MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2528] [2527] [2526] [2525] [2524] [2523] [2522] [2521] [2520] [2519] [2518]
昨日は定休日。のんびりドライブしてカツさんのシェイプルームへ。日差しはもう初夏を思わせます。波はありませんが、海で遊びたくなる季節になってきました。

カツさんは自分用にダイアモンドテールのシングルフィンをシェイプしたようです。


レングスは6’4”。プリモ調のコンケーブボトムとレールのシェイプ。テールまわりがダブルコンケーブになっているのが分かります。きれいな曲線です。

面白そうなシェイプです。乗ってみたいです。

乗ってみたいと言えば、今気になっているのはチャネルボトム。「溝」が数本入ったボトムです(もちろん進行方向へ向かって)

カツさんにそれとなく相談してみると、チャネルボトムのボードのシェイプについては、組み合わせるレールの厚みや形状など、全体の構成に出来上がったものをお持ちのようで、ますます気になっています。

シェイプのベースはLOVEE。上のカツさんのダイモンドテールと同じ6’4”くらいの長さがいいかと考えています。

どうしてチャネルなのかというと、ひとつはダブルエンダーのせいです。

チャネルは水流がレール方向へ逃げないよう、ボードの後方へと流す効果とエッジやフィンのような効果があります。ダブルエンダーのコンケーブとレールエッジが効いたサーフィンの感触を思い出すと、どうにも試してみたくなってしまいます。

そしてもうひとつはたぶん、これのせいかな。

Single - Studies of Movement - featuring Stephanie Gilmore from the Spirit of Akasha sessions by Andrew Kidman from Andrew Kidman on Vimeo.



6channel shaped by Katsu Kawaminami




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!