忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
7 9
10 11 14
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3427] [3426] [3425] [3424] [3423] [3422] [3421] [3420] [3419] [3418] [3417]
新製品のロングチェストジップ、実際のところどんななんでしょう?と実際に着てみました。

決して安くないモノですから、販売する方も責任「大」です。製品をしっかり把握しておかないとお話しになりません。

新しい製品はこれです。ロングチェストジップと呼んでいます。スタイルとしては、これまでのネックインタイプによく似ています。


違いは、首から出入りする必要が無いので、腕回り、胸回りがネックインよりもタイト気味になっているところ。それからネックのパーツが防水のためラバーになっている点です。

着てみるとこんな感じです。首は折り返しの防水ネックです。


ジッパーの開閉はとても滑らかで、軽いです。もちろん自分自身で開け閉めすることができます。軽い伸縮性がある柔らかいファスナーなので、パドルの妨げにはならなさそうです。

見た目がドライスーツっぽいかもしれませんが、胸と腕まわりのフィット感は通常のバックジップタイプのウェットよりも若干緩めでパドルの動きは楽ですが、だらしなく見えてしまうようなだぶつきはありません。

画像では見えませんが、胸の真ん中、ジャージとスキンの合わせ目の部分に指が一本とおるくらいの水抜きがあります。胸のジッパーは防水ではありません。浸水はあますが、内部の生地でウェット内部に入るのを防いで、水抜きからスーツの外へ排出されるしくみです。


ジッパーを開いて首を抜くと、インナーはこんな感じにできています。

首の横でボタンで留めるのは、シンプルな方法ですが、ジッパーレスタイプのウェットで培った技術です。生地の重なりを大きくして防水性を高めるとともに、開口部がより大きく開くようにすることができます。


皆さん気になっているのはスーツの着脱ではないかと思います。

首の横のボタンを外すと、インナーは簡単に大きく開きます。両肩が楽に出てきます。


開口部が大きいので、脱ぎ着はかなり簡単です。脱ぐのは通常のジッパーレスタイプよりも格段に楽です。私はバックジップよりも簡単だと思いました。チカラもいりません。本当に楽に脱ぐことができます。

ちょっと恥ずかしいですが、写真の状態まであっというまです。あとは足を抜くだけです。


ジッパーの両脇には、引っ張りすぎてジッパーを壊さないように開きすぎを防止するベルトが付いているので、気にせず引っ張っても大丈夫。



実際にやってみて、脱ぎ着にはまったくコツなどは必要なく、簡単に着ることも脱ぐことできます。私は平気なのですが、ネックインだとどうしても脱ぐのが大変で、という方がおられます。このロングチェストジップはどうやったって簡単です。

保証いたします。


脱ぎ着の次に気になるのはパドルなどの動きやすさだと思います。

ネックインと比べてしまうとどうしても、胸の前にあるジッパーの存在を感じるのは事実です。それでも普通のウェットとくらべると胸回りにゆとりがある分、パドルのストレスは少ないです。動きやすいと思います。

使っている素材、プレミアムゴールドラバーの柔らかさも動きやすさ(着脱にも)に貢献しています。通常のラバーよりも油分を多く含んでいて、柔らかさが長持ちするのは看板にいつわりなしです。

耐久性が必要な部分で一番浸水が始まりやすい部分の、尻、ヒザに5mm厚のラバーを使用しているのも合理的な作りです。

ネックインタイプは着脱が気になって、いまひとつ手を出せなかった方にはばっちりだと思います。


ウェットスーツの進化で、冬も本当に快適に波乗りができるようになりました。各メーカー、それぞれ独自に開発した高性能のウェットスーツを出していますが、それぞれに特徴があります。今回はキャンペーン開催中のAXXE CLASSICをご紹介しました。実際に着てみて、これは良さそうだと思いましたが、それぞれ使用される方によって一番良いと思われるものは違ってくると思います。それをご一緒に考えていければと思っています。。

冬のウェットスーツ、いつでもご相談ください。気が早い話ですが、冬なんてあっという間にきちゃいますから。











PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!