MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/06)
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ずーっと迷っていましたが、迷っても仕方ないので行動してみることにしました。若干、反省もしております。これからもっと乗っていこうと考えていた二本のシングルフィンをユーズドで販売いたします。形は同じですが、全く違う二本です。

コンケーブボトムでスピード出ます。触ってみると笑っちゃうくらいボリューム満点のレールです。でもその浮力で走ります。テイクオフ早くて楽しめる板です。こいつで波に乗ったときのことを思いだして、スピードスタビーとネーミングしちゃいました。他には無い感覚です。楽しめると思います。


もう一本は、ハルボトムです。緩めのロールボトムから、テールはフラットに近いごく浅いシングルコンケーブです。スムースです。レールはボトム側にボリュームを残して、コントロールしやすくしてあります。ハルとは言いつつ、ハルの性格を残しながら扱いやすく日常的に使えるようにシェイプされています。


どちらも新品同様です。

ハル、昔乗っていたMINI HULLを思い出して作ってもらったのですが、今やり始めたことを考えたら、身体が足りなくなりそうです。自分で乗りたいのはやまやまなのですが、そんな訳でどなたか私の代わりに乗ってやってください。

明日は定休日でお休みいただきます。電話はつながりませんので、気になる方はメールでご連絡ください。お取り置きいたします。よろしくお願いします。

MENEHUNE BEACH STOREウェブサイト




懐かしい映像です。ここから全ては始まったのでした(あとLITMUSです)。まだYOUTUBEなんてありませんでしたから、こういう映像が貴重でした。

ずーっとオンショアが続いていてます。海はダメなので先週の波乗りを思い出しつつ、新しいボードのことを考えつつ10キロくらいのランニング。最初から雨で濡れるつもりで走ってます。サーファーってそういうの平気だと思います。雨が気持ちよかったですもん。

それで、海で濡れても平気な波乗り用のTシャツを店頭に並べました。AXXE CLASSICです。ひんやりした肌触りで、暑い夏の日でも涼しく…はないか(笑)でもコットンや他の素材よりも比較して涼しく過ごせる素材です。


サーフTシャツ、MENEHUNE BEACH STOREウエブサイトからどうぞ

走った後は、腹筋ローラーと腕立て伏せ。これで自粛期間もキープしました。

早く雨止んで、暑い夏が来て欲しいもんです。A LONG VACATION、持ってない人は買いましょう(ダウンロードしましょう)。名盤中の名盤です。




6’8”の長いフィッシュをシェイプ中の活さんですが、写っていない壁のラックには、もう一本の長いフィッシュ、6’10”が載っています。さらに私が持って行ったオーダーは7’10”のフィッシュ。突然やってきた、長いフィッシュブームです 笑。

元になっているのはBONITAですが、上の画像でも分かるとおり長いサイズではレールのシェイプを変えています。プリモのレールシェイプを取り入れています。

回転性を考えてのシェイプですが、ツインフィッシュのセンターフィンが無い幅広のテールで滑る感触に、さらにプリモの乗り心地がプラスされることになってきて、それで滑ると気持ちがいいったらありゃしません。

個人的には、6’8”~6’10”はかなり昔から乗っているし、既に6’8”はお気に入りをキープしているので現在の興味の中心は、8フィートアラウンドです。先日の8フィートちょうどのフィッシュは、期待をかなり超えたレスポンスで、かなり気に入ってしまいました。


活さんもテストで一本シェイプすると意気込んでおられましたので、拝借して乗ってみようと思います。

こうなると悪い癖(か?)で、自分でもいろいろと試してみたくなってきます。長さは8フィートとして、ロッカー、ボリュームのバランス、フィンを変えたらどうなるか?

