MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/06)
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3306] [3305] [3304] [3303] [3302] [3301] [3300] [3299] [3298] [3297] [3296]
昨日に引き続き、KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDSシリーズ第二弾は、「MINI GUN」です。


このMINI GUNというサーフボード、70年代のシングルフィンの時代のデザインが基になっています。サーフボードデザインの進化の過程において、現在におけるスラスターデザインのように、かつてひとつの時代の主流だったデザインがMINI GUNです。

ロングボードをただ短くしてVEEを深くしたようなデザインから抜け出し、波のポケットへより深く入っていけるマニューバが描けるようにアウトラインやレールの形状が改良され、シングルフィンの時代の完成形のひとつとして洗練されていったのが、MINI GUNです。



当時のMINI GUNを基に、現代のデザインの要素を取り入れ、私たちが普段サーフィンしているような波でも楽しめるようにボードの幅を持たせたシェイプになっています(もちろん、ターゲットとする波に合わせてチューンアップが可能です)。

アウトラインは二種類。ひとつは、70年代のMINI GUNのセンターよりも前方にワイデストポイントを持ってきたクラシックなアウトラインと、テール寄りへバランスを持ってきたモダンなテイストのアウトラインのふたつ。

波の上にクラシックなラインを描くためのサーフボード。レングスは、7’2”~7’6”。










この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!