MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 5
8 10 12
13 17
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(10/06)
読んだ結果(返信済)
(09/11)
(08/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3432] [3431] [3430] [3429] [3428] [3427] [3426] [3425] [3424] [3423] [3422]

シングルフィンに乗る理由が良く分かる映像です。スピードとスムースさ。(乗り手(私)もふくめて)アクションは苦手なシングルですが、「そんなのは関係ありません」と言い切れるほどの気持ち良さがあります。

トライフィン、たしかにいいです。約二年前に何本か作って乗ってみて、しっかりと実感しています(ニーボードはトライです)

スピードを付けやすい。ボードの反応が良い。ターンをホールドしてくれる…あとは忘れましたがいろいろと良いことがたくさんあります。

それにくらべてシングルフィンは…なのですが、上の映像を見て、シングルとマルチフィンの波乗りとを比べると、それぞれの楽しみ方の違いがお分かりいただけるのではないかと思います。

シングルフィンはレールを使う練習に良いと言われる方もいます。確かにそういう面もあると思いますが、私はそれだけでは無いと考えています。

シングルばかり乗っているサーファーがトライフィンで波に乗ってみると、それぞれのフィンの役割がよく分かります。

ターンの途中やデッキを踏み込んだときの瞬間的な加速など、サイドフィンが働いてくれているのが感じられます。

レールだけではなくて、フィンとレール(ひいては自分の足もとにあるサーフボードが)がどのように機能しているのか?その感触を教えてくれるのがシングルフィンじゃないかと思うのです。

それだけシングルフィンはシンプルな乗り物で、単純に波の斜面をスピードを付けて滑り降りることが面白くて、やっぱり自分はシングルを選んでしまうのだと思います。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!