MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1161] [1160] [1159] [1158] [1157] [1156] [1155] [1154] [1153] [1152] [1151]

遅ればせながら、10月末に発売されたGLIDE誌を購入してきました。毎回、興味深いアーティクルが出てくるので楽しみに購読している雑誌です。

そんなGLIDEですが、巻末をパラリとめくると見慣れたC-UNITのきれいなフォルムが目に付きました(雑誌を後ろから読みはじめるくせがある変な私です)細川哲夫プロとジャックの長倉さんがハルを乗り比べる記事が出ていました。

読んでみると、「ディスプレイスメント・ハルは波を選ぶこと」「地域によってハルの概念が違うこと」「ディスプレイスメント・ハルのコントロールはプロにも難しいこと」「C-UNITのようにコンベックスボトムにコンケーブを入れることによってコントロール性が高まって扱いやすくなること」などなど、これまで私が言ってきたことと同じ意見が述べられているのに思わず1人でうなずいてしまいました。

ディスプレイスメント・ハルの魅力は抵抗が無い、浮遊しているような滑走感、それにフレックスです。マリブのようなロングショルダーのポイントブレイクならディスプレイスメント・ハルは最高だと思います。マリブの波をグレッグ・リドル氏らが独自の感性で滑るために完成させたハルのデザインがディスプレイスメント・ハルです。

私はそんなハルが波を滑る気持ちよさを日本の波で、自分が乗る波で楽しめるハルを作って行きたいと思います。

ハルに興味がある人はぜひ読んでみてください。実際に乗ったボードについての話なので、シンプルで分かり易い内容です。


話は変わって、ようやくカツさんにお願いするハイブリッドロングのプランが煮詰まりました。

長さを少し変えて、7.10と8.0にしました。波へのエントリーが素早く、ボードをもっと動かしたいロングボーダーや、サイズが大きくなったときのクィーバーとしても使えるというイメージがコンセプトです。自分用には8.0をお願いしました。

ボトムはシングル~ダブルのコンケーブ。テールにはがっちりエッジを効かせてターンのきっかけを作りやすくします。すでに何本か作っていますが、アウトラインがかなりクールです。

さてこのハイブリッド、モデル名は何にしましょうか。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!