MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2091] [2090] [2089] [2088] [2087] [2086] [2085] [2084] [2083] [2082] [2081]

薩摩焼酎の海童のサーファーシリーズに川南活さんが登場しています。迫力ある波のポケットで余裕のボトムターンはさすがです。

パソコンにデータがありました。速いセクションのウォールを走って、前方が崩れそうなセクションに合わせて滑り降りながら追い越し、背後に崩れたセクションを従えつつ、絶妙なポジションからボトムターンへ、の中の一枚です。

カツさんらしい、スムースなラインです。手前でパドルしてきて、ドルフィンをしようとしている人の動きをみるとスピード感が伝わってきます。

乗っているボードはこれ。左側に写っている、6.8のミニです。

改めて、ミニ凄いボードだと思います。

ミニは初心者から、上の写真のようにエキスパートまで楽しめるエッグです。現在では乗り手のレベルに合わせてバランスを微妙に変えてシェイプしています。そんなところもカスタムボードの良さだと思います。

ちなみに写真の日付が1997年になっていますが、正しくは2007年です。1997年にはまだミニはまだ存在していなくて、カツさんも日本にはまだ帰ってきていません。

雑誌でカツさん探してみてください。

さて昨日、潮の動きに合わせて早朝からロングボードでひと滑りです。

波のサイズはヒザ。小さいですが、きれいに崩れてくるのでロングボードが楽しい波でした。

クリステンソンのシングルフィン。これまで乗ってきたような、高密度のクラシックフォームにボラン巻きというような重量級のシングルではありません。ロッカーはノーズからテールまでしっかり入り、テールにはエッジがピキッと入っています。グラスオンのフィンはスキップ・フライさんのテンプレットによく似たスピードフィン。

そんなシェイプで重たくないのでよーく動いてくれてかなり面白いです。小波でも走ってくれるのはクリステンソンのシェイプのおかげ。よく動くといっても、乗り方はいつもの重たいボードのときと同じです。特別なマニューバをするわけじゃありません。

ライディングの要所要所で、ピシッとした部分が出てきてなんだか気持ちいいんです(逆を返せば、ずっと乗ってた重たいボードにはちゃんと乗れてなかったということか…某プロロンガー氏が、「クラシックボードをちゃんと乗りこなすのは本当はすごく難しいんだよ」と言っていた意味が分かったような気がしました。)

そんな感じで珍しく海の中で動きを考えながら、潮が上げてきて終了するまでたっぷり小波を楽しみました。

海から上がって、まずはリペアファクトリーへ。秋らしい気持ちのいい晴れ。こんな道も走ります。


今日のブログはもう少し続きます。最近、お問い合わせのメールへのお返事を書いていたらいつのまにか夜。時間が無くなってブログは適当に、という日が続いたので今日はブログから。メールにはのちほどしっかりお答えいたします。

山道を走り、海辺を走ってこんどは2週間ほど行けてなかったカツさんのシェイプルームへ。

カツさんはこんなクラシックなノーズライダーをシェイプ中。ピンチレール気味の50/50レールに丸いドームボトム。こんなクラシックなロングボードもお手の物です。


ノーズコンケーブ施工中です。上に乗ったらストールしそうなディープディッシュ型のノーズコンケーブ。プリモとは違う目的のコンケーブです。


今のいちばん人気はやっぱりプリモ。ミニといい勝負です。長さは7.3。

ミニとプリモ、それぞれ個性的なミッドレングスです。それぞれのレールとボトムシェイプの違いがそれぞれ強い特徴となって感じられます。ミッドレングスというカテゴリーは定義が漠然としていますが、ミニやプリモに乗ってみると浮力やボードの乗り方などミッドレングスの定義みたいなものがなんとなく感じ取れてくるように思います。

軽めのシングルのロングボード、ミッドレングスのプリモ、ミニ。こいつらのおかげで奥深いサーフボードの世界がようやく少し分かってきたような気がしてます。

これはメルマガネタとして後ほど…ですね。

カツさんのSKIL。ベアリングを交換したら絶好調のようで、気持ちのいい唸り音をたてていました。


最後はプリモのテール。ヒミツのひとつはこのテールにあります。

マジックカインドのミッドレングスを手に入れたいならプリモ絶対です。あなた次第でカインドの文字が取れますよ。カツカワミナミサーフボードのシェイパー、ライダー、ディラー、諸々スタッフからのおすすめです。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!