚、大好きです。抵抗を感じず、滑らかにスルスルとすべります。

それでいて、ターンに入るとフィンとレールでのドライブする感触が気持ち良いのです。この二つの感覚の対比もフィッシュの魅力だと思います。

陸トレでやっていたターンのイメージ、そのまま波の上で再現することができました。形は出来てきたと思うので、次はもう少し攻めるイメージでやってみようと思います。

しかし、このMINI クアッドいいです。ワイドノーズはパドル楽ちんですし、波のキャッチも速いです。コンケーブ基調のボトムとクアッドフィンは、ひたすら滑らかにすべってくれます。

おかげで、たっぷり波に乗らせてもらいました。いいですよ、MINI クアッド。

今回のフィンはバックフィンを少し大きめにしてみたのですが、結構普通な感じになりました 笑。次回はデフォルトのフィンに戻して、少しルースめのフィンとレールワークを楽しんでみようと思います。こういうのもクアッドの楽しみであります。


MINI クアッドでたっぷり波に乗って、ロングボードにチェンジ。

ロングボード乗ったことが無い人、ロングボードなんて簡単だと思っている人いませんか?短いボードに乗ってからロングに乗ると、実に扱いが大変なものだとあらためてわかります。簡単そうに見えるテイクオフだって大きくて重い分、結構なパワーいります。ボードの取り回しもコントロールも同じです。

まあ、その辺がロングボードらしくて面白いところではあるのですけど。

TIKIもサイドフィン付きのマルチフィンだからだと思います。MINI クアッドと同じような身体の使い方のイメージで乗ってました。ボリュームはたっぷりめですが、ずいぶん軽く動いてくれます。

一口にロングボードとは言いますが。いつも乗っているシングルのログとはかなり違います。同じロングでも、作りの違いでずいぶん変わるものだと思います。

私はやっぱり、クラシックなログの方が好きみたいです.。サイドフィンを付けて動かすなら、9.0よりもボリュームを落とした、8.4くらいの方(コレです)が自分には合ってそうです。この辺はみなさまそれぞれのスタイルに合わせて作りますのでご相談ください。


そーして、三本目はニーボード。パドルはすでに燃料切れに近い状態ですが、フィンの力で波のキャッチは楽々です。下半身にはまだまだチカラ余ってます。普段のランニングのおかげです。


スタンディングでは乗らないトライフィンですが、ニーボードでは座っているせいなのか三本のフィンそれぞれを感じてコントロールすることができます。レールとサイドフィン、センターフィンのルースさと直進性、両ヒザと上体の体重移動でフィンが働いてくれるのを感じることができます。

ニーボードで一番好きなのはカービングです。波のショルダー近くからレールを目いっぱい入れて、カールまで戻る動きです。真っ直ぐ前を向いて乗っているので、ノーズぎりぎりまでレールが波の中へ入っているのが見えます。もうちょい入っちゃったら、ノーズが引っかかってワイプアウトです。ニーボードならではのスリリングなターンだと思います。

ボードの反応が、スタンディングよりもはるかに素早いのもニーボードの特長です。

面白いんですけどね~、ニーボード。

やりません?

そんな感じで、たっぷり昼まで5時間楽しんできました。波乗りサイコウです。

昨日のウェットは、AXXE CLASSICの4/3mmネックイン。海から上がった時には、腕に力が入らないくらいヘロヘロだったので、脱げるかな~とちょっと心配でしたが、全然平気でした。過去に何度か書いていますが、二つ三つあるコツさえ押さえとけばノープロブレムです。

ご心配な方、うまくいかない方はご相談ください。懇切丁寧に(笑)ご説明します。

ネックインスーツに加えて、ブーツ、グローブ、ヘッドキャップのフル装備でした。北風(オフショア)が結構吹いていましたが、海の上でフードを外してみるまで気が付きませんでした。冬の海の中でも快適です。やっぱり装備は大切だと思います。

長時間楽しめたのは、動きやすい作りのウェットと外の風を感じさせない装備のおかげだと思います。ボードと同様、こちらも大事なのです。

次回は、3㎜の春秋用フルスーツとインナーで実験くんしてみようと思います。一番寒い今の時期しかできませんから。

さて、最後に週間波予想(湘南のみ)ですが、いまのところ次は土曜と月曜っぽい感じです。天気図と風向き、潮回りはチェックしときましょう。

それでは、また。









PR

明日は、6.0MINIクアッドと5.6ニーボードの2本と、9.0のTIKIで行きたいと思ってます。6.3のボンザーにしようかとも思いましたが、制作中の5.8BONITA(フィッシュ)を思い出し、フィッシュに乗っておくことにいたしました。