ロッカーとボリュームのバランスの話はブログで書くと大変なことになってきます。分かりやすいのはフィンです。フィンの大切さはこのブログを読んでいる方なら、ご理解いただいていることと思います。

8フィートのフィッシュにはこのフィンを使っています。フィッシュの三角形のキールフィンにレイクを入れて、フィンの内側がフラットの片面フォイルです。

私が好んで使う両面フォイルのキールフィンを8フィートにそのまま使うと曲がらなくなる可能性が大きかったのでこれを使ってます。この部分だけでも回転性は格段にアップしていると思います。

試してみたいのはこのフィンです。キールフィンですが片面フォイルです。両面よりも回転性があります。(両面フォイルと片面フォイルでは取り付ける角度も違うのです)


さらにブギーのフィンもあります。これは両面フォイルですが、ブギーの回転性はお墨付きです。加えてブギーのグライドを思い出すと、両面フォイル好きの自分はこれを試してみたくなってきます。


とりあえずは、今の8フィートにもっと乗ってみます。長いフィッシュ、活さんがどんなのを作ってくるかが楽しみです。

さらにここから派生してきたのは、新しいロッカーのシングルフィンです。長いフィッシュのロッカーとボリュームのバランスでシングルフィンにしたらどうなるか?ニューモデルができるかもしれません。シングルフィン好きにはこれも気になって眠れません。

一昨日のブログで、まだやれることはたくさんあるのが見えてきたと書きましたが、ざっくり言うとこんな感じです。シェイプルームではいつもそんな話をしているのです 笑。







In between sessions from Simon Farrer on Vimeo.


サイモン・ファーラーのニュークリップです。あんなカービングをしたいものだと夢想しながら体幹を鍛えていますが、ニーボードの面白さはいろいろあります。私の場合はテイクオフの速さ、スピード、フルレールでのカーブ、波との近さ、ボードとの一体感などなどいろいろです。

テイクオフは本当に速いです。8フィートのプリモやフィッシュと同じくらいの感じです。レールの切り返しは一瞬で、大きなターンでも、ヒザから下がボードのデッキと接しているので、レールを入れ続けながら姿勢とバランスをキープするのも簡単です。レールとフィンを多いに感じながらカーブしていきます。

身体とボードが接している部分が多いので、ボードとの一体感が強く、波をより近く感じ取ることができます。カーブも面白いですが、崩れていく波を追いかけるダウンザラインは、ニーライドの姿勢から目の前に立ち上がって崩れていく波が良く見え、そのスピード感と波との一体感はスタンディングのサーフィンでは得られないものがあります。

そんな光景を思い浮かべつつ、それならばシンプルにシングルフィンでしょうと、それまでカーブを主体に考えていたところから離れて、まずは基本に戻ってみようとシングルフィンのニーボードに乗ってみることにしました。久しぶりのシングルフィンニーボードです。


まだ乗っていませんが、ロングフィッシュ同様に違うものを見せてくれるかもしれないと、何やら期待しています。

グリノウのスプーンのスタイルとシェーンの高速カービング(2:00頃のスピード、見てください)どちらもニーボードで、どちらもいいですもん。

KNEELERS from ZION WETSUITS on Vimeo.





オーダーボードのシェイプが始まりました。画像の通りTIKIモデルです。TIKIはコンケーブボトム+VEEボトムのシングルスタビ。ミッドレングスからロングボードのサイズで作っています。シェイパーである活さん自身、お気に入りのモデルです。

今回はシングルフィンです。それもコンケーブボトムでは無くて、クラシックシェイプのシングルフィンです。TIKIのアウトラインはきれいなラウンドピンですので、そのままクラシックロングのアウトラインにも当てはまります。

緩めのラウンドボトムにエッジが無いソフトなレールで、ノーズコンケーブは入れてもいいですが、今回は無し。

ベニアの大きな定規(テンプレット)で線を引きます。


サイズは8’1”。小さいクラシックスタイルのログなので、サイドフィン付きで作るときの通常のロッカーとは変えてあります。


決まったラインで切り抜きます。

切り口を整えます。こっちはノーズ側です。


ボトムとデッキ側のサイズを確認。手鋸の感覚で垂直な切断面が取れてしまうのは、すごいといつも思います。


切り口を整えます。


8’1”ラウンドピンのアウトラインが完成しました。


小さめのクラシックなロングボード、南半球ではミニマルとも言いますが、サイズがある波で波に合わせて自然体で滑らせたら面白そうです。


このシェイプに限らず、活さんのラインアップにはいろいろなかたちのサーフボードがあります。個人的にはPIGなんかも作ってしまって、そこからさらに新しいものを作っていく余地があるんだろうか?となんとなく先が見えていなかったのですが、まだまだやること、やれることがたくさんあるのが見えてきました。

