忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3035] [3034] [3033] [3032] [3031] [3030] [3029] [3028] [3027] [3026] [3025]
ニーボードの身体の使い方は、日常の生活ではほぼあり得ない動きをします。スタンディングのサーフィンならスケートボードなどを使えば、波が無くても波乗りしているイメージでトレーニングをすることができるし、スクアットなどの筋トレが効果的だと分かるのは、ヒトが常に両足を使って動いているからだと思います。どこの筋肉を使っているのか自然と分かるんです。

ボードの上に座るニーボードで考えてみると、それがいまいちよく分からない。ヒトがヒザを付くときというのは、何かの必要性があって目線を下げるために(ペンキ塗るとか…)姿勢を低くするか、正座をするときくらいじゃないかと思います。

そのヒザをついた状態でボードをコントロールしなくちゃいけないので、どこに力を入れているのかがよく分からない。スクアットの代わりに、いったい何をやったらパワーアップできるのか?

最近、私はレギュラー側の苦手感を少しでも減らそうと、こんなことをやっています。

必要なものは、フローリングの部屋と座布団もしくはクッション。

床にクッションを置き、その上でニーボードのライディングの姿勢を取ります。ライディングの姿勢はいつも言ってますが、両ヒザは少し離してボードの両レール側にスタンスするイメージ。お尻は浮かせて、上体をその分前傾させます。

その姿勢で身体をひねり、フローリングの上で座布団を左右に回転させるように力を入れます。ターンの内側の足でテールを蹴りだすイメージです。

そうやって、どのように身体を使えば、床の上でより大きく回転できるのか研究&トレーニングです。上体のリードが重要です。より大きく動かすには、あらかじめひねった身体を元へ戻す動きで下半身をコントロールしていく一連の動きを身体に覚えさせるのが良いんじゃないかと思います。

こんな動画でタイミングをイメージしながら、何回もやっていると結構息が切れてきます。

たぶん、いいんじゃないかと思います。


話は変わって、新しいロングボードのイメージ、こんな感じかな~と。


そんなボードで、こんなサーフィンです。


いいでしょ~。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!