忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
11 12 15 17
22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
長崎から帰ってきたらインフルで寝込み、半月のあいだ何もできずすっかり「動けない人」になっていた私ですが、元に戻ってきました。

今朝のトレイルの登りの気持ちいいことといったらありゃしません。お尻はスクアットで若干まだ筋肉痛ですが気持ちいいのは、フトモモ。快調に身体を持ち上げて、丘の上へ連れていってくれます。爽快に乳酸発生している模様です。

フトモモと言えば昨日のクロスカントリー決勝です。テレビで見ながら、あのラストスパートの登りのフトモモ、どんだけきついんだろうと想像したらすっかり自分でも体験してみたくなってしまった私はたぶんマゾヒスト 笑。

トレイルの何キロも続く長い長い登り、片方の足は身体を持ち上げ、地面を蹴って前へ進み、もう片方の足を持ち上げ前へ出す、果てしない動きの繰り返し。

きついのはもちろんですが、それが結構気持ち良かったりするのです。

波乗りのためというのもありますが、泳ぐのも走るのもそれ自体が好きなのです。たまにストイックですね~、などと言われることがありますが、そんなことはありません。そういうのが好きなだけです。

そういえば海の中でも、疲れ果てて重たくなった腕でパドルするあの感じ、好きだったりします。

やっぱり変ですかね…笑。

でも、海へ行けないとき、波が無いとき、ちょっとでいいから身体動かしとくといいことありますよ。

バードウェルのショーツがどっちゃり入荷してきました。レギュラーレングスに加えて、短いのも入ってます。いろいろ値上がりしてますが、価格はなんとか据え置きでいけそうです。カラーも少しですが増えております。



ちょいお待ちを。

今日の懐メロは稲垣潤一さん。1982年。思い切り80年代の雰囲気です。そういえば、新婚旅行はバハマだったな 笑。













PR

グライダー、三本目です。最初はクリステンソンの11フィート、そして活さんの10フィート、そして今回です。ちょっとずつ短くなってきましたが、今回のこのグライダー、果たしてどんな個性が出来上がるのかということを考えています。

ボトムはこんな感じに、レール~センター~レールと面で構成されます。丸いボトムではありません。テールではレールのラインとボトムが出会って、エッジが入ります。いままで作ったログ系のロングボードと大きく違う点です。


フィンももちろん違いますが、ここはある程度予想することができます。しかし、今回最も重要だと考えているのはフィンよりも、先に書いた、ボトムとレール、そしてテールの形です。

グライダーって何ですか?と聞かれます。それを作っているわけですから、説明できなければいけないはずなのですが、説明するのはなかなか難しいのがグライダーです。

自分のイメージでは、重要な要素はスピードとスムースさです。スピードをできるだけロスしない、スムースなラインで波を乗り継いでいくことができるのが重要だと考えます。

Dフィンの過激なピボットターンと一番違う点です(逆に、Dフィンの面白さのひとつはそこになります)

レングスは普通のロングボードと大差はない訳ですから、そこにはグライダーらしさを求めることはできません。実はそこが一番悩みどころでした。

レングスはロングボードと同じ。その上でこのアウトラインとボトムが、いままで何本も作ったログ系のロングボードとは違う、自分が考えるところのグライダーらしい感覚で波を滑ってくれるのかどうか?

ボードのコンセプトは、クリステンソンのグライダーと、活さんのプリモの両方からのインスピレーションです。ちょうど5年前に作った10フィートのグライダーでの改良点も取り入れています。

出来上がりはかなり楽しみですが、一方ではかなりドキドキでもあります。出来上がって実際に乗ってみて、グライダーって何ですか?というご質問にちゃんとお答えしたいと思っております。

サーフボードってやっぱり試行錯誤だと思います。そういうのも面白いところで、サーフボード作りはやめられないのです。

さて、ロングボード作ろうと考えている方いませんか?こんなクラシックなレッドシダーの2ストリンガーのブランクスあります。

作ることができるのは、9’8”くらいまでのログ。ノーズライダーにばっちりフィットするブランクスです。

一本のみですので、気になる方はお早めに。こっちは試行錯誤じゃありませんので、お任せください。

しかし、試行錯誤と言いつつ、グライダー楽しみで夜も眠れません。








めずらしく、ひとりジリジリとしております 笑。その訳は今朝の波。


どちらにしても、今日までは大人しくしてましょっと決めていたので、海へも行かないつもりでいたのですが、見ちゃうと大人しくしていられません。先日の日曜の波も、寝床の中で、あ~このサイズ~、行きたい~、うらやまし~と悶々としておりました。

せっかく年明けから取り戻してきたものが元の木阿弥、とまでは行きませんが少々逆戻りしてしまいました。地道にこつこつ、マイペースであまり焦らない私ですが、さすがにです 笑。

