MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247] [1246] [1245] [1244] [1243]
PRIMOボトムコンツアー。

ノーズからしっかりコンケーブが入ってきます。PRIMOでのパドルのポジションは考えているよりも前寄りですが、このコンケーブで水の流れを邪魔せずにしっかりと捕まえて後ろへ流します。パドルのポジションとコンケーブが速いテイクオフの秘密。


真ん中あたりのコンケーブ。少々見難いですが、コンケーブはレールの手前で終わり。レールはボトムからデッキ方向へ滑らかにまくってあります。(上の写真の方が見やすいかも)

一昨年、昨年とたくさんシェイプしてきたハルにインスパイアされたレール形状です。

ロングボードに近い長さで長く深くコンケーブを入れてしまうと、ボードが海面に張り付いてしまって動かしにくくなることがありますが、レールに多少のルースさを持たせてコントロールを楽にしています。逆にそのルースさがスピードを生み出すことを期待しているのは、ハルボトムからのインスピレーションです。

シェイプサインのあたりから、コンケーブに変化が出始めます。よーく見てください。


フィンBOX前。コンケーブはダブルコンケーブに移行して、レールはアッパーではなくしっかりとエッジが効いているのが分かると思います。


テールエンドまで、ダブルコンケーブが続きます。VEEは入っていません。通常はVEEを入れた方がターンはしやすくなると考えますが、PRIMOのシェイプはダブルコンケーブを掘ることによって両側のレールエッジを強調し、シングルフィンでルースしないドライブが効いたターンを楽しむことができます。


アッパーレールはルースですが、コンケーブと組み合わせることによって安定性を高めつつルースな滑らかな滑りでダウンザラインが楽しめます。そしてターンではテールの強いエッジが効いたドライブターンを楽しめるのがPRIMO COMBOSボトムの秘密です。(もう秘密じゃありませんが…)

グラッシングの美しさも魅力です。


今回作ったのは8フィートの長さですが、かなり以前に同じ長さのボードに乗っていたことがあります。ロングボードのようにうねりからテイクオフできて、サイズがある波ではカレントの中でのパドルが楽で、滑り出しも速いので安定した波乗りができる長さです。ロングではノーズが刺さりそうなテイクオフも楽にメイクできるので、突っ込めるボードでもあります。プロのロングボーダーのようにボードを振り回すことだってできます。

プロが乗るような軽量ロングは壊れやすくて、寿命も短いので一般サーファーは丈夫に作って長さを短くするほうが現実的です。これまで重すぎるボードに乗っていて、マニューバを習得したいロングボーダーにもいいボードだと思います。

波が上がるのが楽しみです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!