MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2848] [2847] [2846] [2845] [2844] [2843] [2842] [2841] [2840] [2839] [2838]

届いたばかりのサーファージャーナル日本語版に出ていた写真です。フィッシュを両手に持った、ライアン・バーチですが、アウトラインに注目です。

先日、辻堂で開催されたフィッシュ・フライで、日本国内でライアン・バーチのボードを取り扱っている、SURFER'Sの矢作社長に教えていただいたフィッシュのアウトラインです。

フィンの直前あたりのアウトラインをカットしたサイドカットフィッシュ。過去にうちでも取り扱っていた、マッキーフィッシュやミランドンのツインピンフィッシュでも同じコンセプトのアウトラインのフィッシュがありました。

サイドカットの効能(?)は矢作さんにたっぷり教えていただきましたが興味深いお話です。フィッシュは完成されたデザインですが、天才の手にかかるとこういう変異体が生まれてくるんですね。


そして、ちょっと年上の日本の天才も、もりもりシェイプしています。これはOKIDOKI。

一見するとファンボードなイメージのOKIDOKIですが、カツさんが南の島で使っていたミッドレングスが日本の波に合わせて進化したセミガン的モデルです。

ブギーやKK FISH、MINIなど、見慣れない人にはちょいと変わったボードに見えるかもしれないオリジナルなラインアップですが、実際に乗ってみるとそれらがとても理にかなっていて機能してくれるのがよーく分かります。やっぱり天才。

私の3フィンボンザーは来週にはシェイプが出来上がるようで楽しみです。

あと一週間、ニューボードのカラーリングをじっくりと考えることにいたします。なにか新しいものが作れたらと思っていますが…。

私ができる貢献はそのくらいですね。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!