書いていたら少し落ち着いてきましたが、上の波のフェイスをシングルフィンで滑っているところを妄想することしきりです。

シングルフィンといってもログではなくて、MINIみたいなエッグのシングルフィン。長さは6’8”でばっちりです。

幻覚は(笑)二種類のボトムとレール、そしてフィンです。

頭を前に押し出すように丸いノーズへ加重しながらパドルすると、あの波だったらMINIは簡単に滑り出します。ゆっくりと立ち上がって、波のフェイスを滑りはじめます。

崩れる波に、ボトムターンの位置を合わせるように波を滑り降り、波が崩れるちょうどその下をスピードをつけて抜けていきます。上体はひたすらリラックス、シングルフィンのレールとセンターフィンだけの抵抗が無い滑りが気持ちいい(はず)

その先は波が緩くなるので(いつものとこなら、そんな感じのはずです)、ここでスピードが活きているうちにカットバックです。

ボトムからボードを返すポジションへ波を上がって行くと、緩くなった波の手前に水が盛り上がった塊りが見えるはずです。そこを使ってボードをカールへ返していくとボードは、波の力で気持ち良く戻ってくれます。

戻るときには、幻覚だということを十二分に利用して、二種類のボトムとレールを妄想してみます。

ひとつはコンケーブ。ノーズからまっすぐテールまで入った一本のコンケーブです。コンケーブのおかげで、レールのエッジが強調されています。プリモのテールまわりやダブルエンダーのイメージです。

ボードを波の高いところへ上げていきながら、自分の背中側のレールを使うように、意識しながら自分では見えていない方向へと体重をかけていきます。

コンケーブで強調されたレールは波をかっちりとつかんでくれる感触です。それが感じられたら、そのレールを使いボードの向きを走って来た方向へと変えていきます。

波の高いところからボトム近くまで降りてきたら、進行方向へともういちどボードの向きを変えます。上体はできるだけリラックス、ヘソから下に力を入れてヒザは深く曲げない…のが、かっこいい(はず)


これをもう一度、もうひとつのボトムとレールでやってみることができるのが妄想の楽しさ。もうひとつは、ダウンレールとフラット~VEEの組み合わせ。

最近、コンケーブばかり乗っていたので、今、私がやってみたいシンプルでオーソドックスなシェイプです。

コンケーブよりもレールの感触はルースです。センターにあるフィンを意識しながら横滑りさせつつボードの向きを変えて行きますが、コンケーブほど深くは戻れないはずです。戻りたければ、ターンの最初で一気に向きを変えて、バックサイドで戻るイメージにしてみたりします。

いずれにしても、コンケーブよりもルースな滑りと、それに合わせた身体の使い方を意識しながらボードを走らせるのが面白そうです。

MINIのアウトラインと6’8”のサイズがあると、身体の使い方を考える余裕が出てきます。ロングボードと同じようなイメージです。


そうやって、それぞれのやり方で波を戻ると、そこから面白いセクションが目の前に現れます。

さっきまで緩かった波は、もうひとつあるリーフに当たって先の方までショルダーが張ってきます。ここでうまくスピードを付けられなければ、つかまってしまってそこで終了。

デッキを踏み込んで加速。活さんがシェイプするボードのスピードの本領発揮のセクションです。

さて、つかまったか抜けられたかというと、妄想では踏み込んでセクションの最後のところをリップに当て、その先へ。カットバックをあと二回やって最後にプルアウトして終了です。




いままで作って店頭にあったMINIはほとんどがフラット~VEEのボトムとダウンレールのオーソドックスなシェイプのMINIです(そっちが基本です)。

私はコンケーブばかりだったので、それ(フラット~VEE)が新鮮に見えているのですが、そちらのボトムに乗られている方は、次は同じMINIでコンケーブにしてみると、滑る感触もそうですが、ボードのいろんなところが違う感じになって面白いと思います。

私はフラット~VEEを作っていただきますが、通常のMINIがお気に入りの方なら、次はコンケーブでというのも面白いと思います。このあたりはやっぱり、カスタムオーダーのハンドシェイプならではだと思います。

というわけで、こんだけ書いてやっと落ち着き(あきらめ)ました。











私がシングルフィン好きなのは、このブログを読んでいただいている方はご存じだと思います。なにせ、シングルよりトライフィンの方がむずかしいなどと変わったことも言ったくらいです(そんなことはありません)。

感触的には小さなサイドフィンも私にはトライと同じです(違います、全て私の偏った意見です)。

でも、最近なんとなく分かってきました。何がかと言いますと、サイドフィン付きとシングルフィンの乗り分けの方法とそれぞれの楽しさです。

先日、8.4のプリモで気持ち良ーく(笑)滑っていて考えていたのは、レールを使って波を滑ることの気持ち良さです。大きくターンさせながら、これでサイドフィンが付いていたらこの感触が変ってくるんだろうなあと考えていました。

