忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4
11 13
17 18
24 25
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
縁あって、ある作家さんの絵画を扱わせていただくことになりました。もちろんサーファー(そして、スケーター)です。活さんがシェイプするサーフボードを気に入っていただいていて、そちらのご縁からのつながりです。

「このボード(活さんのボード)に乗っていると、いろんな人が話しかけてくれるんです。」と最近、活さんのボードに乗り始めた、ある方が言われていました。KATSUのロゴマークがついていると、海の中で知らない人でも妙に仲間意識が出てくるみたいです。

嬉しいことだと思います。

話がとてもそれましたが、いろいろと縁を結んでくれるらしいKATSUロゴのおかげで素敵な作品をショップの壁に掛けられるようになりました。

今回は、LETTER FROM CALIFORINIAと銘打ったシリーズで、カリフォルニアのサーフポイントの風景を描いた作品群です。


四点とも油絵。本格派です。私みたいに、ちょっと絵が得意で…なんていうのではありません。

会社勤めを辞めてアメリカ東海岸の美術学校へ留学し、昨年、神奈川二科会の一般公募最優秀賞、二科展入選で、今年は新人賞。

すごいでしょ。新進気鋭の、という表現がぴったりの若い作家さんです。

MENEHUNEのクラシックなHTMLサイトで紹介するのもなんだか気が引けますが、ただいま準備中です。

四点とも雰囲気ある作品ですので、楽しみにしていてください。

気になる方は作家さんのホームページ、こちらです。


これも入荷。柔らかい乗り物です。


柔らかい気持ちで乗らないとうまく乗れません。海の上でリラックスしたい方は絶対サーフマットです。こちらはアップロード済みです。

MENEHUNE BEACH STOREホームページ





PR
お店のストックにシェイプしていただいている、プリモとBONITAフィッシュ。ボードのシェイプには一点の迷いもございませんが、その素晴らしいシェイプを何色に染め上げるかということに、心はいつも千々に乱れます。

サーフボードに色を付け、3Dにして360度自由にアタマの中でくるくると回すことができます 笑。
そんな特技を持っているので余計決まらない 笑。

私のニューボードはホットマンゴーのクアッドフィン 6’2”。


気持ちグリーンが入ったブルーですが、実際の色はもっとグリーン。デジタルカメラではブルーに写ってしまうのです。色が指定と違うのではなく、デジカメのせいです。

この色で出来上がってくるはずです。海の青と砂浜の色に映えるだろうなあ~と、360度回転させてみて選んだターコイズグリーンのティントカラー。


デジカメが間違っていると断言してしまえるほどカラーは正確なラミネートです。微妙な色の違いも再現してくれるのが心が乱れる理由ですが、悩みがいも多いにあるのも事実です。

プライスシートに記載されていますが、カツカワミナミサーフボードでボードをオーダーいただいた場合のカラーチャージは¥10.000ぽっきりです(税別です)

税別とは言え、「ぽっきり」という言葉を使ったのはその内容がかなり柔軟だからです。

ボトムとデッキで違うカラーを、つまり二色でも価格は同じです。

こんなのでもOKです。

デッキをストリンガーのラインでティントカラーで左右に塗り分け、ボトムは意図的にラフにフリーラップ。

これは、デッキとボトムのレールをライトブルーにして、ボトムをイエローとグレイのティントカラーで塗り分けています。


さらに、アブストラクトでも。


アブストラクトの色の決め方は、まずベースのカラーを決め、それからグニョグニョ部分の色を決めます。色は三色以上混ざると濁ってくるので、ベースカラーを含めて三色くらいまでの色数で選ぶのがコツです。上の画像はベースはどちらも白のピグメントで、グニョグニョ色をデッキとボトムで変えています。

このくらいならすべて、ぽっきりです。

せっかくのカスタムですから、好きな色に仕上げましょう。色のことも、いつでもご相談に乗ります。


ユーズドボードが二本入荷しました。

6.8、5フィンのボンザー仕様のミニモデルは新品同様のコンディションです。

ボンザー好きな私は自分で乗りたいくらいのかなりのおすすめです(ほんと)


もう一本は、ノーブランドのロングボード。ノーブランドと言っても鎌倉のボードメーカーではなくて、「ブランド無し」というそのままの意味です。

9.8のシングルフィン。夏のお遊び用にどうぞ。お安くしております。

ホームページはここです。MENEHUNE BEACH STORE








プリモ8’4”、シェイプ入ります。これからです。発泡ウレタン液を膨らませ、補強になる薄い木材を挟み込んで接着したサーフボードの始めの状態。ブランクスと呼んでいます。ブランクス:blanksは、空白とか白紙などという意味です。サーフボードを削り出す前の白紙の状態ということでしょうか。

発泡させる密度で重量や強度が変ってきます(私がロングボードを作るとき、よく高密度発泡という言葉が出てくると思います)。膨らませたフォームの塊りを真っ二つに切って、ストリンガーを入れます。ストリンガーにレッドウッドやバルサを使ったり、接着材に意図的に色を着けて、グルーライン(接着線)などというストライプを表現したりすることもあります。

ブランクスにはすでにロッカーがつけられています。ブランクスの長さの、よりたくさんの部分を使う使い方が、もともと想定されたロッカーに出来上がるので自然な使い方なのですが、ひと回り長いサイズのブランクスから欲しいロッカーのある部分だけを切り抜いて使ったりもします。皆さんが好きな、ブギーもそうやって走る部分だけを切り抜いて作られているのです。ぜいたくな使い方とも言えますが、それがスピードの秘密だったりします。

