MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3450] [3449] [3448] [3447] [3446] [3444] [3443] [3442] [3441] [3440] [3439]
いろいろとサーフボードを作っておりますが、次はこんなのが欲しいというインスピレーションは、最近はイメージが最初に沸いてきて、それを形にしていくことが多いです。

以前はまずボードありきでした。ちょっと変わった形のボードなどを見て、ああこういうの乗ってみたいなあ…とそこからだったりしました。でも、変わったものも含めていろんな形のボードをずっと見て…見過ぎたせいか、形だけでは気持ちはあまり動かなくなってきたのが最近です。


ボードを見て、外観としての形だけではなくそれが波の上を滑って、その上に自分が立って(座ってでも腹ばいでもいいんですが)乗っているときの感覚を妄想させてくれるような「形」を求めるようになっているように思います(見た目だけじゃだめよ、ということです)。

イメージはいくつもあります。

ロングボードは、フラットで重たいDフィン、フィッシュのキールフィンと幅広のアウトラインが水の上を滑る感触、同じように滑ってくれて動きは軽いクアッド、トライプレーンコンボのコンケーブを水が流れる感触、ニーボードのカービング、たくさん出て来てきりがありません。

それぞれの感触で波乗りしたいとき、それにはどんなボードがいいのか。ボードの大きさ、フィン、レールとボトムの形などをイメージします。そしてどんな波のときに使うのか。


いまさかんにイメージしているのは、こんな感じのボードです。


ミッドレングスですね?と言われればその通りですが、それだけではありません。ミッドレングスというと、ミニやプリモ、TIKIなどいろんな種類を乗ってきました。

その中で言えばプリモっぽいイメージですが、ちょっと違います。見た目ではちょっとです。でも大きな事柄なのです。シェイパーの仕事をいつも見させてもらって、いろいろとお話しを聴いているせいです。見た目の少しの違いを大きな違いに感じるようになっています。

イメージとしては、7.2~7.6くらいで、幅は20~21(自分的にはちょっと細め)、アウトラインのベースはプリモかホットマンゴーか、ボトムはコンケーブ、それに小さめのシングルフィン。

70年代のシングルフィンを少しモダンにした雰囲気。

そんなに小さくない波の比較的ゆるいところから滑り出して、ヒザを曲げすぎずにロングボードみたいなスタイルで、ボードはあまり動かさずに、見ている人に気持ちよさそうと思われるようなラインで、しかもスピードに乗って。

そんなイメージの波乗りができるボード、8.4のプリモをもう少しコンパクトにした感じが一番イメージに近いように思います。たぶん、そこからの発想です。

こんな感じだと思います。


そんな波乗りが気分良さそうだとイメージがふつふつと沸いてふくらんでいる最中です。

といつつ、グライダー用のブランクスもいまのうちに頼んでおこうかと、そっちもふくらんでいたりします 笑。

そんなことばかり考えておるのです。


お知らせ:来週はお休みいただいてまた長崎へ帰る予定です。9月25日~9月28日はお休みいたします。よろしくお願いします。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!