忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
7 9
10 11 14
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2351] [2350] [2349] [2348] [2347] [2346] [2345] [2344] [2343] [2342] [2341]
クラシックなロングボードに乗りたいのですが、自分にちょうどいいサイズは幾つですか?というお問い合わせをいただくことがあります。お答えするのに一番悩んでしまう質問です。そして、お問い合わせいただくのは大抵ショートボード乗りの方です(まあロングに乗りたいと言うのだから、当然か…?)

とても悩みます。

自分自身でロングボードの長さを選ぶときのことを考えてみると、今回は9.4?9.6?ちょっと軽くコントロールしたい気分だから9.4にしようかな?くらいの軽いノリで選んでしまいます。

ショートボードで考えると、2インチの差はとっても「軽いノリ」なんてものでは済ませられません。浮力がタイトなショートボードでは2インチは、ショートとロングくらいの差があるかもしれません。

まあそんなには無いかもしれませんが、波のクリティカルなところを攻めていくショートボードでは少しの差でパフォーマンスに大きな差が出てくるということは多いに推測できます。

そんなシビアなショートボードと比べると、ロングボードは基本的に浮力過多です。クラシックなボードなら同じデザインで、9.6と9.4を比べてみても、全体の浮力の中で変化する浮力の比率は僅かなので、9.4の方が取り回しがちょっと軽いなと感じるくらいで、パフォーマンス的にはそんなに大きく変化しないし、ショートボードと違って「軽い」方が良いというわけでもありません。

逆に、もっと重くて取り回しが大変なボードを好む人だっています。11フィートもあるグライダーに乗って喜んでいる人もいるくらいです。

ロングボードでもハイパフォーマンスなマニューバのコンテストの世界では、2インチの差はかなり大きいと思います(それより重さかな?)

そうやって考えてみると、ロングボードというのは自分にあったサイズは?と考える前にどんなスタイルで波を滑りたいか?ということをまずイメージしないとそこから先に進まないように思います。

プログレッシブなのかクラシックなのか?

リッピングなのかノーズライドなのか?

マニューバかグライド感か?

自分がやりたいスタイルとマニューバをイメージすることがまずは重要で、それが決まっていればそのひとの体格やレベルに応じて、良さそうなサイズは目安として出てくるように思います。

個人的な例を挙げてみれば、重たいボードが波の斜面を滑るときのグライド感と背筋が伸びた姿勢でのサーフィン。11フィートのグライダーや高密度フォームと10オンスボランのヘヴィーなロングボードが好きだったけど、最近はヘヴィーなのは腰に響いてしんどくなってきたので、重すぎず比較的楽に取り回せて、グライド感が気持ちいいロングボード。

これはもう、あれしかないでしょう(笑)


さて、2度目の東京オリンピックが決まりましたね~。嬉しいです。1964年の1回目はまだ生後3週間で応援には行けませんでしたが、2020年の2回目は56歳。ボランティア募集していたら、ぜひやってみたいです。

市川崑監督の東京オリンピック。名作です。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!