日が沈んで、すでに寒さに負けそうですが頑張ります。


寒いですがパパイヤの実、育ってます。


KK DISH ユーズドアップロードしました。







明日はオンショア、南西の風の予報。やるなら風波と割り切ってやりましょう。うまく波をつかめば、結構楽しめるもんです。明後日にはその風のおかげで、もしかしたら波が残るかもしれません。月曜の朝の風向はこんな感じです。


ロングボードとMINI クアッド持っていけばなんとかなります。

今日は朝はあまり残らなかったみたいですが、午後にかけてバックスゥエルが入ってきたようです。天気も良くて楽しめたんじゃないでしょうか。

朝の時間帯に活さんのMINIで波乗りしてきましたという方がショップへ来られましたが、MINIがあればロングボードでなくても今日みたいな小さな波でも楽しめると言っていただいて、うれしい限りです。

エッグタイプのMINIは、ノーズ寄りにボリュームがあるのでパドルやテイクオフがとてもイージーです。私もロングから短いボードへ乗り換えた最初のボードがMINIでした。

小波だけじゃなくてサイズが上がっても安定して楽しめて、もっと短いボードへ乗るようになっても、一本持っていると、いろんなコンディションで楽しめるので重宝するボードです。

MINIを基にして生まれてきたモデルもいくつかあって、どれもMINIのファンな性格を受け継いでいます。

KK FISH、BOOGIE、MINIクアッド、MINIボンザーなんかがそうです。フィッシュ、ツイン、クアッド、ボンザーといろいろですが、どれも乗ってみると、MINIのなかまだとわかります。

おおもとのMINIが楽しいのですから、どれも面白いのです。



活さんの、DISHのユーズドボードが入荷しました。


アップロードはのちほど。





南岸低気圧は今晩に東の海上へ抜けてから発達するようです。沖で西風が吹いて、沿岸は北風のオフショア。湘南で波が良いときの風向ですが、これは午前2時。丑三つ時です。


このあとは、抜けた低気圧が発達して北風が強まるので、サイズがダウンしながらの夜明けになりそうです。どのくらい残るかが勝負です。寒さ対策も忘れずに。

私は今のところ、小さな低気圧が抜けて行きそうな月曜狙いです。ブーツ、グローブ、ヘッドキャップ準備します。

ただ、ちょっと心配なことが…。

年末に車検整備から戻ってきたカングーのヒーターが故障してしまいました。先日、曇りの日に2時間くらい走っていたら、つま先から頭のてっぺんまで寒く寒くて、まじめに死ぬかと思いました。あの状況でさらに寒い夜明け前に、と考えると…。

真夏にクーラー故障していても、全然平気だったんですが、ヒーターの方がつらいとは思いませんでした。太陽が出ていれば平気なんですけどね…。

こっちも対策を考えないといけません。


さて、今日は久しぶりの食べ物カテゴリー。女房がいろいろと買ってくるので、昨日のお休みはそれを使って二品、料理を作ってみました。

まずは、塩蔵熟成、乾燥、そして燻製されて作られた本物ベーコンを使います。

冷蔵庫に、パルミジャーノレッジャーノの塊が残っていたのでベーコンの香りと味をいかせるカルボナーラを作ることにしました。

まず最初に(二人分です)、玉子3つ。二つは黄身だけ、もう一つは全卵をボウルに割りいれてかき混ぜます。そこへパルミジャーノを手のひら二杯分、たっぷり目にすりおろしたものをざっと混ぜておきます。これがソース。生クリームや牛乳は使いません。

次にフライパンにオリブーオイルとニンニク。弱火でオイルにスライスしたニンニクの香りを移すように炒めます。ニンニクがきつね色になったら取り出します。

そのオイルに今度はぶつ切りにしたベーコンを入れ、弱火で炒めます。触り過ぎないようにじっくりと焼くようにします。

ベーコンがカリッとなったら火をとめ、バター適量を入れ溶かしておきます。さきほど取り出したニンニクも戻します。

フライパンの温度が黄身が固まらない60度くらいまで下がったのを見計らって、茹で上がったパスタを入れます。

そこへ最初の玉子とパルミジャーノを混ぜたソースを入れ、ごく弱火でパスタに絡めます。温度を上げ過ぎると玉子が固まってしまうので、ソースの状態の見極めが重要です。チーズの塩分があるので、塩はほんのひとつまみ。

