MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2869] [2868] [2867] [2866] [2865] [2864] [2863] [2862] [2861] [2860] [2859]
二週間ほど前に、カリフォルニアのバードウェルからオーダーしたサーフショーツが出来上がったよと連絡が来たので、楽しみに待っていたのですが、10日ほど経った時点でいつもなら届いてもいいころなんだけどなあと、問い合わせをしてみたらお代金を送金してくださいだって…。

10数年間ずっとクレジットカードにチャージして送ってくれていたのに、突然やり方変えないでくれよなあ、と海へ行きたいのを我慢して今日の午前中に送金してきました。支払いが遅くなってしまったぶん若干円高に振れていたので手数料くらいは出たかもです。

オーダーいただいている皆さま、申し訳ありません。もう少しお待ちください。

1961年の創業以来、ずっとスタイルを変えずにクラシックなサーフショーツを作り続けてきたバードウェルですが、ここにきて少し変わってきています。

これまでレギュラーのトランクスのスタイルは、18インチレングスの#303と15インチレングスの#301でしたが、これらは#311と#310という新しいスタイルに変わっていくようです。

何が変わるかといいますと、、、まだ現物が届かないのでバードウェルのホームページから写真を借りてきました。

写真は15インチレングスの#310。(#311が18インチになります)

一目見て分かる違いは、ベルクロテープがボタンフライになったこととと、グロメット(ウェストのヒモを通す穴)の後ろに生地が付いたことです。

余談ですが、ハトメのことを英語で、アイレット(EYELET)とかグロメット(GROMET)と言います。昔からバードウェルの職人さんはグロメットと呼んでいたので、私もそのままグロメットと言っておりますが、ふたつの違いは、よりヘヴィーデューティなものをグロメットと言って、装飾的な意味合いが強いものをアイレットと言っているみたいです。

それで、見ただけではすぐに分からない違いはというと、ショーツの形です。

これは#310。新しいスタイルです。


ショーツの股上が浅くなって、ローライズになっています

いままでのカットでは、ベルクロの一番上の部分がウェストで、ジャストサイズで履くとヒモで結ぶベルトの部分はウェストよりも上に来て、ちょっとハイウェスト気味な昔っぽい(クラシックなので)フィットになっていました。

新しい#310ではベルトの部分がウェストによりフィットして、ローライズになった分、お尻の部分がすっきり見えるようになっています。真っ直ぐ立つと、いままでのはお尻のところがちょっと余っていましたが、それが無くなりました。

簡単に言うと(笑)全体的にすっきりと見えるようなカットになっています。今後はこっちのスタイルに移行していくようです。

変わるとは言っても、クラシックな雰囲気は変わりませんし、MADE IN CALIFORNIAというのも変わりませんのでご安心ください。

ということで、早いとこお願いします。バードウェルさん。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!