それは、これから少しずつお見せしていけると思いますが、そんなきっかけを作ってくれたのはたぶん8フィートの長いフィッシュのおかげじゃないかと思っています。

まだまだ、これからです。どうぞお楽しみに。


書くこと、書きたいことはたくさんあるのですが、今日はノーサイドの時間になってしまいました。雑になるのも嫌なので、また改めて。




90年代の映像だと思います。サーファーは、ロバート ”ウィングナット” ウィーバー。大好きなサーファーのひとりです。スムースでスピーディーで、後ろ足を下げてヒザを入れながらテールをコントロールするドロップニーターンのスタイルは優雅そのものです。

乗り手(ウィングナット)はもちろんなのですが、気になっているのが彼が乗っているサーフボードです。黄色のデッキのボードは、たしかウィングナットモデル2と言ったと思います。詳しくは知りませんが、ウィングナットモデル1号機は94年のエンドレスサマー2で乗っていたボードじゃないかと。

エンドレスサマー2、レイトショーで見に行きました。仕事の帰りに横浜の映画館で…懐かしいです。話が反れそうですが、あんな感じで乗れるロングボードが欲しいと思っています。

これまでずっと作ってきたのは、ご存知の通りフラットで重たいログばかり。Dフィンも面白いのですが、さすがにあのサーフィンは無理です。

欲しいなと思っているのは、ログに乗るスタイルでもっとイージーにコントロールできるロングボードです。テイクオフももちろんイージー。プリモみたいにたくさん乗れて、軽いコントロールで楽しめるロングです。

プリモはもちろん素晴らしいモデルです。どれか一本選べと言われたら、8.4のプリモを選ぶと思います。一番楽しいボードです。

でも違うのです。プリモのコンケーブボトムじゃなくて、ロングボードのボトムとレールで乗りたいのです。歳取ってきたら、気楽にイージーに楽しめるボードが欲しくなってきたみたいです 笑。

90年代にロングボードにどっぷりとハマっていた、現在50代のおっさんたちのためにそんなロングボードを作れないかなあと考えています。

FOR THE ALL OLD LONGBOARDERSモデル(なんじゃそれ 笑 とりあえずのネーミングということで。)です。

ヒントは昔愛用していた、ウィングナットのエンドレスサマーモデルです。20年以上前のことなので記憶は曖昧ですが、どういうデザインのモノを作ればいいのかは分かります。

レングスは9.2くらいでポイントノーズ、テールはスクエア、もちろんシングルフィンです。

ログとちがって50/50のソフトなレールじゃありません。ボトムもロールじゃなくてVEEが入ります。ノーズコンケーブは無し。ログとの一番の違いはテール周りにエッジを入れることです。エンドレスサマーモデル、そんな感じでした。5ストリンガーでちょっと重かったのですが、調子いいボードでした。

波のサイズが上がっても楽しめる、運動性能に優れて、ログのスタイルでイージーにコントロールできるロングボードです。ノーズコンケーブはやっぱり無しで行きます。

こんなことを考え始めたのは、ウィングナットのせいもありますが、頑張らないロングフィッシュが楽しかったせいでしょうね。

エンドレスサマー2、見ました?



昨日から忙しくて(朝は波乗りもしたし)、そして今日。午後5時。ひと段落してブログを書こうかとPCに向かいましたが、頭の中も身体も燃え尽きてからっぽ(ちょっと気持ちよかったりしてます)外は雨だし、こんな曲はどうですか?