粗びきのコショウとチーズをさらにかけて完成です。



使うパスタはスパゲッティーよりもさらに太い、スパゲットーニを使いました。

ベーコンとチーズとタマゴでかなり濃厚な味。ちょっと贅沢なカルボナーラでした。白ワインが良く合います。


そして、もうひとつは豚のすね肉。

これは煮込むしかないでしょうと、タマネギ、セロリにニンニク、ハーブにトマト缶と赤ワインで、あとは時間が解決してくれます。

昨日の夕方から今日の昼前まで、薪ストーブの上でコトコト煮込んだら、デミグラスソースみたいになりました。


ひよこ豆を加えて、試食は今夜。これは赤ワインですね。

うちの方は今晩は雪かな~。



今朝は昨日よりも、風がさらに冷たく感じました。

走るときは、今の季節も短パンです。上はいちおう長袖ですが別に半袖でも大丈夫だと思います。冬用のランニングタイツや上着を着ると、途中で暑くてたまらなくなります。

走って汗をかきながら、ふと子供のころを思い出しました。

私が通っていた、小学校は男子は冬でも半ズボンが決まりでした。長ズボンは風邪のときだけで、親が一筆書かないとダメでした。だから長ズボンを履いているとすごく目立って、なんか恥ずかしかったものです。

同じ学年の寺井くん(笑)など、冬でも半ズボン+ランニングで6年間通したらしく、なにか表彰されてたような記憶があります。

親は今日は寒いから、毛糸のパンツ履いていけと言って自分の店から持ってきてくれる(洋品店をやっとりました)のですが、毛糸のパンツ履くと暑くてかなり気持ち悪かったので、たいがいは普通のパンツでした。

教室には暖房はありませんでした。比較的暖かい、九州地方だったからできたことなのかもしれませんが、今時はどうなんでしょう。

スネ毛を通して足にあたる冷たい風を感じて走りながら、そんなことを思い出していました。

最近はレースに出る気は無いのでのんびりと、でもコンスタントに7~8キロの距離を走っています。レースでは無く波乗りのためです。

波乗りに効くランニングには、ベアフット系が良いと思っているので、シューズはこんなフィンガーシューズです。

波乗りに効くのはトレイルのようなアップダウンがあるコースだと思います。トレイルでなければ、階段なんかでもいいと思います。速く走る必要はありません。

ベアフットの走り方、フォアフット着地でヒザは軽く曲がった状態です。ヒザの強化に、フクラハギの外側と奥の筋肉が強くなります。アップダウンや階段は、ヒザより上の筋肉に効きます。

心肺機能のために、心拍数を上げて(スピードを上げて)走ることも必要だと思います。そんなときにはベアフットシューズでは着地で足の裏を痛めそうなので、少しだけクッションが効いているシューズを履いて走ります。

ベアフットラン、私はもう5年ほどやってます。足の指の力が付いてきたように思います。ヒザが痛くなることも無くなりました。たぶん波乗りに効いていると思うので、おすすめはできますが、故障やケガが無いように、それぞれのレベルに合わせて使うことが大事だと思います。

走り終わって自宅へ戻ったら次は体幹ですが、最近それに加えてやっていることがあります。

それは、ボードの上に立ち上がる練習。床にうつぶせになった状態で、両手で上体を持ち上げて足を身体の下へ引き込んで立ち上がるあれです。初心者向けのハウツー本に書いてあるやつです。

いまさら何をと思うかもしれませんが、歳寄りはやっといた方がいいと思います。どーしてもだんだん立ち上がるのが、ドッコイショになってきてしまいますから。

イメージはアレです。以前にも書きました。上体を持ち上げているということはボードは滑り出しているはずですから、滑るボードを両手と下半身でしっかりとボードを抑えるイメージを持ちつつ、それを両足の裏で引き継ぐつもりで、足をきっちり引き入れて、前足加重の体勢で立ちあがります。

短パン姿で、そんなことを楽しみながらやっているのです。

5’8”のフィッシュが待ってますからね。




しかし、冬は山がきれいです。空気が澄む冬の楽しみです。雪が積もった丹沢と大山。そのむこうの富士山は雲に隠れています。


今日は特に空気が澄んでいたようです。肉眼にはもっとはっきり見えていたのですが、カメラの性能を越えているようでぼんやりです。

うっすら見えている大きな山塊は赤城山です。そしてその左側、さらに遠くに白く見えているのが谷川岳。

かかあ天下と空っ風といいますが、こっちの方角に立つと風はさらに冷たく感じるような気がします。







忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!