MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3996] [3995] [3994] [3993] [3992] [3991] [3989] [3988] [3987] [3986] [3985]
台風のうねりの入り始め。まだ波は小さく、潮は上げ気味でインサイド寄りのブレイクですが十分楽しめます。人が少ないのがいいのです。


ボードはニーボード。ブレイクは厚いですが、よーく滑って軽く動いてくれます。真っすぐ前を向いて両膝を乗せているので、レールのコントロールがダイレクトでスピードをつけやすいんだと思います。


滑り出し速いです。パドルで波に合わせて、波にテールが持ち上げられるタイミングでキックを合わせると、緩い斜面から滑り出します。テイクオフは8フィートのプリモと同じくらいだと思います。

遅いテイクオフも余裕です。波が立ち上がりきってトップが崩れ始めるタイミングでも、波の一番上からストンとボトムへ落ちながら滑り出すことができます。

滑り出しが速いのはフィンのちからで、レイトテイクオフはライディングの姿勢までの動きがスタンディングよりもひとつ少ないおかげです。故にたくさん波に乗ることができますが、乗り過ぎると嫌われるので要注意です。

両足の膝から下をボードのデッキに着いた姿勢で滑るので、波を滑っている感触がストレートに伝わってきます。

左右の膝はそれぞれ左右のレールのすぐ横にあるので、レールの切り替えしは一瞬です。レールを使うのと同じ動作で機能する位置にフィンは取り付けてあります(スタンディングとはかなり違う位置です)ので、動きは本当に速いです。時間をかけて作ってきたセッティングです。

フロントサイドとバックサイドで身体の使い方が違ったり、前足加重、後ろ足加重とやっているスタンディングのボードコントロールが悠長に感じられてしまう反応の速さです。だからニーボードのボードコントロールは、サーフボードとの一体感が強いのです。

波から伝わってくる感触、身体の動きに対するボードのレスポンスの速さはニーボードだけのものです。

目線の低さがスピード感をさらに強調してくれることと、その目線からは波のサイズが倍増されて見えるのもニーボードの面白いところだと思います。

セット間は長めでしたが人が少なく、それぞれのセットで楽しめたので満足感は大きいです。やっぱりニーボード最高 笑。


先日のブログのラウンドピンのニーボードの次は、シングルフィン(か、ボンザー)のニーボードを作ってみようと思ってます。

少しでもニーボードに興味があるなら、まずはやってみることです。面白いですよ。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!