MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2324] [2323] [2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2317] [2316] [2315] [2314]

カツカワミナミサーフボードが生み出されるシェイプルーム。「Katsu」のロゴマークのサーフボードに乗っている皆さんのここがいわば聖地です。

シェイプルームはGURU・カツさんの御心と同様、常に万人に向かって開かれていますが、あまり見えすぎるのも周りの人が逆に気を使うのではないかという心配される、ありがたいお心遣いから横に張られたルーバーが少しだけ視線を遮るように目隠しされています。


聖地に入る前に心を落ち着け、身を清めるための場所です。ポーチに上がると床材や柱、ルーバーに使っているレッドシダーの緊張感あふれる香りに気持ちが引き締まる思いです。喫煙者はここで一服しても構いません(できればガラムがいいですね)タバコは身体に悪いなどと、GURUは細かいことは申しませぬ。


緑色のドアが聖地の中心への入り口です。左側はありがたいカツカワミナミテンプレットのフィンの数々が守り、右側にはこれまたありがたい幾種類ものフォームが鎮座し自分の出番を今や遅しと待ち構えながら、入り口を守っています。

ありがたいフィンとフォームの数々を拝んでいると、白い粉にまみれる覚悟が決まってくるはずです…ほら…。

緑色のドアを正確に数え三つノックしましょう。中から返事が聞こえてきたら、いよいよ扉を開けて中へ入ることができます。入るときにひとつだけ注意することがあります。ドアの向こうから三種の神器のひとつSKIL100をお使いになっている音が聞こえてきているときは決して邪魔をしてはいけません。間違ってドアを開けてしまうとGURUの手元のSKIL100から魔法のように吹き出す白い粉に翻弄されて大変な目にあってしまうかもしれません。気軽にノックしていただいて全く構いませんが、ここだけは要注意です。

聞こえてくる音がSKIL100ではないことを確かめ、おもむろにドアを開けると白い粉に霞むような蒼い壁に囲まれて今日もシェイプに励まれているGURUのお姿が浮かんでいるのが見えてきます。ありがたいことです。



GURUはご自身が乗られる、3本目か4本目のBOOGIEをシェイプされているようです。VEEが始まる位置とノーズのロッカーを変えたのであーるぞと話されていました。かなりBOOGIEを気に入られているご様子。ご自分でのお試し乗りを怠らない姿勢に全く頭(こうべ)が垂れまくる思いです。

壁にはGURUを囲む波乗り兄弟のお一人が今まさに波の空洞に入られようとする瞬間の写真が貼られています。いつ見てもありがたいお写真です。


さて、引っ張り過ぎて、オチがつかなくなってきた模様ですのでこの辺で…これからはこの新しいシェイプルームからカツカワミナミサーフボードは生みだされます。

シェイプルームってやっぱり聖なる場所(SACRED PLACE)だと思います。




そして、おじさんたちの溜り場とも言います。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!