MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2924] [2923] [2922] [2921] [2920] [2919] [2918] [2917] [2916] [2915] [2914]
お知らせ:9月26日(土)はお休みいたします。土曜日に申し訳ありませんが、所用のためお休みいただきます。よろしくお願いします。


ここ数年、とても人気があるBOOGIEというボードですが、あらためてどんなボードなのか書いてみたいと思います。

最初のお話は私がまだ小中学生のころ、70年代の初めまでさかのぼります。ハワイのリノ・アベリラが来日したときに持ってきた一本のボードが始まりでした。

6フィートくらいのボリュームたっぷりのツインフィンだったそうです。鎌倉の波を凄いスピードで滑って活さんに強い印象を残した、その丸いノーズのボードがBOOGIEのもとになりました。

そして時は流れて2003年。フィッシュがリバイバルし始めます。

活さんのフィッシュのラインアップには、いわゆるサンディエゴフィッシュと呼ばれる形のフィッシュはありません。KK FISHは調子のいいフィッシュですが、実はこのボードも70年代のリノのツインフィン、つまりBOOGIEを完成させようという過程から生まれてきたものです。

活さんとしては、KK FISHは良いものの、あのとき見たリノ・アベリラのツインとはちょっと違うものでした。

そこからボードデザインの模索が始まります。

アウトラインを変え、ロッカーを変え、フィンを変え、たくさんのフィッシュを作りますが、なかなか納得いくものが出来上がりません。

たぶん10年近く試行錯誤していたんじゃないかと思います。今のBOOGIEに近い形が出来上がってから、最後はフィンだったようです。

形を変え、フォイルを変え、最終的に両面フォイルの小さめのキールフィンを今の位置と角度に取り付けることでようやく活さん自身、納得いくものが完成しました。確か2012年ごろだったと思います。

最初は妙な形のボードだなあとしか思いませんでした。でも実際に乗ってみると…なんです。

日本のシェイパーが海外のデザインと似たようなボード作っているのはよくあることですが、BOOGIEは他の真似ではありません。

それはいろいろな部分に見ることができます。フィンは少しレイクが入ったオリジナルのテンプレットを両面にフォイルし、グラスオンする位置も独自のものです。セッティングの角度は垂直、平行。

材料となるフォームの使い方もかなり独特です。ひと回り大き目のブランクスから、一番いいロッカーの部分だけを使い、ボリュームのバランス、ボトムの形、レールの形状もライダーのフィードバックのもとに一番良いと思われるものを採用しています。

ちょっとぶさいくでかわいい、ぽってりとしたシンプルな形ですがこの形にたどりつくまで、長い時間とたくさんのブランクスとフィン、そして手間がかかっているBOOGIEなのです。

意図的にラミネートで重めに作っています。滑り始めたボードの上に立ち上がるとその重さと小さめのフィンのおかげで、波のボトムへと向かっていきなりスピードが着きます。そしてそこからデッキを踏み込んでいくとさらに、どんどん加速していきます。

小波でも浮力たっぷりなので波のキャッチは楽で、小回りも効きます。小波を十分に楽しめますがもう少しサイズが出てくるとさらに本領発揮です。

波のフェイスで踏み込んだときのスピードとグライド感は小波で乗っていたボードと同じボードだとは全く思えないレスポンスをくれます。

ツインですが両面フォイルのフィンをまっすぐ取り付けているのでレールを使いドライブさせることもできます。ツイン特有のルースさもありますが、それをコントロールするのも楽しいBOOGIEです。


一粒で二度といわず三度くらい美味しいBOOGIEです 笑。乗れば分かります。大げさじゃありません。


さて、今日のウェットはSTEAMERさん。3ミリジャーフルの袖にライトブルーのストライプを入れました。真っ黒ロゴ無しです。













この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!