忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3384] [3382] [3381] [3380] [3379] [3378] [3377] [3376] [3375] [3374] [3373]
きれいな波です。波見てるだけで声でちゃいます。


「ニーボード、面白そうですね。」「ちょっとやってみたいです。」とたくさんの人が言うのを耳にしてきましたが、実行に移す人はほとんどいません。

なので、特に人にすすめたりもしません。

でも、1分27秒あたりからの一本。ボトムターンの体勢、そこからのチューブへのプルイン、そしてプルアウト。力が抜けきっていて、とてもきれいです。

ニーボードの魅力のひとつは、ボードとの一体感がとても強いところ。普通なら足の裏だけですが、ヒザから下、足の先までボードとくっついています。

スタンスを変えるのがむずかしいので、上体との連動も重要です。上体の動きもボードと波と一体になる感覚はとても強いと思います。

つまり全身で、波と一体になる感覚が大きいのです。

ちょっとおすすめしてますが、そんなところが私がニーボードを好きな理由です。

フィンを履けば、テイクオフはとても速いですし、こんな道具も楽しめます。

SCUMM RDO from adam williams on Vimeo.



サーフマットが他の道具と違うと感じる一番のポイントは、滑走体が柔らかいところです。からだに力がはいると、滑らない。ターンさせるときには身体を使いますが、意識はひたすら柔らかく。

上で滑っているおっさんの背中、力抜けてるのが分かると思います。

そんな状態で波のフェイスを滑っているときの感触が気持ちいい。この映像、ほんとに自分でやってるみたいです。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!