朝6時。久しぶりのしっかりしたうねりです。サイズはムネくらい。オンショアの予報でしたが、無風に近い感じでフェイスはきれいです。

前回はあまりいい波ではなかったのですが、今回はこれをばっちり試すことができました。8’0のフィッシュです。


幅が広い分、同じ8’0のプリモよりも浮力はあります。その分滑り出しは速いです。8.0ですから、滑り出しはロングボードと同じような感じです。

問題はそこから先です。スピードが上がると果たしてどんな挙動を示してくるのか。興味津々、不安半分と言ったところです。

沖で待ってセットをつかまえて滑り出します。緩いところから滑り出すので、アドバンテージがあります。

ピークの少し先から滑り出したので、フェイド気味にボードを持っていって、そこから方向を決めて、一気に滑り降ります。長いフィッシュはボードが降りて行きにくいことがありますが、全くそんな感じはありません。不安、ひとつ解消です。

滑る感触はシングルのプリモよりも抵抗が少なく滑らかに感じます。これはフィッシュならではの感覚だと思います。

滑っていって波の先へ出たら、今度は戻らなくちゃいけません。カットバックです。

これも先日の小さい波で感じたのと同じです。動きは軽いです。シングルのプリモばかり乗っていたので、このターンの軽さと戻るスピードはなかなかのものです。ルースな感じでは無く「軽い」という感じです。

波の先まで出過ぎてしまっても、平らになった水面から結構な勢いで波の中へ戻っていってくれます。ショルダーが張らないような波でもカットバックでつなぎながら楽しめると思います。

テール幅のサイズはフィッシュのものですが、テールエンドにかけて普通のフィッシュよりも絞り込んでいます。フィンは片面フォイルでKK FISHと同じ。フィンのフィンの間はがっつりシングルコンケーブです。

このディテールがこのロングフィッシュの性格を作り出しているのだと思います。

面白いボードが出来ました。シングルのプリモと乗り比べつつ、もっと乗り込んでいってみようと思います。

サイズはロングボードの感覚が出始める、7フィート台後半くらいからが面白いと思います。次はもう少し長くしてみようかとも考えております。






ほぼ裸足の状態で連日走りまわっている私には梅雨なんて関係ありません。日差しが無い分、暑くなくて走りやすいくらいです。

梅雨空の里山は稲が育っています。雨が続いて嫌われがちの梅雨ですが、雨が降らなければ今度は水が足りなくなります。避けることができなければ味わってしまうのが季節を楽しむ方法だと思ってます。

夏を控えてカンナが育ってきました。花が咲き始めて、梅雨明けの強烈な日差しを楽しみに思わせてくれます。(あとひと月経つとこうなります)


コレも出ました。タマゴタケ。いつもより早いように思います。もしかしたら今年は当たり年かも?美味しいんです。


これ何だか分かりますか?

栗の若実です。イガイガはまだ柔らかくて触っても痛くありません。後ろにピンぼけで見えている細長い茶色いのが枯れた栗の花です。咲いているときには白く細長くて匂いがある栗の花ですが、あれは雄花でその根元に雌花がひとつあって、それが受粉すると実が出来始めるそうです。

あの細長い栗の花がどうやって、丸いイガイガの栗の実になるのかずっと不思議でしたが、そういう訳なんですね。

そんなのどうでもいいですか?でも、季節を楽しむということは自然を楽しむということです。海の中だって変わるでしょ。

これも自然の営み。庭に植えたレモンの木に百舌鳥が巣を作りました。


最近、なんとなく百舌鳥の姿を良く見かけるなあと思っていました。庭に餌になるものでもあるのかしら?と思っていたら、木の枝を加えた百舌鳥がレモンの木の茂みに入っていくのが見えて、葉の影を見たら巣が出来上がってました。

百舌鳥はスズメをふた回りくらい大きくした、小型の猛禽です。スズメやシジュウカラくらいは捕食するそうです。最近、シジュウカラの姿を見かけないのは百舌鳥のせいなのか。

百舌鳥、きれいな姿の鳥です。木の枝にとまって尾羽をクルッ、クルっと回している姿は愛らしいもんです。興味がある方は、YOU TUBEで検索してみて下さい。

親鳥が居ない間に巣を覗いてみたら卵がふたつ。巣の中はきれいに作るもんですね。


今朝、障子の隙間から覗いたら親鳥が巣の中で卵を温めていました。巣の中からヒナの顔が出てくるのが楽しみです。梅雨の楽しみがひとつ増えました。大敵はカラスですが、レモンの刺が守ってくれると思います。




Visitor Map
Create your own visitor map!