シングルフィンにはレールを使う面白さがあります。それは気持ちが良いレスポンスです。ダウンザラインもターンもスムースに滑っていく気持ち良さです。

そこにサイドフィンが加わると、それ以上に反応してしまうことになります。シングルと比べると、自分がターンさせたい方向よりさらにボードの向きが大きく変わっていこうとする性格が強くなります。

分かりやすいのはバックサイドです。

バックサイドのターンでは上体を背中側へ開くとよく表現されます。上体をひねって、身体の正面を背中側の波の方向へとひねっていく体勢です。

シングルフィンではひねった上体が向いている方向とほぼ同じ向きにボードはターンしていきます。サイドフィン付きも動作の基本は同じです。違うのはターンの角度です。サイドフィンが効いてくるので、上体が向いている方向よりもさらに大きく、背中側の方向へとノーズが回りこんで行こうとします。

つまり、波をより縦方向へ上がっていくことができるようになります。

まあ、当たり前なのですが、このときがサイドフィン付きとシングルフィンの大きな違いだと思います。

サイドフィン付きがより縦方向へ移動するということは、次のターンもよりタイトになってきます。移動距離に対して、動きの高低差が大きくなります。

シングルではこの逆です。サイドフィン付きよりも緩い角度で波を上がっていきます。同じ高低差を上がるにも移動距離は長くなります。私と違ってシングル嫌いの人(笑)は、この辺のことをもって、シングルは動きが重いなどと文句を言います。

シングル好きの私は、そこをスムースだ、もしくは滑らかだと言い、さらにはサイドフィンが付いていると引っかかる(さらに曲がろうとしているからです)などと言ったりもします。

この後の波のトップの返しを含めて、その他の動きでも同様の現象が起こるのは想像に難くありませんが、結局は無い物ねだりか、もしくはせっかく付いているものを正しく使えていないかで、つまりどっちもどっちだとようやく気が付きました。

これのおかげですね。サイドフィンが面白かったのです。


食べ物の好き嫌いがなくなったようなもので、急にサイドフィン付きに乗りたくなったりしているから勝手なものです。9.0のサイドフィン付き(これです)も持っているので、今度乗ってみようと思います。

これはフィンプラスのものがありそうな、チャネルボトム。ユーズドボードが入荷しました。


MENEHUNE BEACH STORE ユーズドコーナーご覧ください。











玄関を出たとたんに滑りました。危うくボードをぶつけるところでしたが、道路は平気。事前に路面の状況はきっちりとリサーチいたしました。

用心深く走ったので、いつもより時間がかかって遅くなってしまいましたが、コシ、ハラくらいの波がしっかりと崩れています。しかし海の近くはぜんぜん雪無いんですね。ずいぶん違うものだと思います。


気温は低いですが、全く寒さは感じません。ウェットスーツはAXXE CLASSICのロングチェストジップにプラス、ブーツとグローブ。それで快適です。

最強寒波で、髪の毛につららくらいできるかと期待してましたが、海の中でヒヤリともしませんでした。防水性はかなり高いです。

確かにいつもより気温の低さを感じましたが、天気が良くて風も無く顔だけひんやりとして気持ちが良い、朝の波乗りでした。

脱ぐのはジッパーレスより簡単で、バックジップタイプと変わりません。ゆえに着替えのときのあの寒さもほぼありません。いろんな場面で快適です。

そして、気持ちが良いのはこっちもです。

プリモの8’4”です。気持ち良さのヒミツは、なーんとなく見えると思いますが、このボトムです。


しっかりと入った長いコンケーブのボトムで水の流れをしっかりとつかみますが、レールの形のおかげでとても滑らかです。

引っかかるのはテールだけです。その引っかかりがボードの反応の良さを生み出しています。このあたりに、動きの良さとスムースなグライドとスピードを両立させるヒミツがあります。

何度も書いておりますが、この8’4”のプリモ、いいです。根がロンガーな私にとっては本当に楽しい板です。
寒中まっただなかですが、楽しくていろいろと考えております。今考えていることは、サイドフィン付きとシングルフィンの違いです。

サイドフィンが付いていると、あのプリモ(シングルです)のターンの感触や乗り手の意識はどう違ってくるのかなあと、あれやこれや考えています。

でも、とにかくいいです。プリモ8’4”。ロンガーさん、これに乗らない手はありませんよ。

それで今朝は、上体を緩めようとまたゆるゆるランニングのつもりでしたが…。この雪。まだふかふかで残ってます。


ゆっくり、ゆっくり進んでも足元が悪いので、結局肩に力が入っちゃいました。かるく身体を暖めるつもりが、汗かきましたから。









忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!