このブランクスは8’4”です。フルレングスを使って8’4”のプリモを作ります。パドルとスピード、回転性が調子いいロッカーなのです。もちろん活さんのシェイプがあるので、それらが生きてくるのは言うまでもありません。

シェイプされると、こんな感じになってきます。


プリモ、いろいろな長さで作っていますが、この8’4”の長さはロンガーさん、とくにシングルフィンのロングに乗っている人にばっちりおすすめです。私もこのサイズのプリモは常に一本押さえています。

小波からOKですが、重たいシングルフィンのログでは少々きびしいコンディションのときにはかなり楽しめます。波を越えて沖へ出るときや、テイクオフなどロングボードと同じに扱えます。クラシックなログタイプのボードが好きなロンガーさんに気に入ってもらえると思います。

ログには無い、コンケーブボトムの感触は新鮮だと思います。

プリモはシングル派ですが、サイドフィンがあった方がいいという方には、8’4”で同じブランクスを使った、TIKIというモデルがあります。サイドフィン派の方はこっちですね。

最近、短いボードばかりにお話しが行きがちですが、長いのを忘れてしまった訳じゃありません。長いボードのグライドを忘れられるはずありません 笑。

この8’4”のプリモは店頭のストック用です。きれいなカラーでラミネートしていただきますので、楽しみにしていてください。


こんな素敵なクラシックなオーダーをいただきました。


7’2”のMINI GUN シングルフィン。ブルーとイエローのカラーリングもクラシックです。普段の波から、サイズアップしたとき、いろいろなコンディションで活躍してくれそうです。

KK MINI GUN COLLECTTION











新しく作るロングボードのフィンを考えています。今使っているボード(上の画像)はテールから、4インチの位置にグラスオンしていますが、もう少し後ろへ持ってきて、フィンのティップをさらにテールから大きく出したらどうなるか。

フィンを後ろへ持って行くと、直進性が出て曲がりにくくなるということは一般的に認知されていると思います。

以前、ヴィンテージのロングボードに乗ったときのこと。そのボードにはベースが30センチくらいあって、フィンのティップがほとんどテールから後ろへはみ出している、今では考えられないようなフィンが付いていました。

そのボードのフィンが、なんだか妙に良かったのです。最初は、これどうやっても動かないでしょ、と思ったフィンが意外に気持ちが良い動きで…。

それで、テールよりも後ろにはみ出しているフィンの作用を考えていました。

テールよりも後ろへはみ出したフィンのティップの作用は、フィンの位置を後ろへセットしたのとは違う意味があるのかもしれません。

昔のフィンはいろんな形があります。


ヴィンテージボードの写真を参考に、フィンを作って試してみようかとも考えましたが、それではこれから先にロングボード作りたいという皆様の参考にならないので、フィンの形は上のカツさんのテンプレットをベースに位置での違いで考えてみることにします。

日がな一日、こんなことばっかり考えている私ですが、フィンは重要なのです。









熱帯低気圧になる予定だった(笑)低気圧は、どうやら低気圧のまま。前線と一緒に南の海上をはなれて通過していくだけのようです。風はずっとオンショア。木曜日あたりにオンショアの小波で遊んでみようと思ってます。

なので明日はきっちり身体を使ってあげようと思っています。まあトレーニングなんでしょうが、もともと身体動かすことは好きなのでトレーニングとは思っていません。

波乗りと同じで、気持ちいいことです。

トレイルを丁寧に走って、体幹とパドルキープ、そして忘れてはいけないのが、ボードの上に立ち上がるイメトレ。この4つがルーティーンです。4つもあると時間取られそうに思えるかもしれませんが、ランニング以外は30分もかかっていません。長時間ではなくて、短時間で長期間。定期的に続ける方が効果あると思うし、続けられます。

アルコールを摂取していないこともあると思いますが、体調はかなりいいです。以前も1年間以上、アルコール抜きだったこともあります。そのときも調子よかったのを覚えていますが、今の方が絶対的に波乗りは調子いいです。

何かが違うのかと思い、以前のアルコール抜きの時期(2010年)に自分が何をやっていたのか振り返ってみました。

そうしたら、いまいち何をやっていたのかが分からなかった自分が見えてきてしまいました。もしかしたら、ちょっと迷走中だったのかもです。いろいろなことをやろうとしていたようで、いろいろと中途半端(笑)

そんな感じでした。

今もそのときと同じように、長いのも短いのも乗っているわけですが、自分が行こうとしている方向は今の方がクリアに見えているように思います。

地道に地味に(笑)立ち上がる練習!、なんてやっているのもそのひとつなのだと思います。

昨日も書きましたが、5’8”のフィッシュでパドルアウトしながら、その小さいボードの上に立ち上がって滑り出す動きがはっきりとアタマの中に思い浮かべることができたのは、そのおかげです。

ロングボードで波乗りを始めた私は、重たいログはもちろん大好きですが、こんな感じのノーズのボードに乗って、波を滑ってみたいとも思うのです(フィンはいまのところクアッドのイメージかな)



なので明日の朝、目いっぱいカラダを動かしてやろうと、そんなことが今から楽しみなのがちょっと変なのかもしれない自分が結構いい感じです。

基本からしっかり、少しずつでいいのです。

ご一緒にやりましょう。

もうすぐ、53のおっさんでもできるようになるんですから。

これだって乗れるようになります。オルタナロゴがなつかしい、クリステンソンのフィッシュ5’8”のユーズド、入荷しました。


MENEHUNE BEACH STORE ホームページ




忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!